レディ・バードのネタバレレビュー・内容・結末

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

女子のイモい感じ、ちびまる子ちゃんを思い出した。自分のことをニックネームで呼んだりちょっと無理しちゃう思春期にありがちな行動はどこの国も一緒なんだなと思った。終盤のお母さんの姿にグッときた。15年ほど前の時代設定になっていたのは当時のアメリカと落ち着きのない主人公を掛け合わせたかったからかな。
わたしは余程じゃなければ、良い点しかレビューに書かないから、どれもこれも褒めてるみたいになってしまいがちだけど、もうこれは本当に、本当に観てよかった!
上京してきてから観た中では、間違いなくいちばんハートにきた映画だった
田舎から上京してきた今のわたしの境遇ドンピシャで間違いなく出会うべくタイミングで出会えた一本

高校生活でのレディ・バードは、憧れの人に近付こうとして無理をしたり、見栄を張ったり、ダサい自分を脱出したくてもがいてみたり。理解者であるはずの親友さえも無下に扱ってしまったりして。
でも憧れって近づいてみたら本当は思っていたより良いものでもなくて、居心地の良い場所とありのままの自分がいちばん大切だってことに、ちゃんと気付くし、そうやって自分の周りを愛せるようになれば、親から授かったものも受け入れられるようになる

まあ言動に共感できない部分もあるけど、何にもない田舎と何にも持ってない自分が嫌になる気持ちは分かるから多少は目を瞑るとして

ママとの関係の描き方が本当に良かった
似ているからぶつかるってことを分かってくれているパパの存在も、反発しながら、泣きたいときはやっぱりママに頼ってしまう娘も、愛しているはずなのに素直に言えないママも、(そしてちゃんとこっそり自分で努力している兄貴も、血こそ繋がってないけど、だからこそ家族を客観視してくれる姉のような存在も)みんなそれぞれ家族の中で大事な役割があるんだよね

NYに行くんだと自分の意思を押し通すレディ・バードに、ママは猛反対して、別れのその瞬間までほとんど口を利かないけれど、車で1人になってから涙が止まらなくて、空港にすぐさま逆戻りするんだけどもう娘は旅立った後で。

わたしのママが、わたしを一人暮らしの家に送ったあと、帰り道の車で1人で泣いたって言っていたのを思い出して、ママはどんな気持ちだっただろうかと考えたら、もう号泣だった
レディ・バードのママとは違って、いつでもわたしの挑戦を、何でも背中を押してくれたことに本当に感謝したい

この映画わたしの周りでは、めちゃくちゃ良い派とまあまあ派に分かれたんだけど、多分田舎で育った女の子で、ママとの衝突も経験しながら、でもママへの尊敬はしっかり持っている、そして憧れと共に上京してきた人ならレディ・バードに自分を重ねられるはずなんだ!
少なくともわたしはそうだったから(前述した通りレディ・バードの言動に共感できない点は沢山あれど)、ハートを鷲掴みにされました

ラストのママへの電話も、あれだけ喧嘩したけど、ママに素直に愛してると言えるようになって、でもあそこでママとパパが電話に出るんじゃなく、留守電なのも良いんだよ、直接じゃまだ照れ臭いっていうのがよく分かる

それでもって、ティモシー・シャラメは圧倒的にcall me by your nameよりこっちの方がすき!大正義!序盤の横顔だけで魅力溢れてるから強いぞ!
細かいところなんだけど、クラスのイケ女子に家がバレたとき「なんでそんなこと気にするの?」って言われるやつ。

あと、エロ雑誌買う店の中東系の店員さんの、まるでふつうに存在してる感じ。

こういうシーンを描くとき、安易なステレオタイプにしないことが少しずつ世の中を変えていくと思う。グレタ・ガーウィグ!大好きです。
劇的に変わることも、変わらないでいることも難しい。人は否応無しにゆっくり変質し続けながらえっちらおっちら歩いていく。

女親と娘の関係がめちゃくちゃ身に覚えがあって笑ってしまった。楽しく話してたと思ったら小さな一言で急に険悪になって売り言葉に買い言葉で喧嘩して、5分後には素敵なドレスを見つけて意気投合(多分この5分後にまた口論する)感じがすっっっごいリアル。あるある。

性に興味があってカトリックのお堅い学校は退屈で、でも部活したり彼氏ができたり女友達と馬鹿話したり(この馬鹿話が下品なのが最高!こういうのは男子高校生だけの特権じゃない)喧嘩したり、プロムのドレスは量販店の吊るしで、彼氏に幻滅してもプロムまで何とかもたせたい(日本で言えばクリスマスまで?)、上京した彼女が出身を聞かれて「サクラメント」って答えるけど通じなくて「サンフランシスコ」って言い直すのもめちゃくちゃあるあるで笑った。私の友達も愛知県岡崎市出身だけど言ってもわからないから名古屋って言うようにしてる。
私でもこんなに共感するんだからアメリカの女子にはハチャメチャに刺さるだろうなぁ。
「普通」を描くのが抜群にうまい。
レディ・バードが特に何かを目指してるわけでも死ぬほど努力してるわけでも無くて、しかも最後までそうなのがすごく良かった。

地元は死ぬほど退屈だけどNYで地名が通じなければムッとするし初めて運転したとき景色に感動するし、カトリックなんて信奉してなかったけど日曜はミサに行くとなんとなく気持ちがホッとする。
愛してるけど煩わしい地元と家族。

編集のテンポが最高に良かったなー


それにしてもシアーシャ・ローナンは地元を巣立ちがちだしティモシー・シャラメは初体験を奪われがち(実際初めてじゃなかったけど)
うわーーーーすき。すき。すき。じわじわと大好き度が増していくそんな作品。
多分高校卒業して母親からの呪縛からも解き放たれた20代女子にむちゃくちゃ響くのではないかな。と。
多分母親目線に近づくとやきもきしそうな作品。とにかくリアルで等身大で共感すると共に自分の高校時代を想起させられる。

レディ・バードはキリスト教?な学校に通う高校3年生なんだけどはじめて恋をしたり性行為をしたり親に反発したり友達と笑ったり。
親に反発してこの糞田舎から抜け出したい!って感じなんだけど彼女はまだ高校時代がなによりも宝物になることを知らないんだよなあとくすぐったい。
自分の価値を高めたくてちょっと嘘ついたりかっこいいグループに入ったりとめちゃめちゃ身に覚えがありすぎてくすぐったい。
ティモシー・シャラメが本当に美少年でわりとクソ(スカしてるのになんか間抜けな感じこういうやついるよね)だったけど彼と初めてを迎えるとか最高だな…????

そんな共感したりくすぐったかったり気持ちがわかりすぎて感傷的になる一方でなかなか笑えるシーンも多くテンポがよかった。
壁に元カレの名前を書いて消すシーンめっちゃみんな笑ってたんだけど何故に???壁じゃないけどしたことない???それとも恥ずかしさを隠すために笑ってるのか?

ありふれてて今もどこかにいそうな少女の話なんだけどなんだかすごく大切な映画だった。
公開館少な目だったけど見に行って良かった~!!!!!
おおむね予想通りであまり意外性もなく、ここは見せ場なのだろうというところもグッと来ず…でした。

例えば初体験前後の母親とのからみとか。なにも言わなくても母は悟っていて優しく包みこんでくれるという、含みのある演技がもっとあったら、自分好みだった。
いつも口うるさく叱る母親の内面にある大きな愛情はこの作品の柱となる部分だと思うから、なんか、もうちょっと欲しかった。

あとは、友と離れてまた戻るところや、恋愛模様も、ピンポイントでもう少しスローダウンして役者の表情に寄ってみたら、もっとメリハリがでたのでは…とエラソーに思いました(^^;
青春映画!
1幕から都会行きたいを見せーのレディバードからーのちょっと成功し出す2幕前半から一歩踏み外す後半へ。けど最後はジュリーのもとに戻る3幕。
都会でクリスチャンと名乗るラストや母との別れ、かわいこちゃんが間違って人んちの玄関にいく流れ等よかった。
特にレディバードと名乗らないラストは秀逸。
青春映画の都会への憧れと現状への不満が共感を誘っている。
綺麗な青春ではなく擦れた青春を映し出しているのが非常によい。
前から見たかった。
というのもCMで車から飛び降りる少女ってどんなやつやねんって気になってしょーがなかった。

青春映画。
1人で旅をする女性には、旅する前に見てほしいと思った。

恋に夢中で、とにかく都会に行きたくて、サクラメントなんて大嫌いな少女は、恋人を見つける。そして親友を失う。

人生に楽しいこと、楽しくないことたくさんあるけどさ、この映画見るとすごい勇気が湧く。こんな破天荒な少女に、無我夢中で生きてて、すごく羨ましかった。

最後のシーン近くで、レディバードとお母さんがニューヨークの大学に行くとを言ってなくて大げんかして、口すらも聞かないくらいケンカするんだけど、空港までお母さんが送ってあげて、家に帰ろうと車を運転してる最中に娘のことを思い出して、個人的にはあるシーンで、愛してると、注意することは一緒でしょ?ってシスターがレディバードに告げるシーンも思い出したて、不器用な愛し方しかできない母親と、注意されてるとしか感じれないレディバードとの距離から、母親が車の中でUターンして、泣いてしまうシーンは忘れられない


ニューヨークでさっそくパーティーに参加して、男を捕まえて自己紹介するときには、神は信じるって?聞いて、神は信じないのに自分の名前は信じるのねって…
それからレディバードは自分をレディバード言わずに、クリスティンって伝えてるのを見て、最高かよってなった

何はともあれ、いい映画!
こんなこと言ったらとても恥ずかしいのだけど、とってもとってもとっても共感できる映画。

離れてみて初めて実感する、自分にとって身近で大切な愛すべき友人や家族、景色、環境。

空港にお見送りに行った時のお母さんの気持ちが切なすぎて、思い出すだけでも泣いてしまう。

そんな時のレディーバードの心境とかが描かれてないけどなんかそれは良い。

お母さんの書きかけのゴミ箱に入ってた手紙とか、レディーバードの留守電メッセージはとてもとても心に沁みました。

なんだかんだ娘はお母さんが大好きだし、お母さんも娘が大好きで、あぁ、愛だなぁって、すごく素敵だなぁって涙が止まらなくなってしまう。

私も負けないくらいお母さんのこと大好きだけど、レディーバードのように、私はお母さんに愛されたい、なんてストレートに言えない。自分にはないものでまた美しかった。

普遍的な青春映画なのかもしれないけど、個人的には自分のどこかに重ねちゃって、昔の自分のこと思い出して、また、ああそうだ、大切にしなきゃって思い出させてくれる映画。

小学生の時だけど、好きな人の名前、ベットの壁に書いてたな〜笑
母親と喧嘩してるのにかわいいドレス見つけたらふたりともそっちに気をとられちゃうところ
>|