はじめてのおもてなしの作品情報・感想・評価

はじめてのおもてなし2016年製作の映画)

Willkommen bei den Hartmanns/Welcome to Germany

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ…

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ大学生で“自分探し”真っ只中の娘ゾフィと、12歳にして“一流ラッパー”を目指すフィリップの息子バスティは、心優しいディアロとすぐに仲良くなる。しかし、近隣の住民の抗議が極右の反対デモに発展、一方で一家はテロ疑惑をかけられ大騒動に!さらにとどめに、ディアロの亡命申請が却下されてしまう。果たして、崩壊寸前の家族と、天涯孤独の青年は、平和な明日を手に入れることが出来るのか──?

「はじめてのおもてなし」に投稿された感想・評価

ナイジェリアの青年をドイツの家族が受け入れるお話なんだけど、もっとコメディ要素強いかと思ったら、家族愛の強い、心が温まる映画だった☺️

よくありがちなお父さんが定年したら暴走しだす感じがリアルに自分の父親だったら嫌だな〜笑
真面目だった人が急に女遊び激しくなるとか怖すぎる笑
abemathy

abemathyの感想・評価

4.0
すごく好み。コメディ仕立てだから余計に刺さった。超えてくることはなかったし、BGMが大げさなのもちょっと困ったので大絶賛はできないけれど。
何はともあれ、亡命が認められないと強制送還されるのが怖すぎてハラハラした。
るる

るるの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった! interesting、unique、発見があったし、グッとくる部分もあって見てよかった。コメディとしてメリハリ効いた演出も見やすかった。

あちこちにドイツらしさを感じられてよかった、室内でランニングマシンを使うのではなく、美しい街をジョギングする描写、良かったな…

おばあちゃんは個人的なドイツ人女性のイメージそのまま、自立していて優しくて正義感があって、ゆえにたまに厳格になりすぎる暴走しがちな印象でチョットはらはらしたんだけど、
ぶっちぎりに暴走する困ったおばちゃんハイネの存在のおかげで、可愛いもんだと思えて良かった、愛せた、ハイネみたいなのはほんと困る、苦手とまでは言わないけれど、困る…

しかし暴走する正義感といえば、あのストーカー野郎、ネオナチの彼も正義感と思い込みで動いてんだよな、対比が色々と、すごかったな…

30歳超えて独身で学生やってる娘ちゃんが好きだったよ、ロマンチックな出会いがあって良かったね…しかし結局、勉学には向いてなかったということなんだろうか? 父からのプレッシャーのせいで得意分野の選択を間違えてただけ? 結局カウンセラーになるのかな、心理学の試験の結果も知りたかったな…お相手の医者の彼が好青年だったぶん、彼女もやりたいこと見つけて生きていってほしいななんて

こう、イスラム教の保守的な家族観、女性観を繰り返し引き合いに出すことで、家父長制への回帰を促す、従来型の人情噺のような展開になると嫌だなと思ってたんだけど、逐一否定してみせたあたりは凄いな、偉いなって思ったな…
おじいちゃんが口走った、「彼女は私の所有物じゃない、私たちはあくまで家族、あくまで夫婦、あくまで連れ合い」って、絶妙に引っかかる言い回しで、「あくまで家族」、その家族観とは? という話よな。あくまで家族、それで十分じゃないか、という、収まるところに収まって良かったな…
お互いに所有物じゃないからこそ思い通りにはならなくて、だからこそお互いに尊重しながら、パートナーとして連れ立って進んでいく、それでいいじゃない? と思わせてくれた

ニカブ、ブルカへの偏見には若干閉口したけれども。あれは女性に対する抑圧の面もあれば、女性が自分の身を守るための物でもあって、他宗教の人間、フェミニストが口出すには丁寧な工程を踏まなきゃいけない部分だと思う…
恐らくは当事者の女性たちが服装を規定されるのが嫌だと声を上げない限り変わるものではないと思うし、そのためには女性への教育が必要で…相当の啓蒙と改革とパラダイムシフトを経なければ無くならないものだと思うし、はたしてそこまでして無くすべき文化なのか?多様性とは?とか
しかし女性や子供への教育を阻止しようとする男たちがいるあたり、やはりそれは弾圧だし抑圧で…教育が革新のキッカケになることを知っている、だからこそ危機感があるんだろうなと…しかしもうネット時代なんだ、自由にも種類があることを知らなかった時代には、もう戻れんだろうと…

おじいちゃんの友達の美容整形医師、老いた父に分不相応なライフスタイルを吹き込んで金を吸い取る悪い友達だ…困る…リアルだ…なんて。超高齢社会、こういうの増えるよな…

おじいちゃんの、差別主義者ではないと取り繕ってはいるものの内心では、という描写が効いてたな…若き医者の反論、演説に拍手が起こるあたり良かった、真っ当な主張に対して快哉を叫び賞賛を送る、ああいう文化圏への憧れがある…
ホモくさい、などと同性愛嫌悪が示されていたけれど、最後の描写、それは男同士のスキンシップに同性愛的な意味付けがされることへの戸惑いと忌避感なのかもな、なんて。気にすんなよ、って感じだったな。

それにつけても孫息子、子供と異邦人(異なる文化圏からの来訪者という意味だけど、差別的か、言い換えを探したい)の交流、良かったな…ベタだけど、授業発表のくだり本当に良かった。
しかしヒップホップも最近メジャーシーンにおいては、女性蔑視的な言葉やホモソーシャルから脱却しようとする動きがあってすげえよな、ストリート文化、アウトロー、逆張りとしてのギャングスタは常に存在し続けるはずだけど、いずれはダサかっこいい、演歌的世界観として変換されていくのかもな、なんて思った、女性蔑視もホモソーシャルもくだらないというコンセンサスのある世界では、ああいう歌詞はファッション、ギャグ、ゴッコになるのかもしれないな、なんて。

弁護士のお父さん、息子からのメールが未読状態で何通も、少々あざとい気もしたけど刺さるものがあった、
最後までしまらなくてなんとも言えんかったな…しかしあの精神病棟、比較的正気だと辛いよな、むしろ周囲に合わせて発狂したほうがラクなんじゃと思って人生を放棄しそう、いやどうだろう…わりと寒気がした、
上海で、後を任された彼が気合いを入れる様子よかったな…

難民に対する捜査、監視の描写など、どこまでマジなのかわからなかった部分もあるんだけど、空港のテロ対策の現状までアレもコレも詰め込まれていて良かった

おばあちゃんと彼が庭いじりする様子が良かったなあ

大オチ、ナイジェリアに暮らす叔父さん叔母さんにも伝えます、みんな呼び寄せて、ここで大家族のように暮らしましょう、という言葉に凍りつくおじいちゃんに、冗談ですよと笑うあたり、なんともシニカルで良かった、

本当に世の中これからどうなる、どうするんだろう

先祖代々ひとところに暮らしその土地の既存の価値観を守り続けるような生き方よりも、移民というライフスタイルが当たり前になって誰しもが自分に合った土地を探し旅するようになるなら…色々と気楽になる気もするけれど…共通通貨つくって国境間の行き来が活発になったEUも問題抱えてるもんなあ…
思えば、移民受け入れ、難民受け入れ、ってリベラルな主張に思えるけれど、実はけっこう保守的な立場からの言葉だよな、余所者を受け入れるか否かって…翻訳が悪いのかな、日本語が育ってない感じ…そして言葉が乏しいということは関連文化が乏しいということだからな…大変だ…

いや、見てよかった。

2018.9.20.追記
差別する気持ちがあっても表には出さない、それが当然の良識、大人としての振る舞いだ、という共通認識がある国なんだと思って、それが新鮮だったかもしれない…
国会議員他公的な立場の人間が恥ずかしげもなく差別的言論を雑誌に載せてツイッターで発信することを総理大臣や大手出版社が容認してしまう国で、良識とは何かを思って辛い気持ちになった。

いやいや、日本人の方がよっぽど頭おかしいよ。(´∀`)
りゅ

りゅの感想・評価

4.0
Elyas M'Barekさん目当てではじめてのおもてなし(Willkommen bei den Hartmanns)見た。
難民受け入れしてから家にドタドタが起こるけど、いいお話だったな。最後のほうでコメディ調になったけど、実際にああいう問題は起こるかもしれないなと。
ドイツでの難民などの情勢も反映されてたと思う。
お父さんは総統みたいにいつも怒鳴ってるのはドイツ映画でよく見る光景。いろいろソックリだなって。実際にハリウッド映画の独吹替もしているみたいで、迫力あるわけだなあと。
ディアロくんはいい子でした。つらい過去を持ってたんだね。お父さんをドキッとさせた冗談が言える子だったのは驚いたよ。
エリアスさんのこういうお役好きだなあ。とてもカッコよかったです、ヒョイッと跳んでいくところとか!
エンドロールでMark ForsterさんのChöreが流れました。タイアップソングだったんですね。聴けて嬉しかった。
mats5050

mats5050の感想・評価

3.8
絶妙に偏らず うまく表現していて 凄く面白かったし いろんなことを考えさせられた
あつ

あつの感想・評価

3.4
コメディだけど、実際に難民受け入れ問題を抱えているドイツだから、映画として軽くなり過ぎないところがいい。
難民問題という難しいテーマを扱っているけど重苦しくなく楽しい。
様々な問題を抱えている家庭に外部の人間が入り込むことで摩擦を起こし、結果的に家族の問題が解決されるという寓話のようなホームコメディ。
主人公である難民のディアロが学校で体験談を話す場面を除けば、物語は家族中心で進められる。
見終わると、なんとなく優しい気持ちになる。
ただ、警察の監視や難民・移民反対派の活動など過剰な演出でコメディとして笑えるようになっているけど、真面目に考えるとなかなか恐ろしい事態だ。
そしてなによりディアロの最後のセリフはジョークだけど、様々な視点から考えることができる深い言葉でもある。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
難民のディアロを受け入れたことで、いろんなことが変わり始める。
一度ゼロに戻った方がいちから始められて良い方向に向くのかなー。
この家の人たちが、特別めんどくさいのかねー。
ディアロと暮らすことで、自分たちの本当の気持ちが見えたのね。
良かった。
Xavier

Xavierの感想・評価

3.9
アンゲリカは、子供も大きくなり今は夫のリヒャルトとの二人暮らし。教師を辞め、生き甲斐になるものを探しているが見つからずにいる。たまたま難民センターを訪れた彼女は、夫の許可も得ず難民を受け入れる事を決める。面談の結果やって来たのは、ナイジェリア人のディアロ。アンゲリカは、ディアロがドイツに馴染み上手く社会にも受け入れられる様に色々なおもてなしをするが……ザックリ言うとストーリーは、こんな感じかな。一見難民ディアロ青年の話がストーリーの核なのかと思いきや、バラバラになった家族の再生がこの作品の核。ディアロが来たことによって今まで見えなかった事が分かり、それを解決していきます。ストーリー的には、まあまあ在り来たりな話で面白味にも欠けるのですが、それを含めても観た後に良かったって思えるのですから不思議です。
>|