ポリーナ、私を踊るの作品情報・感想・評価

ポリーナ、私を踊る2016年製作の映画)

Polina, danser sa vie

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく…

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく。 ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わい成長していく少女。彼女が見つけた自分らしい生き方とは…。 一人の天才バレエ少女の、輝かしくも数奇な運命を描いた、話題のフランスグラフィックノベルの映画化!

「ポリーナ、私を踊る」に投稿された感想・評価

mingo

mingoの感想・評価

3.7
シンプルに面白い!少女漫画の主人公が成長と共に、人としてもコドモからオトナになってくようなストーリーと、主演のアナスタシアが可愛くてずっと観ていられる。て原作おフランスの漫画なのだね。シンプルイズベストとはまさに、春にフランス映画祭で見逃したリベンジをはらした!
ボリショイで古典一辺倒で育ってきたポリーナがもがきながら見つけたコンテンポラリーへの道は、バレエだけじゃなく絵描いてる美術家にも通ずるなぁと思って鑑賞。人生を模索する人は多いし大半は妥協して自分を騙して生きているけど、誰のためでもなく自分のために踊る主人公は羨ましくもあり、自分もそうありたいと思った。ラストのダンスシーンと終わり方は美しく印象的。
原作がフランスの漫画(ハンドシネ)だったのか。バレエ映画とはちと違う。一人の少女の成長とダンスの変遷がリンクしてるよう。自分と自分のダンスを探す話かね。振付師に「オーケストラ!」のアレクセイや実際にダンサー経験あるビノシュ、同僚役にニールス・シュナイダーも。
TMD

TMDの感想・評価

-
あ〜帰り道グランフロントのイルミネーションとともに踊り出しそうだった…わたしは欲望とか愛情よりも反骨心で力強く踊りたい派だな〜帰りは気持ち背筋が伸びた
ちろる

ちろるの感想・評価

3.7
私はクラシックバレエの舞台しか観たことがなく、よく分からないけれど、コンテンポラリーにもとめられるのは内面の湧き上がる情熱のようなもので、その内面の表現が無ければ観客を感動させることはできないし、上手い下手も相手次第で変わるアクの強い種類のダンスでもある。
妖精のように美しい主人公ポリーナがクラシックバレエを踊るシーンは本当にうっとりするほど美しいけれど、どこか上の空でもある。
クラシックバレエを習うものなら憧れるロシアのボリショイバレエ団に選ばれるほどの実力があり、貧しくてもプリマになることを応援してくれる両親にも期待されながら、彼女の中にある「内」と「外」が徐々にかみ合わなくなり表現力がままならなくなって飛び出してしまうのは彼女にとっては然るべき道のような気もした。
今夏に観た 「ダンサー セルゲィポルーニン 世界一優雅な野獣」ととても似ているのだけどもポリーナとセルゲィも一番多感な年齢に差し掛かり、本気で恋をして感情が不安定になることで踊ることに支障をきたしていく。
私は恋をする年齢の前にバレエを辞めてしまったので正直わからないのだけど、バレエを本気で踊る人間にとって、バレエは生活すべてであり、もしそこにだんだん恋や家族など己の感情が食い込んでいくことがあれば一気にリズムが崩れていってしまう非常に繊細なスポーツであるのだろう。
ラストに差し向かうにつれて、様々なことを背負ったポリーナにはコンテンポラリーしか残されていないようだった。
ポリーナの「内」は爆発寸前で、ラスト15分まで少しずつ積み重なった彼女の様々な感情が見事に華麗に舞う姿は本当に素晴らしい。
虚ろで不安げだった彼女の目には光が漲っていて、自分だけのコンテンポラリーダンスを見つけた彼女の未来は輝かしく光る日が来るだろう。
貧しい少女の成長物語としての側面は分かりにくいのかもしれないので、バレエやダンスに興味がない人には退屈な作品かもしれない。
ただ、ラストのダンスは本当に美しく、ストーリーはこれを見せるための序章に過ぎないと思えば、割とちゃんと考えて作られた作品なのだと思う。
サンジ

サンジの感想・評価

3.7
「ダンスに感情を込めコントロール出来るようになれ」師匠のセリフだか何事にも通じる言葉ではないだろうか💡
ヒロインは自分の想いをダンスに託して昇華させる事が出来たのか!?観る者に問いかける映画だった。
SaoriKan

SaoriKanの感想・評価

3.9
尖っていた少女が、色々なダンスと人と関わり、生活する場所もコロコロ変わり、カッコいいアーティストになっていく姿に惚れ惚れ。映画だけど公演のようでもあり、観れてよかった。
個人的に、素晴らしかった。
クラシックバレエを習っていて自分ではしっくり来ているものの、モダンバレエやもっと先のポリーナが求めているものがとても分かる。憧れる。
最後のダンスは圧巻、芸術的。
あとポリーナがタイプ。鹿のようで綺麗でした、、!
映画としてはストーリー性あまりなく、カットもイマイチで登場人物も適切とは言い難いので、バレエ好き以外にはそんな勧めないかな。もう少し、あの才能が開花する流れが欲しかった。
noobyoo

noobyooの感想・評価

3.9
バレリーナを目指していた秀才肌の少女が辿るサクセスストーリーでない斜め加減な異端な感じが何とも魅力的な作品です。

場面を変えずに時間を急に進めたり、ブツ切り的に少女を成長させたり等、敢えて映画の文法を無視しているかの様な繋ぎ方に序盤は戸惑いながら観ていました。

しかし、その埋める行間の隙さえ観客に与えない違和感が、やがてヒロインの心情と同化しているのが分かると不思議な一体感みたいなモノが生じて来ます。

中盤でジュリエット・ビノシュが登場すると作品が一気に締まる流石感も含め、知名度が低いながらも濃厚な作品をミニシアターでじっくり味わうのにモッテコイな逸品です。
yume

yumeの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

チュチュ越しのキスが綺麗。

そして、コンテンポラリーダンスとバレエの間みたいなダンスがカッコ良い。
それにしてもあんな都会のすぐ近くに山があるのビックリ!
U子

U子の感想・評価

3.6
ポリーナの岡田茉莉子のような目が素敵だった。全てはラストシーンのダンスに集約される。展開自体はそこまでおもしろくないかもしれないけれど、ダンス良ければ全て良し。ジュリエット・ビノシュのダンスもみれるのは貴重かも。
>|