レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

田舎育ちで街に憧れて大学は絶対ここから通えないとこに行って就職だって絶対地元なんかでしないって、そう思って家を出たその時の私を重ねて見てしまった。
田舎の閉塞感とかイケてなさとか言葉にしたらバカみたいだけどそういうのは確かにあってそれを知らない人にどうこう言われたくない。自分の想いは自分のもので、レディバード頑張れ頑張れ頑張れって応援しながら見た。
あと私も家出る時母親に泣かれたなとか、痛いところをつかれてちょっと動けなくなった。

私この街が好きで出たくない、ここで母親になって子どもを自分の母校通わせたいって言える強さが眩しくて、背伸びして、そういう子とつるんでみたくなる気持ちもすっごく分る。そういう強い人になりたかったな。
とてもとても好きな映画です。
あーり

あーりの感想・評価

3.5
思春期のイライラとか悩みとか
わかる!
なんか切ない
Mami

Mamiの感想・評価

3.8
のびのびになっててやっと見ました!
シアーシャローナンが好きだー!

子どもの時って結局まわりから言葉で言われるだけじゃ響かないんだよな。
自分でなんでも経験するべき。
そしてやっと親の言ってる事が少しずつ、少しずつ理解できるようになっていく。

お母さんと娘の関係性もリアルで素敵でとても良かった。
あのお母さん良かったなーー。笑
ティモシーが目の保養だった。
役柄は最低ナル系バンドマンだったけど美しいから良し。
kana

kanaの感想・評価

-
年末に見たのかな?悩んで悩んで、決めた自分の道は間違ってないことを願って。チャラティモシーたまらん!
KUNIO

KUNIOの感想・評価

2.5
Blu-rayを借りたけど、映像がDVDのように荒いのが気になって作品に集中できなかった。
natsu

natsuの感想・評価

3.9
環境とか親とか自分が持っているものに反発して、大切なものに気づかなくて周りと衝突して、でもそれって子供と大人の狭間で揺れ動くこの時期にしかできないことで、たくさん失敗して学ぶべきなんだよなって思った それをなんだかんだ受け止めてくれて向き合ってくれる人間がいることがすごく大事 青春、、、
注意を払うことは愛、なるほど
ラスト、生まれ育った街を抜け出して初めて、自分の名前をちゃんと口にした主人公の姿にじんときた

アメフトの二軍コーチが演劇の先生になって作戦決めがはじまったとこめっちゃ笑った(笑)
m

mの感想・評価

4.0
記録
レディ・バードの姿に笑ってしまうんだけど、なんだか涙が出てきて、泣けてきました。共感の涙。泣けて笑えるのはわたしだけかなあ。

女の子はみんなこういう経験や思い、誰しも通る道なんじゃないでしょうか。対人関係、恋も含めて、親との接し方、、理解が多すぎて、ああ〜なんで泣いてしまうんだろう。でも、そのときに思うことってほんとそれに縛られてしまうんだよね。

立ち上がろうね、シスター!
負けてらんないぞ。
るる

るるの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「カルチャーのあるところに行きたい」

わかる!!!って。

文化と教養が自然と手に入る環境が羨ましくて仕方ない。ネットがある今のほうが切実さが増してるかも。刺さった。

車に乗って朗読のテープを聴いて涙ぐむ母娘、喧嘩ばかりだけど、仲良し。グザヴィエ・ドランの『マイ・マザー』『mommy』なんかを連想、なんだろ、世代を感じた。

親友のいる生活、いいね。

ゲイとカトリック、もうなんか定番の描写になってきてないか、ホントに、なんとかならんのかね。

カウンセラーの母、うつ病の父、なかなかしんどい家庭環境だけど、あっけらかんと育ってるレディバード、なかなかすげえ。

演劇やって、生徒会に立候補して、飽きたらやめちゃう、イタイ子の代名詞みたいなレディバード。

あの感じ、誰かに似てる、と思ったけど、誰だろう、クラスに一人はいた? いや違う…誰かに似てる。

あんなに破天荒な女の子なのに、クラスのクイーンビーに「あんた誰?」って言われちゃうのかよ、マジか、なんて。

ティモシー・シャラメ、独特だな、昔から誰かがやってきたポジションの役どころだけど、明らかに新世代、って感じがするのがすごいな。

田舎なんか大ッ嫌いだけど、田舎をバカにされるとチョットいらつく、嫌なところいっぱいあるけど、郷土愛はある、あるよね、ほどよい。

どこかの時点で、もういつ終わってもいいやと思ったけど、ちょうどいいところで終わった感じがする。

なんだろうな、共感できそうで、できなかった理由を考えてる…うーん…恋愛が特に重要じゃなかった、それどころじゃなかった十代の女の子の話が見たいかな。映画になりにくいのはわかってるけど。
鹿江光

鹿江光の感想・評価

2.7
≪55点≫:複雑な青春時代の日々。今となってはたいしたこともない出来事も、当時にしてみれば人生を揺るがす大きな問題。自分の半径1メートルが世界のすべてだったあの頃の機微が、余白をうまいこと使いながら語られていた。母の演技が良かったなあ。空港のシーンとかグッと来た。親はいつだって、巣立つ子どもの帰りを待つものです。
>|