レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

natsumi

natsumiの感想・評価

3.3
好きになりたかったのに期待しすぎた…!自分も高校はカソリック系で女子校だったが、金銭的な問題もなく大学にもすんなり入れ、プロムは嫌々行ったりとレディバードの高校生活が自分のとあまりにも違いすぎて。第一レディバードの散々な親子関係に比べて、自分は反抗期もなかったが母とは特に強い絆はないなぁと思ったのが問題だった。

感情移入の要素としてノスタルジアにすごく頼っている映画だった。そのノスタルジアが大きく分けると二つ、「こういう奴学校にいたりこういう行事あったよね」という表面的なものと「こんなこと、あなたにもあったでしょ?」という感情的で内面的なもの。自分は前者には懐かしさを感じられたのだが肝心な後者を感じられず、いい子ちゃんだった自分には響かなかった。だから逆にアメリカの高校に行ってなくとも(前者をわからなくとも)内面的にレディバードと同じような経験をしたことがある方であればすごいハマれると思うから高評価なのもわかる。

細部までも美化されずにリアルで(主人公にニキビがある!)、ジョークもリアルでありながらも雰囲気もシアーシャローナンも可愛くて愛らしい映画だった。

あとは2000年代っぽさがあまり感じられなかったなー。可愛いんだけど髪の毛が赤のグラデって時点でどっちかというと2017年感強い… (髪型違かったらゴスっぽいけど違うな。) というかスカートチェックがある学校であの髪色は無理でしょ… ティミー演じるキャラが噂通りのいるいる糞キャラだった。
マスコミ試写会@東宝東和試写室 18:00開映

何かに対する愛が、それ以外のものへの憎悪にならないように。
Sachi

Sachiの感想・評価

3.5
新鮮さは全然感じなかったけど、リアルさが好きだった。アメリカの高校生~ってかんじ
添島

添島の感想・評価

4.0
この時期に見れてよかったなー、清々しい旅立ちの映画!

20センチュリーウーマンと似た光だなと思ったらグレタガーウィグの自伝的映画なんですね、メイキングでシアーシャ見つめるグレタの目が真摯で素敵だった。

友達も恋愛もファッションも家族も、レディバードだったあの頃を置いて大人になる。でもクリスティーンはレディバードを忘れないんだろうな。

ティミーの雰囲気がcmbynとガラッとかわってびっくりした。ルーカスくんは安定のかわいさ。彼らもあの頃を経験していた。

ふつーといえば、ほんとフツーの話なんだけど、メイキング見るとよりいっそうこの映画が愛しくなった。

the unmatched beauty of a place called home
chayyyyy

chayyyyyの感想・評価

3.6
本当にリアルな高校生の日々や葛藤を映し出した感じ。幼い高校生の人生の一部を覗いていた気分。
けど、観終わってしばらくして、もう一度この映画を思い出した時に、過去や今の自分と重ねたりして、じわじわ考えさせられるものもあるなあ、と。
主人公のシアーシャローナンと、その親友の2人のシーンは素敵でした。幸せそう!
ティモシーシャラメくんの色気すごかった!
HarunaYagi

HarunaYagiの感想・評価

4.1
旅行先のシンガポールの映画館にて一足早く鑑賞。クスッと来るところの細かいニュアンスまではわからず、そこらへんは字幕の力を借りて補完したいところだけど、それでもよかった!!

ミッション系の共学校に通う女子高生の最後の年の、卒業前後のおそらく数ヶ月ほどを描いた映画なのだけど、いわゆるアメリカ学園ものの公立校の負け犬感を前に出してくるわけではなく、あくまでも中流。恵まれすぎてるわけでもなく、放置されてるでもない。変わった子ではあるけど孤立するほど浮いてるわけでもないし、狙った男の子は落ちる。まとめるとめちゃくちゃ充実じゃないか!!!(羨)

彼女彼等の宗教に関する捉え方、大人の雇用事情、兄弟との関係性など、これがリアルなのかなと考えたり。

このタイトルのLady Birdとは彼女が自分につけた名前で、彼女はそう名乗り周りの人にもそう呼ばせる。この「名前」を象徴する日々の話。大きな事件は起きず、でも何かが確実に変わる。そういう機微が描かれていてとても大好きな映画。

ティモシーシャラメくんが小悪魔感たっぷりで恐ろしく色っぽい。同年の「君の名前で僕を呼んで」とは違う瑞々しさで、今持っているこの青さの残る色気をどんどん作品の中に残して行って欲しいと思う。
Pam

Pamの感想・評価

3.4
青春ものは大人が思ってるほど甘酸っぱくも美しくもなんにもない。。というのを見せてくれる。

高学歴なのに仕事に恵まれない兄
熟年で失業した父
病院の制服でいつもいえに帰ってくる母
買い物といえばセコンドハンドのお店でドレスを買う。。

すんごく中流家庭のリアイティ。

私が一番好きだったところは彼女が最後ふらりと酔っ払った朝に日曜日のミサに紛れ込むところ。

あれはすごい分かる。

実はよりどころなんです。

でも、あれも私の場合薄れてきました。
お祈りは今でも言えますけどね。。。

このレビューはネタバレを含みます

Watched it at ICA cinema

主人公は、自分をLady Birdと名乗る (本名はChristine) 女子高校生。Lady Birdは、親からではなく、自分から自分に与えたGiven nameらしい。ユニークで面白い。笑

ストーリーは、彼女が恋愛や友達・親子関係に悩みつつ、色んな経験をしながら、最終的には大学に入学し、大人になるという話。よくありそうな青春もの。
でも、Lady Birdのキャラクターがしっかりと立って、なおかつかなりユニークだから、とても面白いストーリーになっている。

Lady Birdのピンクの髪色が好きだった。

あと今日観た映画館は、30席くらいしかないすごい小さい所で、観客も自分含めて10人いるかいないかくらいだった。
周りのおじさんたちがすごい笑ってて、それくらいユーモアのある映画でもあった。
映画館で映画を観ながら大声で笑える文化すごい良いと思う。

Lady Birdと彼女の親友はキリスト系の学校の生徒で、キリスト教の「パン」(クラッカーみたいなやつ)を寝転がりながら、ポテチみたいに食べているシーンが印象的だった。
そういう意味では、現代社会の宗教からの乖離みたいなのを意図してたのかもしれない。信仰心の薄れみたいなもの。

あとは、付き合った彼氏が、ゲイだったというプロットは、セクシュアリティとか、クイア問題も取り上げていると思った。

携帯は、居場所追跡トラッカーらしい。

DVDが出たらもう一回観直したい作品。
咲

咲の感想・評価

3.8
母親や友達との衝突、和解、恋愛、進路、高校生活においてあるよな~って共感できるところが多かった。
離れてみてわかるありがたみも。

期せずしてティモシーシャラメ2連続
ChinWen

ChinWenの感想・評価

3.9
Everybody used to be Lady Bird at our young age. When you’re out of comfort zone, you should know you’re not Lady Bird anymore.

お母さんありがとうございます