シティ・オブ・ゴッドの作品情報・感想・評価

「シティ・オブ・ゴッド」に投稿された感想・評価

ブラシルスラム街のギャング抗争という日本人には馴染みのない世界。しかもなかなか入ってこない登場人物の顔と名前。にも関わらず130分という時間を感じさせない内容と緊張感。事実に基づいた話ということで全く違った世界を思い知らされる。とにかく素晴らしいの一語に尽きる。
芸術4.0 音楽4.25 脚本3.5 深度3.75
RIN

RINの感想・評価

-
リトル・ゼ、とカイザー・ソゼ、
悪い人たちには、ゼが、是が非でも絶対つくんだぜ
つよ

つよの感想・評価

4.7
ブラジルのスラムの実話。

臨場感のある映像もリアルで怖くて目が離せない。
グッドフェローズのフォロワーの中で一番上手くいっている作品。映画好きになったばかりの時に見て今でもSランクのフェイバリットの1つ。
この映画凄い!アカデミー複数部門ノミネートも納得!

特に話の構成が見事で、子供達が銃を持つ背景もよく分かった。
構成に惚れる映画。「パルプフィクション」とか好きな人は面白い。
友人に勧められて観たけど…この手のは苦手でした。
評価高いけど、好みはそれぞれですから。
僕らの非日常が
ここでは日常ってのが怖い
そして
ブラジルに行くのも戸惑う
オリンピックでは映されなかった世界。

麻薬、強盗、賄賂、殺人

秩序なんてありもしない。

無感情に人を殺せる強者だけが、神のまちを支配する。

ちん毛も生えてないよーなちびっ子がへーきで銃をぶっ放すんだよ?

それでも同じ人間。同じ地球の上。

ノンフィクション。

観てよかった。

観てしまった。

上京して、初めて新宿駅で野宿してるおっちゃんみた時の衝撃思い出した。
>|