イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

窒素

窒素の感想・評価

4.0
前作までと比べると大人しいというか物足りない気もしなくもないけど闘いより生活にフォーカスされていて結局泣いた。
一時間くらい小物の悪役で滑稽に時間を浪費してなんの脈略もなくマイクタイソンが出てきて退場してよく分からん立ち位置の人間がよく分からんまま成り上がって最後にイップマンと対決して安っぽいメッセージを残して終わり
戦闘のバシバシ音だけ楽しみましょう
azitarou

azitarouの感想・評価

4.4
イップ・マン師匠がすごいカンフーで悪いやつをバッタバッタとなぎ倒す!緩急のつけ方やアクションシーンのカメラワークが観ていて気持ちいい。勧善懲悪、武道研鑽、落花流水といった人の王道を真っ直ぐに描いている。つまりめちゃくちゃつよい。
えぇー何これって思わされた。深みを出そうとした家族のドラマはセンスが悪くて付け焼き刃。葉問が殊勝なことを言おうとしてスベり倒してるようにしか見えなかった。葉問が最強で誰と戦っても苦戦はしないので、名勝負が演出できていなくてケレン味はなし。1~2作目の熱量はどこに行ってしまったのか。『イップ・マン』は、脱け殻のようなカンフー映画になり果ててしまった。
イップマン三部作最終章(ドニーイェン)
三部作全て見るとアクションシーンでなくてもイップマンのあの静かな佇まいを見てるだけでワクワクしてくる

イップマンの紳士ぶりが今回も健在。
特に嫁を守るイップマンかっこよすぎる!タイキッカーとのバトルのあとあの何事もなく涼しげな表情で嫁の手を引くイップマン。あれやられたら誰でも惚れます!

特に見せ場は3つ

エレベーターでのバトル

マイクタイソンとの三分間試合

ラストの詠春拳VS詠春拳

どれも歴史に残るアクションシーンだと思う

正統派カンフー映画見るならこれ

木人拳家に置きたくなる
フカミ

フカミの感想・評価

4.0
前作未見。でもイップ・マンと言う人がいて、ブルース・リーのお師匠さんだってことは知ってた。それだけでも十分楽しめる。実録人物伝ではなくフィクションでしょ。
映画的な魅せ方とか、観客を楽しませようとのサービスか、古き良きチャンバラ時代劇のような、勧善懲悪、お涙頂戴。脚本はこのくらいクサイのがよいのだ!
そしてカンフー映画の醍醐味、アクション!とにかくカンフーアクションもテンコ盛り!風船の演出、画面の切り取りなど、おいおい!面白がらせてくれるじゃないか~

全シリーズはもちろんの事。スピンオフも観てみたくなりました。
MIDORO

MIDOROの感想・評価

3.0
バトル映画だけどころしあいとかのエグいシーン無いからよかった。でも、映画に出てくれたからってマイクタイソンに気を使いすぎじゃない?一発くらいぶん殴ろうぜ。
でも拳法の映画ってみんな姿勢よくて、あちしも気を付けないとって思っちゃうワ、、。
主人公の内面のカッコよさはシリーズ3作品の中で今作が1番。
やっぱドニー・イェンは誠実な役が似合う。
1人演技下手なやついると思ったらそいつがマイク・タイソンかい。マイク・タイソンおっかねぇぇー。
異種格闘技戦最高です。
『継承』というくらいなのでちゃんとあの人も出てきます。
ドニーイェンはやはりかっこいい。
台湾に行った時、彼の巨大看板を見て釘付けになりました。
継承されるのは誰か?ではなく「なにか」という事が大事。

前作、前々作を観ている方は観る価値ある作品。アクションシーン(特にエレベーターでの)は良い。
>|