明日への作品情報・感想・評価・動画配信

「明日へ」に投稿された感想・評価

OtoT

OtoTの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

 韓国版のポスターの方がいいし、この映画の本質を歪めてるような日本のポスター。もうこういうのいい加減やめよう。

 別に感動のストーリーにしなくてもいいんだし、むしろ本編だと「明日へ」の希望よりも「明日へ」の希望が見えないって話じゃん。その中でも、色んな背景を持った人がいる中でも、闘っていかないと権利を得ることができないんだし、主張しないと潰されるんだから。
  
 面白かったけど、全体的に少し演出過多。最後のスローモーションとか、悲しいシーンに悲しい音楽とか安易に思えた。
 スト執行部の復職放棄と引き換えに従業員が戻ったのなら、その線での人間の葛藤とかを見たかった。
MaS

MaSの感想・評価

3.7
悲しい映画....しかも実話だし....
世の中余りにも不公平すぎる....
2021年92本目
「団結は生 分裂は死」

2007年韓国で『非正規職保護法』が施行される前に、この法案を快く思わない財閥の『イーランドグループ』傘下スーパー『ホームエバー』の非正規女性従業員を大量解雇→彼女達が労働組合を発足、会社が交渉に応じなかった為、ストライキを決行した実際の話。

何で一生懸命働いてる労働者達がこんな目に遭わなければいけないのか?
何で公的に暴力を受けなければならないのか?
何で精神疾患を発症しなければならないのか?
何で分断させられる?
何で人の足元を見る?つけ込む?

ストを弾圧する警察官←ドラマ『ライブ』では警察官側からの景色を描いていたけど、彼らも彼らで足元を見られてる労働者で。

能力の問題ではなく単純に社会システムがおかしいって思える映画だし、女性が搾取される理由が資本にあるってのも解りやすく描かれている。
韓国の話だから〜と高みの見物の日本人は声を挙げないだけで、たっぷり搾取と分断をされてるんだよな…

キム・ミレ監督の『外泊』も観たい。

相変わらず、日本のおじさんフィルターかけまくった邦題。
ポスターもいくつもある中でこれを選んだ人、映画観たんか?“카트 영화”で検索したら、もっと良いポスターあったわ。
いい加減にしろ!
何回でも言うわ。

スコア上げたいからこの点数。
レナ

レナの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

泣いちゃったな、最後。

韓流ブームとか韓国人はジェントルマンだとか色々良いイメージを日本は流すけど実際は、カースト制の格差社会が激しくて男尊女卑が根深いところなんだよね。
だから実際の事件はもっともっと理不尽なことがいっぱいあったと思う。
革命家のリーダーは革命後絶対幸せにはなれないけど、時代を変えるためだけに走り抜く強さが必要で、この事件も結局リーダー達は報われなかった。本当に酷い。今はどうか幸せに少しは生きやすい国になっていることを願う。

最後皆んなでカートを押すのは本当に涙出る。裏切りたくて裏切ったわけじゃないし、やりたくてストを起こしてるわけじゃない。いい加減聞く耳持てよと思った。
今の日本もそう。私たちは透明人間じゃない。この言葉を言い聞かせたい。
ポスターと内容の温度差No.1。

みんながこんなに笑顔だから油断するじゃないか。

一つだけ言いたい。
ギョンスのことは殴らないでくれ。
r1ace

r1aceの感想・評価

3.1
一方的な不当解雇と闘うパートさん達の物語。

実話を元にしてるだけに話はしっかりしてるし
「あー大企業あるある」
「国家権力もそっち側ね」
「格差社会ってこれだよね」
的な要素が満載で観てて辛い、
序盤はみんなフツーに働いてただけに。

日本人も韓国人のこういう「抗う」ところは
見習うべきなのかね、暴力を肯定するわけでは無いが、理不尽に立ち向かう気概を
失ってはいけない、奴隷化が一番怖い。
でも日本の場合は法律の抜け穴を上手いこと
使いおるからタチが悪かったり。
と、かつてブラック企業に振り回された俺が
言ってみる。

終わり方がイマイチすっきりしないのと
予想通りの展開なのを除けばまぁ楽しめる。
Lucas

Lucasの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

権利を勝ち取るために戦う女性たちに勇気付けられる!
「おかず代稼ぎ」「男は家庭を背負ってる」などなど所々に散りばめられる差別的な発言も、結局男がトップに立ったら交渉に応じてくれる感じとか、、はぁってなった、、
さど

さどの感想・評価

-
推し(ギョンス)出演で前から気になってはいたけど、プライム配信が今日で終わるらしいので観た。このポスターでもわかるように非正規の女性たちによる連帯が素晴らしいし、でもやっぱり正社員の男性たちも加わったことで知名度も交渉率もあがったというところが切ない。
あと未成年の労働搾取を描いていたのもポイント高い。ギョンス演じるテヨンが主人公である母親ソニと衝突するシーンがパラサイトもびっくりのすごいロケーションで、やっぱ韓国映画って高低差…となった。現役アイドルなのにめちゃくちゃ殴られる演技するギョンスさすがやな
Llama

Llamaの感想・評価

4.5
ポスターの笑顔とは打って変わっての衝撃的な内容
終わり方がイマイチだったけど、ラストのソニさんのメッセージに泣きそうになった。

ソニの会社だけじゃなくて、テヨンのコンビニまでもゴミすぎて...
(高校生役のギョンス可愛い🤩)

韓国の映画ドラマ本いくつも観てるけど、やっぱりフェミニズムとか社会性の強いテーマの作品が多いなって思う。この映画も実話らしくて、どこまでが本当かは分からないけど実際にこういったことがあることが信じられない。お客様は神様って考え方も良いけど、社員あってのお店・会社ってことを忘れないでほしい。そんな会社を就活では選びたい。

何回も見るもんじゃないと思うけど何回も見たい映画。
kaho

kahoの感想・評価

3.3
そういうことが起こったのはわかったものの、ここで終わるの?!感
>|