ヴェルサイユの宮廷庭師の作品情報・感想・評価

ヴェルサイユの宮廷庭師2014年製作の映画)

A Little Chaos

上映日:2015年10月10日

製作国:

3.4

あらすじ

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の…

心に傷を負い、孤独に生きてきた女性庭師サビーヌ。 突然、彼女の人生に舞い降りた、宮廷からの招待状。 歴史と伝統の世界の中で、自分の人生の花を咲かせることができるのかー? 1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の矢が立ったのだ。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)との面接を受けるが、伝統と秩序を重んじる彼と対立してしまう。しかし、自由な精神で庭と向き合う彼女の言葉が忘れられず、ル・ノートルは宮殿における中心的な庭園造りをサビーヌに任せることにする。大きな可能性を秘める彼女に、ル・ノートルは少しずつ心魅かれていくー。

「ヴェルサイユの宮廷庭師」に投稿された感想・評価

Tacos

Tacosの感想・評価

3.5
優しい映画。
ベルサイユ宮殿の話に英語なのは、違和感を感じないでもないが、音楽と相まって優雅に穏やかに終わる。
淡々としすぎかなとも思うが、心穏やかに観ることができた。
ベルサイユ宮殿は、壮大でそれぞれの建物や庭に製作者たちの想いやドラマがあったんだろう。行ってみたい!
Manon

Manonの感想・評価

-
主人公が本当に素敵で、女から見ても魅力のある女性をケイトウィンスレットが彼女の透明感と共に体現していて美しかったです。
マティアスの寡黙な感じと、後半からの包容力もとても素敵でした…!

アランリックマン監督脚本っていうのを楽しみに観たのですが、
舞台のフランス、ヴェルサイユの美しさももちろん、
アランリックマン自身の心の綺麗さがこの作品がとっても温かい所以なのだろうと思います。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.1
ヴェルサイユ宮殿の時代を生きて見たかったと切望してたけど、宮殿の中は大奥みたいだったのですね。階級がしっかりしてて能力のある女性は大変だったろうなぁ。
moon

moonの感想・評価

3.8
ケイトウィンスレット本当素敵。透き通った演技、マティアスの包み込む演技。ステキ
Hitomingc

Hitomingcの感想・評価

2.5
静かな映画
またヴェルサイユに行きたくなる。
アラン・リックマン監督脚本だったのか。

バラ
雛鳥

雛鳥の感想・評価

2.0
合わなかったのかな。あまり集中して観れなかった。
くー

くーの感想・評価

2.9
なんかよくわからないけど美しいからいい。ケイトブランシェットはほんとに魅力的な女性だね。
たまご

たまごの感想・評価

3.2
師匠さんかっこいい。主人公のおっぱいさいこう
素直さ、そのままの気取らない素敵さ。下心のない指摘。か。
スミカ

スミカの感想・評価

3.0
ケイト・ウィンスレットの豊満な肉体美を鑑賞。西洋の絵画に本当にいそう。
>|