ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

今年ワースト級につまらんかった。唯一良いのは従順すぎるラプトル達の過去映像みたいなやつと島で噴火が起きて命を危機を感じて必死に走る恐竜達(萌える)。続編誰が撮ろうと全く期待してません。
「うおおぉぉぉーー恐竜が生きてるぅぅぅーー!!!」てなった一作目を越えることはもうないのです
娯楽としてはそつなく完璧です
毒気もないです
面白かった。いや、面白かったんだけど、何も残らない感じ。
他の面白かったのが何か残るのかというとそうではないんだけど…少なくとも、何も残らないとは感じさせなかったし、面白かったなぁっていう感慨と余韻があった。そう、それが無かった。
多分、メリハリがあり、山谷があり、一つ一つがスリリングだから面白いんだけど、
それが全て表面的で、感情が入っていきづらいストーリーで、無理があるなぁとか、この設定いるのかなぁって部分もあったからだろう。
テーマは持とうとしてた。だけどやっぱり皆が皆、自分に置き換えられるものではやかったのだろう。

点数は同じにしたけど、無印ワールドの方が面白かったかな。
そして邦題に騙された感が強い。
宣伝的には、(アメリカと同じみたいだけど)メインビジュアルも含めて、上手だったんだなぁ。そう、メインビジュアル。何よりワクワクさせるものがあるよね。
沢山の映画のオマージュがジュラシックの世界で
ビジホ鑑賞。
決して大人の有料チャンネル観た後に観たからドキドキ度評価下がってるとかではないです。

最初のジュラシックパークへのオマージュ的な演出がチラホラ。


アクションホラー?の娯楽としては良いけど、もう展開が常に5分先までわかっちゃうのが、、、

てか最後のんは良いのか?
生態系全て狂い、鳥獣被害なんてレベルじゃなくなり毎年数百万人の獣害による死者、地方や未開の地域では文明が崩壊するレベル、そのボタンを押しといて感動演出はちょっと違うっしょ。。。

個人的には血湧き肉躍る暴力とアドベンチャーの世界はウェルカムなんで妄想が捗るアフターワールド展開やけども。。。
rage30

rage30の感想・評価

-
前半の60分は「大自然を恐竜たちと駆け回る、いつもの楽しいジュラシック映画」という感じで楽しめました。笑
火山弾が飛び交う中を恐竜達が逃げ惑う姿は、隕石落下による恐竜の絶滅を想起させる、不思議な光景でしたね。

そして、後半の60分は、豪邸を舞台にした密室スリラーへと変貌します。
密室環境でのサスペンスはジュラシックシリーズの持ち味でもあるし、恐竜映画にゴシックホラー演出を持ち込むという挑戦も面白い。

ただ、前半の60分、ないしは前作のハチャメチャさと比べると、スケールダウンした感は否めず、「期待していたのとは違ったな~」というのが素直な感想ですね。
本作は賛否両論になっているそうですが、前作の様なスペクタルなアクションを期待すると、肩透かしを食らうかもしれません。

問題は、この後半の展開をどう受け止めるか?という事です。
おそらく前作と同じ様な、島を舞台にしたアクション映画にしてたら、安定した評価を得る一方で、“マンネリ”といった批判が生まれた事でしょう。

そこで、本作は危険を承知で、進化する道を選んだ。
新たな恐竜を作る為に異質なDNAを組み合わせた様に、スペイン出身のバヨナ監督を招聘し、
狭い檻から恐竜達が飛び出した様に、映画のジャンルや世界観すらも飛躍させる必要があったのだと、個人的には解釈しています。

“パーク”への決別と“ワールド”の到来を描いた事で、次回作は更に攻めた内容になるでしょう。
そして、次回作の出来次第で、本作の価値もまた変わる事になるはず。
好き嫌いはともかく、次回作への期待が高まった事は間違いないので、楽しみに待ちたいですね。
んー、夢がない…。
溢れ出るロストワールド感。
インドミナスレックスの方が敵役としての魅力がある。

これむしろ続編作らなかったらないわ。
mayu

mayuの感想・評価

3.0
ブルーが可愛い。あとはうーん。
>|