ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「ルーム」に投稿された感想・評価

mihiro

mihiroの感想・評価

4.5
《主観のあらすじ》
若い母親と5歳の男の子の話。
ひとつの空間「ルーム」。
男の子はそれ以外のものを知らない。生まれてからずっとこのルームにいるから。
ただ、男の子にとって、あらゆるものがあって、不満はない生活だった。

しかし、そのルームは母親を誘拐した犯人の納屋。
納屋の中で7年間監禁し、男の子を孕ませ、その中で生活させるという、恐ろしい犯行だった。

ある時、母親と男の子は命からがらの思いでその納屋から脱出する。
待ち侘びた外の世界だが…


《感想》
ここ数年で一番の作品だったと思う。
言葉が見つからないほど、素晴らしい映画でした。
納屋の外に出るまでにも、そして外に出てからも、心を奪われました。
演者の演技力はもちろん、言葉のチョイス(和訳だけかもしれませんが…)、そしてラストの挨拶、本当に感動しました。
何も言えません。
ただただ素晴らしい作品でした。
こどもも尊いが母もまた尊い涙涙涙
テレビ局のインタピュアーが、、、ゴートゥーヘル💀

極限を生き延びたのだからそっとしてあげて。
かほ

かほの感想・評価

4.5
描かれ方がリアルすぎて、主人公に起きた出来事が自分にも起きてしまったらって考えてしまって、常に恐ろしくなってしまった。
実話が元になっている話は生々しいほどに背すじが凍ってしまうけれど、世界には恐ろしい出来事が本当に起きていることにきづく。
この映画では他の映画でありがちな
母と子が出会い終わりではなく
出会った後のストーリーも出しており、
感動ものです。
人間は限界を超えたらこんな感じになるのだと思わされる怖くなりました。
面白い作品でした。
ナ

ナの感想・評価

4.3
つらいけど、リアルで、とても良かった。
めちゃくちゃ良い映画。名作。
ルームでの過酷な生活がよく表現されていて、ブリー・ラーソンがとにかくすごい。ルームへの嫌悪がよく表現されていた。
また子役の子の演技がとてもすごい。大人顔負けの演技には圧巻された。

この映画はルームからの脱出、そしてその後が描かれており、ルーム脱出後の生活への苦悩への向き合い方がとても面白いと思った。
ルダ

ルダの感想・評価

3.9
一度も部屋の外に出たことがない息子の、子供ならではの想像力・発言が微笑ましい

脱出を覚悟し、作戦を実行するシーンではドキドキが止まりませんでした
初めて外の世界を見た瞬間の表情が印象的

息子・母の演技力が素晴らしかった

ストーリーは、前半後半と展開が異なっていたので良かった
後半では、また新たに感情を動かされました

監禁されていた部屋は息子から見て、母と幸せな時間を過ごした部屋、きっとこの時間が永遠に続くと思っていたと思います
ですが、母から見てその部屋はただの監禁部屋。息子にこのままの生活をさせるわけにはいかない、外の世界を見て知ってほしいと思っています

脱出だけに注目するのではなく、感情のぶつかり合いにも注目!
sugi

sugiの感想・評価

3.8
演技力にあっぱれ。
AIRI

AIRIの感想・評価

3.8
疲れた。脱出シーン怖すぎ。
ジェイコブ君の演技がとにかく素晴らしくて脱帽です。監禁されていたシーンはもちろん、脱出後の彼の戸惑いや外の世界に対する好奇心と相反する恐怖心、それを上手く表現していて、間違いなく天才子役。
監禁されていても、彼にとってはあの狭くて埃まみれの汚い物置小屋は自分の生まれた場所であり、母親と共に過ごした場所。恐怖もあるけど思い出もある。あの小屋にもう一度戻りたいと言うシーンがこの映画の全てを物語っている気がする。
>|