名前のない少年、脚のない少女の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「名前のない少年、脚のない少女」に投稿された感想・評価

いき

いきの感想・評価

3.5
後味良くない系映画。鬱々と、もやもやと。でもすきです。時間が経ったのでもう一回観たい
思春期の揺れ動く少年の心を、リリカルな映像で綴った秀作だが、イメージを省略化したような、曖昧で断片的な映像、孤独感、喪失感漂う少し重いテーマ含め、難解に感じる人が多いかも?

言葉にし難い思春期特有の不確かな心情を映像化したような世界観は素晴らしかった。
Kaleva

Kalevaの感想・評価

3.1
スモーキーな映像、音楽が印象的

劇中で流れるNelo johannの「pigeon suicide squad」という曲がすごく良かった
K

Kの感想・評価

-
5年前にみて、わからなくて難しかったのは覚えてる
もう一度ちゃんとみよ
菩薩

菩薩の感想・評価

3.9
一言で「飛ぶ」と言っても、大空高く「飛ぶ」、高い所から地面目掛けて「飛ぶ」、マリファナ吸ってニタニタと楽しそうに「飛ぶ」など色々な意味がある様に、「生きる」にしても、世の中には当たり前に生きているのが楽しい人とそうで無い人とがいるのだから、この映画の評価が真っ二つに分かれるのは当然の事である。名前のない少年、この世に居場所なんてない、自分が果たしてちゃんと生きて、存在しているのかすら懐疑的な少年が恋をしたのは、画面の中で微笑む脚の無い少女、脚の無い、とはすなわちもうこの世には存在していないという意味を指す。この世とあの世を繋ぐ媒介としてのインターネット、彼女と共にあの世へ旅立たとうとするも、自分だけこの街に帰ってきてしまったもう一人の青年、ここでは無い何処かへと、誰か俺を連れ出してくれ、そんな想いをボブ・ディランの「ミスター・タンバリンマン」に託して、少年は天国を目指し旅に出ようとする。その橋を渡れば違う世界に行ける、その橋から飛べば、それもまた然り。この映画が静かなのは語らないからと言う訳では無いと思う。語るにしてしてもその想いはたった4文字に集約されてしまうし、誰かに語られるにしてもまた4文字で終わってしまうから、敢えて語っていないだけであって、人の人生はそんな4文字で語れるはずが無いのだから、その聞こえない声に耳を傾けてやる必要がある。今も昔も、国は違えど変わらぬ葛藤、そして絶望と向き合う人の姿がある。脚のない少女が再び脚を手に入れる事は残念ながら出来ない、だが名前のない少年が名前を手に入れる事は出来る、彼は果たしてその橋を渡れたのか、渡り切れるのか。喪失を抱え込みそれでも前へ進もうとする少年に寄り添うに、この映画はそっと終焉を迎える。
otom

otomの感想・評価

5.0
甘酸っぺぇ。厨二病全開である。30代に観てこれだけ胸に迫るものがあるって事は、10代でこんな作品を観たら号泣してたに違いない。合間に挟まるサイケな映像も素晴らしい。"Mr. Tambourine Man"のタイミングも絶妙。かなり名作。
こまち

こまちの感想・評価

1.6
詩的というか、私の個人の感想としては雰囲気映画。
主人公の少年の中性的で美しい顔立ちや、少年から青年への過渡期の未成熟な感じはなかなかいい雰囲気してるのに、雰囲気を楽しむにはちょっとテーマが重いし、かといってそのテーマに沿うには、足りないピースが多いような気がして、全然ストーリーが頭に入ってこなかった。
大人になるための橋、一人で渡る少年。
霞む背中は少女のようで、居心地の悪い羽。大人になりきれない少女に恋した。
一人で踊る母の顔が忘れられない。
小さな田舎、故郷の温もりは皮肉である。「これが思い出だとわかる日が来るわ。」
橋の向こうから聞こえる声。
人生は永すぎる。まだ子どもでいたい。
まだ少し寒い。季節の変わり目に出会った作品は、色彩が淡かった。
ハンモックが欲しいよ。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
ディランを聴かないので…私はこなかったなぁ。
もっと若い頃に出会いたかった作品でした。
波色

波色の感想・評価

4.2
●まず、ストーリーを理解するのが難しかった。なんとなく悔しいので、もう一度見たい。

⚪︎音楽と映像が、思春期特有の独りよがりな雰囲気を醸し出していました。美しかったです。

⚪︎色が綺麗でした。

⚪︎散らばった星が夢のように美しかった。心象風景ですかね。

⚪︎ミュージックビデオみたいに、流れていく映画でした。

⚪︎息子とその母のぎこちない会話が思春期らしいリアル感があった。
>|