レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

きのこ

きのこの感想・評価

4.2
思春期というのは自分の周りの環境に文句を言って否定したくなる。悪態ばかりついて素直に何も言えない。自分の周りにあるものがいかに良いもので、自分が幸せだったかってのに初めて気づくのは、その環境から離れたり、失ったりしてからだ。そんなことをこの作品を観て考えた。
mumu

mumuの感想・評価

3.8
今年18になるわたしには共感できる部分もあってわたしにぴったりな映画でした!!わたしも大学受験や大学生になってからについて今ちょうど家族で話し合っていて意見がぶつかり合う時もある状態で、でもそれはほんとにわたしのことを考えてくれているからなんだなって改めて思いました😿きっと大学生になって親元を離れたらほんとに親の大切さが身に染みてわかるんだろうなあって考えさせられました😌
さと

さとの感想・評価

2.9
うーん、等身大を描いてるのはわかるけど、地味だったなあ。それが良いのかもしれないけど、俺は響かなかったなあ
Yuri

Yuriの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

クリスティンは嘘もつくし、言動にも一貫性がないし、思慮が浅くて、痛過ぎる子で、17歳にしてはかなり幼いです。しかも、やたらと自己肯定感が高い。何故、そんな本作が圧倒的に支持されたのだろう?とクリスティンの身勝手さに若干、不快感を覚えながら観ていたのですが、これが母娘の物語だとわかってからは、母親(ローリー・メトカーフ)の気持ちがめちゃめちゃ分かってしまい、旅立ちの切なさでいっぱいに(;_;)クリスティンが地元を離れることが決まってから、母親に必死に謝り続ける姿や、上京して、自分のアイデンティティが自分を愛してくれた存在や環境によって出来たものだと気付く件りも、切なくて良かったです。理想形ではない青春を生き抜くのも、そんな子どもたちを真っ直ぐに育てるのも大変!バカな子ほど可愛いし心配だけど、どうか一人でも皆に愛され、強く思いやりを持った子になりますようにと、親目線で彼女の人生の幸せを願う作品です。ティモシー・シャラメは美形だけどスカした役で残念でした(^^;)
Iku

Ikuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

お母さんが引き返して空港行くとこから
手紙見つけて電話かけるとこまで泣きっぱなし〜

だっさいドレスも赤髪もキュートで最高

ティモシー・シャラメのやさぐれ感も好きです。
yusuke

yusukeの感想・評価

4.0
グレタもシアーシャも好きなので、なんかとてもよかったし、ほっこりした。

まぁ何より終わり方がいい!
あーゆうラストカット好きだなー!

母の愛も父の愛も友達の愛も、全部違って全部大事。
青春って素晴らしい。
あの頃は早く大人になりたくて必死だったのに、青春の中に今の自分を作っている全てがあったのかと思い返される。

目の前のことをがむしゃらに進んでいく姿がとても勇気をもらえる良作たった。
なんか人生なんて、なんとかなるよね!!
odd

oddの感想・評価

3.7
思春期だねえ〜
誰しもこんなこと似たようなことあったりするよなあ〜
でもなんか可愛い。友達って最高やな!
可愛いものだけが入ったアクセサリー箱みたい!
シャラメくんみたいな子もいるしダニーはなんかほんと友達になりたいわ。

今だからその時が少し過ぎると、あの頃あの時の背伸びにも気づくのよなあ〜
周りの大人たちみんなキュートで優しいけど、ただひとりお母さんに認められたいという気持ち、とてもわかる。

この映画のティモシー・シャラメ悪いなー😂(でも魅力的)
Kotetsu

Kotetsuの感想・評価

3.3
大学に行くために空港送ってもらったレディーバード。
見送りは父に任せ、車を出す母。
でも、もう一度出発ゲートへ戻るも、娘はゲートを通ったあとで結局会えなかった所はありがちだけど、離れる寂しさが我慢出来なかったお母さんの心情が出てた所と、そこで言った「大丈夫。帰って来る。」と言って抱きしめたお父さんのシーンが良かった。
尺のせいでそう見えるだけかもしれないけど、ホームシックが早すぎる気がするけど。
rina

rinaの感想・評価

3.7
レディバード、17歳
感情が忙しい時期だなぁ
わりとみてて
思い当たることが多くて。
家や環境のことで自分の人生の
選択肢が狭まるのは嫌だったり。
自分と重ねながら観た。
試着室の母娘の会話
すごい既視感あった笑

愛と注意を払うことは同義…
わかるけどわかりたくないな笑