ポリーナ、私を踊るの作品情報・感想・評価

ポリーナ、私を踊る2016年製作の映画)

Polina, danser sa vie

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく…

ボリショイバレエ団のバレリーナを目指すロシア人の女の子ポリーナは、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していく。 かの有名なボリショイバレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、全てを投げ打ってフランスのコンテンポラリーダンスカンパニー行きを決める。新天地で新たに挑戦するなか、練習中に足に怪我を負い彼女が描く夢が狂い始めていく。 ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わい成長していく少女。彼女が見つけた自分らしい生き方とは…。 一人の天才バレエ少女の、輝かしくも数奇な運命を描いた、話題のフランスグラフィックノベルの映画化!

「ポリーナ、私を踊る」に投稿された感想・評価

やりたいこと明確に見えてるのにどう動いたらいいか分からずただ夜働いて帰って寝ての繰り返しで、必死に見えないけど自分ではめっちゃ焦りがあって夢だけずっと消えなくて心身すり減っていく感じわかり過ぎてあぁ…ってなった
今までの全部があったからこそ最後のダンスシーンが踊れたのだろうし格好良かった
私を踊る
plantseeds

plantseedsの感想・評価

4.8
『広い視野を持つのが、アーティスト』
(劇中)

<ボリショイバレーのプリマを目指し日々、練習に励む主人公ポリーナ。
経済的に恵まれないながらも、両親の期待を背負い、夢に挑む。
ボリショイで踊ることを目前に控えるポリーナであったが、ある日コンテンポラリーダンスに出合う。
その衝撃的な出会いから、すべてを捨て、コンテンポラリーの道へ進むことを決意する。彼女の運命はどうなるのか…>

個人的にジャンルは違えど音楽に携わっていたので、
共感ポイント多し、さらに今後の自分の展望に対しても、
ヒント、そして、やはり自分のやることに気づきをもたらす内容でした。

ポリーナがなぜ、コンテンポラリーに目覚めたのか?
理由は様々ですが、一つは、両親の期待のプレッシャーでしょうね。
親がいろいろなものを犠牲にして、子供ためにと捧げる分、子供には悪い意味で重荷になる。

芸術を志す人は、この理由で思うように創作や、活動に励めなくなり、潰れてしまう人はいると思います。
夢をかなえてほしいのはよくわかりますが、あまり期待をかけすぎると、その子にとって重荷になり、逆効果なんですよね。
親としては、干渉したくなるものでしょうが、そこはぐっとこらえて、子供を信じて、いっそ、「別に頑張っても、頑張らなくてもどっちでも」ぐらいの放任のほうが、子供は気楽にのびのびできる。
ポリーナも、その周囲の期待への反動から、コンテンポラリーの方向へいったのかなあと思いました。

才能あるポリーナですが、良くも悪くも我が強く、周囲と折り合えなかった彼女に、コンテンポラリーの指導者が言ったセリフが、冒頭に書いたものです。
自分の表現を貫くのか、それとも折り合いながら仕事をこなすのか。
アーティストなら誰しもぶつかる壁のような気がします。

個人的には、胸の奥にしまった思いを見る鑑賞で、
やっぱり、もう一度未定のままの目標に対して再び歩みを取る時が来たのかなあと思いました。
正直自分の目指すものや表現は具体的にはわからないけれども、ポリーナに勇気をもらって、自分自身の表現をつくれるように、少しずつでいいからやってみよう。

なんか、レビューなんだか、独り言なんだかわからない長文を読んでくださった方(笑)(;''∀'')、ありがとうございました。
tai

taiの感想・評価

2.5
全体的に盛り上がりもなく普通。
父親が何の仕事してるのかもよくわからんし、見る側に結構委ね過ぎなところが多すぎるような気がした。
さくら

さくらの感想・評価

3.8
バレエ映画は好きで配信レンタルしましたが…あと一歩のところで眠ってしまい期間終了に。。振付に転向し踊りがのってきたところなので…まあ大半観れたと思っていいのかな?!
個人的にはボリショイに行かなくて良かった!と思ってます。ジュリエットビノシュの発言と存在は必見。
Sou

Souの感想・評価

4.2
素晴らしい。途中映画としての方向性ブレたかと思ったが、最後のダンスに全てが帰結した。ジュリエットビノシュにドランのいつもの彼もでてきてキャスティングも楽しめた。中盤以降の途中途中ポリーナがベッキーすぎた。
そんなことは良いとして、古典を学び、コンテンポラリーを学び、世俗を学び、貧困を学び、父親の死を経て、ポリーナは心の、存在の美を形成した。
映画というより、数少ない、美のドキュメンタリーを観た感覚。
高慢で無表情なポリーナが良い。。
忘れられないのは、ポリーナが倒れる時のカメラワークとアフガニスタン。
クラシックからコンテンポラリーに移ると急に重力がかかったように見えるのすごい
Asuka

Asukaの感想・評価

3.6
『常に美しいものを求めて…』

バレエの映画ですが、人生観を描くのに近い感じでした。バレエ映画ってドロドロの人間関係ものが多いのですが、そうゆうのは少なく純粋に恋や家族との関係が描かれています。

始まりのロシアでのシーン、ロシアらしい機械的な古典バレエが再現されています。
とてもリアルでした。
ロシアのバレエ学校は今でも厳しい身体条件で淘汰されています。

ポリーナも最初は教わられるがまま与えられた振りをやってましたが、なんだかしっくり来ない…
そんな最中劇場でコンテンポラリー(現代舞踊)を鑑賞してこれだ!みたいに気づかされたように南フランスへ旅たちます。

バレエは古典だけでなくコンテンポラリーや映画にはありませんがキャラクターダンス(民族舞踊)など色んな種類があります。
この映画でもダンスの可能性を様々な場面で感じされられました。

場面転換がめまぐるしく観ていて飽きない映画でしたが、踊りは抽象的で好みが分かれると思います…あくまでも踊りをメインにしてるのでとても綺麗でした。
ピピン

ピピンの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリックな手法と本格的なダンスを巧みな手法で構成した良作。

話の核心部は全て少女時代のエピソードに凝縮されている。
溢れる情熱を表現するはずのダンスが、いつの間にか先生に認めてもらう為の行動に変わりその後の人生を苦しめる。
少女時代のラストの鹿は自由の象徴なのだろう。

古典より自由に見えたコンテンポラリーに移っても結局自由は得られず、挫折してベルギーへ。
フランスまでのポリーナを苦しめてきたのは依存心。
いくら休日返上して練習しても他人の世界観の中では本当の解放は得られない。

自分で働き生計を立てる事で、ようやく自立して心の解放と自由なダンスが結び付く。

最後ダンスの鹿は、子供の頃に憧れた自由と一体化出来た事を表してる。

惜しむのは後半少しダレた事とベルギーで最初に立ち寄ったダンス教室の先生をもっと活かせないかった事かな。
min

minの感想・評価

3.6
ポリーナの印象が最初と最後で全然違った。すごく意思の強い女性。まぁ、表情にもでていますが。
親の描いていた理想の彼女をあっさり捨て、自分の好きなことに迷いなく進むのはかっこよかった。ラストのコンテンポラリーダンスは素敵。
場面場面でつかわれてる曲がすごくよかった。
>|