ヴェルサイユの宮廷庭師の作品情報・感想・評価

ヴェルサイユの宮廷庭師2014年製作の映画)

A Little Chaos

上映日:2015年10月10日

製作国:

3.4

あらすじ

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の…

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の矢が立ったのだ。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)との面接を受けるが、伝統と秩序を重んじる彼と対立してしまう。しかし、自由な精神で庭と向き合う彼女の言葉が忘れられず、ル・ノートルは宮殿における中心的な庭園造りをサビーヌに任せることにする。大きな可能性を秘める彼女に、ル・ノートルは少しずつ心魅かれていくー。

「ヴェルサイユの宮廷庭師」に投稿された感想・評価

葉月

葉月の感想・評価

3.0
アラン・リックマンが好きで観た。彼の最初で最期の監督作品。題材は好きだけど、盛り上がりに欠ける。もっと長生きしてもっと彼の作品が見たかった。
見た味

見た味の感想・評価

3.2
華やかなヴェルサイユの庭の話なので映像が綺麗だった。悪者が少なくいい人ばかりの健気なお話。林の中にあるシャラシャラ音のなるカーテンは本当に綺麗だった。亡くなった娘ちゃんが超可愛い。主人公の後半のセリフが強気で少し戸惑う。愛が欲しい?とか満たしてあげるとか
Emily

Emilyの感想・評価

3.0
アランリックマン生前最後の監督作ということで見ました。
映像がとてもきれいで素晴らしかったですが、ところどころ撮影の仕方にチープさを感じました。
そして造園のシーンが事細かにされていなかったのも少し残念です。
マティアスの長髪が違和感で終始気になってしまった。庭の草花が暖かさと柔らかさを与えてくれてアランリックマンが監督しているなんて素敵すぎる。
マティアスが観たくて観ました…
ちょっと野暮いおばさんの役を演じきるケイトウィンスレットが、最高の演技をしていて、大好きになりました。
豪華な美しさ、素朴な美しさ、心情、う〜ん綺麗な映画☺️ 好きです☺️
夜の庭にランプが灯っているシーン最高に綺麗で好きです

マティアス・スーナールツがとにかく素敵...

うっとりゆっくり大人でじんわり☺️
yokomuto

yokomutoの感想・評価

3.6
映画の雰囲気、全体的に淡い色合いですごく好き。ケイトウィンスレットは強くて美しい役が良く似合う。
アランリックマンが監督脚本なんだ!この美しい映画を作れるって…アランリックマンの内面も美しいんだろうな…って笑
それにしてもアランリックマン演じるルイ14世のカツラ姿には笑ってしまう
カル

カルの感想・評価

4.2
前半は庭師での過程、後半は恋愛要素も含まれていた。主人公と貴族の関係がよかった。映像も音楽もきれいだった。
ミサ子

ミサ子の感想・評価

3.5
ヴェルサイユの庭を見に行きたい。あの一角だけでもいろんなドラマがあるんですね多分。
とても優しい印象の映画でした。
Tacos

Tacosの感想・評価

3.5
優しい映画。
ベルサイユ宮殿の話に英語なのは、違和感を感じないでもないが、音楽と相まって優雅に穏やかに終わる。
淡々としすぎかなとも思うが、心穏やかに観ることができた。
ベルサイユ宮殿は、壮大でそれぞれの建物や庭に製作者たちの想いやドラマがあったんだろう。行ってみたい!
>|