15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

この映画の8割が仲良し3人組の旅行物語です😃笑
演出として、楽しいハッピー旅行記から一変、最後のシーンでかなりシリアスな展開になります。
このことからイーストヴッド監督が伝えたかったのは、日常にテロは潜んでいるぞ❗ということいざというときは勇気を振り絞れ❗ということかな?と思いました。日本に住んでいる我々からしたら現実味はあまりないですが、その時は近いのかも…
この映画は実話(タリス銃乱射事件)であり、出演者も本人、及びエキストラもテロに遭遇された方々です。
やす

やすの感想・評価

3.8
なんか思ってたのとは違った。前半はちょっと微妙かな。後半はヨーロッパ旅行前ってのもあって見てて楽しかった。重要な場面は意外とあっさりだったな。
おもしろかった飽きることなく集中して見れた
本人なのに演技上手かったみんな
予想と異なった話が展開されていった。特にこれといって何があるわけではなかったんだが、気がついたら終わってたというほど集中して見ていたので不思議。
lisaaaan

lisaaaanの感想・評価

3.0
前半のくすぶりで眠くなってしまって肝心のテロシーンを爆睡してしまった。ごめんねの気持ちで3.0
mashe

masheの感想・評価

2.9
僕の苦手なクリントイーストウッド作品。
にしては楽しめた。

やっぱり愛国心は出がち。
実際に起こった事件を基にしている作品。

列車内での恐ろしい出来事とその攻防がメインのホラー映画だと思って観たので、列車内の話の割合が少なくて拍子抜けはしたものの、人生についての映画という感じで私は好きでした。
イメージと中身のそういうギャップのせいで評価低くされがちかなと思うけど視点を変えれば深くて良い映画だと思う。

主人公3人の馴れ初めや大人になってからの話が長いことによって、3人の関係性や生きることへのスタンスをよく把握できた。特に、中心人物のスペンサーの生きることへの充実の見出せなさとか葛藤とか色々が伝わってきて、それがこの事件をきっかけに何か変わった部分があったんじゃないかな?と思わされて、そこがすごく良かった。

演じている3人が本人だとは後から調べるまでわからなかった。素人演技って叩かれてるけど私は気にならなかった。
KzBourree

KzBourreeの感想・評価

3.1
俳優が出て事件当時の本人という話をテレビで見たような。
ある意味の記録映画みたいなものか。
銃をぶっ放した奴の意図が描かれてないので映画としては今ひとつ。
Juliakyli

Juliakyliの感想・評価

3.0
A frustrated army with a lot to prove but nowhere to serve, upon a stroke of luck (?) he is in the right place at the right time, saving the day and earning a "hero" title.

The story line lacked substance, beats around the bush for an hour before unfolding into what actually happened...
u

uの感想・評価

3.8
ドキュメンタリーみたいというのを他のレビューで見てたからすんなり受け止められた。本人が演じてるのすごい。
>|