レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

Urirara

Uriraraの感想・評価

4.4
出発の映画は みんな輝いている、
みんな悩んで 笑って 泣いて
それがいつか自分の思い出の様になってくれる。
何故 日本映画はこの手の映画が苦手なのか?
ポラ丸

ポラ丸の感想・評価

4.6
「何というか・・精神(こころ)の健康さのようなもの」
2018.7.3 シネマズシャンテにて鑑賞

「フランシス・ハ」を見て主演の女の子が役にはまっているなと感心。自分自身の脚本だったのか‥とその時以来グレタ・ガーヴィグのファン。

グレタ・ガーヴィグの自分探しの旅Part.1が本作。「フランシス・ハ」がPart.2という感じ。

故郷サクラメントでの青春の日々‥母親との葛藤、兄弟との連帯、学校生活のもろもろ、親友との仲たがい、男の子とのあれこれ・・みんな普通の女の子の出会うことなんだろうけど・・彼女の受け止め方はチョット違う。
自分らしく受けとめてグングン前へ進んで行く。

その気持ちの前向きさが心地いいんだね。

離れていくけれど‥母親への愛、サクラメントへの愛が上手にストーリーに生かされている。サクラメントの映像の美しさも余韻を残してくれる。

グレタ・ガーヴィグは自分自身の生き方にくっつきすぎていなくて、自分を客観視出来るところがある。これは映画監督の資質ありか。

前回も今回も名前オチだったけれど、次にどんな映画を構想出来るか。
自身の生き方から離れてどんな題材の映画を撮れるか‥楽しみだ。
commonlaw

commonlawの感想・評価

3.0
普通すぎて特筆すべきところなし。カトリックのミサを背景にタイトルが出るところは格好良かった。
やったじょ~!やったじょ~!
人生で2回目のミニシアターに行きました😆

鑑賞後に商店街を歩いてたら……
すれ違う人が私を見ていた気がします!!
これは私が禍々しいまでのシネフィルオーラを
全身から発していたからだと思います😌

「イカデミー賞」と「ゴールデングレープ賞」を賑わし世界的にも有名な映画批評サイト「ハッテントマト」でも絶賛された本作ですが……
これは実力派のブルスプムービーでした💖

ブルスプムービーとは青春映画の事です!
青春映画を英訳してブルースプリングムービー
略してブルスプムービーなのです!!
私が作った映画用語です😌💖

これは認めざるを得ません……
描写が生々しくリアルでありながらも
不快にさせない1歩手前で踏み留まってます!
そして感動できる要素も備わってました💖

長👘県でもトップクラスのシネフィルになって
禍々しいシネフィルオーラを発してる私ですが
上には上がいる事も自覚しています!
今後も謙虚さと努力を怠らず精進していき
他の追随を許さないシネフィルになれるよう
1歩1歩を確実に歩んでいきたいです😌💖
haruka

harukaの感想・評価

4.2
盛り上がる場面があるような内容ではないけれど、飽きることなく最後までレディバードに惹きつけられてしまった。
yuna

yunaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ある意味凄く純粋。嘘つきで性格悪いって言ってたけど、自分の素直な衝動に嘘つくことはない。イタイ部分もひっくるめて、これこそ17歳の女の子だよなぁ。
私は、ここまで思いっきりできなかったな。羨ましくて、終始どきどきしました。
プロムの日、「私はこの曲好き」「私はプロムに行きたい」の言葉が出たシーンよかった。
レディバードちゃんの服、真似したいくらい可愛いかった。
わわわ

わわわの感想・評価

4.0
サクラメントという小さな街に住む女子高生のお話。
自分の名前を「レディバード」って付けちゃう痛いところや、華やかなグループに憧れちゃう感じ、あとから思い返すと恥ずかしいんだろうだなぁ笑

実家暮らしの私もどこか帰省したくなるような映画
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

3.8
あの頃の自分を見ているようで、恥ずかしいやら痛々しいやら。誰もが通るであろう思春期の思い出が嫌でも蘇ってくると思う。

娘を送り出す時の母親とのやり取りがとても好き。

アウトプットの仕方が母娘で似ていて、ハラハラする場面も血の繋がりを感じられた。母親もいつかは娘だったんだよね。
mamiko

mamikoの感想・評価

3.8
あー、わかるわかるって所がいくつもある映画だった。ドレス選びながら喧嘩するシーンとか特に。この歳になると母の気持ちも娘の気持ちもわかって特に切ない。
田舎に住む反抗期の女の子のお話。大きい盛り上がりがあるわけじゃないけど、それがまたよかった。
ケンカしながら「あんたにいくら使ってると思ってんの」って文句言ってもプロムとか大事な場面でではちゃんとお金出してくれるとことか何でもかんでもお母さんのせいにしたりとか思い当たるところがありすぎて胸に沁みた…