マダム・フローレンス! 夢見るふたりの作品情報・感想・評価

マダム・フローレンス! 夢見るふたり2016年製作の映画)

Florence Foster Jenkins

上映日:2016年12月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるた…

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるため、夫のシンクレアは、マスコミを買収して、信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催するなど忙しく献身的に立ち回っていた。しかしある日、フローレンスがカーネギーホールで歌うと言い出して―。持病を抱えながらも音楽に生きる彼女の命がけの挑戦に、シンクレアも一緒に夢をみることを決める。今、笑いと涙で包まれた奇跡の公演の幕があがる!

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」に投稿された感想・評価

Minato

Minatoの感想・評価

3.4
DVDにて鑑賞。

予告から想像した話とは少し違う部分があったものの、夫婦の愛を感じる温かい物語だった。

設定として少し曖昧というか、なぜそうなっているのかわからないな、と思った部分が少しあった。

が、見終わった後は、彼女のまっすぐ懸命に頑張るところを夫は愛し、また彼女のそういう姿勢は見ている人の気持ちをも変えたのだろうと思った。

ハートフルで見ていて思わず笑ってしまう作品だった。
うちのオカンが好きそう

このレビューはネタバレを含みます

てっきり夢見るマダムとそれを献身的に支える一途な夫の話かと思いきや、開始早々夫の不倫劇が始まってなんだ全然イメージ違うわ最低夫じゃねーかと思いきや、やっぱりマダムを献身的に支える一途な夫の話だった。
途中まではコメディーなのかと気楽な気持ちで観ていたけれど、ラストのフローレンスの、歌うのはあなただけのため〜って曲で号泣してしまった…。

話の展開もテンポよく進んで飽きなかった!
でもあのセクシーな姉ちゃんが観客達に笑うんじゃない!声援を送れ!って呼びかけたのはちょっと謎だった。あんたもわろてましたやん…
これも実話なら納得!
totoya

totoyaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

いや、メリル・ストリープは本当にすごい。メリル・ストリープという人格がどんなか全然想像できないほど、どんな作品も役を作り込んでくる。すごい。

これも実話だけど、何と言っても梅毒に罹患して50年以上生存したなんて…今の時代でも信じられない話だと思った。

小ネタを控えてるところがあって、色々想像できる作品だと思います!
Yasuko

Yasukoの感想・評価

3.3
もうちょっと描き方あったんじゃないかなー?
an

anの感想・評価

4.3
課題はたくさんある。
だが、今までで1番良かった
アノン

アノンの感想・評価

3.5
世界で最も下手だと言われたオペラ歌手。アメリカに実在した人物 フローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)の生き様を振り返った作品。

笑いあり、涙ありの素敵な作品でした。
温かい気持ちになれます。

フローレンスの歌は確かに下手なんだけど、とても元気を貰えます。
彼女の歌は人を元気にする。

そして登場人物みんな良い人。

キャストもピッタリ。
フローレンス役のメリルはとっても可愛かった!

この作品でお久しぶり映画出演だったおヒュー!
大好きなおヒューやよ!
公開当時、この出演のオファーを受けた理由が「メリルストリープと共演したかったから」で笑ったのを覚えてます(笑)

この役は若い頃におヒューが演じてきたキャラとは違って、献身的に妻を支える素敵な旦那様〜♡
だと思ってたらやっぱりちょっと違ったよね(笑)好き(笑)
yuri

yuriの感想・評価

3.8
予告で、妻を献身的に支える夫の夫婦愛の話かと思ってたけど開始5分で裏切られた(笑)だけどこういう夫婦愛もあるのかなって思える作品。
メリル・ストリープが本当に可愛くて、見事に音痴でした。演技に脱帽。
そこまで音痴に感じなかった。
>|