アンティゴネ~ソポクレスの《アンティゴネ》のヘルダーリン訳のブレヒトによる改訂版1948年の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • ドイツ映画
  • アンティゴネ~ソポクレスの《アンティゴネ》のヘルダーリン訳のブレヒトによる改訂版1948年の映画情報・感想・評価

アンティゴネ~ソポクレスの《アンティゴネ》のヘルダーリン訳のブレヒトによる改訂版1948年1992年製作の映画)

DIE ANTIGONE DES SOPHOKLES NACH DER HOLDERLINSCHEN UBERTRAGUNG FUR DIE BUHNE BEARBEITET VON BRECHT 1948 (SUHRKAMP VERLAG)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

4.1

「アンティゴネ~ソポクレスの《アンティゴネ》のヘルダーリン訳のブレヒトによる改訂版1948年」に投稿された感想・評価

最後のパンが好きすぎる。純粋に映像の快楽を与えてくれるタイプのストローブ=ユイレ作品。ブレヒトの異化効果。
国家の正義と個人の正義、狭量故のその衝突。
ジャン=マリー・ストローブ&ダニエル・ユイレ。
原作はソポクレスによるギリシャ三大舞台悲劇の一つ、『アンティゴネ』。
これをフリードリヒ・ヘルダーリンが独語翻訳し、更にベルトルト・ブレヒトが改訂した戯曲である。
二代に渡りアダプテーションされている為、一部登場人物の行動に動機付けの弱い面が散見される。

本作の主眼は矢張り冒頭に述べた二律背反であろう。
アンティゴネの言動は、肉親への愛情、ひいては自然な感情と正義に則る。
片やその伯父である王クレオンも、国家的・統治的な見地からの正義に則り罰をくだす。
端的に言えば価値観の相克物語であるのだが、ブレヒトの翻案では悲劇を生むのはこの価値観その物のズレでは無く、両者の相譲らない、自己を墨守するその姿勢である点に留意されたい。

本作には二点、各々「音声」と「映像」にて夫妻の真意が台詞外に現されている様に思われる場面が有る。
「音声」に就いては冒頭に併せられた、『ワルキューレの騎行』、結末のブレヒトの言葉に重ねられる軍用ヘリコプターの轟音がそれである。
前者はナチスの戦況報道に、民衆の戦意を昂める為に用いられた。
この二つの音源により、本作ははっきりと“戦争”と云う枠組みの中で語られる作品だと示されている。
他方「映像」に関しては、ラストの長回し上での高速道路が挙げられる。
一体に本作はギリシャ悲劇であり、衣装の相違にも拘泥したストローブ=ユイレが、劇中で現代社会の象徴である道路高架を企図無く映す筈も無い様に思われる。
恐らくこれは、『歴史の授業』にも通底する、「過去」と「現在」の混在化の文脈で語られるべき描写なのであろう。
即ち『歴史の授業』では「現在」のローマ市街を舞台としながらも「過去」の人物・テーマへ思いを馳せた。
それがあの、30分弱にも及ぶドライブ(=トラベリング)映像となっている。
本作はこの逆で、「過去」を舞台としながら「現在」へ冒頭のテーマを、更に言えば“戦争”及び“軍備”への警句を発していると捉えられよう。

長老達のハーモニー染みた台詞回しが特徴的であるが、この点に就いては未だ考えが及んでいない。
様々に散りばめられたメタファーを、適宜読み熟したい作品である。
2回目

ストローブ=ユイレのベストなら『早すぎる、遅すぎる、』かコレかなー。
そういえば3年くらい前に新国立劇場で蒼井優が主演の『アンチゴーヌ』を観に行ったことを思い出した。
当時は演劇苦手なりに蒼井優の芝居を生で観れたことに楽しんでいたりしたのだが、ストローブ=ユイレのブレヒト版『アンティゴネ』の図々しさと観客を嘲笑うかのような同一シーン内での時間帯を明らかに無視した撮影。そして無茶苦茶なロケーションに被さるヘリの音に厳格な奔放さと言うべき感動を味わった以上、蒼井優の熱演さえストローブ=ユイレの前には自明で的確な芝居程度のものに感じられてしまう。


堀禎一『Making of spinning BOX 34days』と青山真治『ホフマン物語』と、立て続けに傑作に違いない舞台の記録映画を観たのだが、今日見直したストローブ=ユイレ『アンティゴネ』では、紛れもなく自然のその風を舞台装置へ導入し、日本の偉大なる舞台記録映画の上記2本と性質を異にしてることに凄さを超越した偉大さを感じた。
☑️『アンティゴネー』及び『黒い罪』『セザンヌ』▶️▶️
その方の知識なく、この作家の研究書も当然持ってないので、この文学的背景·ベースには無知だが·その尊重のストレートかつ毅然はここでも感じざるを得ない流れ、ギリシャ悲劇『オイディプス』関係·その後の話なのか、その一族が、当時のテーベの王クレオンの、対アルゴン戦や国内に於いても、残虐な侵略·非人道圧政で、知らず反発·滅亡に向かう中で、人道·国家より家族·そもそも君主の身勝手独裁に対してと、最初に歯を剥く作品で、あの特徴的な長く速い·やや俯瞰め退きのパン多用めは20年以上?経ってても憶えていた。それを含めても映画としてのバランス·統一性は、20世紀の記憶を辿ると、この作家の代表作の1本『モーゼとアロン』位いい。この作家の最大の美点である、今も生き得る古典のそのまま原型を、現代·現在の特定の場·特定の時間で創り·演じて空気の交感·時に見方によっては隙間風を敢えて醸し出す事は、当然ここでも重要で、あたかもその時代に知らず溶け込んだような錯覚を持たせるという形でセールスする、現代に併せた翻訳という形での違和感排除の形をとるかもわからない、商業主義の映画の一元性の閉じられ·限定された世界は、もっとも遠いものてなってる。ここでは市街地とも遠くない古代遺跡のある場を野外演劇的に使い、冒頭の姉妹から、長老ら·国王·伝令らと拡がり·組合わさり·消えて消息内でと画面内の存在が変移·かすれていく中で、その場を動かない王こそが、早々前線引揚げ·押し付け、現実逃避の·最大の小心者とわかってゆく。
先のパンを含め、俯瞰め多用、目の高さ寄りに降りたカットだとバックが蒼空に抜けたりもする、複数人や個人のアングル·サイズが説明に媚びず、強い世界のあり方と拮抗し、バランスも独自で普遍でもある素晴らしいものとなってる。人物が画面オフに出て無人となってもカットを切り換える事はしない。ややプリントは旧びて少し褪色してきているが、元々そんなにけばけばしいものでもあるまい。
---------------------------------------------------
実はこの時間は一週間前か1度観て感心したジョナ·ヒル作品を最終回で再見しようとも思ってたのだが、キネ旬のベストテン号を立読みすると、識者の評価はそんなに高くないのかと、憤る代わりに意気消沈して止めてしまった(我ながら情けない)。空き時間をどうしようとストローブ=ユイレを急に思い付く。『 アンティゴネー』の前に観た『 黒い罪』は、最初の1990年代半ばの上映企画に入ってなくて、2回目からリストに加わった気がするが、それにしても美しいままのプリント、只途中からバックの明るさで当時の字幕技術のせいか、あるいはこの20年の間にプリントを洗浄したせいか、字幕が細い線で読みにくかった(火災の後、洗浄して字幕打ち込み周りの盛上りが削られたFCの90分版『ゲームの規則』のようだ)。『エンペドクレス~』の記憶が20数年経ち曖昧だが、権力や民衆からも追放され、ただひとり周りに誰も存在しない高地で、自然の広さに溶け込み、死すべき運命を受け入れて、漂う霊気や·地下からのつよい力も感じ受け取り、個々が自分にだけ従う境地に達しているエンペドクレスを、関係を求めたりして訪ねくる三人の男女の各々との対応となってるのが本作だ。トゥショットや各人の、微妙で力強いアングル(高低も含め)·サイズの選び取りが、厳粛で圧巻、カメラ位置によって地面の土の面積·背後の樹木·緑のあり方も変わり、かつ唯一絶対に美しい。昔観たきりでその時あまりの重力·絶対性に息を呑み続けだった『エンペド~』を見終わった時、友人が台詞かぶる無人の自然カットらのパンが延々長く美しかったね、というので全部固定カットの筈·そう見えたけど、と応えた事がある。続篇の本作を観ると、朗々台詞下の無人風景カットは少しか·僅かにパンしてる。その前作もそうだったのだろうか。四半世紀に渡る私達の疑問ではある(見直せばいいが、仕事と大抵観たい作はバッティングする)。
---------------------------------------------------
『セザンヌ』は、『ボヴァリー夫人』(ピエールは弟と違い明らかに父親似で、いきなりその顔が来て改めてハッとした)や『エンペド~』がかなり大きな塊りとして普通に入ってきて、絵画や肖像写真と解説の所が延々という堅苦しさからは遠く、語られることも細々解説ではなくて、自由な姿勢の息吹きで実に心地いい。これもまた素晴らしい、と再確認か、或いは認識をかなり新たにか、した。
「解釈などするのではなく、単に感覚で受けとめ捉え、流すこと」「光のなかに、それと同化してありたい」
床ずれ

床ずれの感想・評価

4.5
古典作品を扱ったストローブ=ユイレの映画には苦手意識があったが、これはとてもわかりやすくて面白かった。
ドイツ語で話す暴君のセリフは、ほとんど必然的にヒトラーを想起させる。暴走した「フューラー」を止める側近たちも面白く、『ヒトラー最期の12日間』みたいなシチュエーションだったが、その映画よりずっと面白かった。
字幕もないYouTubeで深夜に見てたら本当に魔術にでもかけられるんじゃないかって気がしてくる。
ドイツ語だけど日常的な発音ではないとか何とかどっかで読んだ気がするけど、そもそもドイツ語が分からないし勘違いかも。
映像表現としては難しいですが
膨大な台詞により展開する物語は解りやすい

ロケ地や立ち位置がほぼ固定
被写体との距離感や角度が独特です
不自然なフレーミング感覚が逆に凄いのかも😅

地面を見ながら四人のナレーションを
聴く感じが少しシュールでした
あの地面のカットにどんな思いが
込められてるのだろうか?
とても気になります🤔?
茅野

茅野の感想・評価

-
毅然としたドイツ語。アンティゴネーについて述べる哲学者それぞれの言説はわかってもこの映画がわかるかといったら、?
ジャン=マリー・ストローブ&ダニエル・ユイレ監督作品。
ソポクレスの悲劇『アンティゴネー』の映画化作品。

ダニエル=ユイレによくある神話的戯曲の映画化作品だけれど、登場人物が多かったり、感情的に話す台詞があったり、役者が身振り手振りしていたりして、他の作品に比べて観やすかった。
アンティゴネーの横顔、怒る王と予言者の対話、古代円形劇場と背景の景色が良かった。

最後の文章が、古代神話の世界と現代世界を繋げていて良い。
とても分かりやすいストローブ=ユイレ。無駄を一切切り通した演劇的映画。風景が美しい。
>|

あなたにおすすめの記事