リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

好きだったなあ


岩井俊二監督の作品って穏やかで邦画らしい気がする
akane

akaneの感想・評価

3.8

ありそうでなさそうな、やっぱりありそうな東京の一コマ

彼氏も親戚も友達もネットで簡単に手に入ってしまう東京


はじめは、あんな何も言えない女の子いるんだなあって…

どうせ泣き寝入りするなら死ぬほど言いたいこと言ってやればいいのにって思った

でもまあそれは理想であって
正直主人公と自分が重なるところもあった、悔しいけど


3時間長かったけど削るとこない、素敵な成長物語

黒木華は奥ゆかしい役が似合うね
ついでに野田洋次郎が出てきたときは笑った
Takeda

Takedaの感想・評価

4.5
すげー。
理屈抜きにして良い。
うまくまとめれないけど、原作と脚本に脱帽レベルで感激。
「終わるなー!」と思いながら見た瞬間もあったほどに幸せの3時間だった。
原作、脚本、キャスティングによる満点。
自分的には好ましくない撮影だったので評価4.2。
でも。
監督の経緯が気に入らない。とか
わしの撮影概念と合わない。とか
そんなことも払拭する位に良い映画だった。

黒木華可愛い…
minolyly

minolylyの感想・評価

3.5
終始かわいそうな七海。ぽやぽやしてるからすぐ騙される。かわいそう。
安室くんも安室くんです。。いいカモにしないの。そんなものなのかもね、人生ってって思わされるような人間関係相関図。

でもふらっと現れた真白に会うことで運命が変わる。
自然体で、わがままでどうしようもなく子どもみたいな真白に振り回されるけど、それを楽しんでる七海。生き生きしてる。
交差点でふらふらしてたら真白とはぐれて別れてしまったシーンがすごく良かった。きれいだ。

きっと自分が無いんじゃなくて七海は抑えてるんだよね。壊れないように。
なんとなくそう思いました。でも本当に、どこかぽっかり抜けてる人なのかもしれない。そのわからなさと不完全さが人間くさくていい。
人との出会いや環境は人を変える。
今置かれてる場所や関わっている人を大切に、新しい環境や人との出会いも大切にしたい。
ストーリー自体はちょっと消化不良で、綾野剛の役が未だ掴めていない。ただ主人公が序盤から終盤にかけて、前向きな感じに成長する感じが清々しい。
前半のボロボロになる展開、黒木華さんの見た目なら大丈夫なのでは?と思ってしまう。引っ込み思案を込みにしても。
momoka

momokaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

リップヴァンウィンクルの意味を、見終わってから調べた。
日本でいうところの浦島太郎なんだって
ゆん

ゆんの感想・評価

4.0
初めは生徒にいじめられる程声の小さい主人公。

最後には大声で手を振っていた。

成長していく物語。

都会でのごくごく平凡な一般人の日常が、リアルに描かれていた。


綾野剛の早口が、不気味。
マル

マルの感想・評価

3.7
黒木華の可愛さが分からないという奴はこれを見てから言えよな。
か

かの感想・評価

5.0
すきすぎ!

現実なのか夢なのか
浦島太郎ってかんじ

ウエディングドレスを部屋着にしたい
でてくるひとがみんな魅力的
>|