サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロースの作品情報・感想・評価

「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」に投稿された感想・評価

りゅか

りゅかの感想・評価

3.3
本当は元の「悪魔のサンタクロース 惨殺の斧」を見たかったけど、
なかったのでこちらのリメイク版💁‍♀️

期待してなかったけど面白かった!
特に脱穀機で粉砕が好き。

次々と起こるサンタによる制裁🎅
最後も、なるほど〜ってなった。
yuyuyu

yuyuyuの感想・評価

3.0
やっすいタイトルに謎のR指定、過去作のリメイクと地雷臭ぷんぷんなのだが、意外といいじゃん〜!って思いながら見てました。

ストーリーはあってないようなものだが、とにかく人が死ぬので、テンポがいい。
もうね、10分に一人くらいのペースでどんどん死んでくから。
一応サンタが殺人鬼なので、悪い子を殺す的なスタンスをとっているのだが、殺される側のキャラ設定が薄い&雑すぎる。
その燃費の悪さをカバーするためか、ちょっとした素行不良レベルの住人がサラッと紹介され、そして流れるように殺されていく。

殺人鬼の正体も信じられないくらい雑な設定なんだけど、もはやその頃には全てがどうでもよくなっていた。
一瞬だけ面白くなりかけた(小さな保安官事務所の四人で犯人を挙げようと奮起する件)んだけど、あの推理とか操作パートも全てぶん投げたしなあ。

B級映画好きとしては、楽しく文句を言える、そんな映画で満足です。
 クリスマスのとあるコンテスト(審査?)に向け、白髭をたくわえ赤服に身を包んだ500人が押し寄せた、かつて製材所で栄えていたものの今は都会から隔絶され廃れてしまった田舎町で突如残忍な連続殺人事件が発生。犯人はサンタクロースの格好をしているとの目撃情報があり、開始早々容疑者は絞られ解決は時間の問題かに思われた...

 煩悩塗れド変態牧師、子どもの夢クラッシャーサンタ、応援などいらん俺たちだけで解決だ署長、統計マニア、プレゼントにハクション大魔王、蝶々...etc.

 保安官でありながら人妻にしょっちゅう手を出して問題が絶えない若い男(いや逆か、女性の方が町中の男と?)、母を大切にしない小生意気な少女、ヨーロッパとアジアへ展開しているアダルトサイトの運営関係者...etc.

 同僚でもあった夫を亡くしてから初めて迎えるクリスマス(・イブ)を両親と大切に過ごしたかったが、有給休暇返上で現場に出張ることになってしまった、クロスワードパズルに悶々とする保安官の目線によって、

 家族に始まる公的私的な交友関係からその街の現状を紡ぎつつ、白髭のサンタクロースに殺害されていく被害者の事情とターゲットとされる人間の共通項を解き明かしていくことで、街が今に至った背景をも紐解き犯人の正体と動機へとリンクさせる作りはうまい。

 キャラ設定から画作りから個々で遊び心満載ではあるんだけど、後継の作品から観ても大枠がしっかり組み立てられててそこはブレさせないからこそできることで、さすがの手腕と言える。

 ただ、吹替えがそれを越えて勝手にふざけちゃってるから、吹替えで観る場合はくどさを感じて白けてしまうかもしれないのが難点。そういうのが好きな方は良いけど、ダメな方は字幕で。


「13日の金曜日」シリーズ...「ハロウィン」シリーズ...「ザ・フォッグ」(1980)(2005)...「クライモリ デッド・パーティ」(2012)...
クリスマスにちょうどよかった。
程よい笑いあったし、サスペンス調で意外と楽しめました。
2012年 アメリカ🇺🇸カナダ🇨🇦

80年代のスラッシャーホラー『悪魔のサンタクロース惨殺の斧』のリメイク作品
監督は作品の出来にムラがあるスティーブン・C・ミラー

ウィスコンシン州の田舎町でサンタコスの連続殺人鬼が出現🎅
「悪い子は俺が成敗する!」って感じ
モロモロつっこみどころ満載です

いろんなバリエーションで惨殺!
『ファーゴ』でもお馴染み粉砕機も使用!
ジャケにも登場、火炎放射器の意味とは!
おっぱいもあるよ♡(・)(・) ♡

適度にグロいので、この時期みんなで楽しく観るにはちょうど良いクリスマス映画ですね🎄

本当はオリジナルが観たかった…
ATSUSHI

ATSUSHIの感想・評価

4.7
惨殺のメリケンサックHO! HO! HO!


かつてPTAを憤慨させた事で有名な『悪魔のサンタクロース 惨殺の斧』のリメイク版。オリジナルはひっそり続編4本まで生み出してしまうほどの人気(?)っぷりではあるけど、どれも物好きな人向けな内容。僕もそうなんですけどね

しかしこのシリーズにしては意外にも手強い完成度で、サクサク進むテンポ、バッチリ決まる惨殺シーン、小ネタ的に散りばめたオリジナルへのリスペクトと来てかなり楽しめた。有名なトナカイの角で串刺しのシーンまで再現してしまうのが凄い!リネア・クイグリーさんも喜んだのでは?エログロ度合いに目配せの上手さで言えば『ピラニア3D』といい勝負。
ストーリー面でもWho done it?調なので最後まで分からない犯人の正体もなかなか面白い。オリジナルと違って、ジェイソンみたいにマスクしてるし、斧以外にも火炎放射器を持ち出したりと本家以上に殺気立っているのも良い。不倫カップル惨殺のオープニングから気合の入りっぷりが分かる。
続編を匂わす不気味なラストもダークな余韻を残すところも好き。
我らがファイナルガールを演じる『シン・シティ』『ブラッディ・バレンタイン3D』のジェイミー・キングの活躍ももちろん見所。

監督のスティーヴン・C・ミラーは最近のブルース・ウィリス出演作とか『大脱出』の続編を撮ってダメ監督のレッテル貼らされてるけど、アクションじゃなくてこのようなホラーを撮らせてあげれば良いのに。

オススメシーンといえば、やっぱり粉砕機と斧で真っ二つですかね😁
クリスマス前に滑り込みセーフで
サンタさん🎅が出てくる映画観れました🎶

180cmの長身
靴のサイズは31cmのビックサンタが
不倫カップルを殺る
子供だろうが容赦なく殺る
ポルノ撮影してる輩も殺る
とにかく“悪い子”なら殺る!
どこで見てたのか
サンタさんお仕事しまくり!🎅

今回、有名どころが見当たらない作品だと思って観てたら出ました!
皆さんご存知「ゾンビーバー」の
あの人が今回は見事にブシャー!

サンタの正体は途中で分かっちゃうかもしれないぐらい捻りはなかった😅
最後も…えっ!?何それ!?
ということは…
to be continued.なのか!?って感じ🤣

“いい子”には優しい
斧が似合うサンタのお話でした🎵

皆さん少し早いですが
Merry Christmas⛄️🎄✨🥰

そして私
お仕事の都合上こちらに顔を出す暇がなくなってしまうので
1週間ほどドロンします
皆さんのレビューを読めた時には
いいね!とコメントしますね😌💕

このレビューはネタバレを含みます

知る人ぞ知る「悪魔のサンタクロース/惨殺の斧」のリメイク。だけど全く別物。

推理モノとして(一応)展開するけど例のごとく「そんな伏線全然なかったじゃねーかよッ!!」という反則技を使ってるので後半ネタバラシされても「で?」ってなる。

一応、それらしき事はちょろっと語られるけどつなげかたがものっそい強引なので説得力がない。

登場人物も直感が〜とか言いながら全員トンチンカンな行動ばかりしてるので感情移入もできないのが痛いところ。

唯一の救いは微エロとゴアシーンのみ
ちっち

ちっちの感想・評価

1.1
コスプレサンタこえー🎅

吹き替えで観たらグロいシーンなのにギャグみたいなセリフを発してた。実際はなんて言ってたんだろ?
グロ映画だけど絵は綺麗。クリスマスだから、かな?
頭パッカーンは興奮した。
>|

あなたにおすすめの記事