ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価・動画配信

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

梨

梨の感想・評価

3.5
幸せな人生への鍵は、実は自分が自分の人生を完全にコントロールできてないということを受け入れることだ
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.5
映画館でナイトショーで見た。人が少なかったので思い切りワーキャー楽しめた。Theエンターテインメント作品。CGも迫力があって良かった。映画館で見るための作品。
そんな結末になるとは思ってもみなかった。生命に対する人の考えって日々変わっていくよなぁ、と少し考えさせられる。
序盤とラストだけなのに存在感の強い、ジェフ・ゴールドブラム。
キング

キングの感想・評価

3.7
金曜ロードショーで視聴

このシリーズはやはり映画館で観るべき。。
ふふふ

ふふふの感想・評価

3.0
2020/08/04(字幕版)

内容も前作にしっかり続いてたし
普通に面白かった
恐竜達もさらに綺麗になってた
クリス・プラットが本当にかっこいいし
可愛い激推し
前作から3年後、今や廃棄と化してしまったジュラシック・ワールドに残された恐竜たちは、その強い生命力で懸命に生き長らえていた。
しかし、島では火山が噴火し、オーウェン (プラット)とクレア (ハワード) は恐竜の保護へと向かうが、財団の目的は彼らとは異なる“遺伝子の採取”だった。

『ジュラシック・パーク』シリーズの第5作であり、前作『ジュラシック・ワールド』の続編にあたる本作は、1993年公開の第1作を劇場で観たあの興奮そのまま、安定した面白さは今も変わらず、加えて本作が持つ従来のテーマであろう人間が踏み入れてはならない“領域やエゴ” をさらに色濃く描いている。

勿論、恐竜たちは本作でも大活躍。
ティラノサウルスを筆頭に、ステゴサウルス、アロサウルス、ブラキオサウルス…中でも生きた姿と化石姿のトリケラトプスが活躍するシーンはお気に入り。

「今日も怪獣映画やるね」
このところ地上波で放送が続いた『キングコング』や『GODZILLA』を観たと思われる若い娘たちが、本作のテレビ放送日にこんな会話をしていた。

「火を吐くのが怪獣で、吐かないのが恐竜、怪獣と恐竜はちがうのよ」
そう教えてあげたかったが、彼女たちの若い“領域”に、到底立ち入ることは出来ず、その場を去った私。

因みに、恐竜が栄えた時代を、時計の針で例え1時間とするならば、ヒトが誕生して現在に至るまでは、まだ1分にも満たしてないという。

恐竜とは我々ヒトの先輩でもあるのだ。

207 2020
ちいき

ちいきの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

前作越え!拍手。最後、満足感はあるけど安心感で終わらせない結末も良かった。

インドラプトルもう性格も見た目も怖すぎてホラー映画やん!ってなった。ホラー映画より全然怖かった。登場のさせ方上手すぎ、、子供の時に見てたらトラウマになるだろうな〜
迫力ある映像。ハラハラドキドキの展開。伏線や隠された事実などちりばめてあり、見る価値あると思いました。
YYamada

YYamadaの感想・評価

3.3
【ジュラシック・パーク⑤】
コスタリカの恐竜王国の終焉と
現代科学への警告
〈作品概要〉
◆監督: J・A・バヨナ
◆シリーズ興行収入:
 第2位 (5作品中)
◆主人公:
 オーウェン
◆アクシデント:
・噴火する離島からの脱出
・恐竜が闊歩する施設からの脱出
◆メイン恐竜:
 インドラプトル
◆シリーズ作品とのつながり:
・イスラ・ヌブラル島のテーマパーク施設(①④)
・マルコム博士の登場 (①②)
・ヘンリーウー博士の登場 (①④)

〈見処〉
・恐竜ハンティング、恐竜の市街地逃走など、第二作『ロスト・ワールド』と類似性が高いシリーズ第五作。
・前半は大噴火の離島からの恐竜救出劇。燃え盛る熔岩から逃げ遅れた巨大なブラキオサウルスの姿は神々しい。
・島から恐竜たちを現代社会に場所を移してから、急速につまらなくなる。遺伝子操作された知能の高いラプトルとの対決は、
もはや恐竜映画とは思えない。ネタ切れ感が強く、次作は残念な内容になることを予想。
YUKINA

YUKINAの感想・評価

3.7

人間は何度も過ちを犯す。人間の身勝手な目的で作られ、人間の手で命を絶たれる恐竜たち。人間がどこまでも貪欲で、無慈悲かがわかる。ストーリー的にはロストワールドっぽくて、いくらでも話作れる笑

やっぱり恐竜はロマン!強くて大きくて迫力がある。それを自然の迫力と一緒に臨場感ある演出にしているのがすごいよかった。特にポスターになっているT-REXの登場シーンは震えた!火山×恐竜の組み合わせがカッコ良かった。

ただ、この序盤のシーンがピーク。あとは恐竜を巡って争う人間…正直後半は退屈でした。
>|