ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

リリー・ジェームズがありえんくらいふみさんに似ていて好きになった。

このレビューはネタバレを含みます

WOWOWで鑑賞。
評価が高い作品で気になってのでやっと観れた!
結論、センスの塊だった。
使われてる音楽も良し、テンポも良し、ストーリーも結構ハラハラさせられるし微グロもあり。

ジェイミーフォックス演じるバッツらとデボラのいるお店に立ち寄るシーンは緊張感と手汗がやばかった。
うわ〜(><)そこ行っちゃうか〜(><)って思ったわ。

それはそうと、今作の主人公アンセルエルゴートが超可愛い。デボラやジョセフの前ではベビーフェイスなのに運転中や彼女を守る時の目は鋭い、あのギャップ。
ノリノリで音楽に乗ってる姿も良かったな〜( ˭̴̵̶͈ д ˭̴̵̶͈ )

養父のジョセフを施設に預けてジョセフの性格を録音しながら語るシーンは、何だかトイストーリー3のラストの様な感動があった。←

とにかく楽しい映画になっていました。これだけ高評価なのも納得できる。
おかじ

おかじの感想・評価

4.5
評判が良く絶対に劇場へ見に行くつもりでいて、空いたタイミングに突発的に見に行ってしまった。しかしそんなのどうでもいいくらい面白い作品で、クールだし切なくも熱い展開。最後のフォローも素敵でした。自分の中ではこの年で1番の映画!
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
サントラが魅力的って言ってたけど私の好みではなかったのが残念だった
でも話自体は面白かった
2017年に映画館で見た作品で最も面白かった。冒頭の強盗シーンから引き込まれ、この映画は絶対面白いと確信した。
曲に合わせて車のドアを閉めたり、パトカーのサイレンや銃を発砲する音などをシンクロさせるなどセンス抜群。冒頭の強盗シーンとワンカット長回しのシーンで、この映画はこういう作風です、という作り手側の意図を観客に提示しているので、違和感なく物語に入り込める。

エドガー・ライト特有の細かなカット割りのおかげで話運びもいいし、劇中に流れる曲のセンスも素晴らしい。冒頭のベルボトムズ、中盤のテキーラ、終盤のブライトンロックと、節目節目で最大限のアクションシーンと、それに合うアップテンポな曲も相まって、車を飛ばしてるかの如くスピード感のある描写が最高。テキーラに合わせて銃をぶっぱなすシーンは爽快感がたまらない。

強盗をしている時のスピード感と、デボラと過ごしているゆったりとした時間の緩急も、前のめりになりそうな感覚を丁度いいバランスで保っていると思う。

ジェイミー・フォックスのヤバイ奴感とか、ジョン・ハムの渋いおじさまとエイザ・ゴンザレスの大人の色気ダダ漏れのカップルとか、リリー・ジェームズの可愛さとか、配役もバッチリ。
mxx

mxxの感想・評価

4.8
最高の映画です。
映画館で観たかった...
話は理解し易くテンポも良いです。

鑑賞後に使用されていた曲のプレイリストを作って毎日のように聴いています。
ももり

ももりの感想・評価

4.4
センスの塊。最高。映画館で観たかった。

リリージェームズ、こんなクールな役もできるのですね!

アンセルエルゴートの多彩な表情がクセになる。他の作品も観たくなった。

あと、なによりサントラ欲しくなった!





P.s. ストーリーの中の録音に関して

果たしてほんとに単なる音楽好きというだけなのか、、、それとも実はいざというときの材料にしたかったのか、、、、
レンタルBlu-rayで鑑賞。
2017年作品。

上映期間が短く、また規模も小さかったため劇場で観た方は少ないのではないか。ただその反面、2017年度キネマ旬報読者ベストテン入りするなど、映画ファンから評価が高い作品である。参考になるかどうかわからないが、ジョン・ウォーターズが2017年度ベストワンにあげた作品でもある。

青春ミュージカルラブロマンスカーアクションとでもいうべきか、とにかく音楽が流れていないシーンはないと言っていいぐらい音楽が流れ続ける。劇中で、ヒロインが、(追い詰められた状況で)「もう音楽も、車もないわ....。」と呟く印象的なシーンがあるが、この主人公は、「音楽」と「車」がないと生きていけないのである。
個人的には、ベイビーのフラッシュバックのシーンが印象的で、感情移入することができたが、あくまで犯罪映画なので、はいり込めない方もいるだろう。

アンセル・エルゴートは、演技という意味でほぼ何もしていないが、無表情が逆にキャラクターへの興味を駆り立てられるという意味で、演出上成功している。そして、やはりというか、見どころは、リリー・ジェームズ!!
特に、ラストシーンの彼女は、「ドリームガール」としか言いようのない美しさだ。
というわけで、リリージェームズのファンは、必見だし、またコアな音楽ファン、深く考えずにスカッとした映画が観たい方に強くオススメする。
非常に評価が高いので、高い期待値を持って鑑賞。
いや、うん良かったよ、でもやっぱり期待値が高すぎた笑

鑑賞後、隣で親父がぼそり。
「ミュージカルみたいだな」
確かにその要素があるんだけど、それをカーチェイスやドンパチの銃声でリズムを取っちゃうのがいいよね。
この愉快さ、爽快さでのめり込んだ人が続出したんだろう。

みんなカーチェイス好きだよね。
正直カーチェイスの中身がいくら新しくても、カーチェイスという事自体は目新しくないから、個人的にはあんまりなんだよなー。

デボラが可愛いのです。
ウエイトレスの時は髪を上で縛ってて、プライベートの時は下ろしてて、その変化にグサッとやられてしまったのだよ。

それぞれのキャラクターの個性が立ってて、ストーリーに良いスパイスを効かせている。
結果的にベイビーさん寡黙な人ほど怖いっていう典型な感じだけど、ちゃんと反省したのは偉い。
ハッピーエンドはいいんだけど、でもね…あんな可愛い子はそんなに待ってくれません。笑
青山

青山の感想・評価

5.0
長くなるのでこちらに。

http://reza8823.hatenablog.com/entry/2018/09/19/180937
>|