ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の作品情報・感想・評価

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣2016年製作の映画)

Dancer

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:85分

4.1

あらすじ

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」に投稿された感想・評価

Yumi

Yumiの感想・評価

4.0
最高の才能と情熱
とにかく美しい
バレエの世界の事は全くわからないけど彼の踊りはずっとずっと観ていたくなる。
キレイな所だけをみせるドキュメントではなく等身大の姿が映し出されていて伝わるものが多かった。
tomtomcat

tomtomcatの感想・評価

3.8
セルゲイ.ポルーニンのドキュメンタリー。
踊る彼は本当に美しい。

体を自由自在に動かして表現できるって
素晴らしいなぁ。あんな風に踊れたら
どんな景色が見えるんだろう。。

その才能ゆえに、周囲や彼自身が簡単では
ない道を歩まざる得なくなるけれど。
それでも「踊るのは好き」と聞けて
とても嬉しかった。
バレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンに関するドキュメンタリー映画。

バレエに興味がなくても楽しめる。
見せ方とか上手いし、音楽かっこいいし諸々最高。映画館で見ればかった!

家族の愛、孤独、自由、生きる目的とか。泣かせようとしてるシーンはないけど、自然と涙が流れたりする。
さばつ

さばつの感想・評価

4.2
絵画のようなジャケットに
惹かれて鑑賞しました。

バレエの知識はもちろん
まともにバレエを見たことないわしでも
わかった。
この人は誰が見てもすごい人だって笑
すごい素人な発言だけど
ほんとその一言に限るんです。

自分の才能で家族が壊れ
目標を見失い
なんのために踊ってるのかわからず
精神も身体も崩壊していくセルゲイ。

それでも踊りづける彼に迫るドキュメンタリー映画です。

とりあえず
take me to churchという曲で彼が踊ってるところを観れると思うので気になる方は
調べて見てください。

体幹、ボディバランスがすげんだな。
「夢はすべて叶えた。今は普通の人生が欲しい」からのテイク・ミー・トゥ・チャーチで嗚咽漏らすほど泣いた
fragile
この映画を見て彼について持った感想である
限界まできりきりと引き絞った弓の弦の上で踊る彼は、赤い靴を履いてしまったのかもしれない
人生のさまざまな局面で退路を断たれ、彼は踊るしかなかった
その唯一の選択肢で彼は頂点を極めたけれど、その代償は大きかった
失ってしまったものを取り戻したいと思っても、もう戻ることはできないし
全てが仕方なかったんだけれども、それでも「もし」を考えてしまう
それほど大事なものだったから
彼はそれでも踊るしかない
踊ることは生きること
命を燃やして彼は輝く
命を削って彼は跳ぶ
もうそうやって踊らなくていいように、彼の新しい選択が彼を生かしてくれますように
美しいダンスの天使が地上でのびのびと生きていけますように
gol

golの感想・評価

4.0
身体的にあれ程求心力のある人間を知らない。

彼の肉体はより躍動し、表現する為の身体。
目的と結果がシンプルに直結しているのは、
やはり合理的かつ美しい。

タトゥーは別に隠さなければいけないものとは
個人的には思ってはいないけれど、
それはやはり少数派で、
世間的にはやはり劇中でも描かれているように、
異端の目や半笑いの対象にされる。
それがラストではどういう扱いになっているか、
それが今作の白眉だと思いました。

「何」かを叶える為のバレエから
「バレエ」自体が目的になり、
「バレエ」と「自己」が一体化していく。

ドキュメンタリーではあるけれど、
しっかりとした意図を感じる構成は
凄く映画的。
セルゲイ美しい(;-;)

以上終わり(;-;)嘘です(;-;)
灰音

灰音の感想・評価

4.0
顔も身体も本当に美しい、ほとんど奇跡のようなダンサー、セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー。
天賦の才を与えられたひとって彼のようなことをいうのだと思う。

それゆえに、若い時分から人一倍悩んだのでしょう。
持てる者にしかわからない悩みだったのかもしれないけれど。

それでも、今なお彼が踊っていることは喜ばしいことだな。

take me to churchは鳥肌ものでした。
ヂミー

ヂミーの感想・評価

3.5
映画の撮り方に印象操作が良かれ悪かれあるんじゃないの?と感じてしまうくらいに天才的でセクシーで唯一無二、綺麗。
彼という題材が強すぎて映画の撮り方や構成を単調に感じてしまうほど。それほどにドラマチック。
>|