ポリーナ、私を踊るの作品情報・感想・評価

ポリーナ、私を踊る2016年製作の映画)

Polina, danser sa vie

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく…

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく。 ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わい成長していく少女。彼女が見つけた自分らしい生き方とは…。 一人の天才バレエ少女の、輝かしくも数奇な運命を描いた、話題のフランスグラフィックノベルの映画化!

「ポリーナ、私を踊る」に投稿された感想・評価

Oliver

Oliverの感想・評価

3.6
一人のロシア人バレリーナがコンテポラリーダンスに魅了され、自分の進むべき道を模索する中で色々な壁にぶつかりながら成長していく。

セルゲイと同じように親の期待をすべて背負ってバレエの世界に飛び込んだものの、型にはまらないダンスで自分が本当に表現したいことを見つけた彼女は晴れ晴れしていた。

どんなに才能があってもやっぱり自分が納得できて心から楽しいと思えることに出会えないと、綺麗な花は咲かない。
SakiSawai

SakiSawaiの感想・評価

3.8
基本的にクラシックなものが好きなのでコンテンポラリーなものには惹かれなかった_(:3 」∠)_でも、最後のダンス素敵!!
mochiko

mochikoの感想・評価

2.0
ダンス経験者だけ引き込みたいならテクニックを見せて欲しい。
そうでないなら心理描写を映像工作的なテクニックで見せて欲しい。
ストーリーはありきたり、間延び間を否めない。単館上映以上のクオリティを求めていた者から言うと拍子抜け。
み

みの感想・評価

4.0
子供時代に雪の中踊るところと、同居人に連れ出されて散歩ダンスするところ可愛くて好きだ。

ポリーナの頑固者な感じの顔、表情良いです〜
slow

slowの感想・評価

4.1
フランスグラフィックノベルの映画化。日本で言うところの漫画原作の映画なのかな。しかし、スポ根的な熱も程々。恋も深みにはまらず程々。日本漫画に慣れた感覚で観てしまうと、物足りなさや不満も出てきそう。
2人いる監督のうち、1人はドキュメンタリー畑の方、もう1人は振付家の方らしく、ダンスも出演者自らが実演することにこだわったとのこと。だからここまでリアリティがあるのか。中でも感心したのがジュリエット・ビノシュ。彼女こんなに踊れたんだね。最初オーラを消していたからか彼女だと気が付かなかったよ。ニールス・シュナイダーも撮影前に特訓したらしく、それなりに。でも、なんと言ってもポリーナ役のアナスタシア・シェフツォワの魅力に尽きる。撮影前まではカンパニーでバレエダンサーとして活躍していたけど、撮影を機にコンテンポラリーダンスに目覚めたのだそう。まさにポリーナの人生そのもの。

序盤、雪の中を本能のままに踊り狂うポリーナの姿が最高に良い。そこまではフランス版『リトル・ダンサー』のような作品かなと思っていたけど、こちらは幼少期というよりは思春期の頃に大きく時間を割いた物語。基本的にあまり感情的にならないのだけど、ここぞという場面で魅せるダンスには心を震わされる。日常に溢れるありふれた動きがポリーナのフィルターを通してダンスのモーションとして昇華されていく感じとか、心と身体の軸を見つけてそのゾーンから生み出していく振り付けとか、容姿の魅力も相まって十分見応えがあった。

ポリーナの前に現れた人生の機会は、悠然としていながら隙を見せず、ひとつの壁を越えたところでまた見失う。それは、まだ時ではないということなのか、それとも恐れをなして立ち去ったのか。あの日の世界はいつまでも白く、私を踊らせる。
ミサヲ

ミサヲの感想・評価

3.7
感覚的だ、特に後半、良かったなあ。ポリーナの目を通すと喧嘩してる人も踊りに見える。古典からコンテンポラリーへ。自分だけの表現を作り上げるって、凄いことだ。身体を自由に動かして表現をしているのが凄く凄くかっこよく美しかった。良いな。
ぽぽろ

ぽぽろの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ロシアの先生から感情を踊れと言われ、中々表現出来ないことを引き摺っている。

愛や孤独について聞かれてポリーナはきょとんとしてる場面ばかりで、両親でさえも自分の世界には居ない感じ。

でもラストでは先生がその台詞を言った時の姿、服装で登場。やっと先生に認めてもらえた場面を想像していた。
ようやく掴めたのかな。

主人公の感情を感じられず、一緒に考えさせられる映画は大好きです。
haruka

harukaの感想・評価

5.0
ポリーナがコンテンポラリー
に変わってから自分の良さを
出せなくなり恋人とも別れ
コインランドリーで一晩
過ごしたりバーで働いたりと
堕ちていくところがよかった。

大音量の音楽と酒、酒、酒
殴り合う男の人達、それを
なんともいえない目で眺める
ポリーナ。なにかが乾ききって
いく。その感じがよかった。

ラストは美しすぎて
見とれてしまった。優雅。
こやま

こやまの感想・評価

4.2
最初にポリーナがコンテを踊ったときは本当に古典向きだなあという踊り方だったのに、、海沿いでの即興で鳥肌が止まらず映像の力もあるものの最後のデュエットは圧巻でした。
バレリーナの挫折ってすごく精神的にきますよね、、

私も古典をやってコンテにうつった身なので違いを知れたりすごく勉強になりました。
Manami

Manamiの感想・評価

4.0
ポリーナが、生活する上でいろんなところからインスピレーションを受けてどんどんダンスが深まっていくところがとても良かった。
昔から振り付けが決まっているバレエを台本通りに踊るのも、技術があれば美しいけど、自分で生まれてくる感情のままに踊るっていうのもすごくいいなと思った。
>|