ショコラ 君がいて、僕がいるの作品情報・感想・評価

ショコラ 君がいて、僕がいる2015年製作の映画)

Chocolat

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルに狂っていく―。奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。トゥールーズ=ロートレック…

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルに狂っていく―。奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。トゥールーズ=ロートレックの絵のモチーフとなり、映画の祖・リュミエール兄弟の映画にも出演した伝説の芸人コンビの人生を描いた感動の実話。

「ショコラ 君がいて、僕がいる」に投稿された感想・評価

yoko

yokoの感想・評価

4.0
この映画を観て、黒人差別に限らず、日本の被差別部落や被爆・放射能等で子供たちがいじめられている事実を、改めてどうにかしなければいけないと思いました。
本当に切なく、素晴らしい映画でした。
スケープゴートを作って社会秩序を形成する人間の行為は、国や地域に限定されず普遍的な問題ですが、こうして映画が問題提起してくれることで、強く頭に残りました。
君がいて、僕がいる。だね。

最後、実際の映像、スピード感のある動きには驚いた。
おがわ

おがわの感想・評価

3.3
これを演じている黒人俳優さんはどんな気持ちで演じたんだろうか、、、、
差別することが当たり前の時代辛いなぁ
🤡🐒

この黒人かっこいいな〜〜!と思うといつもオマールシー

成功していって豪勢になっていくショコラの衣装とか車がとにかく最高

心地よくは全くないけど好きな映画
Ayuko

Ayukoの感想・評価

4.0
黒人差別の色濃い時代のフランスで、初めての白人フティットと黒人ショコラのコンビの道化師がスターになる。実話を元にしたショコラの半生の物語。えげつない差別がこれでもかというぐらい描かれていて胸が苦しくなりました。精神的・肉体的にどんなに傷つけられても自分らしく生きようと抗う彼の姿は切なくも勇ましかったです。
香鈴

香鈴の感想・評価

3.5
美しいものを美しいと素直にいうことが罪であり不快感を感じさせるようになってしまった世界へ

利用
真珠
チョコレート

孤独
不器用
simakana

simakanaの感想・評価

4.0
サーカスとかショーとかの見世物の世界では、そこに敬意があるのか愛があるのかが誇りを保つのにすごく大事だと思う。
なみ

なみの感想・評価

4.1
すごく脆くて壊れやすいショコラの人間味がものすごく溢れる作品。差別が色濃い時代で、たとえそれが職業で素晴らしいものだとしても、自己嫌悪やお金に溺れることは仕方なかったのかな、、大切な人を自ら離してしまうシーン、最後のフティットとのシーン、胸がくるしくなる。
いおん

いおんの感想・評価

3.7
オマールシーが好きなので観た
道化師めちゃくちゃカッコいいな。
道化のシーンは愉快で笑顔にならせていただいた。今でも差別あるんだから嫌な世の中。
本当の映像がみれるの嬉しいな
君がいて、僕がいる 感は無い
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

4.0
古き時代、人々を魅了した『道化師』と『愚か者』の物語。

ラストは切なくて、苦しかった…
やさしい救済なんかない。
酷薄な失意を喰らわされた。

肌の色だけでなく、思想まで取り締まられる時代…素晴らしい舞台が、地面に叩きつけられて砕け散る…その冷たさに震える。

でも、それが真摯な描き方だと思う。
真っ直ぐだった。とても正直でいい。

他の作品によく見る美化された結末に、居心地の悪さを覚えるぐらい、グサリと刺さった。それこそオセローの胸を貫いた刃みたいに。このシニカルさも…ニクいな。

彼らが与える笑いの裏の悲哀。
あの泣き笑いのメイクが思い浮かんだ。それは別の道化師のエピソードだけど…これが道化師なんだなって、現実の苦さが染みる。道化は演じるもの…なんだよね。

古き時代のシルクの雰囲気も…凄くいい。
字幕も…いい意訳してました。
期待して観てた訳じゃないけど、想像していたよりも格段に上質なストーリー。

リュミエール兄弟の映画の撮影シーンは感動しちゃった😳彼らもまた時代の寵児であり、革新者。凄い時代だねー✨

フティットを演じたジェームス・ティエレは本物のサーカスパフォーマーで…かのチャップリンのお孫さん。芸術的なパフォーマンスをYouTubeなどでも見ることができます。

ハッピーな物語ではないけれど、凝縮感のある良作でした。
>|