リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

猜疑心や欺瞞などが交錯する世の中で、出会ったリップヴァンウィンクル。
彼女の自我と欲求は精錬された美しいものであった。
hiroki

hirokiの感想・評価

3.3
なぜ?っていう話をあとから答え合わせのように観ていく謎解きの要素と、東京の現代を詰め込んだ、みたいな。
YuiMorita

YuiMoritaの感想・評価

4.0
すんごい昔、ピアノの発表会で歌の翼に弾いた。
ShuMiyano

ShuMiyanoの感想・評価

3.6
岩井俊二っぽいと言えばぽいが、ちと長い。
TICTAC

TICTACの感想・評価

-
岩井俊二監督作品はこれで2つ目です

『PicNic』を観たときは、オープニングが素晴らしく芸術的だなとは思ったものの、それ以外の全体としてはチープで無理矢理な感じがしてしまい、あまり好きにはなれませんでした。

それで時間をあけて気になっていた『リップヴァンウィンクルの花嫁』を観たのですが、3時間近くあるのに長く感じず居心地良かった!

お花畑にいながらどこか哀しいような不思議な気持ちになるのは変わらないんだけど、こっちの方がすっと入りやすかったな。
ちなみに、こっちはCoccoさんで、あっちはCharaさん。アーティストさん出すの好きなのかな。野田洋次郎出てたし。

どう見ても怪しくて胡散臭い綾野剛が良い奴か悪者なのか謎でそれがゆっくり紐解かれてくのが良かったのかな〜

幸せの臨界点がアリよりも低い
世界は思ったより幸せだらけ

ただ、終盤の支離滅裂な理性吹っ飛ばしたような展開には笑っちゃった
S

Sの感想・評価

3.6
美しい映像と音楽
どこか不協和音で謎のベールを保ちつつ3時間くらいある作品だが時間を忘れるほど惹き込まれる

良かった
久しぶりに岩井俊二の作品を見ました。
全体的に美しい音楽に載せつつも残酷な世界につい引き込まれました。
もも

ももの感想・評価

4.4
こんなのはじめてで
わからない

途中リリィと綾野剛に笑わせられて、
涙は出ないけど、感情は揺さぶられた
そんな映画でした

私は映画というたかだか2時間から3時間で、一冊の本を読んだくらいの満足感を味わいたかったんだと
この作品を観て思った
岩井俊二さん云々より、作品そのものとしてだけ観てほしい

ちょうど去年の今頃、亡くなられたのだと思うと、この作品を今惹きつけられたのにリリィさんの求心力を感じる
に

にの感想・評価

4.0
黒木華とcoccoのドレスシーンが良かった。架空の指輪シーンが好き。

180分、長く感じなかった。
ちゃむ

ちゃむの感想・評価

4.0
前半、主人公の生きている世界が、ふわふわしていて、こわくなってしまった。でも、そのふわふわとした感じが今の時代なんだよなあ。見ていて胸がきゅっとなった。
小説も読んでみたい。
>|