15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

zundA

zundAの感想・評価

4.0
普段落ちこぼれと言われている人でも、それだけで人間性は計れないし、いつかどこかで必ず誰かの周りの役に立っている、役に立つ時が来る。今はそういう場面がないから見えていないだけ。今見えている一部がその人の全てではないんだな。
何かが起きた時に判断できるか、正しいことを行動できるか、その勇気はあるか…
行動した人たち、本当に尊敬する。
りくと

りくとの感想・評価

3.0
テロ事件阻止した本人たちが演じてるってすごいけど、脚本が、、
り

りの感想・評価

4.5
子供の時は問題児だったが、割と普通などこにでもいる人がこういう咄嗟の時の判断で勇気ある行動ができるというのはとても凄いことだなと思ったしあまりにもリアルすぎて泣いた。爆 話的には特に盛り上がりなく淡々としているけどとにかくリアリティ追求型?そのあたり監督さすがや。。。まあスペンサー君わりと過去にいろいろとやらかしてきたけど本当すごいな。日本でも新幹線で事件などあったと思うがそういう時にどうするか、、これもだんだん人ごとじゃないんだなと思うし私もヨーロッパの長距離列車に一人で乗った時英語のアナウンスなかったので非常時とても困ったし不安だったからこうなってたら最初に殺されるだろうなぁ
素晴らしい。。。淡々としながらしっかり長く響く余韻が残るめちゃくちゃ良い授業を受けたかのような良い映画だった。。。再現vtrて思うかもだけど、映画館だったら絶対どこまでも映画だったと思うし、シンプルに物語として伝えるべきだったと感じたのでしょう。。。本人たちに演じさせるアイデアも見事。。。

88歳でいまだに衰えない創作意欲の源とか健康法とか地味にききたい。。。
carin0122

carin0122の感想・評価

3.2
このテロ事件の被害者たちが演じているって言うのはすごい!
でも、当時のこととかフラッシュバックしてしまいそうで、撮影のあと大丈夫だったのかなぁとかちょっと心配になってしまった。

映画としては、前置きが長すぎる!笑
前半の3人旅が充実しすぎてて笑、それはそれで面白かったんだけど、肝心なテーマである事件の部分がちょっと埋もれてしまってるような気がしたなあ。
テロリストについてもあまり触れてないからか、緊張感もそこまでないと言うか。
突発的なイメージを表現したかったからなのかなあ?

私だったら潔く短編で、もっと'時間'とか'物事のタイミング'とかにフォーカスした見せ方にするかなー。…とか、そういうこと考えながらみるのもまた楽しいから、まあ良し。笑
Aki

Akiの感想・評価

4.0
テロに立ち向かう男たちを手に汗握りながら見つめるのかと思いきや、仲良し三人組の旅行日記を見る映画
YU

YUの感想・評価

4.0
クリント・イーストウッド監督作品。
実話、そしてまた本人たちによる出演。
電車内で音楽や周囲の音がないところが良かった。
電車のシーンは少ないけど、それに向けてのストーリーが実話であって、ここまで作り上げるのはすごい。

人は人生というものに導かれている。
正しいことをしろ。
kensteady

kensteadyの感想・評価

3.2
限りなくノンフィクションに近い作品作りということで、実際に事件に遭遇した3人をキャスティングするというアイデアは斬新だったと思うしラストの勲章授与のシーンへのスムーズな流れも良かったんだけど…、

肝心の列車でテロを防ぐシーンが65分を過ぎてから正味15分くらいしかなかったのが残念。少年時代や入隊するまでの経緯は確かに必然性はあるけど、3人のヨーロッパ旅行のグダグダシーンはあんなに必要か?たぶん、日常の延長にテロが起こりうる事を描いているのだろうけど、バランスがね…。

クリントイーストウッド監督作品は個人的には好きなんだけど、これはアイデアが先行しすぎて構成バランスや内容が空回りの印象。

このレビューはネタバレを含みます

クリント・イーストウッド監督だからバッドエンドだと思ってみてました。先入観で見てしまい申し訳ありませんでした。
たま

たまの感想・評価

3.5
なぜクリント・イーストウッドがこの映画をサスペンス風のエンターテインメントにせず、本人達を出演させたのか見終わってから理解出来た気がする。
ごく普通の人がごく普通に困難に対峙し切り抜けていく。
でもそれには多くの偶然だけでなく必然もある。人生とは不思議なものだ。
軍隊で鍛えた肉体と人体の構造や応急処置を学んだことも必然だったのかと思える程。
英雄はたとえ人々に知られることが無くても、どこにでもいて誰にでもなれるんだと感じた。
実際、彼等は子供の頃は問題児だったっていう事もまた面白い。
いつものイーストウッド映画のような重厚さを前面に出さず、こんなにも劇的な話をこんなにも普通に描いたこの映画にとても好感が持てた。
>|