ヴェルサイユの宮廷庭師の作品情報・感想・評価

ヴェルサイユの宮廷庭師2014年製作の映画)

A Little Chaos

上映日:2015年10月10日

製作国:

3.4

あらすじ

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の…

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の矢が立ったのだ。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)との面接を受けるが、伝統と秩序を重んじる彼と対立してしまう。しかし、自由な精神で庭と向き合う彼女の言葉が忘れられず、ル・ノートルは宮殿における中心的な庭園造りをサビーヌに任せることにする。大きな可能性を秘める彼女に、ル・ノートルは少しずつ心魅かれていくー。

「ヴェルサイユの宮廷庭師」に投稿された感想・評価

アラン・リックマン、出て撮ってと素晴らしいですね。

あくまで架空の物語ではあるんだけど、こんな物語があったらな〜!って確かに思えました。
yamuki

yamukiの感想・評価

3.8
草木に囲まれて風に吹かれる画から、草花や土の匂いが伝わってくるような映画。
音楽がとても素敵でした。
歴史物ではなくフェアリーテールでした。のっけから実に家庭的な王様登場。こんなルイ十四世初めて。お仕事恋愛ものでドレスでモリモリ力仕事をするヒロイン。それが文句なしに美しくて、リックマンなかなかの乙女。サスペンス要素は不要だった気はしますが、サービス心旺盛で楽しめる。遠景の美しさといい、舞台的な対比といい、先が楽しみな監督だったと思う。本当に惜しい。
akiko0406

akiko0406の感想・評価

3.0
原題は”a little chaos” 。観終わった後に知ったのだが原題の方がしっくりくる。フランス庭園話をイギリスが綴ると対比関係が生まれるようだ。昔はフランス映画がおしゃれと思って観ていたが、イギリス映画の方が心に届く。恋愛映画でなく混沌とした諸々として観ると面白い。
鑑賞後に強く思ったこと、改めてゆっくりとヴェルサイユ宮殿に行きたい!
やみこ

やみこの感想・評価

3.6
ケイト・ウィンスレットって中世の女性役が本当にしっくりくるよねえ〜
庭師の女性が主人公なだけに風景が美しくて和む
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2018.8.7 BS

17世紀フランスの話なのにあらゆるディテールが英国式でかなり退屈。風を受けて髪を揺らすケイト・ウィンスレットの出で立ちもなんかズレてるような。樹木を運搬する人々が丘の上を歩く序盤のロングショットにはベルイマンを感じた。絶頂→賢者タイムに移行していく音楽も官能的。
wyzbar

wyzbarの感想・評価

3.6
□物 語 ★★★★★ ★★
□配 役 ★★★★★ ★★★
□演 出 ★★★★★ ★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★
□音 楽 ★★★★★ ★★
違和感あり
セット感も拭えなかった。

脚本…
会話が示唆に富んでいた。
特にフォンテーヌブローでの
サビーヌのバラの話
yuko

yukoの感想・評価

3.4
マティアス祭りまだまだ開催中。昨日見た「君と歩く世界」のダメンズと打って変わって、今回はなんとフランス宮廷に仕える庭師さん!ん〜長髪姿好きだけどマティアスは短髪の方がにおうとる。

ヴェルサイユ宮殿の庭園を作るのに、女性の庭師さんが選ばれる。初めは反感を買いつつも、周りは次第にその実力を認め始める。

やっぱりケイトウィンスレット素敵だなー。この時代、女性の庭師っておったんかな?四季のバラを王に渡すシーン、あのセリフの意図が私には汲み取れなかった(アホ)けど、バラと女性の生き方?を重ねてたりしてたのかな?そうなのかな?違ったらすみません。

マティアスの上品で誠実そうな人柄、とっても素敵でした〜。
えり

えりの感想・評価

4.1
時代背景が好きです。
やはりこのころの女性の装飾品や服装が素敵。

ケイトウィンスレットの、儚げで寂しげな表情、さすがだなと思った。
>|