早すぎる、遅すぎる、の作品情報・感想・評価

早すぎる、遅すぎる、1982年製作の映画)

Trop tôt/Trop tard

製作国:

上映時間:101分

3.9

『早すぎる、遅すぎる、』に投稿された感想・評価

タイトルからして良い。映像(現在)とテクスト(過去)のズレ、というか断絶。それはなかなか立ち上がってはこない。醒め切った視線。それでも惹きつけられる不思議。要再見。
昼寝

昼寝の感想・評価

4.4

車の動きに合わせてカメラが動くと、同じ方向から沢山の車がワーっと走ってくる冒頭のダイナミズムにまず感動した。『和解せず』みたいな速度を感じた。普通待ちそうなカットで待たない(画面奥から牛の群れが向か…

>>続きを読む
ghnmr

ghnmrの感想・評価

3.5

「観る」ことをここまで意識的に強制させる映画はないと思う。私達は何を観させられて、そこに何を見るべきなのか。みるという行為が、映画という形式の中をはじめ、これまでどれまで無自覚に行われてきたかを、意…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

まず冒頭のバスティーユ広場のラウンドアバウトをぐるぐる回るカットが格好良い。最初は他の車たちと並走しているように見えるが、周りの車が遠ざかったり近づいたりして、時間に追われせわしなく出入りする車の中…

>>続きを読む
あ

あの感想・評価

4.0

やっぱりこの人達は、話と関係あるようで全く関係ない風景を撮って楽しんでいるのではと思いました。もう工場の出口から工女達が出てきて端に消えただけで驚く観客などいるまいに...

古典映画を愛する余り、…

>>続きを読む

前半は当時のフランスの風景を映し出し、フランス国民が如何に貧困で苦しんでいるのかを朗読風に話す。後半はイギリスに対抗するエジプト国民について、エジプトの風景と共に話す。どうやら両方、マルクス主義者に…

>>続きを読む

お初アテネフランセ。
風景にナレーションがついてるだけの、深夜BSでやってる番組みたいな映画。風景にナレーション(もしくは字幕のみ)が付いてるだけの番組はよく見ていたし結構好きだけど、この尺でやられ…

>>続きを読む
煙

煙の感想・評価

4.7

左、右、左右、左右左、静止。上、下はそれぞれ1回。車中は2回。第一部は牛と電車。第二部はニュース映像を除くと27(+2)。カメラは頭の位置。アンチロマン。男、女、銃はないが、それ以外のすべてがある。…

>>続きを読む
半兵衛

半兵衛の感想・評価

4.0

フランスとエジプトで起きた過去の人民革命を現代の各国の映像とナレーションで表現するという一見テレビのドキュメンタリーみたいな内容なのに、卓越したカメラワークと農村や街を鮮やかに捉えた映像によりそれら…

>>続きを読む
すべての革命はのるかそるかであり、すべての革命は早すぎるか遅すぎるかである。 

ところで、ずっと鳴いてる鳥さんたちはどこにいるんだろうか?

あなたにおすすめの記事