リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

Osan

Osanの感想・評価

3.9
映画館で観ようと思っていたが、時間が長いので中々タイミングが合わなくて観そびれてた。WOWOWで録画してたのだが、3時間という長さに躊躇して放ったらかしていた。今日、録画してたものを整理しようとして、どうせ見ないだろうと思い削除しかけたが、最初だけ観ようと思って再生してみたら…
面白い!途中でやめられなくなって結局最後まで見てしまった。役者さんの演技もあってドキュメンタリーっぽいのだが、話の展開に惹きつけられる。最後のリリーさんのシーンで不覚にも泣いてしまった。。私のように、とりあえず録画してまだ見ていない方、面倒くさがらずに見てみて、3時間あっという間だから。
さきこ

さきこの感想・評価

3.6
黒木華さんがこんなに凄い人とは知らなかった。
うつくしい映画。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
全く想像してなかったストーリーだった。岩井監督の世界観掴めない感じがする。
それでも黒木華が自然すぎて最後まで観てしまった。なんとなく綺麗な印象。
想像とは180度違う映画だった。
淡々としながらかなり狂気的。
真白の優しさに対する考え方、分かる気がした。
3時間は少し長いかも。
浦島太郎はひとりぼっちになりたかったわけでは無いと信じたい、だから玉手箱をあける。では、リップヴァンウィンクルは…。

長い…が、必要な長さ。たくさんの要素が詰め込んであるが、無駄がないというか洗練されているというか、流石の岩井俊二監督である。
最初見る前に、オシャレな名前やなー誰の花嫁なのかなって思ってたけど、観て予想外の展開へ。黒木華は自然体すぎるぐらい役にハマってた。
SNSや結婚や、何でも屋からのCocco!この人映画も出てるんやーと思いながらも歌ってた頃とそんなに変わらずな独特な雰囲気というか魅力があった。
綾野演じる安室は最初と最後で違うイメージに変わったな。
2人のドレスで軽やかに踊るシーンが印象的。りりぃさんたちのシーンもインパクト大。
映像と音楽と黒木華がとっても綺麗。
それぞれに役にぴったりな感じも良かった。
maco

macoの感想・評価

4.0
誰かに用意された幸せでも、誰かに仕組まれた幸せでも、優しくて幸せな世界

真白のさいごの台詞、それがこの映画の全てな気がする
人の真心とか、優しさとか、ありがたすぎるんだよたしかに、それは普通じゃないんだよな

「名前」というのもこの映画の中でのキーワードだと思った
いろんな名前を持ってて、たった1人のくせに、いろんな人生を持とうとして、いろんな人生を生きようとして、でも結局自分は1人だし1人じゃ何にもできないしね
RIHAKU

RIHAKUの感想・評価

3.8
黒木華の生きる力の弱さが他人事と思えなくて、何てひどいことをするんだ人間に生まれなければこんなに生きにくくないのにと感情的に見てしまった前半。でもちゃんと彼女を必要としている人がいたし人のたくましさや生きる喜びがあった後半。白と黒がきれいでした。
セイト

セイトの感想・評価

4.1
ななみちゃん教師目指してた割に世間知らず過ぎないかい?という点以外は良かった。コッコの手が震えてなくてでもコッコで。こっちが震えた。
>|