レディ・バードのネタバレレビュー・内容・結末

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

・今ある自分以上の何かになりたい、なれるはずともがくレディ・バードの、可笑しく、痛々しく、ちょっぴり切ない青春の日々。
とにかくレディ・バードの生き方の様々な断片がいい意味で心に突き刺さってくる。
もう後から思い返したらジタバタすること請け合いの若気の至りの数々。でもどこかキラキラしてて楽しそう。
自信たっぷりに「私の名前はレディ・バード」と名乗る度に可愛いと思いつつもムズムズする気持ちが抑えられない笑
そんな彼女が最後には親からもらった名前を名乗るようになるのがいいよね〜。
・シアーシャちゃんの制服姿や、衣装の数々が素敵だった
・レディ・バードとジュリーが一緒の時が心から楽しそうで、本当の親友同士というのは互いに自然体になれる存在だと思える。
聖餅をスナック感覚で食べながらオ○ニートークしてるの笑ったw
・シアーシャちゃん、ルーカスくん、ティモシーくんの今をときめく若手俳優たちの共演が嬉しい。
好青年だけど誰にも言えない秘密を抱えるダニー、ダウナー系のバンドマンカイル、それぞれ好演だった。
・カイル早過ぎwのところは笑う
・カトリック系で厳しいから学校主催のパーティーでも行き過ぎた接触はNGかw
・親は子どもには苦労しているところや辛い部分をなかなか見せないものだけど、子どもは分かっていないようで心の底では分かっているものだし、どんなに反発し合っていても親は子どものことを気にかけ幸せを願っている。
なんだかんだいって、健全な親子関係だとそういうものなんだよな。
私自身はまだ子どもとしての立場しか経験してないけど、きちんと育ててくれて、決して安くはないお金をかけてくれた親への感謝は忘れないようにしたいものだ。
・ママが搭乗口に向かう時、泣き顔を見せまいと車のミラーで笑顔を作ろうとするところ泣ける…
・お兄ちゃんだけ人種が違うよなーと思ったらやっぱり養子なんだ。なかなか子どもを授からなかったからはじめ養子をとったってことなのか、繋がった…
<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・グレタ・ガーウィグ、初監督(兼脚本)作品でこの面白さ、天才では!とはいえ下積みというか、いろんな現場で地道に監督の仕事を研究したり、脚本書く機会もあって、努力も相当のものなのだろうけど・・・。

・『スウィート17モンスター』とテーマは近いが、切り口は全然違う。

・レディバードにも、母にも、悩みで苦しむ人を思いやりでいたわるシーンがある。(レディバードは、自分がゲイだと恋に悩む友人をそっと抱きしめる。母の方は忘れたけど病院でのシーンだったと思う)。劇中、頻繁に衝突する母娘だけど、共通の優しさを持った正真正銘の母娘だということがわかる。とてもいい。

・この作品は、レディ・バードの成長が主としてあるんだろうけど、やっぱり母娘の映画、という印象の方が強い。すれ違って衝突しても、あっさり仲直り。女同士の友情にも近い。でもやっぱり親子愛があって。私の母と妹がまさにそんな感じだから、リアルだなぁと思って見てた。そして、最後、お母さんが車で我慢しきれず泣いちゃうもんだから、私ももうめちゃくちゃ泣いてしまったよー!

・自分以外の何者かになりたい。サクラメント以外のどこかに行きたい。漠然とした理想を持つ思春期。最後に「レディ・バード」の名を捨て、本名に回帰し、ニューヨークでサクラメントを想う。
何とも愛おしい映画でした。

自分が体験したのとは全然違う青春が描かれているんですが、どうしてあんなにリアルだと感じてしまうんでしょうか。突っ張ったり、傷ついたりを繰り返している様は見ていて胃がキリキリ。でも最後に自分の本当に愛していたものに気付くんですね。自分には地元と胸を張って言える場所が無いのでちょっと寂しくも感じられました。
演出は抑え目なため、めちゃくちゃに泣かされるということは無いのです。時間のコンパクトさも相まってもう終わったのかという気持ちもありました。でも時間が立つにつれて身体に染み込んでくる様で、思い出す度に胸が温かくなる、そんな感じがする素敵な映画でした。

ラスト近くに車から見る眩い地元の景色。美しいという言葉では足りない愛おしさまで感じる見事な映像でした。
愛するということはよく観察するということ。期せずしてまたしてもWonderで似たセリフがあったなと思い出すのでした^^;
全体的に自分の高校時代にかなり近く、主人公に共感するような痛くてダサい思春期を過ごした人がたくさんいる事実に安心する。
私も上京する朝、お父さんに空港まで送ってもらった車から見た朝日が綺麗だったことを思い出した。
ラストシーンのレディバードの不安そうな表情が、これからまた新たな不満や悩みが出てきて夢見たニューヨーク生活は思っていたほど輝かしいものではないことを暗示しているようで良かった。そう感じるのは自分がそうだったからだろうか。
僕も自分の住む街が大嫌いだった。
この主人公と重なる部分が大いにあり、まあ田舎だって最高って感じ
コンプレックスあるよな、嘘ついちゃうこともある、自分の好きなようにしたい、彼氏がいたら浮かれちゃう、憧れと違ってショック受けることもある、親に褒められたいし、反射で悪口言っちゃう、でもちゃんと人の話を聞ける、嫌いな大人ばっかりじゃない、大切なものはちゃんと大切にしたいって思う…の全部があった。
何者にもなれないけど大切なものはちゃんとあるよね。
1人目の彼氏がバイト先に来たときとか、プロムの日に親友に会いに言ったときとか、ちゃんと話を聞こうとしてたのが特によかった。
青春映画の特に親子関係にスポット当てた作品だった。ちょいちょい笑ってしまう。初めては秒で終わるしプロムは最高の女友達と行こう〜。
20180729
色んな要素が詰まった映画だった。
私は母と娘の関係にぐっとくるところが多かった。感謝しつつも、近すぎると鬱陶しいと思ってしまうんだよね…難しい。
.
ダニーが悩み事を打ち明け、それを受け止めるレディ・バードのシーンよかった

よく車に乗ってる時に音楽が流れていて、歌詞と情景に涙

もう1度観たい
主人公がとにかく素敵でした。
自分のうまれや家族に文句をつけながらも完全に捨てきれないところや、自分が持っている好奇心や欲望に対して素直なところも。
17歳から18歳への特別な一年に全力になっている女の子がとにかく輝いてみえて羨ましいけど嫉妬心なく清々しい気持ちで最後まで楽しめました。
自分の名前をレディバードと名付け、自分は自分と信じ生き抜く17歳の少女。親友や母親、恋人との関わり方に悩み苦しむも、最終的には自分が判断し、1人でも生き抜く強さを身につけていく。
母親との関わり方は、特に自分と重ねて見てしまった部分がおおく、なぜ親というものはイヤミっぽい言い方をするのか、褒めるより先に否定するのか、全てはレディバードの母親が「あなたに最高の人生を歩んでほしい」と言ったここに集約されるんだろうけど、レディバードは「今が最高なのよ」とはねのける。そこもたまらなくよかった。
親友と、馬鹿みたいにオナニーの話をしたり暴食をしたり、青春を感じられるところもよかった。
最終的に街を飛び出すことになったけれど、彼女はきっと故郷を愛し続けるのだろう。
>|