レディ・バードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

TeruHaruta

TeruHarutaの感想・評価

4.0
何気ない会話やシーンがLady Birdの性格をとてもよく表してて、彼女とその周りにいる人の関係性がとてもよく描かれている。
あまり見ないトピックだったけど見入ってしまった!とても良かった!
ne22co

ne22coの感想・評価

4.5
2018年 劇場鑑賞39

スクリーンの中の若者達に、大人達に、あの頃の自分に、今の自分に、愛おしさが溢れ出し過ぎて、どうにかなってしまいそうな程悶えた。

若い頃、何かをこじらせていた人であればある程、強く共感し、胸にぐっと来るものがある作品だと思う。

はじめに映し出される風景と最後に映し出される風景。カリフォルニア、サクラメント(そして頭の中に映し出される自分が生まれ育った故郷)。90分間で見え方がこんなにも変わるものだろうか。
そしてこの作品の素晴らしいところは、変わる前も変わった後もどちらもキラキラして、美しく、宝物みたいだと感じられる事。

グレタカーウィグにはもっともっと私的で詩的でこじらせた作品をいっぱい生み出して欲しいなぁとおもいます。でも女優として変化していく彼女ももっともっとずっと観ていきたい。大好き!!!!!(大声で)
mehr

mehrの感想・評価

4.3
超良い。愛おしい。

主人公レディ・バード、イタイんだけど分かっちゃうよ。

親を疎ましく思ったり、ダサい友達より派手な友達とつるんでみたり、でも実はすごく純粋だったり。

ドランの『マイ・マザー』大好きなんだけど、似てる部分もあって、好き。

グレタ・ガーウィグ、女優としても大好きなのに、監督としても最&高だ!!!
DON

DONの感想・評価

5.0
ちょっと言葉にならない。きっと生涯にわたって一生愛し続ける作品。

何の変哲もない、ありふれた小さなひとつの季節を見つめるグレタ・ガーウィグの眼差しは、例えばウディ・アレンやノア・バームバックやレナ・ダナムのような自虐でも、啖呵を切るのでも、ナルシシズムに浸るのでも、気恥ずかしさをごまかすために露悪に走るのでもなく、ただただ真率な愛情しかない。

その眼差しは、誰もが通る青春というひとつの季節の只中にいる人間には決して得ることができないものだ。何者でもなく、何もかもが過剰で、憧れと現実が刻一刻と入れ替わるような日々を血を流しながら通り過ぎた人間だけが、見慣れたその季節を真に愛することができる。遠く懐かしい景色に橋を渡すようにして。

人生の真実とは、本当はごく当たり前の、ありふれたものにすぎない。ノスタルジーと言われればその通りかもしれない。だが、ノスタルジーとは錨なのだ。だからこそ、9.11という悲劇を背景に負いつつ、そこで失われたもの、取り替えのきかぬ経験や記憶の重みが、確かな感触とともに私たちの記憶と共振するのだから。

レディ・バード、父、母、兄とその恋人、ジュリーにジェナ、ダニーにカイル、神父にシスター、サクラメントの街並み。すべてが愛おしい。
いまの環境が嫌すぎて、反抗しまくって小さな世界から飛び出したものの、もとの場所が恋しくなったりするものなんだよなあ、人生……

グレタガーウィグはめんどくさい女の子像を描くのが上手だなあと思います、これといい、彼女が演じたフランシス・ハ(スペシャルサンクスにノアバームバックの名前があった。)といい。反抗してみたり、縋ってみたり、さじ加減が上手。

あと、ティモシーシャラメが、こりゃあ罪深い…
CMBYNの印象とは一転して、まあチャラいこと。ツラが良いこと。何をするにもふてぶてしく、あんたが大将って感じ………最高……

プロムの衣装を選ぶところのレディバードとママの会話がグッド………いきなり青春映画だ……

「ママが私のこと好きだったらよかった」
「もちろん愛してる」
「でも好きじゃないでしょ」
「できる限り最高のあなたになって欲しいの」
「これがベストだったら?」

ハア〜〜〜〜、エモい………

six inches for the holy spirit.
ローナンの演技、映画的な雰囲気は認めます

けど、反逆のシーンが多すぎて、最後主人公のいきなりに良い子への変化は認めません。
早すぎる。おしまいもイマイチやわ。
Yoshiyuki

Yoshiyukiの感想・評価

4.8
何か、今とは違う何かになりたい。
ここから飛び出したい。この狭い世界から抜け出してやりたい。

自分もついこの前まで思ってたな。もしかしたら今でもそう思っているかもしれない。

でも実際に何か違うことをしてみると、どこか別の場所に行ってみると、今までの馴染みのもののありがたさに気づく。

あの自分に馴染んだ感じが、風景、人々から感じられたものが恋しくなる。
きっと戻ったらまた嫌に思うだろうけど。

「若さ」を感じさせてくれるステキな映画。

映像は少し編集が強いなと感じたけど、exposureが強めのフィルムを感じさせるような色合いがとても綺麗。
音楽/音がとても効果的だった。とりわけキャッチーな楽曲があるわけではないけど、演技やそれぞれのシーンのムードを引き立ててくれる音使いだったと思う。

もう一度見たい。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

2.0
【脚本が弱い】
日本公開6/1ですが一足早く観ました。

女優のグレタ・ガーウィグが初監督し、ゴールデングローブ賞で作品賞と女優賞を獲った作品。町山智浩の解説もノッていたので期待していたのだが、思いの外残念であった。

本作は、グレタ・ガーウィグの辛い大学受験時代を描いている。元々の脚本が6時間分あったのを90分にまとめている。

これがまずかった。彼女の思い出の選りすぐりを挿入していく短編集のような作りなのだが、エピソード同士のアンサンブルに乏しくただ並べているだけなので、短くも長い、楽しい青春だが辛い青春という彼女が本当に描きたいものが形になっていない。

確かに、破天荒でイタいレディ・バードの生き様は『フランシス・ハ』に通ずる面白さがある。カンニングシーン、授業中に爆弾発言するシーン、実にイタ面白い。

ただ、コントを並べるだけではそれはコントに過ぎない。やはり小さいエピソードのリエゾンがやがて大きなモザイクになって始めて、映画になる。

とはいえ、辛い大学受験をした人や親との仲が悪かった人には刺さる映画なのは間違いない。私の苦言なんか気にせず、是非劇場でウォッチしてみてください。

P.S.ティモシー・シャラメはイケメン♡
Ai

Aiの感想・評価

4.8
ポーランド、クラクフの旧市街地にある小さな映画館にて鑑賞。

やっぱりcoming-of-age filmが好きだ!

都会に憧れて、田舎を出たがる子の話はそのまま自分と重なるので胸が苦しくなる。BrooklynもLady Birdも。

Lady Birdは”カルチャーのある街に行きたいの!”と言う。 けれど、行ったら行ったでアクセントの違う同級生にどこ出身?と聞かれサクラメントと答えるも分かってもらえないのでサン フランシスコと言う。Lady Birdの中に生まれる違和感と孤独。

分かる分かる分かる、と首をぶんぶん振った。

ポーランドに敬虔なキリスト教徒が多いからか、カトリックネタのギャグになると会場がドっと笑いに包まれた。

りんこ

りんこの感想・評価

5.0
CMBYNでシャラメ君がじわじわ気になり鑑賞
こちらのシャラメ君はアメリカの中にいるイケメン(?)で、イタリアのシャラメ君とは違う雰囲気を醸し出していた。(?)

★5なのは私もこういう経験があってなんとなくわかるから。笑 田舎育ちで都会に憧れ夢を叶えて都会にいくも、、、という でもカリフォルニアも良い所だと思うけど結局ないものねだりなのはみんな同じか 高校生の時はやりたい事が何でもできるんだなと思った からこそいろんな決断が難しいのね それが青春でもある(?)私にとってそういうのは懐かしいことになってしまったんだな
>|