SAINT LAURENT/サンローランの作品情報・感想・評価

SAINT LAURENT/サンローラン2014年製作の映画)

Saint Laurent

上映日:2015年12月04日

製作国:

上映時間:151分

3.2

あらすじ

「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう──

「SAINT LAURENT/サンローラン」に投稿された感想・評価

正直ピエール・ニネの方が似ていると思う。こちらは犬と蛇とガスパー・ウリエル。そしてヘルムート・バーガー。お好きな人にはたまらないけど、興味のない人には全く面白くないであろう。『飼い殺し』の映画。それを時間をかけて懇懇と説いている。ラストのショーは誰が見ても面白いと思うので終了10分前から見るといい。
ミミ

ミミの感想・評価

3.8
ルイ・ガレルを追いかけて

説明不足なところもあるので分かりづらいけれど、年代別のルル(レアセドゥ)の衣装から当時のトレンドも見えて、それだけでも楽しい

そしてそしてルイガレル!お口に髭をたくわえて、ちょーやらしいです…
もぅホントやらしい役なんですけどね

それから…オゾン監督の"危険なプロット"の美少年エルンスト・ウンハウアーが最後の方でパスカル役として少し出ててビックリ〜
あれく

あれくの感想・評価

2.2
途中で寝た、長い
前知識ないとわかりにくい
時系列が飛ぶのでちゃんと見ないとダメだな
表舞台のファッションよりもイヴの裏の面を描いてる
もーちょっと服見せて…ってもどかしさがあった笑

個人的にはピエールニネのイヴサンローランの方が好み
こっちも映像とジャケット?がオシャレで良いんだけどね
冒頭を観た。主人公の効き手がカットが変わるたびに違うのが気になる。実際のサンローランの写真を見るとおそらく右利きなんだけど、たとえ両効きだったとしても幾ら何でもコンマ数秒で持つ手が変わるのはおかしい。

あとR-15でモザイクなしの男性器が出てくるのに驚いた。
EILEEN

EILEENの感想・評価

3.3
なんだろう、いまいち内容がしっくりこなかったから、サンローランから見直すべきだな。ただただ、苦悩。以上。
まつこ

まつこの感想・評価

2.9
見終えてwikiを見て冒頭のやりとりがすーっと入ってきた。そないにサンローランのことも知らなかったしな。あと、犬がかわいそうだ。犬が。

そんでもってやっぱりレニエ兄さんが好き。
m

mの感想・評価

2.5
イブサンローラン見た後に見たから
登場人物の関係性わかったけど、こっち先に見たら
本当に理解できない

ただイブがすごい人っていうことは分かるし
YSLのステキさはわかる、服ってステキ


なんども見るのをやめかけたけど
イブに悪いから見た
ショーはすごかった、美しすぎる
ギャスパー先生の全裸がモザ無しで見れるだけで感謝!!!!!!
ルイガレルとの濡れ場も感謝!!!!!!!

全く長くなかった
0ohitomi

0ohitomiの感想・評価

2.0
作ってるシーンとか見れるし、デザイナーは観ると面白いと思う。ただ、もっとぎゅっと縮められるだろうな、と思った。どのシーンもちょっと長すぎて、ストーリーを見るというより、途中からどれくらいカットしていけばこの映画を魅力的に作れるか、を考えてしまった、、久しぶりに途中で見るのを挫折してしまった映画、

ジャリル・レスペール監督のイヴ・サンローランの方が、彼のことがよく伝わるし、コンパクトだし、わたしは好きだな、、
前バャ

前バャの感想・評価

3.4

ちょっと と肌を覆った被服のエロスが止まらないわ…
長い…芸術品の数々が棺桶の副葬品に見えてくるぞ、
芸術とエロスとドラックと酒
とても繊細な心を持って沢山の作品を産んでいくイブサンローランの生活が
見れちゃった
長かったけど
>|