ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の作品情報・感想・評価

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣2016年製作の映画)

Dancer

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:85分

4.2

あらすじ

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」に投稿された感想・評価

身近にいるバレエダンサーがこんな感じの品行方正とはかけ離れたアグレッシブに生きる人たちだからなんかわかるわかるwってなりながら観てた

ケタ違いの天才のドキュメンタリー
コールドや群舞を背負ったときのプリンシパルとしての格の差がすごい
その後ろの人たちも世界トップクラスなのに…
tottsun

tottsunの感想・評価

4.5
DANCERセルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
以前"Take me to Church "のMVを見て衝撃を受けた。バレエは詳しくない私でも彼の舞は美の世界そのものであることを悟り、目は彼の動きに釘付けになった。
どこの誰かも知らなかったのに。
そんな彼のドキュメンタリー映画が1週間限定で日本で公開されるとあって見てきました。
華やかで美しい世界に生きるため奮闘する彼と彼を思うがために家族総出で出稼ぎに行く家族。誰も責めることはできないが家庭に不協和音が響き崩壊してしまう。
踊る意味がわからなくなってしまった彼は若くしてたどり着いたはずの最高峰の舞台から自由の身になるために退くことを決断する。
踊ることを辞めれば簡単に自由になれると思ったのに…
"Take me to church"で見せた彼の舞こそ彼の魂の叫びである。
MV見たことない方は是非見て欲しい。
私的には☆☆☆☆.5かな。
saabu

saabuの感想・評価

-
セルゲイのダンサーとしての、美し過ぎるがゆえに彼の壮絶な生い立ちが悲し過ぎる。
身体中に入れたタトゥーは、彼の心の叫びに思えて痛々しくも愛おしい。成功を手中に収めても、心のどこかに虚しさは埋める事が出来ない。心から彼の幸せを祈りたいと思う。
とうこ

とうこの感想・評価

4.0
人生の苦悩も成功も身体も美しかった。舞台芸術には理解があまりない方だと自覚があって、バレエを綺麗だとかすごいとか感じたのは初めて(申し訳ないけど)。ましてや男性のバレエはこんなに力強いイメージ皆無だった。
タトゥーとかスカリフィケーションをいかしてると思ったのも結構初めてかも。
彼が若者らしい(?)趣味、反骨スピリット的なのを持っていない天才優等生だったら私は多分惹かれてなかっただろうなあと思う(多くの人がそうかもしれない)。
ぎゅう

ぎゅうの感想・評価

4.4
とにかく 主人公が美しい につきるドキュメンタリー
take me to the church に合わせて主人公が踊るシーンがあるのだが
反骨精神に溢れた曲が主人公の生き様によりそう

そしてダンスに表現される主人公の苦悩と葛藤は
たとえ孤独で苦しい人生だったとしても
才能に選ばれた一握りの人間として
とても眩しく映る

感情を体現するだけでなく
観る人をその感情の中にひきずりこむ踊り

エンディングでは挫折と孤独の中で終わらず、彼が家族や踊りを受け入れることができるところまでみれてよかった
E

Eの感想・評価

4.2
天才とは、持って生まれた才能だけでなく、人並み以上の努力、そして何のために誰のためにやるのか、ということが重要なのだなと改めて。

家族の話でもある。
良くも悪くも深すぎる家族間の愛情、それがすれ違ってしまった時。
たった15歳ほどの少年が「もう誰の事も大切に思わないと誓った」とは、、、なんという孤独の深さ。
(ジョーカーのタトゥーにまた闇の深さを感じたり)

学生時代の親友で振り付けを担当した彼のありがたみ。
ドキュメンタリーなので、ストーリーはないけれど、とにかくバレーシーンに圧倒された。

子供時代からの映像が、残っているからリアリティがある。

あの優雅な圧倒的なダンスは膨大な努力と犠牲の上に成り立っているのだな…
つ

つの感想・評価

3.5
Take me to charchの踊りはセルゲイそのもの。しかしまぁ邦題、気になった。
unago1212

unago1212の感想・評価

4.1
天才であるがゆえに避けられない道があり、
どんなに逃げても才能が普通に生かせてはくれない。
でもなんか苦悩する様も含めてめちゃくちゃかっこよいなー。
バレエ分からないけど、セルゲイの凄さは肌でわかる。
しびれるわ。
鵠沼海岸、シネコヤにて。貸本屋であり、シアターであり、パン屋さんでもあるこのお店では、1日2本の映画を6回くらい上映してるんです。素敵なお店に出会った!1本目はララランド。もう何度目?ってくらい見ているのに、やっぱり最後は涙が出る。そしてこちらは初めて。なかなか上映館が少なく、興味はあるけれど遠いし、ドキュメンタリー、85分のために遠出するかと言われると…うーん。なイメージだった。

が!

一目惚れ。セルゲイくん、かっこよすぎる。
野獣のような目、体、高い鼻までしっかり芸術的で、見る人を引き付ける力強い踊りに、胸打たれた。
体にタトゥーを入れまくり、コカインをやったり、鬱になったり、それでも踊り続ける彼の姿。幼少期からバレエをはじめ、家族総出でセルゲイくんを応援。父と祖母は出稼ぎに外国へ行ってしまうほど、彼の将来に期待をしていた…。断れるわけもなくひたすらバレエに打ち込む姿が写真に収められていて、そこに、彼の心があったのかと言われると、ちょっと難しい気もする。
バレエ以外を知らないセルゲイくんをさらに孤立させてしまったのがロンドンへの留学。英語も話せない中両親と離れ離れになり、ただひたすらバレエを続ける彼の姿。
すごいし、圧倒的だし、実力だって、天才的な部分だってわかる。
でもこれって、先生についたからこうなったとか、そういわれればそうなんだよね。

音楽を死ぬほどやらされて、私立の女子校に押し込められて、そこで音楽以外のことをしって死にかけてた私じゃん。笑とか思ってたけど、彼の場合は貧しくて、両親が血眼になって働いて、彼にすべてを預けてた…って思うと、もっと重くて苦しかったんだろうなって。私なんてくらべちゃあかんね。すみません。。とも思った。

たまに見せる顔がエディ・レッドメインに見えるんだけど誰も共感してくれないからいいや。私はエディにはまりすぎてエディばっか見てる時期があったから多分なんかそう見えちゃうんだと思う。口はそっくりでしょこれ。

かっこいい生き方だなって思った…
>|