マダム・フローレンス! 夢見るふたりの作品情報・感想・評価

マダム・フローレンス! 夢見るふたり2016年製作の映画)

Florence Foster Jenkins

上映日:2016年12月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるた…

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるため、夫のシンクレアは、マスコミを買収して、信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催するなど忙しく献身的に立ち回っていた。しかしある日、フローレンスがカーネギーホールで歌うと言い出して―。持病を抱えながらも音楽に生きる彼女の命がけの挑戦に、シンクレアも一緒に夢をみることを決める。今、笑いと涙で包まれた奇跡の公演の幕があがる!

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」に投稿された感想・評価

メリル・ストリープが巧い。ヒュー・グラントも共にシワシワだけどいい味出してる。愛によって生かされた女性の話。まあ、お金があってのこと、とは思ってしまうのは私がビンボーだからか。ともあれ、観てよかった。
marin24

marin24の感想・評価

3.2
あのメリルストリープが音痴な役?!
歌ヘタを特訓して挑んだみたいで流石、音痴が様になってました。
病気と闘いながらも自分の生き甲斐を手放さない強い女性でした。

ヒューグラント、良き夫じゃないか!
音痴過ぎて聴くに耐えないww
セレブの新妻が爆笑してて
新聞記者が不快になってホールを出てたけど、自分が当事者ならそのどちらかになりそうだなと思った。

でも主人公も音痴だと気づいた時はショックだっただろうけど、かなり幸せな人生だったんじゃないかなと思う。
No Music No Life No Skillなマダムが全力で間違え続けて最終的に夢を叶えた話。クラシックなThe Shaggs。彼女を取り巻く二人の俳優が最高すぎる

パンがなければポテトサラダを食べればいいじゃない
sommer

sommerの感想・評価

3.2
夢は望んでも叶うわけではないと知っているからこそ、挫折を味わっているからこそ、彼女の歌に励まされる。夢を見続けることを普通は諦めてしまいがちだけど、マダムは夢を見続ける。まるで、歌を歌っている以外の現実は悪い夢であると言わんばかりに。
soleil

soleilの感想・評価

4.0
こういう人が実在したアメリカってすごい。もちろん彼女の財力と周りの人たちの協力あってこそだけど、彼女に人間的魅力があったのでしょうね。ヒュー・グラントがますます老けて残念だけど、彼ならではのチャラいところに、妻を愛して尽くすところの混じり具合が絶妙。出来たらもう少しアンチエイジングに励んでほしいな(笑)
maochi

maochiの感想・評価

2.5
メリル・ストリープの下手くそな演技が上手すぎる。ニワトリみたい。あたしは自分だけ気がついていないということが1番恐ろしいことだと思っている。状況にもよるけど、君は才能があると褒められたりすることは自信にもなるし希望が見えるので長生きにつながる気はする。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.6
音痴(だと本人は気づいていない)な歌姫と彼女に夢を見続けさせた夫の物語。

予告から想像していたのとは異なるストーリー展開だった。
早く彼女が真実を知ったほうがよかったのか、それとも、あのタイミングが最善だったのか。正解はわからないが、少なくとも知らない間は「歌うことはたのしい」という純粋な想いを抱き続けられたのだから幸せではあったんだと思う。
そして、ピアニストの彼のようにみんなが彼女自身に魅せられていたからこそ成立した「嘘」だったんだと感じた。

こんな実話があったのだと思うと驚きだが、様々な「愛」を感じられた物語だった。
ひいろ

ひいろの感想・評価

3.3
DVD借りて鑑賞。

なんとなく想像してたストーリーと違った…。
予告をみたのがずっと前だからだろうか笑

音楽というよりは、
いろんな形の愛がメインに表現されているみたいでした。
コズメとマダム、旦那(名前忘れた)とマダム、旦那と愛人など…。
コズメが憎めないキャラでいい人。
マダムの音楽を愛する心を理解し、支える夫やコズメをみると家族愛を考えさせられます。

バッドエンドではないんだけど、実話が元だしやはりもやもやして終わったな〜。
次は楽しい映画がみたいですね!

ありがとうございました!
音痴だろうが何だろうが、多く人を魅了し、勇気と元気を与えたのが事実。
>|