レディ・バードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

換気

換気の感想・評価

-
アメリカの青春を体感できる最高に楽しい映画
息子の彼女がいつも家にいて家族同然なこととか演劇サークルのオーディションとか感謝祭やクリスマスは友人と過ごしたりとかごちゃごちゃして可愛い部屋とか 
すべてが期待を裏切らなくて気持ちいいし、国境の壁を越えて主人公に感情移入できてしまう

それにしてもアメリカ特有のってわけじゃないけど、当たり前のように友達や家族と本音でぶつかっていける文化がほんまにすごいなあ

シャラメのすましたキャラ、はまってたなあ
さまになってた かっこいい
グレタ・ガーウィグ好きなので、すごく楽しみにしてたのに、観るの遅くなってしまった。
けど、久しぶりに映画に没頭出来た心地よさ。

セリフや音楽が、ユーモアがあって全編通して面白かったし、後半の方2,3ヶ所のシーンでは思わず涙した。

主役やママだけじゃなく、周りの人たちの色々を想像させるような、広がりを感じる物語すき。

パパが仕事探し🖥してただろうにいつのまにかソリテア🃏しててママと娘のケンカのとばっちり受けてるとことかウケた。
機内で鑑賞。
私の苦手な女の子だけど、可愛いから許す。しかし、母娘両方ヒステリックだし、母親の過干渉気味な感じもわかるし、で、総じて面白かった。
最後は感動して泣いちゃったし。
機内で観れて良かった。
やまだ

やまだの感想・評価

4.0
やっぱどの国でも母親はノックしないで部屋に入ってくるし父親は寛大ぶりたくて干渉してこないんだな
親になったらまたみたい映画
うみず

うみずの感想・評価

3.4
レディバードとお母さんが古着屋で口喧嘩するも可愛いドレスを見つけた瞬間なんでもなかったみたいに戻るその切り替えが妙に早い感じがが親子あるあるで笑っちゃった

彼女でいうサクラメントのように自分の身を置いてきた環境を恨んだり窮屈に感じることはあるけれど結局は自分が形成された土地であることは確かで愛着湧いちゃってたりするよね
summer

summerの感想・評価

3.9
個人的にシアーシャ繋がりでブルックリンと比べてしまうと、こっちの方が共感出来ました。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.5
観てからもう2ヶ月以上経つけれど、ふとした時に何度も この映画を思い出す。

女の子が大人になっていく

なんだか少し前の自分を見つめてるようで、恥ずかしいような、あぁでも私は大人になったんだなぁと 実感できた映画。また観たいです。
カオリ

カオリの感想・評価

3.5
Impression
舞台はアメリカだが、大いに共感できる点があった。特に母親からガミガミ言われ、嫌気がさしながらも愛情であると理解できることや、大都会に行って退屈な日々を抜け出したいといったところは女子なら絶対に思うところがあるだろう。
学校がカトリックということもあり、多少キリスト教の習慣や歴史を知っておくとより楽しめると思う。
最後の終わり方は観客のご想像におまかせ的な感じで、すぐエンドロールに入ったのは少しばかり印象的だったかと。
たまこ

たまこの感想・評価

3.2
ニューヨークに憧れる、多感で多動気味の女子高生「レディ・バード」の、ちょっと変わった青春物語。

監督グレタ・ガーヴィグの自伝的作品とのことだが、「フランシス・ハ」にしろこれにしろ、彼女は確実に発達障害だと思う。
ぶっ飛び方が異常で、周りへの配慮に欠ける行動の連続に、ドン引きする。
友達にはなりたくないわ。。。
お母さんも頑なだけど、気持ちわかる気がしちゃうもん。

ただ、レディ・バードを演じたローナンちゃんのグラデーションロブヘアが可愛くて、また髪伸ばそうと決めた。
とーこ

とーこの感想・評価

4.8

映画館でこんなに号泣したの10年ぶりくらいの勢いで泣いた。

観る前に売店に置いてあったパンフレットの見本をパラパラめくりながら、「可愛いけどちょっと内容量が少ないかな…」なんて思ってたんだけど、シアターから出て即行で買いにいった自分がいた。
多分エンドロールでも余韻泣きしてたから顔デロデロだったし、完全に売店の人に「この人ボロ泣きした流れでパンフ買いに来たんだな…」ってバレバレだったと思う。(恥ずかしい…)

そんなにとりたてて泣かせにきてる場面があるようにも感じなかったのに、場面場面のふとした瞬間で涙がツツーっと流れてきて、はらはらと音もなく泣いていたシーンがたくさんあった。こんな映画ははじめてかもしれない。

原因は、恐らく、レディ・バードが抱いていた感情のいくつかが私にとって馴染みがありすぎるものだったからだと思う。

田舎に対する鬱屈とした感情と、都会への憧れ。母親に対するささくれだった気持ちと、母親に自分を好きになってほしいと願う気持ち。

メチャクチャ私事ですが、こういう話は過干渉気味な母親を持ってド田舎から都会にやってきた女にはスゲ〜刺さる。痛いほどに。

何かを強く否定したりも肯定したりもしていない(ように私は感じた)けれど、というかだからこそなのかもしれないけれど、なんだか涙があふれて止まらなかった。

きっと5年後、10年後、20年後と、時を経るごとに感じ方が変わっていく映画なんだろうなと感じる。特に、今はまだ想像の域を出ないレディ・バードの母親の心情に、将来本当の母親になって寄り添えるようになったら、今とまったく違う感想が出てくるような気がする。

多分2018年の私のベスト映画はこれだと思う。
>|