ザ・ダンサーの作品情報・感想・評価

ザ・ダンサー2016年製作の映画)

La Danseuse/The Dancer

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

アメリカの農家で生まれ育ったマリー=ルイーズ・フラーの夢は、女優になること。ニューヨークへ出て何度オーディションを受けても、台詞のない役しか来なかったが、ある時偶然舞台で踊ったルイーズは、初めて喝采を浴びる。その日からルイーズに、衣装から照明、舞台装置まで全くオリジナルのダンスのアイデアが沸いてくる。ダンサー・ネームを“ロイ・フラー”と名乗り、踊り始めた彼女の才能に最初に気付いたのは、ルイ・ドル…

アメリカの農家で生まれ育ったマリー=ルイーズ・フラーの夢は、女優になること。ニューヨークへ出て何度オーディションを受けても、台詞のない役しか来なかったが、ある時偶然舞台で踊ったルイーズは、初めて喝采を浴びる。その日からルイーズに、衣装から照明、舞台装置まで全くオリジナルのダンスのアイデアが沸いてくる。ダンサー・ネームを“ロイ・フラー”と名乗り、踊り始めた彼女の才能に最初に気付いたのは、ルイ・ドルセー伯爵だった。やがてロイはバレエの殿堂“パリ・オペラ座”で踊る夢を叶えるために、たった一人で海を渡る。情熱と信念だけで、〈フォリー・ベルジェール〉で踊るチャンスを手に入れたロイは、完璧な舞台を目指す。いよいよ迎えた初日、観客は初めての体験に驚き、ロイは一夜にしてスターとなる。再会したルイと友情と愛情を行き来する関係を続けながらダンスに邁進するロイ。彼女の名声は高まるばかりで、遂にパリ・オペラ座から出演オファーが舞い込む。まだ無名だが輝くばかりの才能を放つイサドラ・ダンカンを共演者に抜擢し、彼女への羨望と嫉妬、肩の痛みに苦しみながらも夢に向かって準備を進めるロイ。しかし、そんな彼女に思わぬ試練と裏切りが待っていた──。

「ザ・ダンサー」に投稿された感想・評価

monaminami

monaminamiの感想・評価

4.2
soko嬢がロイ・フラーをやるってだけで期待しまくっていたクセに劇場逃して今更鑑賞。
リリー・ローズ・デップはいらなくない?史実とは違うらしいけど、これはこれでスポ根で迫力あるsoko様やヘルムート・バーガーのようなギャスパー ・ウリエルの美青年っぷりや、もちろんダンスのところも美しくて目の保養!沁みいりました。
otom

otomの感想・評価

4.5
女子の命削る系でスポ根要素も入ってる途轍もないトップをねらえ!感。今時なオシャレ番長ソーコさんがヨカナーン代わりに兎の首を持ちだしたりと、のっけから全開でなかなか見応えがある。一人で存在感マシマシなのでデップの娘の下りは不要な気もしなくはない。上手いこと現代を取り込んだパフォーマンス、映像とヴィヴァルディの四季を再構成したマックス・リヒターのやつとで、ただの伝記に仕上げないあたりに非常に好感が持てる。良作。
mintgreen

mintgreenの感想・評価

3.0
イサドラダンカンは知っていましたが、主人公のフラーの存在は知りませんでした。とても勉強になりました。
ギャスパーのダンスシーンは圧巻。私は途中のカラフルな場面が好きでした。
Sokoの生き方、考え方がそのまま表現されているなと感じた作品。授業を休んで観に行った記憶。教授にどうしても観たい映画があるから授業休ませてくださいって言ったな。後日感想を話した。
Mami

Mamiの感想・評価

3.6
今や色々なパフォーマンスがあり、CGやハイテクを駆使すれば様々なに演出出来るけれど、あの当時自分の身体のみであの素敵な表現のアイデアを考えたなんて素晴らしい‼️
前半の舞台とても素敵で今でも通用しそう。
天才ゆえの苦悩。
ギヤスパーウリテルが役にハマりすぎでカッコよかった😍
xyxy

xyxyの感想・評価

4.0
久しぶりに耽美なものを見てしまった。しかし、的を得ている映画だ。ダンスなんてこんなもの、ともいえるし、ロイフラーの中に既にダンスがあった、ともいえる。そしてダンスは所有できないものだと痛いほど伝えてくる。『私が素晴らしいのではなくダンスが素晴らしい』が刺さる。メインキャスト3名の演技が素晴らしいが中でもイサドラダンカン役のジョニーデップ娘が凄まじい。
とても美しい映画なんだけど…

うーーん。

全然入り込めなかった

映像も綺麗なのに、全く感情移入できず


2018年 35本目
「暗闇から夢の花が現れた」(ジャン・ロラン)ーアメリカの片田舎でフランス移民の父親に育てられた女優を夢見るマリー=ルイーズ(ソコ)は、父親の死にともない厳格な母親のもとに転がり込み、際どいポルノ写真のモデルや端役女優のオーディションに臨んでいた。やがて幕間に偶然披露したダンスが没落貴族のドルセー伯(ギャスパー・ウリエル)の目に留まり、彼女は伯爵から拝借した金で単身パリに渡る。ダンサー「ロイ・フラー」として。

フォリー・ベルジェールで「サーペンタイン・ダンス」を披露し、鮮烈なデビューを飾ったロイの前に、若いダンサー、イサドラ・ダンカン(リリー=ローズ・デップ)が現れる。天才肌の彼女に対し、ロイのなかに嫉妬心がうずく反面、惹かれるものを感じ始める。

マネージャーのガブリエル(メラニー・ティエリー)らの支えもあり、ついに決定したパリ・オペラ座での公演を前にして、強烈な照明と過酷なトレーニングでロイの体力は限界を迎えてしまうが…アール・ヌーヴォーの精華を体現した不世出のダンサーの半生をたどった伝記ドラマ。

優雅に見える一方、極めて過酷な肉体的鍛錬を要するサーペンタイン・ダンスを歌手である主演のソコが体当たりで演じており、ダンスシーンは瞬きを忘れ、息を飲む出来である。また、天才がゆえに傲慢なイサドラをデップが対蹠的に演じたのも印象に残る秀作。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

4.0
優雅で微睡み、美しく、ひたすら美が舞う映画で御座いました。ソーコもリリーローズも好演。朝靄のなかを駆けるソーコと少女たちの儚さと言ったらもう…。
R

Rの感想・評価

3.9
芸術というものは、人間の底から溢れ出る欲望と絡み合ってしまうと後退していくのかな…なんて考えてみたり。

というか、感情の揺れによって美しく生まれたり、いとも簡単に潰れたりするものなのかな…
>|