ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の作品情報・感想・評価

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣2016年製作の映画)

Dancer

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:85分

4.1

あらすじ

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

天才と言われる人は、普通の人の何倍も努力をして、何倍も苦悩してる、それがかいまみえる作品、まさにそんな作品
nssk

nsskの感想・評価

4.0
ジャンプの高さすごい…美しい!
孤独、プレッシャーとの闘い、夢の損失…
ym

ymの感想・評価

4.0
ただただ、美しく、力強い。
これからは、自分の意思で、自由に生きて、そしてやっぱり踊り続けて欲しい。
舞台で、生で観たい。
Sou

Souの感想・評価

4.8
バレエで家族を1つにできると思ってた。
でもできなかった。
みんなを幸せにできなかった。
だから
二度と誰かを大切に思わないと心に決めた。
思い出も作らないってね。


.................................................................

号泣。
顔崩れたわ。
Mary

Maryの感想・評価

4.2
バレエとか全く知らないけど、とてつもなく綺麗だった。セルゲイ・ポルーニン、表も裏も綺麗過ぎて怖い。天才っているんだ…
カシワ

カシワの感想・評価

4.0
とにかく美しい。天才故の苦悩と人生…。
あと10年経ったら何を思うだろうな…
にしても、子供にとって親は大切で全てなんだと思った。ダンスが頭から離れない…。
なぎ

なぎの感想・評価

4.0
天才と言われていても
中身は他の友達と変わらない。
優しい性格ゆえに
ひとりで抱え込んでる悩み。
愛とは??家族とは??
素人でもわかる彼の凄さ、美しさ🙄!!
恵里

恵里の感想・評価

3.3
お国柄の違いでしょうが、息子のために母(息子の祖母)をも国外に出稼ぎに行かせ、「誰にでもその立場の責任がある」と言ったお母さん怖かったな。

息子のためにウクライナからポルトガルまで出稼ぎに行き、お給料全額送金してたお父さんが「俺は家族の為に何もしてあげられやんだ、ただお金を送っていただけ」って言うたの衝撃。それ以上があるの??幼い我が子と離れ全てを捧げても尚足りないなんて。

セルゲイは天才あるが故踊ることしか許されやんだ。自分を知る全ての人の視線が踊れ!と言う。(・・・と思う。)
どんな感覚か想像もつかん。寝てても悪夢見そう・・・。
私を知る全ての人の視線はきっと「痩せろ!」と言っとるかもしれんけども。


しかしですね、尻の割れ目もあんな奥までフィットするズボン凄いな。
未だ男性バレエダンサーの股間に動揺してしまう。奥に隠すとかしたらダンスに影響するんかな・・・
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

4.2
素晴らしい身体能力!
素晴らしい肉体美!
素晴らしい表現力!
美しいセルゲイ・ポーニンの踊りを見ているだけで満足できちゃう映画ですが、彼の生い立ちや、苦悩、寂しさ、再生など見所は他にもたくさん。バレエ好きなので面白かったのですが、バレエに興味のない方にはどうかしら?
それにしても、劇場で鑑賞したかった。つくづく残念。
May

Mayの感想・評価

-
才能ある子供を貧しい村で燻らせないためにその将来に全てを賭けた結果離散してしまった家族の情念が怖かった。美しく芯のある踊りの裏に背負っているものの尋常ではない重さ、それは呪いと言ってもいい。
でももしかしたらバレエ界ではそんなことは珍しくない話なのかもしれないし、バレエに限らずすべての芸事の英才教育に共通する壮絶さなのかもしれない。
美しさの裏に歪さがあるのか、歪だから美しいと感じるのか。舞台を観る側はステージ上の人間の歪さと苦しみを美しさと呼ぶことで間接的に消費しているのだと思う。
>|