ザ・ダンサーの作品情報・感想・評価

ザ・ダンサー2016年製作の映画)

La Danseuse/The Dancer

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

アメリカの農家で生まれ育ったマリー=ルイーズ・フラーの夢は、女優になること。ニューヨークへ出て何度オーディションを受けても、台詞のない役しか来なかったが、ある時偶然舞台で踊ったルイーズは、初めて喝采を浴びる。その日からルイーズに、衣装から照明、舞台装置まで全くオリジナルのダンスのアイデアが沸いてくる。ダンサー・ネームを“ロイ・フラー”と名乗り、踊り始めた彼女の才能に最初に気付いたのは、ルイ・ドル…

アメリカの農家で生まれ育ったマリー=ルイーズ・フラーの夢は、女優になること。ニューヨークへ出て何度オーディションを受けても、台詞のない役しか来なかったが、ある時偶然舞台で踊ったルイーズは、初めて喝采を浴びる。その日からルイーズに、衣装から照明、舞台装置まで全くオリジナルのダンスのアイデアが沸いてくる。ダンサー・ネームを“ロイ・フラー”と名乗り、踊り始めた彼女の才能に最初に気付いたのは、ルイ・ドルセー伯爵だった。やがてロイはバレエの殿堂“パリ・オペラ座”で踊る夢を叶えるために、たった一人で海を渡る。情熱と信念だけで、〈フォリー・ベルジェール〉で踊るチャンスを手に入れたロイは、完璧な舞台を目指す。いよいよ迎えた初日、観客は初めての体験に驚き、ロイは一夜にしてスターとなる。再会したルイと友情と愛情を行き来する関係を続けながらダンスに邁進するロイ。彼女の名声は高まるばかりで、遂にパリ・オペラ座から出演オファーが舞い込む。まだ無名だが輝くばかりの才能を放つイサドラ・ダンカンを共演者に抜擢し、彼女への羨望と嫉妬、肩の痛みに苦しみながらも夢に向かって準備を進めるロイ。しかし、そんな彼女に思わぬ試練と裏切りが待っていた──。

「ザ・ダンサー」に投稿された感想・評価

アメリカ出身のモダンダンスの祖にして、舞台照明のパイオニア。後世ではこのような評価を受ける伝説のダンサー、ロイ・フラー(ソーコ)は、女優を夢見ていた農家の娘だった。
舞台でアクシデントに見舞われ、偶々踊った結果喝采を浴び、新たなダンスのイメージやアイディアが次々と沸いてくる。
パリ・オペラ座の大舞台に立つため、海を渡りストイックに美を追究するロイ・フラー。体への負担は限界を迎えるも、オペラ座の公演を実現させ、若く才能溢れるイサドラ・ダンカン(リリー=ローズ・デップ)を共演者として抜擢し、着々と夢への道を進んでいた。


幻想的な映像美と音響が魅力の作品といえば、『エコール』『ミッドナイト・イン・パリ』『ネオンデーモン』等々、様々あるが、この作品の映像も素晴らしくそれらの名作に劣らない。舞台を踏みしめる足音や乱れた呼吸音も作品の芸術性を高めている。
しかし、どうにも観賞に集中できなかったのは、「真実」「実在」など謳い文句にしてる割には嘘臭さが目立つからだろうか。フィクションとして観るなら問題ないのだが、史実、伝記映画としては疑問符が残る作品だった。
かねこ

かねこの感想・評価

3.1
映像がとてもきれい。

話自体はたんたんと進むので途中で飽きそうだけどロイ・フラーの命を削って踊る様から目が離せなくなる
リリー=ローズ・デップが魅力的
舟いぬ

舟いぬの感想・評価

2.5
1年くらい前から公開を楽しみにしていたからか、飲みの誘いも断ってひとり揚々と向かったからか、それとも隣でやってたファルハディ特集ではなくこちらを選んだか(たぶんこれが9割)、異様に面白くなかった、というのを今でも覚えている。

昔の実話系って転ぶと面白くなさすぎる。
yumiko

yumikoの感想・評価

2.7
モダンダンスの祖、ロイ・フラーの伝記的作品。命を削るように踊るロイの姿に感じるのは美しさよりも凄まじさで、その生き急ぐような生き方はダンサーインザダークを彷彿。リリー・ローズ・デップが無垢で残酷な後輩を好演。盛者必衰とはいえ、主人公が最後に掴んだものは大きい。
yuko

yukoの感想・評価

3.8
2018.1.28 DVD

この方実在したんですね!
ダンサーというよりも、肉体の限界に挑むアスリートのような凄まじい鍛え方。
なんかゴリゴリと肩を回すトレーニングマシーンがごっつい!あれやってみたいかも(笑)

とか書くとスポ根みたいだけど、映画としてはしっとりした流れ。
心も身体も壊れていく様子が痛々しい。

このレビューはネタバレを含みます

わざわざ艶っぽいのを挟むより構成とかで悩んでいる姿をもっとちゃんとみたいと思ってモヤモヤしました。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.5
〈シルクと光のダンス〉で新時代のミューズとなったロイ・フラー。"命を削る"という言葉がぴったりだと思う。細部までこだわり作りあげる自分だけのダンス。衣装を纏いライトに照らされながらまわるロイの姿にうっとりと見惚れてしまう。ひとつのことを突詰めて自身を追い込むロイの姿にダンサーの真髄を見た。

イサベル演じるリリー=ローズ・デップの無垢な妖艶さにも目を奪われました。
ダンス映画に点数甘い私ですが、ダンスが好きなだけにこの映画は逆に点数辛くなった。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.4
なにかの映画でもロイ・フラーの舞う姿をみたなー。
天才ではなく努力家であり、アイディアの素晴らしさが人より飛びぬけている。ダンスシーンは美しくて、もっと沢山見せてほしかったほど。

リリー・ローズ・デップがライバル役で登場。これが、ありがちな女子の醜い争いにはなっていないところが良かった。
絶妙なエロスと、ロイ・フラーの内面の揺れも丁寧に描かれていて、なんというか、これは美しい映画です。
本題に入るまでの前置きが長すぎたかな…と感じました。そして性的描写があまり好きにはなれませんでした。

捉えどころのない淡々とした映画でした。
>|