ロートリンゲン!の作品情報・感想・評価

ロートリンゲン!1994年製作の映画)

Lothringen!

製作国:

上映時間:21分

3.9

「ロートリンゲン!」に投稿された感想・評価

Mitsunoir

Mitsunoirの感想・評価

3.6
登場人物がいなくて、普段背景や景色と認識しているものが全景化する。がそこに何を見い出せばいいかいまいちわからない。いやあるがままに見ればいいんだけど、ナレーションとの関係がメインの映画はまだしっくりこない。
ジワジワ広がる立体空間。様々な緑に彩られたフランスの姿。ドイツ国歌が流れる場面に地図を使う事でイメージが倍加していく感動がある。素材を吟味して撮ってる気がします。
ただ風景とかをパンを用いたりして撮ってるだけなのに詩的に思えるのは素直に凄い

日本でも同じような映画作る監督がいたら日本のストローブ=ユイレとして評価したい気持ちだけど誰かいるかな
ストローブ=ユイレはやはり「風景」と言うよりも「環境」と言った方がより適切な映画だと思う。
kentaro

kentaroの感想・評価

-
奇妙で不気味なカメラのパン・・・
こないだ観たパトリックキーラーの三部作はストローブ=ユイレから来ていたことに気づく。
時代によってドイツ領だったり、フランス領だったりするロートリンゲン(ロレーヌ)地方の、今と昔。

街をぐるりとパンするキャメラは心地よい。
しかし、あの船の、あの車の、あの風の動きは、偶然なのか、演出なのか。
イワシ

イワシの感想・評価

5.0
カメラを向けたその土地が、どのような歴史を保持した、どのような人々が住まう、どのような場所なのか。それらを紹介するのではなく、観る者の内側にその場所が生じるような映画を作ること。