イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

4.0
師匠の手の動きが高速すぎて凡人の私には見えないよ…

イップマンの絵作りはホント素晴らしい!
あれだけ闘ってるのに、どのアクションシーンも釘付けになっちゃうもんなぁ。アクション集がほしい。
今回はストーリーも歴史や社会情勢がメインでなく、愛とプライドがせめぎ合う王道展開だったけど、これはこれで素直によかった。
奥さんは怒りながらも、なんだかんだでバカ正直に武道にまっすぐなイップマンに惚れてるんですね。

前作の魚市場もよかったけど、このシリーズのステージ選びは格ゲーみたいでほんと素晴らしい。船の骨組みに逃げ込むとか、ワクワクするしかないでしょ…
エレベーターのドアが閉められた演出もすごくよかった。
奥さんを守ってるように見せかけた反面、女には入れない領域っていう超えられない壁を見せつけられたようで、胸が熱くなった。こういう領域たまらなくいいよね。

マイクタイソンは友情出演だったのかな。
前座とかジワる 笑
最後まで飽きさせない脚本が素晴らしい。もう一度1作目から見直そう。快作。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
久しぶりの鑑賞。加筆して再掲載します。
ドニー・イェン主演人気シリーズの決定版と言える作品。

イップマンの息子チンの通う小学校に、地上げ屋が無理やり土地を賠償しようとする。イップマンと息子チンに危機が訪れると共に、車夫チョン・ティンチーが武館を開き、「どちらが正当な詠春拳なのか勝負しろ」とイップマンに挑戦を申し込む。そしてさらにイップマンの妻が癌に侵されてしまう...。

問答無用のカンフー作品のパート1、エンタメ最高潮のパート2、そしてこのパート3では、妻との残り少ない時間を描いたエピソードが秀逸で、ダンスシーンなどは涙無くしては見られない。
人間ドラマが本当に丁寧に描かれている。
こんなカンフー映画は未だかつてない。

かつての往年のカンフー映画は、敵討ちかコメディカンフーくらいしか無かったのに、本当に深く夫婦の愛情や家族の絆を、しっかりと描いていて、本当に素晴らしい作品。

またアクション面でも、波止場での大人数との乱闘、あのマイク・タイソンとの伝説的死闘、エレベーターでの刺客との戦い、
そしてクライマックス、新世代スターマックス・チャンとの一騎打ちなど、目が離せない物になっている。

間違いなく香港功夫片の頂点に立つべき作品であり、永遠に人々の記憶に残るべく作品であると思う。

このタイトルにある継承は、オープニングに出てきた李小龍への継承であり、幼き我が子への継承、そしてドニー・イェンから新世代のマックス・チャンへの、スター継承と言う気がしてならない。

パート4の噂があるけど、個人的にはパート3で終わらせて欲しい。これ以上やるとグダグダになりそうだし。笑
ドニーさんもPS3「スリーピングドッグ」の映画化も秒読み段階みたいだし、あの
「燃えよデブゴン」のリブートなど、新しいカンフー映画の開拓をしてもらいたい所。
綿木

綿木の感想・評価

3.3
マイクタイソン戦が一番ワクワクしたので、決着をつけて欲しかった😅

奥さんがイップマンに惚れてるのはあの誠実な人柄にだと思ってたけど、戦ってる姿だったのね
やっぱりなんか奥さん側が折れてるような感じがして微妙な気持ちになる
木のアレ打ってるシーンとか良かったけどね!

でもやっぱり詠春拳は超カッコいい🙆
奥さんの方が背高いの笑う(ドニー・イェンちょっとかわいい)
カンフー映画でよくあるあの変な足の構えとか、低い構えとか、上手く言えないけどワクワクする
いしだ

いしだの感想・評価

3.5
順番間違えたけど、イップマン遂に見た。カンフーかっこいいーーー!!でも、敵役なんかいっぱい出てきたけど、イップマン強すぎるからハラハラしないんだよなあ。
7

7の感想・評価

3.8
マックス・セクシー・チャン!
最高にかっこ良くて鼻がツンとする。

展開はやや不思議で、前作の方が好きだったかなぁと思いつつ、やっぱりドニーさんが素敵なんだなぁ。
YM

YMの感想・評価

4.6
三部作続けて鑑賞。ローグ・ワン』の印象が強かったドニー・イェンだが、なるほどかっこいい。
nam

namの感想・評価

3.7
「今度は詠春拳VS詠春拳!そして愛する妻のため」

ドニー・イェンのイップマンシリーズの3作目。

1作目では中国の人々を守るためにVS日本人(空手)
2作目では香港武術の誇りを守るためVSイギリス(ボクシング)という闘いを繰り広げきました。

今回は非道な不動産王としてでてきたマイク・タイソンがラスボスか!と思いきやこれはただの前座。最終的には詠春拳VS詠春拳という同門対決へ。

マイクタイソンとの闘いも現役を退いてしばらく経っていましたが、ベビー級とは思えぬ速さ、そしてパワーのあるパンチとイップ師匠との闘いはなかなか見応えまりました!

中盤からは今まで家庭を省みて来なかったイップ師匠ですが妻の病を知り、よき夫でなかった自分を悔やみ、武術よりも妻との時間を惜しみ、何よりも一緒にいてくれる人の大事さを知ります。

そしてラストはマックス・チャン演じるチョンとの詠春拳同士の対決。彼にも貧しく車引きや地下格闘技で生計を立てつつ、ようやく持てた自分の武館を大きくするためイップ師匠との闘いに挑みます。

今回も聖人なイップ師匠の穏やかさから一転してのスピーディーな打撃の静かと動のアクションの対比が素晴らしいです!
まさかの3作目にして最高傑作登場。

ムエタイ、ボクシング、詠春拳…
異種格闘技3本マッチからなる本作だが、それぞれに見せ方・場所・ストーリーにこだわり、つまり、"愛"を感じた。
3作目だろうと力を抜かないウィルソン・イップ監督は、やはり凄い。

何なら中盤まで"極悪一撃必殺おじさん"と化していたマイク・タイソンにすら、最後は"愛"を感じたもんなあ。

3者の中でもとりわけ『ドラゴン×マッハ!』のマックス・チャンの動きが素晴らしく、
詠春拳 vs. 詠春拳の目にも留まらぬ速さに、人類の進化を垣間見ることができる!

それだけでなく、中々お亡くなりになられない妻を前にして、黙々と打ち続ける木人シーンでは、もう、ドニー泣きですよ…!
こんなにも木人を打ちたくなって、Amaz◯nで価格を調べたのは、後にも先にもこれだけ!!

ドニー先生!愛、伝わりましたよ!!!

そして、僕も木人が…打ちたいです…。
(スラダン風)
ひらすらにシリアスなカンフー映画、
男(の子)なら間違いなく心に刺さる
>|