SAINT LAURENT/サンローランの作品情報・感想・評価・動画配信

「SAINT LAURENT/サンローラン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

フラフラ

お酒、ドラッグ、ゲイ。才能と闇の部分と色々大変そうな人。はちゃめちゃなのに、70歳くらいまで生きれてすごい。
これは、もう内容が理解できなすぎて中盤から珍しく上映中に熟睡しちゃった
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.0
ギャスパー・ウリエルにどハマりしたので見てみた。前に見たピエール・ニネのサンローランと内容は変わらずかなあ。まあサンローランの映画なので劇的に変わることは無いんだろうけど…
衣装や装飾品に目がいくのは当然のことでどれも素敵。死ぬまでに1度くらい着てみたいな。

このレビューはネタバレを含みます

内気な天才デザイナーが成功を収めるが、プレッシャーから酒とドラッグと男に溺れていく

キスシーンがどれも生々しくて現実的でエロティックだった。
犬がラリるシーンがリアル。

年老いてからのシーンを合間合間に挟んでくる理由がよくわからなかった。
この映画はイヴが作った服の再現に力を入れてるんだと思う。

魔法のランプ
この映画を思い出そうとするたび、俺が観たのは「サンローラン」なのか「イヴ・サンローラン」なのかわかんなくなり、YouTubeで予告編を見比べて、「サンローランか」となる。
ゆめ

ゆめの感想・評価

2.5
ファッション関連の映画ということで借りた記憶が。
サンローランのデザイナーとしての苦悩や生き様は伝わってきたもののイマイチ内容を覚えていないという、、、。
期待し過ぎたというのもあるのか😢
よ

よの感想・評価

3.9
サンローランの映画だけあって映画として何もかもが美しい。35ミリフィルムを用いた美しい撮影に美術、それからもちろん衣装。華やかな美しさだけでなく、セックスやドラッグにまみれた私生活の退廃的な魅力(美)も描かれる尖った映画だ。そういった面でも個人的に、この映画がイヴ・サンローラン財団の公認でなくて良かったと思う。

エレガントに流れながらも時折グッと寄るカメラの攻撃的な動き。2時間半と長尺だが、音楽が鳴り出せば一気に躍動するリズムの快楽。モンドリアンの絵から引用された前衛的な分割画面が印象的だった。何より、観るものを翻弄する、時間軸を混ぜこぜにした編集は、凡百の伝記映画と一線を画する。クライマックスはあくまでも76年の最高のコレクション(作品)であり、ここではイヴ・サンローランの晩年すらも重要ではないと言わんばかりの、芸術のための映画だった。
p

pの感想・評価

-
女性のファッションだけでなく、女性そのものを変えたって言われるのスゴイ
ちょっと見終わってから財布とか調べちゃったりしたわら
jp

jpの感想・評価

2.1
久しぶりにつまんない映画見た。
長いだけ。
サンローランの功績はすごいみたいってことはわかって良かったかな。
美しい映画、サンローランと言う人も、そのクリエイションも素敵
>|

似ている作品