ポリーナ、私を踊るの作品情報・感想・評価

ポリーナ、私を踊る2016年製作の映画)

Polina, danser sa vie

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく…

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく。 ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わい成長していく少女。彼女が見つけた自分らしい生き方とは…。 一人の天才バレエ少女の、輝かしくも数奇な運命を描いた、話題のフランスグラフィックノベルの映画化!

「ポリーナ、私を踊る」に投稿された感想・評価

tottsun

tottsunの感想・評価

2.0
映画館のポイントが貯まったので鑑賞しました。
「ポリーナ、私を踊る」
小さい時からバレエを習い、ボリショイ・バレエ団のバレリーナを目指すポリーナ。成長しながらも練習を重ねて無事入団試験に合格した。そのタイミングで出会ったフランス人ダンサーのアドリアンと恋に落ちる。しかし、入団の直前に初めて鑑賞したコンテンポラリーダンスに衝撃を受け、その道に進もうと決意。小さい時からの夢だったボリショイ・バレエ団の入団を断ってアドリアンと南フランスにあるコンテンポラリーダンスカンパニーに参加する。振付師リリアの指導を受けてこれまでとは違うスタイルのダンスを習得しようと奮闘するが、足を痛めてしまう…
正直モヤモヤです。
たしかにバレエは素晴らしかったですが、それだけかな。
割とバレエの映画見ていますがこんな気持ちになったのは初めてです。
音楽の使い方は正直イライラさせられ、ただの雑音でしかなかったです。
演出もさすがフランス映画というかその意味を教えて欲しくても何も教えてくれません。
放置のまま進みます。
途中父親の死という場面に遭遇するのですが、あまり心に寄り添わずにどうでも良い事かのように進みます。
バレエに関する映画を見たいなら他にも良い作品があるのでそちらを勧めます。
私的には☆☆かな。
ある意味無料で鑑賞できて良かったっていうレベルかな。
沖縄は現在絶賛上映中なんですがもう直ぐレンタル開始ですか!?
才能ある人は燻らないでちゃんと才能を発揮して脚光を浴びて欲しいと思った作品でした。世の中にはもったい無い人いっぱいいるんだろうなぁ。ただポリーナは腐っても魅力を隠しきれてませんでしたね!笑
雲丹

雲丹の感想・評価

4.1
かなり個人的に好きな作品。
常に挑戦して戦い続ける主人公の不器用さ頑固さが美しく見える。
バレエ表現の美しさがとてもよく表現されている。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

 「プロは努力の跡を見せないもの」とかいいつつめっちゃ努力してもがきまくってる主人公の姿ばかりが映るのは皮肉か笑。舞台上じゃないからいいのか。思ったより踊りの場面をじっくり見せてくれなくて(中盤の舞台照明辺りから撮ったような上からの撮り方は好き)、途中で切ったり中途半端に終わったりして多少イライラするんだけど、流石に最後の舞いはじっくり見せてくれるし綺麗。しかしキスしながら回転とかはくどいなぁと思ったり笑。家族の団らん中に銃持った危ない奴らが入ってきた恐ろしい夜を過ごした次の日にバレエの先生から「全然集中できてない!ダメだ!!やる気あんのか?心が乱れてる!ダンサーは自分の感情がコントロールできなきゃだめだ!帰れ!」とか言われたらそら誰だって泣くわ先生www芸術の世界は厳しきかな
Ning

Ningの感想・評価

3.8
少女から、1人の女性(ダンサー)への成長物語。音楽と邦題が最高にナイス。
両親の夢を託されて、プリマを目指すポリーナ。違和感を感じつつも従順に両親やコーチに従ってきたけれど……

この映画で魅力的だったのは2つ。

⑴クラシックバレエとコンテンポラリーダンスという二種の、表現や良しとされるものが異なるダンスを通して、ダンスの奥深さを感じることができた

どちらもコーチの指導の言葉がとても印象的
バレエ「苦労を観客に見せるな。美しい動きだけをみせろ」
コンテンポラリー「自分の感情をダンスで表現するの。あなたはなにを感じているのか分からない!」

⑵墓守娘から脱却して、自分の人生を生きられるようになるまでの心理的葛藤が丁寧に描かれていたこと

ダンス、墓守娘(親からのプレッシャー)という点で、ブラックスワンと似ていました。
bnft

bnftの感想・評価

3.3
絵作りとか音楽の使い方とかかなり好きな方なのだけど、あまりにベランガールとの踊りの釣り合いが取れてないよね。
後ろ暗さを抱える父親に巻き込まれ、現実世界では翻弄されるポリーナがダンスへ打ち込む、というありふれた出だし。古典の代表格であるバレエからはあっけなく逃げ出し、居場所としてコンテンポラリーを見いだす姿は見ていて気分がいいものではなかった。
ポリーナにとっては、バレエもコンテンポラリーダンスも恋人や家族と同じで、それらはただ自分を求める手段に過ぎない。エレキな劇伴に沿って外見も含め次々と移り変わって行く彼女、その足取りの軽さは、現代性の現れなのかもしれない。
「踊り」をただ消費するものにとどめ、踊りへの、いわゆる「踊ることへのよろこび」が映像から感じられなかった。「私を踊る」という邦題はその意味では秀逸。なにか一つのスタイルに身を投じるのではなく、多くのスタイルから「私」を探り、「私」ただ一人のダンスを創る。自分を育て上げてくれた師匠は最後まで省みず、ボリショイバレエアカデミーの経歴は自分の権威のために使い、もう次の居場所を見つけたんだからあなたは用無し、と言わんばかりにはるばる訪ねてくる父親をすげなく追い返す。
守り、受け継いでいく伝統のあり方に遡行し、存在しない「自己」の追求のために常に変化を続け、すべてを消費していくポリーナには反感こそあれ、物語の中での魅力は全く感じなかった。
xxxxxxx

xxxxxxxの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

記録
楽しみにしていた映画の一つ。
このタイミングで観に行けたのは本当に良かった。
佐々木

佐々木の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

レビュー通り結末がここで終わり?って感じ。ダンス歴長い主人公だけあって、映像は素敵だった。音楽はまあまあ。2:30あっという間だったけど、親の期待、借金、フランス人の彼、死別など盛り込みすぎ感あって失速したのが残念。
ポリーナ役の子まつげくるくるばさばさ。鼻高。バレエのオーディション、練習の時の衣装が最高。
さち

さちの感想・評価

3.8
ドキュメンタリーなのでは?といっそ思うほどのリアルな視点。
天才は大変だ。

アナスタシアちゃんが可愛い😍コンテンポラリーダンスってカッコいいね👍
>|