SAINT LAURENT/サンローランの作品情報・感想・評価

SAINT LAURENT/サンローラン2014年製作の映画)

Saint Laurent

上映日:2015年12月04日

製作国:

上映時間:151分

3.2

あらすじ

「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう──

「SAINT LAURENT/サンローラン」に投稿された感想・評価

saho

sahoの感想・評価

1.2
いやいやもう…退屈すぎて何度も諦めそうになった。
むしろ途中から流し見。無駄に長い。
1時間30分ちょっとの「イブ・サンローラン」の方が彼の人生についてよく分かったのに、こっちは長いのに何も伝わってこない。
周りとの関係性も分からない。これを見た人が本当に彼の苦悩や才能、成功について分かるの?
怒りしか感じないわw

125本目 / 2018
わたしね、多分ギャスパーウリエルのことあんまり好きじゃないんだと思うんです。もう一本のサンローラン(ピエールニネのやつ)の方が好きだ。映像はすごく綺麗だとは思うし、耽美な感じは嫌いじゃないはずなんだけど、なんかが違う。ヴェルヴェッツかかるシークエンスのところの絵とか、綺麗なんだけどね。あとさ、ショーのとこのモデルは本職使ってないのかな?ウォーキングとかあれでいいのかな?
9638

9638の感想・評価

-
映画は観ないといいつつ観たことあるものなら観ていいというルールなので、こんな晴れた日に多摩川を電車から眺めながらバイトに向かうだけでこんな悲しいなんて欲張りだなあ、朝7時に起きてしまったため鑑賞、やはり実話が好きだいちばん
ヤミー

ヤミーの感想・評価

3.0
“イヴ・サンローラン”よりも鮮やかなシーンが多くて眼が楽しい。

とは言えやっぱり”イヴ〜”と同様内なる葛藤がベースだから、華やかなファッションとキラキラの映像にデザイン秘話!なんかを期待するとしんどくなるやつです。

それでもラストのコレクションは本当に素晴らしくて、1着ずつもっとゆっくり映してほしいくらい。
逆に言えばそれまでのシーンは散々スローに映してきたのに、何故最後だけ突然に謎のオシャレPV風演出にしたんだろ…。

レア・セドゥがイマイチ誰なのかよくわからない(笑)ミューズ役として登場しますが、それがなんとも魅力的。
彼女はどちらかと言うとちょっと癖のある系の顔と思っているんだけど、どこからともない雰囲気があって素敵です。
Moe

Moeの感想・評価

2.5
苦悩した芸術家あるある、セックスドラッグ酒。セクシーでした。
感情移入は不可能。
yuka

yukaの感想・評価

3.7
『サンローラン』も『イヴ・サンローラン』も『イヴサンローラン』も観たいと思っていながら最初に観たのがこの裏側の闇をうつすサンローランになるとは思ってなかったわ
パッケージの色合いが本当に綺麗で1番Yves Saint Laurentっぽいけど最初に見たその印象と見終わってからの内容のギャップよ

くっそ綺麗な人がくっそダサいダンス踊ってるの萌える
クラブでみんながタバコ持って踊ってるの見てて怖すぎるけど

創作チームの人達が服を作ってるというよりも薬を調合してそうだったりドクターみたいに見えてしかたなかった

ピエールの献身ぶりが言葉にならないな
ムニョスさん完全に仕事のできる女性
イヴとベティとルルのトリオがスキ
なんだかんだ何年経ってもみんなに指示を出す管理者の立場の人はずっと側にいるのは彼の魅力によるものなのかな

流行ではなくスタイル。ってルルが言い切ってるシーンが好き。流れ廃れていくものではなくスタイルだと。

時間経過半分で最初に追いついたかと思ったらラスト45分から時間軸ブレすぎて一緒理解追いつかなかった
あと英語とフランス語の同時通訳の場面で英語を聞き取ろうとしながら字幕読んでたら頭フリーズして明らかキャパオーバーで何も頭に入らなくなってた(バカ)

とにかく破壊力強いくらいカラフルでいちいちかっこいいセットアップとかがちりばめられててキラキラしてる。
内容的には完全にダウナー系の話なのに。
内容の点数というより映像に点数を付けてるかなこれは。服が好きなら観てて楽しい。
最初と最後のショーの違いがすごい。

モエ白を水のように飲んでんなーと思ってたらそんなの序の口で酒・クスリ・タバコのフルコンボで身体ボロボロだろこの人..って思ったけどあんなんでも長生きできるって人間の体すごい
結局ゲイだったのかなバイだったのかな。はっきり表してるだけならゲイなのか

パスカルの登場でやっとイケメンが拝めたありがとうパスカル。一種だけど

最後の笑顔が顎にしか目がいかなくて御門..って思っちゃったのは本当にごめんなさい←

なんかめちゃくちゃ長くなっちゃった
AyaKondo

AyaKondoの感想・評価

4.0
モンドリアンルックの中の'76コレクションは印象的で釘付けになった
ラストの微笑みのシーンも好き
ozako

ozakoの感想・評価

3.0
「イヴ・サンローラン」「イヴサンローラン」の2作品を見ていたので話の流れがわかったが、見ていないと退屈かも、、、。他の作品に比べてファッションの場面が多くて、キラキラしてる。
mitsuki

mitsukiの感想・評価

1.5
時間の流れが、ゆっくり、ゆっくりと流れる。途中であくびを何回もした記憶。
2時間30分は長いな。
その割になんだか印象に残らない映画だった。
強いて言うならば、犬がしびれている場面
>|