レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

む

むの感想・評価

4.3
青春時代の切なさと未熟さにズキズキくる作品。女の子なんて特にズキズキくるのでは。
なんで10代後半ってこうなんだろう、不器用で身勝手で後悔して、やっと周りの人間から尋常じゃない愛を注がれていることに気が付く。なんでもっと早く気が付けないんだろうね、若さってやつはまったく切なくて仕方ないね!とズキズキしながら観ました。めちゃくちゃ良かった。

アラニス・モリセットが流れていて嬉しかった。
Kana

Kanaの感想・評価

3.9
イタくてとびきり愛おしい、思春期の女の子。
ずっと地元の世界しか知らないから、まだ知らない外の世界を夢見て、憧れて、その分地元の退屈さにうんざりする。
厳しく接するママの気持ちがわからず、反抗することしかできない。
友達もそう。ずっと一緒にいて、大切な友達だったはずなのに、"そういう"時期だから、トガってて人気者の子と一緒にいてみたり。

離れてみないとわからない。違う世界を経験してみないとわからない。
どれだけ自分があの世界を愛していたのか。周りの人たちが、どれだけ愛おしい存在なのか。

2018 No.110
mary

maryの感想・評価

3.9
自分も10代の頃は母親に何も考えず言いたい放題酷いこと言って傷つけてたと思う。なんもわかってなかったあの頃。ごめんねお母さん。
yukkafilm

yukkafilmの感想・評価

4.2
今さら思い出しレビュー。青春だね、勢いだね、そして痛々しいね笑 ボーイズとの苦い経験もなんのその、若いって素晴らしいではないか。シーシャローナンのキラキラした目にやられた。
これは今年のベスト10には入りそう!BD買って見直したい。
トモ

トモの感想・評価

3.9
少女の成長日記的な物語り。恋愛・友情・愛情・家族etc... レディ・バード(ヒロイン)中心に物語りは流れる。とても上質なドキュメンタリーのような映画。

1つの大きなテーマとしては母娘の関係だろう。映画の始まりと終わり、タイトルのレディ・バード。ヒロインは自称レディ・バード、それが表す彼女の心情。激突を繰り返す母と娘のやり取りは良かった。

思春期は難しい。自分自身にとっても親や友人にとっても。何もかもが楽しかったり、うまくいかなかったり、流されたり、羨んだり妬んだり、、、色んな感情に悩んでる感じが出ててとても好きだった。

劇的な展開とかは無いから、人によっては好かれないかもなとは思った。
久しぶりに洋画を観た。

海外に対して漠然と憧れがあって、田舎町と言われても、?という感じで、素敵な街だなと、、
スクールカーストを感じさせる友だち付き合いが何とも高校生らしかった。。

クスッと笑えるけど、お母さんの愛情にグッと泣けました。
観た日に感想あげないとやっぱり忘れますわな。
先週水曜に観た作品ですけど結構楽しみにしていて、シアーシャ・ローナンが最高でしたね。
編集のリズムがすっごいテンポで、「若いからこそのイタさ」みたいなのも面白かったですし、その中に母親と娘の話が軸としてあって、正直私はあんましピンとこない部分もありましたけど女性とかが観ると結構刺さったりもするんじゃないですかね。
レディバードの親友を演じるビーニー・フェルドスタインさん、「なんか『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジョナ・ヒルっぽいなぁ」なんて思って観てたら本当にジョナ・ヒルの妹でぶったまげましたね。
まあアメリカ映画観ててよく思いますけど、日本にプロムという文化がなくて本当に良かったと思いましたね。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.1
空気感と雰囲気が好きです。淡々と進んでいく感じが素朴で自然な感じでした。主人公の日常を隣で見てるは大げさですが、そんな感覚もうっすらありました。なにより感動の押し売り感なく、じわじわと涙と人の温かみが浸透してくる感じが愛おしかったです。徐々に主人公がたくましく見えてきます。素直に感情ぶつけ合うこともやっぱり必要だよなぁと少し主人公を羨ましくも思いました。アメリカの社会状況も見てとれて、現地の人がこれを見たらより共感したんじゃないかなぁと思います。
さかい

さかいの感想・評価

3.5
青春の痛さとイタさ
「好きだよ、自分の名前だもの」みたいな台詞、ガンダムにもあったなあ
2002年の話が監督の若い頃の話みたいな、いまやすっかりひと昔半ぐらい昔ということに戦慄を感じざるをえない。劇場版Zもこれぐらいの時期だった、なつかしい
たまには自分から親に電話してみようか、どうしたってきかれたら今日そういう映画みたからと言ってみようか
いやいや改まって何か言うより、大きなケガや病気もせず元気でいることが既に一番の孝行だろう。電話はまた今度…

このレビューはネタバレを含みます

レディバードの若さゆえの痛々しさがすごくよかった!ピンクギプス選んでるところとか普通な自分を受け入れられないところとか。離れてみて気付く故郷の美しさ。