マダム・フローレンス! 夢見るふたりの作品情報・感想・評価

マダム・フローレンス! 夢見るふたり2016年製作の映画)

Florence Foster Jenkins

上映日:2016年12月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるた…

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるため、夫のシンクレアは、マスコミを買収して、信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催するなど忙しく献身的に立ち回っていた。しかしある日、フローレンスがカーネギーホールで歌うと言い出して―。持病を抱えながらも音楽に生きる彼女の命がけの挑戦に、シンクレアも一緒に夢をみることを決める。今、笑いと涙で包まれた奇跡の公演の幕があがる!

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」に投稿された感想・評価

メリルの役のこなし方が凄い。(歌うま感はチラ見えしていたが)
クズ系かと思っていた夫の献身っぷりと愛情に、気付いたら終盤には応援していた。
コズメ役の方が終始良い味出してました。
メリルとヒュー様が夫婦ねぇ。観る前からここが引っかかって…いや観始めて…なんなら観終えた今でも引っかかってる。お上品なコメディシーンはオホホホと笑いとばせれば良かったが、上手くハマれず終い。メインとなる悪声歌唱の話はそれこそ笑いとばせるもんじゃなかったし、良い話にも思えなかった。あ、ポテトサラダだけは素直にワロタわwww
2018.7.13.
スカパー ムービープラス
フローレンスの音楽に対する心が素敵。歌が上手、高度なテクニック、も大切やけどそれが全てじゃない。だから個人的によくわからない"ギターが泣いている"という表現が生まれるのだろうか。フローレンスを見習わないとね。広い心を持つ夫も素敵だった。
itch

itchの感想・評価

4.0
ちょっと変わった人で特に才能がある訳でもなくて
時には笑い物にされて
もちろんそれなりに辛い体験もしてね
でも純粋で真っ直ぐで人を楽しませようと努力を怠らなくて
なんかいいなぁって
伴奏者コズメが変わっていく様がよかったなぁ
色々ともっと時間を掛けてもよかった...それくらいまだもっと観たいと思った
つよ

つよの感想・評価

3.5
優しい嘘というのかな。
素敵な話だけど寂しさも。

俳優陣はさすが。
サイモン・ヘルバーグが良かった。本当にピアノが得意な人のようで。

他人が歌ってて音が外れてても気付かないぐらいに自分も音痴なので、そこはなんとも…。汗
ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

3.5
病気で子供を持つ事を諦めた人生は切ないが他人に何と言われようと夢を追いかけ続けられたフローレンスは幸せだったと思いたい。
天使の衣装で満面の笑顔の最後のシーン
が、そういうメッセージを伝えてるように感じた。
メリルは相変わらずあっぱれな演技。
ヒュー・グラントと夫婦役を演じる
日がくるなんて全く思わなかった😱
Kurumi

Kurumiの感想・評価

-
オペラやピアノをやっていた身としては、カーネギーホールでこれをやるのはちょっとね…いかがなものかしら…と思ったけれど。
こんなにも誠実に、命懸けで音楽に向き合うマダムをみたら、これこそが音楽家のあるべき姿だよなあ、と心打たれた。
お金に恵まれていたから出来たことではあるけどね。芸術はお金がかかるからね。。

金髪のお姉ちゃんめちゃくちゃ気に入った。ああいう女が大好きだ。最高。

愛する人のために歌うこと、あなたのためだけに歌いたいこと、全てはそこなのかもしれない。私もそんな芸術家になりたい。
マダムの人柄の良さというかお人好しというか…愛されキャラが可愛い。それと夫婦愛ね。
「愛好家・ファン」ってのは技術どうのこうので好きだとは限らない。
「楽しませてもらった、元気になれた、だから好きだ」っていう事実があったから今もこうして名が残ったんだろう。
yuri

yuriの感想・評価

3.0
フランス語版のほうが好きだったな、
ヒューグラントおじいちゃんになったな〜かっこいいけども。
ひめの

ひめのの感想・評価

3.8
全体的に雰囲気がよく、楽しく見られました。物語は、あともうひと押しなにか…実話をもとにしているのでドラマティックすぎる脚色は難しかったのかな~と思いました。

メリルもヒューさまも良いキャスティング!それと、ピアニストのキャラと演技もとても好印象でした。
>|