ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の作品情報・感想・評価

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣2016年製作の映画)

Dancer

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:85分

4.2

あらすじ

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」に投稿された感想・評価

MaiOmori

MaiOmoriの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリー。
結構事前準備されてたものだったみたいで、すごい見応えあったし、一瞬も飽きなかった。
舞台で美しく踊っている姿も、悪友みたいな仲間とわちゃわちゃしてるのも、すごいギャップで興奮。。

最終的に、彼がバレエすべてを拒否するのではなくて、苦しかろうがなんだろうが、好きなものは好きだという結論に至って、色々あった家族とも再会できたのほんと良かったし、前を向いててすごかった。

引退作MVの冒頭めっっちゃ好きだけど、途中の光の加減はちょっと劇的すぎて気が散ってしまった。。
もっと穏やかな光と影に満ちた教会のイメージに寄せてほしかった!!!(好みの問題だな…😌)
美波

美波の感想・評価

4.2
「ドキュメンタリー映画をみている」という感覚がなくなる。

涙が出そうになるし、身体は美しいと思うし、ヨガかピラティスでも始めようかなと思う。
Masa

Masaの感想・評価

3.5
天才バレエダンサー、セルゲイ•ポルーニンのドキュメンタリー。幼少期からバレエの教育を受け、世界的スターへ。そして突然の引退を経て現代的なバレエダンサーに。
セルゲイポルーニンは映画を通して初めて知った。肉体の美しさに圧倒される。本当に、肉体が独立して意思を持っているように動く。ラストの暗闇から彼の体が浮かび上がるシーンは、胴体そのものが生き物のようだった。完全引退を決意して臨んだ創作バレエのシーンとともに何回でも見たい。
ポルーニンのファンにならずにはいられない。
そう、監督よ、もっとポルーニンの踊っているところを見せて欲しかったよ。
ひゅ

ひゅの感想・評価

5.0
youtubeでtake me to churchの動画を見てしまったあなたはもう観ない手はない
彼が体と心を振り絞って舞った、人生を凝縮した4分間
あれを観るための映画と言っても過言ではない😤
映画観る前と観た後じゃ全然違います
是非。
Ayk

Aykの感想・評価

4.0
最後のTake me to churchの踊りの美しさたるや、
加えて、昔から狂ったように繰り返し聴いていたLykke LiのDance, Dance, Danceでエンドロールが始まった時は本当に鳥肌モノだった
あのキュートなスウェディッシュポップが彼の激しい生き様に妙にマッチしてて最高だったな
「天才の、天才ゆえの孤独と母親との溝」みたいなテーマがフィクションでも昔から大好きでよく触れるけど、これが現実なのだから壮絶だ
moto

motoの感想・評価

3.4
アップリンク渋谷
ドキュメンタリー観ないけど、Take me to church でもうボロボロ泣いてた。

踊るのは苦しいけど、踊らないのはもっと苦しいから、踊るしかないんだよね。
幸せになってほしい。
yuzuka

yuzukaの感想・評価

4.2
非常に良いものを観た。映画館で必見。
こんな人間いるんや…ってくらいの存在感とカリスマ性
Mariina

Mariinaの感想・評価

3.5
何かの才能があることでさえ羨ましく思うけれど、「才能を持て余す」なんてそう簡単に誰もできることじゃないから、もうそこは共感不可能の域だ。

ただただ、美しい。

そして、ドキュメンタリー映画って、なぜかどうしても途中でウトウトしてしまう。
>|