北のカナリアたちの作品情報・感想・評価・動画配信

北のカナリアたち2012年製作の映画)

上映日:2012年11月03日

製作国:

上映時間:122分

3.3

「北のカナリアたち」に投稿された感想・評価

mo

moの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルは聞いたことがあったけど、こんなヘビーな内容とは知らなかった。
とりあえず、展開が盛り沢山…大人向け。

主人公にとってどうしようもない悲劇の連続で、その心情を思うと辛い。
終始、物悲しいけれど島の風景にも目がいく。
北海道で小学校の先生をやってたハルさんが、殺人の重要参考人となったノブちゃんを知る人がいないかと、元教え子達のところを巡る話。
田中子

田中子の感想・評価

3.0
ミステリー?といった感じでしたがキャストや舞台、そして子供たちの綺麗な歌声が良かったです
blackflag

blackflagの感想・評価

3.8
小学校の教え子が殺人事件を犯してしまい
昔の教え子に会い振り返る映画

信じられないくらいの素敵なロケーションです。

昔の教え子に会うとどんどん真実が…

うわーしんどい。
みんな影ありすぎ…
終日雨の土曜日、意を決して吉永小百合の北海道三部作を一気に観ました。観た順番は『北の零年』、『北の桜守』、最後に『北のカナリアたち』でしたが、流石に疲れました。特に三作の中で最も暗い当作品を最後にしたので、観終わった後に爽快感は何も残らず、監督或いは脚本家が何を訴えたかったのかを自問自答していました。
離島の分校に赴任した優しく美人の女教師と6人の生徒達の交流と別離と再会の物語に、ミステリアスな脚色を加えて過去の真実を読み解いていく人間ドラマというところでしょうが、若干制作者の気合いの入れ過ぎというか、演出のくどさが気になりました。伝えたい事は「今を生きる、今成すべきことをする」ということなのでしょうが、それにしてはストーリーが大袈裟過ぎるという印象です。
映画として自分の好みで順番を付けると、1位『零年』2位『桜守』3位が『カナリア』で、しかも2位と3位の間は相当差があります。
礼文・利尻という美しい島を舞台にしながら、余りに暗く殺伐荒涼とした景色をこれでもかと見せ付けられて、気が滅入ってしまったようです。
人間の出逢い、結びつきが運命なのか
いやミスと言われている湊さん原作の映画だが
この作品は人情を感じられた。
敦司

敦司の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

分校小学校教師の吉永小百合 満島ひかり 小池栄子 余命幾ばくかの柴田恭平 仲村トオル=傷心の刑事 警察官の松田龍平 声が出なくなった宮崎あおいは自殺未遂の真似事をして海に落下 前田敦子の夫の勝地涼 奥尻島 吃音症の森山未来 札幌で開催される合唱コンクールに出ることを両親の離婚に伴い離別した父親に電話で伝える
ゐ

ゐの感想・評価

-
名優揃いでビビりましたが、正直どうでもいい話だった。人が死んだりはするけど、自然な成り行きだし、特別捻りがあるわけでもないし。事件っぽく不穏にみせてるだけで、ミスリードもどんでん返しもないので、最初の疑惑が最後までその通りに進んでいくって感じ。そもそもこの映画の見どころそこじゃないかも。湊かなえ=ポストアガサ・クリスティという偏見に縛られすぎた?

このレビューはネタバレを含みます

子供達に、歌を教えていた先生(吉永小百合)を、中心に、当時、教え子だった、子供達と、殺人事件を、キッカケに、再び、向き合う物語。向き合うのは、1人ずつで、過去のモヤモヤが、解消されていき、最後は、再び、集まり、合唱をする。音楽を通じての、心の交流。小学校時代の、心の絆を取り戻す、この先生は、きっと、優しすぎたのだと、思います。不倫にしても、警官(仲村トオル)の心の傷を、感じ取って、支えたくなったのが、原因なのかもとか、考えました。でも、その優しさが、あったからこそ、子供達も、音楽を通じて、心を開いたのだと、思います。不倫を、推奨するつもりも、ありませんが、その不倫が、悪く見えない。旦那への愛は、本物であったと思うし、不倫相手の警官のことも、案じてたとも思います(^_^;)歌を忘れた、カナリア。それは、先生が教えていた、子供達のことも、指していたとも思います(^_^;)先生は、優しすぎて、いろいろ抱え込み過ぎた。僕は、そう思います(*^^*)
erikam

erikamの感想・評価

2.5
湊かなえさん原作の映画やドラマは当たりが多く、好きです。
個人的にはこれはそこまでハマりませんでした。
普通に悲壮感漂う邦画って感じで観ました(^^)
音楽がもう、なんていうのか、悲劇。



原作は手紙だった気がします!
ドラマもあるみたいなので観てみよう。
>|

あなたにおすすめの記事