リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

KonKon

KonKonの感想・評価

4.3
黒木華ちゃん。3時間観る前は長いと思ってたけど、全然飽きなかった、濃厚。すごくリアルな現実。
しおり

しおりの感想・評価

3.3
少女漫画みたいに綺麗過ぎた

そういうものだと思って観れば
その嘘みたいな綺麗さを楽しめるのかな

わたしにはすこし夢のように映った

最後のお母さんが泣くところは、
真実味があった。

このレビューはネタバレを含みます

個人的に難しい映画だった。幸せってなんなんでしょう、、、、虚構の幸せでも本人が幸せなら幸せ?みたいな

最後の七海と真白のベット上での会話、真白さんの感性はとても素敵だと思った。けど、生きて行くにはあまりにも優しすぎるのかな。
ずっと見たかった映画
雰囲気ほんとすき
華ちゃんのあの感じ、天性でしかない
こんな日常的でダークな映画あったんだ日本に。日本だからか。
こういう映画が私的にはすごいお洒落なんだよな。
きすけ

きすけの感想・評価

3.0
黒木華の話し方にイラつく部分があるけど、2人がウェディングドレスを着てるシーンは綺麗。
綾野剛は良い奴?悪い奴?ってなる映画。
blue7curse

blue7curseの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

真夜中に視聴。ぜんぜん退屈じゃなかった。
観る前はあまり期待していなかった。途中からどんどん引き込まれていく。惹かれていく映像。ななみさんとましろさんの関係性を見ていたら私が今までずっとずっと求めていた関係性だなぁと思った。まさにこれだなぁと。「一緒に死んでくれる?」に「うん」と答えて「ばーか」とか。ななみさんに「この涙のためならなんだって捨てられる、命だって捨てられるよ」とか、そんな会話が。「好き」って言葉なんかより。「好き」は誰にでも何人でも誰にだってそう思ってなくても簡単に人は使う。でもこの会話ができるのはこの人だけこの人にってそう決めた人、ひとりにだけ。この言葉は「好き」みたいに沢山は使えない。沢山の人に使えない。ひとりにだけ。だって命はひとつだけだから。捨てられる命は。それから、お屋敷みたいに贅沢じゃなくて貧乏でも小さな部屋でずっーとふたりで暮らす。ずっと一緒に。そんな会話。ふたりだけのそんな会話。私の欲しかったもの。本当に本当にそれってふたりだけだもん。本当に、ふたりだけの関係。この世は、本当は幸せだらけなんだよ。幸せの限界がきちゃう。壊れちゃう。お金にかえてみんな見ないふり。そうしないと壊れちゃう。お金を払う。お金で買うの。私もましろさんみたいな相手がいたら。でもいないよね、なんてそう思いながら。野田さんがピアノを弾いて歌う黒木華さんの「ぼくたちの失敗」がうつくしかった。海月、綺麗だった。
Hello

Helloの感想・評価

3.0
ぜんぜん共感できなかった😌
自由なCoccoとあざとい黒木華。
Luna

Lunaの感想・評価

3.8
記録用


不思議な映画だった。
長いけど長いことを感じさせない。
どんどん続きが見たくなるかんじ。
kumi

kumiの感想・評価

4.0
今までの価値観だとか人生観だとか結婚観だとか少なからず影響を受けた気がする。

「知ってる?この世界はさ、本当は幸せだらけなんだよ」こんな幸せなセリフはないって思うけどそれなのにこんなに絶望的な気持ちになるセリフもない。

あと黒木華の歌う「ぼくたちの失敗」が神がかってた。
>|