ヴェルサイユの宮廷庭師の作品情報・感想・評価

ヴェルサイユの宮廷庭師2014年製作の映画)

A Little Chaos

上映日:2015年10月10日

製作国:

3.4

あらすじ

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の…

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の矢が立ったのだ。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)との面接を受けるが、伝統と秩序を重んじる彼と対立してしまう。しかし、自由な精神で庭と向き合う彼女の言葉が忘れられず、ル・ノートルは宮殿における中心的な庭園造りをサビーヌに任せることにする。大きな可能性を秘める彼女に、ル・ノートルは少しずつ心魅かれていくー。

「ヴェルサイユの宮廷庭師」に投稿された感想・評価

史学科出身なので興味ある分野でもあり面白かった。師匠かっこいいなーと思ったら、リリィのすべてのハンスだったのか。同一人物に見えず
昔みた
建築のいい勉強になるし
色合いもよく
アクセサリーなんかにも
注目してしまう作品
厳かな映画。華々しくどこか寂しげで、最後は胸の中がスッとした。音楽がとてもおしゃれ。アランリックマンがまた素敵よなぁ…
ErikoTaki

ErikoTakiの感想・評価

4.0
17世紀のヴェルサイユ宮殿が舞台。
フランスの田園風景にヴェルサイユ宮殿、
絢爛豪華なドレスと…
ロマンチックな要素に溢れている作品❤︎
男性中心の社会の中で
ひとりの女性庭師の主人公が
逆境の中を力強く挑んでいく。
誰に対しても自分を信じ臆せず意見を言い
包み込むような温かさをも兼ね備え
周りの人たちを魅了してしまう。
そんな彼女は洗練された女性で
とても魅力的なんですよね♪
働く女性におススメの作品じゃないかな〜‼︎
キレイ。
庭師さんたまにプーチン大統領に見えてしまう冷酷の紳士がチラつく
Yちゃん

Yちゃんの感想・評価

3.0
アラン・リックマンや、、、

これが私の第一声

大学の授業で見ましたが、ヴェルサイユの建設途中を見られるのはとても興味深かった。当時の時代背景の再現が少し欠けてるような気がするけどストーリー自体は面白かったです。ハッピーエンドだし。アラン演じるルイ14世の満足げな顔も良かった。
映像も植物も花もセリフもすべて美しかった。

が、結局いつの時代も男は好き勝手生きてる感じがひしひし伝わってくる。笑
それがなければ美しい映画だったのになあ…
mimi3535

mimi3535の感想・評価

3.2
原題 ”a little chaos”
邦題と違いすぎる…

中世近世のヨーロッパモノが大好きな私は、見かけてすぐに再生をクリック。

ケイト・ウィンスレットが庭師を、
アラン・リックマンが監督とルイ14世を好演。
アランがハマり役過ぎて笑えるくらい。

庭園や自然の映像がとても綺麗な映画だが、ケイトが綺麗に魅力的に見える映画ではない。
髪振り乱しながら、ちょっとうつむきながら、難しい顔をしながら。

「少しカオスな」家族背景を持つ2人が惹かれ合い、違いの居場所を見つける。
苦しみから解放されるときは必ず来る。
WOWOWで録画していたものをちびちび観ました。サビーヌ(ケイトウィンスレット)がモリモリ働くところを見るとなんだか力が湧いてくる感じです。彼女の肉感的なところがよい。ルノートル(マティアススーナールツ)が最初ちょっとやな感じなところからデレていくところ良い。アランリックマンが監督もされていて、ルイ14世も演じているのだけど、このルイ14世が良い。衣装も絢爛だし、とはいえかつら脱いじゃうもんね!みたいなところも好き。
Marika

Marikaの感想・評価

4.2
美しく描かれた17世紀後期、太陽王時代のフランスの世界観と、多くを語らない、淡々としたストーリー。

徐々に惹かれていく二人の姿に、言葉のない感情で胸が締め付けられました。
とにかく、綺麗なんです…。


普段身近に感じない、身分の差がある世界は、行き場のない感情浸りますね…
後半の貴婦人たちの会話が、なんとも言えない…

>|