パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニストの作品情報・感想・評価

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト2013年製作の映画)

Paganini: The Devil's Violinist/The Devil's Violinist

上映日:2014年07月11日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

1830年、バイオリンの名手で悪名高き女たらし、パガニーニは、ヨーロッパ全土で絶賛されキャリアの頂点に立っていたが、ロンドンでだけはまだ名声を得ていなかった。パガニーニを英国デビューさせるべく、指揮者ワトソンは財産を投げ打ってロンドン公演を計画、マネージャーのウルバーニは、嫌がるパガニーニをイギリスに連れ出すことに成功。ジャーナリスト、ランガムの絶賛記事にも助けられ、ロンドンの人々はパガニーニの…

1830年、バイオリンの名手で悪名高き女たらし、パガニーニは、ヨーロッパ全土で絶賛されキャリアの頂点に立っていたが、ロンドンでだけはまだ名声を得ていなかった。パガニーニを英国デビューさせるべく、指揮者ワトソンは財産を投げ打ってロンドン公演を計画、マネージャーのウルバーニは、嫌がるパガニーニをイギリスに連れ出すことに成功。ジャーナリスト、ランガムの絶賛記事にも助けられ、ロンドンの人々はパガニーニの演奏を待ちわびていた。パガニーニはワトソンの美しい娘で才能ある歌手でもあるシャーロットと音楽を通じて心を通わせ、永遠の愛を見出しすが、パガニーニへの自分の影響力がなくなるのを恐れたウルバーニは悪魔のような計画を練り始める…。

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」に投稿された感想・評価

seriFil

seriFilの感想・評価

3.2
クラシック音楽はまるで詳しくないが聴き応えのある映画だった。しかしパガニーニの自意識過剰ぶりというかフィギアスケート男子界に通ずる二枚目ぶりの演出にはなんか笑えた。
yum

yumの感想・評価

3.5
パガニーニ、彼は人を魅了してしまう悪魔のような才能の持ち主だった。ウルバーニもその魅力に陥り最後には己の欲から従え切れずに終わる。始終流れる「魔王」がアクセントを効かせていた。しかし実際には舞台となった1830年代にはパガニーニは50だったそう。時の流れが早く物語が足りて居ない感が否めない。彼の成功して行く様子から落ちて行くまでをもう少ししっかりと見納めたかった。
かりん

かりんの感想・評価

3.4
話はなんだかアマデウスっぽいのを狙ったような作品だったけど、さすがに主演が本当に音楽家なだけあって演奏シーンは見事である。やっぱ実際に弾いてると違うんだな…。ストラディヴァリウスを使ってるからなのかしら?私には楽器の良さはよくわからんが、この映画の演奏シーンは素直に素敵!と思えた。デビッドギャレットは初めて知ったけど、目つきがセクシーです。
パガニーニはよく知らなかったけど、悪魔に魂を売った超絶技巧の持ち主であったとか。その伝説からマネージャーのウルバーニが悪魔っぽい感じに描かれている。でもそれはなんで?意味がわからない。
途中見るのを止めようかと思ったくらい前半は退屈だけど後半は演奏シーンも多く、またアリアのシーンで心を掴まれた。あのアリアすごく素敵!どうしてAmazonプライムで聞けるのはニコール版なんだ!シャーロット役の女優さんとても綺麗で素敵でした。
最後までシャーロットを愛したような演出は夢があるけど、お疲れだったとはいえ、朝まで気がつかないってのはちょっと引くわ…。
点数はほぼ演奏と音楽の点数。
話自体はそこまでだったが、デイヴィッド・ギャレットの演奏がかっこよすぎて引き込まれた。
劇中の曲を作曲したパガニーニは偉大だ。
また、この難曲を演奏したデイヴィッド・ギャレットも素晴らしい。
Nana

Nanaの感想・評価

3.4
The Devil’s Violinstと称されたニコロ・パガローニを描いた映画。

この映画でDavid Garrettを知った。
本当に演奏してるって知って感動するよ〜。
apo

apoの感想・評価

4.5


酒と女と音楽と。

まー。ぼろぼろ。

でも、本物のバイオリニストだから

腕は、最高で、カッコいい。


歴史物は、衣装や生活習慣が
同時に楽しめます。
AM

AMの感想・評価

3.6
「悪魔に魂を売った」と言われるほど凄腕のヴァイオリニストだったパガーニーニを本物の有名バイオリニストが演じているとあって、演奏は圧巻。演奏会で焦らして焦らして、満を持して一番有名な曲を聴かせる。撮影が見事だと思った。ウルバーニが初登場のシーンから悪魔に見えるように撮られていた。ウルバーニを演じた役者のたたずまいも素晴らしかった。
くみん

くみんの感想・評価

4.3
超絶技巧のパガニーニ1782-1840。酒場での演奏、弦一本でも演奏、熱狂の女性失神、エピソードがふんだんに盛り込まれ、わたしも熱狂!天才と言われる芸術家の孤独、やっぱり心奪われる!どこまで史実に基づいているかは別として。

ヘルムートバーガー、若く美しい青年をはべらせている貴族役で出ていることにあとから調べて気づいた!
ai

aiの感想・評価

3.0
パガニーニやっぱり素敵なバイオリン。
物語はあんまりだけど音楽は素敵
HeroM

HeroMの感想・評価

2.5
デヴィットギャレットを見る映画。この人のヴァイオリンカバー集はすごくカッコイイんだけど。純粋なクラシック奏者ってイメージ無いしなあ。なんかなあ、なにがしたかったのか。
>|