パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニストの作品情報・感想・評価

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト2013年製作の映画)

Paganini: The Devil's Violinist/The Devil's Violinist

上映日:2014年07月11日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

1830年、バイオリンの名手で悪名高き女たらし、パガニーニは、ヨーロッパ全土で絶賛されキャリアの頂点に立っていたが、ロンドンでだけはまだ名声を得ていなかった。パガニーニを英国デビューさせるべく、指揮者ワトソンは財産を投げ打ってロンドン公演を計画、マネージャーのウルバーニは、嫌がるパガニーニをイギリスに連れ出すことに成功。ジャーナリスト、ランガムの絶賛記事にも助けられ、ロンドンの人々はパガニーニの…

1830年、バイオリンの名手で悪名高き女たらし、パガニーニは、ヨーロッパ全土で絶賛されキャリアの頂点に立っていたが、ロンドンでだけはまだ名声を得ていなかった。パガニーニを英国デビューさせるべく、指揮者ワトソンは財産を投げ打ってロンドン公演を計画、マネージャーのウルバーニは、嫌がるパガニーニをイギリスに連れ出すことに成功。ジャーナリスト、ランガムの絶賛記事にも助けられ、ロンドンの人々はパガニーニの演奏を待ちわびていた。パガニーニはワトソンの美しい娘で才能ある歌手でもあるシャーロットと音楽を通じて心を通わせ、永遠の愛を見出しすが、パガニーニへの自分の影響力がなくなるのを恐れたウルバーニは悪魔のような計画を練り始める…。

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」に投稿された感想・評価

カケル

カケルの感想・評価

2.8
パガニーニもなかなかな人生送っているのですね…天才=破天荒の図式は溢れすぎるほどよく見るなぁ。個人的にはウルバーニが凄すぎて良かった。
もちろん演奏部分は最強でした。シビれる!
znsk

znskの感想・評価

2.5
おもしろくないんだけどテンポはいいので気楽に見れた。実際にバイオリニストのディビッドギャレットが主演しているので、彼のPVと批判されていたがまぁそうだねという感じ。娘役の女優さんはきれいで歌もうまかった。パガニーニのルックスのせいかならひほろは20世紀くらいかと見てたが、19世紀の半ばらしい。
ストーリーよりも何よりもパガニー二を演じたデビッド・ギャレットのイケメン、天才ぶりにただただシビれた。
ozako

ozakoの感想・評価

2.0
2018/06
音楽を聴くための映画であれば十分なのだが、プロットが飛びすぎて、、、有名になる過程もなく、妊娠させた彼女もどこへ行ったのやら、、、。
am

amの感想・評価

3.8
超絶技巧!実演の演奏シーンがたくさんあって満足!装飾も美しく当時をうかがえて良かった。
実話に基づいてるけどストーリーも好き。
umeko

umekoの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

音楽は素敵だったけれど、ストーリーは展開が早く飛躍も多くて腑に落ちないところも。無名どころか弾けば馬鹿にされていたのに一瞬で有名バイオリニストになってしまうし、悪魔憑きと呼ばれて忌み嫌われるまでの経緯や理由も曖昧だし……。病に侵された&女に振られたからといって「世間は才能を理解してくれない」と嘆くのもいまいち納得し難い。下手にヒロインとの恋物語をねじこむよりも、そこらへんやパガニーニの人柄をもっと丁寧に描いて欲しかった。
だぼく

だぼくの感想・評価

3.5
タイトルの「狂気」は特に感じなかった。
ストーリーも平凡なラブロマンスという感じ。
ただ、演奏シーンは迫力満点でめちゃんこかっこよかった!
本物のヴァイオリニストさんが演じてたのね。
ストーリーは甘口だけど、パガニーニ役のデイヴィッド・ギャレットの演奏に吹っ飛ばされた。超絶技巧に、魂を絡め取られてゆくような、あの、音!
パガニーニが、演奏中に弦が切れていって一本になっても弾き続けたという逸話を、良いシーンで観られて参りました。
天才の孤独な生涯を悲劇的に描いている。破綻し堕落した生き様をしながらも彼には純粋な心があった。その純粋な心から発する純粋な愛も無残に破壊される。恐ろしいまでに残酷だ。
ak

akの感想・評価

-
映画館で観たかったな〜。
演奏がとにかくすごい。
超絶技巧もお手のもの。
女たらしだったパガニーニがシャーロットを想う最後は切なかった。
>|