15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

MOMO

MOMOの感想・評価

3.0
リアルな空気感に観ながらどきどきが
止まらなかったなあ。
三人とも本当にすごいね。本当に。
力みすぎてテレビに向かって
スペンサー!!!!って
叫びそうだった。。。
叉焼包

叉焼包の感想・評価

3.9
三人の生い立ちを描くことで、列車のシーンが手に汗握るほどリアルに伝わってきた。
believe

believeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

実際の本人達が主演という事で、物語は生い立ちから始まります。幼い頃から他人とうまく関われないが、分かりあえる友と夢へ一緒に頑張るが、叶わない。そんななかで旅行へ行くことになります!そこで今まで学んできた、軍隊の知識や経験が役にたちます。夢は叶わなかったけれどそのおかげで手呂を阻止することになるのは、無駄と思っていることでもいつか役にたち人の役にもたてる事が出来るのだなと思いました!ただやっぱり実話を元に話しているので、派手さやそんなのはなかったです。あっさりしてる感じはありました!
踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.9
興味深い。クリント・イーストウッドもまた「どうにもならない人生をどうにかして切り拓く」というテーマと愚直に対峙しているように感じられる。これまでのクリント・イーストウッド作品をきちんと観て来なかったのでそこから語ることは出来ないが、少なくともストーリー展開としては実に歪で三人の若者(特に、軍で志望していた部隊に入りたいと思い努力しても遂に入れなかった男)の半生にこそ焦点が当てられているので、肝腎の救出する場面が取ってつけたような感じになっている。あるいは、テロリストの視点を描写することも怠っているように感じられる。だがしかし、それらを犠牲にしてでも、大いなるものに突き動かされてままならない人生で「行動」を起こすことの重要さを描きたかったのではないか。そう考えてみればクリント・イーストウッドのブレてなさには驚かされる。ウェルメイドな作品ではないが、そこが良いとも言える難しい作品。
まりた

まりたの感想・評価

3.5
生い立ちから事件まで、淡々と進んであっさり犯人は捕まるし、あれ〜これなんで話題になってたんだっけ〜〜って。ボーッと考えてたら実際に本人たちが演じてるからだわって思い出して、スンゲ〜〜!!って。そんなことできるんだ、すんげえ。
はよパリ行けと思うが、なんだかんだ面白い
キャスト本人なんか
s0uh3y

s0uh3yの感想・評価

4.0
1時間半というみじかい映画ですが、電車に乗るのが一時間後。前半は、子供の頃からの話とヨーロッパ旅行の話。ご本人さん出演てのは、見終わってから知ったけどなんともナチュラルな演技。そら2度目だから当然なのか?銀幕デビューにしては堂々としてる。若干説教臭くて宗教色もしていますが、それ抜きでも面白い。アクション映画慣れしてるとあっけない最後ですが、現実はそういうもんかもねともフィクションだから納得できます。
Skip

Skipの感想・評価

3.3
メインをそっちにするの
悪くないけど
本人たちをせっかく起用したんだから
実際の現場のシーンをもっと尺を伸ばした方が良かったんじゃないかな

スペンサーかっこ良すぎでしょあれは。

あと最後
この映画観る限りでは
あのおじさんメダル授与断らなきゃダメでしょ。
実際はもっと何かしらやったんだろうけど。

物語は最高でした。
実際に起こった出来事以外は潔いほど描いてないのである意味「えっ、これで終わり?」というあっけなさは正直あった。もう一人くらいテロリストが出てくるかと身構えたしね。鑑賞後「アメリカン・スナイパー」が頭に浮かんだけれど、主人公たちのその後の人生が気になった。
ぺー

ぺーの感想・評価

3.6
本人達が事件を追体験してる感覚になったというほど忠実に再現している。そんな現場みれるのは貴重なことだと思う。
全員死んでもおかしくなかった事件を一人も死なせなかったのは本人達は謙遜していたが英雄だと思う。
>|