ザ・ダンサーの作品情報・感想・評価

ザ・ダンサー2016年製作の映画)

La Danseuse/The Dancer

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

アメリカの農家で生まれ育ったマリー=ルイーズ・フラーの夢は、女優になること。ニューヨークへ出て何度オーディションを受けても、台詞のない役しか来なかったが、ある時偶然舞台で踊ったルイーズは、初めて喝采を浴びる。その日からルイーズに、衣装から照明、舞台装置まで全くオリジナルのダンスのアイデアが沸いてくる。ダンサー・ネームを“ロイ・フラー”と名乗り、踊り始めた彼女の才能に最初に気付いたのは、ルイ・ドル…

アメリカの農家で生まれ育ったマリー=ルイーズ・フラーの夢は、女優になること。ニューヨークへ出て何度オーディションを受けても、台詞のない役しか来なかったが、ある時偶然舞台で踊ったルイーズは、初めて喝采を浴びる。その日からルイーズに、衣装から照明、舞台装置まで全くオリジナルのダンスのアイデアが沸いてくる。ダンサー・ネームを“ロイ・フラー”と名乗り、踊り始めた彼女の才能に最初に気付いたのは、ルイ・ドルセー伯爵だった。やがてロイはバレエの殿堂“パリ・オペラ座”で踊る夢を叶えるために、たった一人で海を渡る。情熱と信念だけで、〈フォリー・ベルジェール〉で踊るチャンスを手に入れたロイは、完璧な舞台を目指す。いよいよ迎えた初日、観客は初めての体験に驚き、ロイは一夜にしてスターとなる。再会したルイと友情と愛情を行き来する関係を続けながらダンスに邁進するロイ。彼女の名声は高まるばかりで、遂にパリ・オペラ座から出演オファーが舞い込む。まだ無名だが輝くばかりの才能を放つイサドラ・ダンカンを共演者に抜擢し、彼女への羨望と嫉妬、肩の痛みに苦しみながらも夢に向かって準備を進めるロイ。しかし、そんな彼女に思わぬ試練と裏切りが待っていた──。

「ザ・ダンサー」に投稿された感想・評価

プハラ

プハラの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

正直に言えば、ストーリー自体には既視感はあるのよ。
強気な天才が、いい感じに運とパトロンと理解者に恵まれて成功して、後に落ちぶれる的な。実話ということだけど、物語としてのピックアップのの仕方が。

けどあのダンスシーンの凄まじさが何もかもを塗りつぶすよね。
炎の花、水の舞、風が巻いて、サモトラケのニケがいて、まさしく生命そのものといった表現がとにかく圧巻だった。
想像しかできないけど、実際に身も心も削りながらだったのは、わかる。

だがリリーローズデップの本物感がまた凄いから。イサドラってそういう人だったんだろうなって説得もまた残酷だ。

ウリエルのパトロンにしかなり得ないような耽美なダメ伯爵ぶりも素敵でした。
火を纏って爆走する車に相応しいよね。
ロイがサロメを読んでるところが好きです。
あとあのラブシーン見たら美しすぎて言葉が出ない
Foydou

Foydouの感想・評価

3.2
モダンダンスの創始者と名を挙げられるロイ・フラーの、オペラ座でのステージ成功までが描かれる。

自ら色や角度を設計した光の証明に照らされるシルク衣装のダンスシーン、本当に美しい。生でみてみたい。
体格が良く、当時の理想的な美しさには当てはまらず、努力を重ねて技術に頼らなければならなかったロイと、若く、才能溢れ、その身一つで人々を魅了するイサベラの対比がうまい。

ギャスパー・ウリエル本当にエレガントで美しい…。顔が良い…。
そして、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘、リリー=ローズ・デップ、とても綺麗で、イサドラの立ち姿すら優雅な様がとても嵌っている。
RMiura

RMiuraの感想・評価

-
ザ・ダンサー……ギャスパー・ウリエルがどことってもカッコよくて目の保養でした。ありがとうございます!見る前は見辛いかもしれないとちょっと思ってましたが、大変わかりやすく見やすい作品でした。生まれながらにスターオーラを放つデップさんの娘さんがもう既にスター。
しかし流石に昨年のカンヌ映画祭ある視点部門参加作品です。ダンス場面の再現は見惚れます。
マ

マの感想・評価

-
観たの結構前だけどギャスパーウリエルの退廃的破廉恥ぶりは記憶に新しい
19世紀末前衛的なダンスで一世を風靡させたロイ・フラーの伝記的作品で、史実を確認するとアレンジ過多ではあるけれど、ロイ・フラーのダンスのあまりに美しい再現とロイを演じたソーコが本当に素晴らしい!
ロイ・フラーのソーコは、気丈で頑固で真っ直ぐなのに、繊細でいつも不安に怯え震えているような痛々しさと美しさがたまらなかったのと、彼女のパトロンとなる伯爵ルイのギャスパー・ウリエルがもうエロ過ぎて参った。
ロイ・フラーを魅了するイサドラ・ダンカンのリリー=ローズ・デップも小悪魔的で良いし、ロイ・フラーのおそらく為人に魅せられ、彼女に寄り添い尽くすガブリエルのメラニー・ティエリーがまた良くって、とても女性の映画でもあった。
ダンスを学んでもいない女優になりたかった女性が、コンテンポラリーなダンスを見出し、生活の為アーティスティックな自己表現の為亡き父親の為にダンサーとして評価される。そのダンスは彼女の生命をも削るけど、それゆえかあまりにも幻想美。ダンスをする度に身体がボロボロになっていくロイの痛々しいまでの美しさ、ロイのダンスを初めて観て魅せられ愛してしまった伯爵ルイ(彼はアヘン中毒者でもある)も痛々しい。決してルイの愛情をロイが利用したとは思いたくないのだな~。
apricot

apricotの感想・評価

4.0
一人で夜遅くに映画館で観ることができたのが最高でした。
まず大好きなギャスパー・ウリエル、役柄も私のタイプで高貴で美しく、内面には繊細さを感じた。登場してからずっとドキドキさせられっぱなし。"ハンニバル・ライジング"の狂気さや、"たかが世界の終わり"の無口で謎めいた雰囲気、毎回印象が変わる。この作品でもっと好きになったので、これからも注目していきたい俳優だと思った。
次にリリー・ローズ・デップの演技は初めて見たが、彼女が夢中になって自由に踊り続けるところでは目が離せなかった。そのシーンを見ただけで、この人は只者じゃないって分かった。少女は魅惑的な視線や仕草で人を虜にし、あどけない表情に潜まれている悪が恐ろしい。
そして何と言っても、ソコが演じるロイのイリュージョン。命を削って人々に感動を与える幻想的なパフォーマンスがあまりにも美しくて、泣きそうになった。実話だと思うと彼女の人生、色彩豊かな照明と柔らかい生地をダイナミックに活かしたダンスが深く刻まれた。

美しさを追求したダンサーの残酷な実話の映画
美しい映画だった。ダンスステージシーンは息をのむほど美しい。華のようで白鳥のようで蝶のよう。ライバル役リリーローズデップも持ち前の美しさ発揮、伯爵役ギャスパーウリエルもかなり麗しい。でも美のステージの裏にある姿は過酷そのものでした。あんなに肩を目を酷使していたとは
mayuka

mayukaの感想・評価

4.3
花のように蝶のように舞うダンスは幻想的で力強くエネルギーを感じました。そして心を揺さぶられました。

葛藤や試練、裏切り。愛と友情。実話ということに衝撃を受けてます。

シルク布で作るドレスの製作シーン、光や鏡を使った革命的な演出。ダンスを芸術の域まで広げたロイ・フラーは本当に素晴らしいです。
女性が活躍することが難しかった100年前のフランス、ドレスや光、鏡を用いて、テクノロジー×ダンス、”演出”の魅力にいち早く気づき、新たなダンスの創作でロダン、コクトーなどに影響を与えた、”モダンダンスの祖”ロイ・フラーの人生を描く映画。
ダンスがとても美しい!あんなに美しいと思わなかった。ダンス経験者としては、おもりを使ってトレーニングしているところまで描かれていたのが良かった。筋肉があつくなってしまうから、氷で冷やすという描写もリアリティがある。ギャスパーウリエル、伯爵というだけあって、品があり、どっしりとしていて、それでいてどこか退廃的で、素敵!
>|