15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

ミスト

ミストの感想・評価

3.5
出演者が事件の当事者というのが斬新な起用ですね。

主人公達の生い立ちから始まって、事件の場面に遭遇し、適切な行動に至った布石が各パートに散りばめられていて、すんなりと理解出来る内容でした。

銃を持った男に立ち向かえる勇気が凄い。そして映画やドラマみたいに飛びかかった後、男1人を押さえつけれるのに時間が掛かっていたり、奪った銃を持ったまま別の車輌に移動したりするところにリアリティーをより感じました。
この物語をちゃんと理解できるほど一生懸命生きてないし、人間関係構築してないし、人生の転機にもあってないけど、そういうもにがいつかどこかで巡り会うのかも。って思える。
woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

2.9
イーストウッドの作品としては低め。実際の人をキャストにしたりとか奇抜さはあったが、前半は退屈でほぼ予想通りであり面白味に欠けた。実話だから仕方ないか
castle

castleの感想・評価

3.8
いざという時に飛び出す勇気は本当に讃えるべき。結局、その時何が出来るかは日常をどう過ごしているかにかかっている。
taiki

taikiの感想・評価

2.5
特典映像ありきの作品という印象
事件としては非常に地味と言えば誤解を招きそうな言い方だが、印象に残る事件ではない
多数の死者が出るとか、ショッキングな内容を映画にするのが常ではあるが
この映画が扱う事件はとても小さい
しかしそれは事件や事故をそこから見ているからであって
被害者側からすればこころに負う傷は同じなのかもしれない
本作、キャスト含め、なるべく忠実に再現していることが最大の注目点でもあるが作品の流れとしては序盤はそこまで忠実にえがく必要があるのかと思えてならない
エンターテインメントとしては少々厳しい
やっぱりクリントイーストウッドは凄い監督だ。
俳優じゃない彼らが、あんなにも自然に演技ができるなんて。

そしてイーストウッドらしい丁寧な作り。
題材の出来事までの、彼らを丁寧に描いているからこそ、ラストに深みが出る気がする。

これからも、実際の英雄達を、みんなが知らない英雄達の姿を作り続けて欲しい。
福介

福介の感想・評価

2.5
2018.08.19 鑑賞。

イーストウッド監督のドキュメンタリー化路線がかなり極まった感じになってきている作品。ヒーローになれてよかったね、ということ以外はそんな特に感想もなし。

あとタイトル画像の『3.1(木) 実話』がなんかシュール。実話て。
なんだこりゃ?最初いるか?ってなったケド、本編の鑑賞後
特典をみたらこの作品…凄いなってなる。

素人だらけの映画とは思えない。
さすが監督‼︎
映画の大半が主人公達の生い立ちや事件に至るまでの足跡が丹念に描かれているけど、正直そんなに興味がわかない。
リアル重視とは言え、これでは映画としてどうかと思う。
本人たちが演じているという予備知識なしに見たので、ものすごく変わった映画だなあという鑑賞後の第一印象でした。若者の旅行記が延々続きますからね。
ただ、その第一印象の中にも、何か心を打つような熱さがあったので、それがこのキャスティングの妙だったのかと、本人出演という話を知った後に思いました。
イーストウッド風のエンタメ観とは違うけど、これはこれでよい映画だと思います。
>|