イップ・マン 継承のネタバレレビュー・内容・結末

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後が結構あっさりとしてる気がする。
ライバルも潔いし、奥様ぽっくり逝っちゃうし、あとブルースリーの扱いって本当にあんな感じだったのか甚だ疑問。

アクション?一級品じゃない訳がないじゃん。
イップマンⅢ
学校危ない!
偽イップマン現るタイソン付



音楽川井憲次
製作レイモンドウォン
監督ウィルソンイップ
武術指導ユエンウーピン




世界のカンフースター、ブルース・リー。亡くなってもなおも世界増殖中のカンフースターであり、私のアイドル。

そのブルース・リーの師匠たる人、イップマン。実在した武道家であり、人格者。香港でもドラマ化されたり英雄的存在だ。

そのイップマンを映画化した「イップマン」シリーズ。主演イップマンに扮するのは、ドニー・イェン。
ドニー・イェンは、ブルース・リーの熱烈ファンだ。いや何度も自身の映画で「ドラゴン危機一髪」を高速キックを交えてドニー・イェン監督「ドラゴン危機一発97」でリメイク。

劇場ではじめてドニーを見た「レジェンド・オブ・フィスト」では、「グリーンホーネット」をコスプレ丸出しなユニフォームでほくそ笑ましてくれた。

なかでも「イップマン序章」の素晴らしいなりきりぶり、誠実ぶり、詠春拳ぶりに胸熱くなった。

あーこんな指導を受けていたかもしれないんだ!ブルース・リーは、と思うとやはり嬉しくなる!
 
敵はなぜか日本人とか
サモハンとか
不釣り合いなゲスト枠敵が出演してたが。

その最新作のニュース!見ればなんと!

マイクタイソン!あの耳を噛みちぎり、数々おさがわせしたヘビー級ボクサー。

で、日本では、一昔。

「I like …dry」
「ふっ!ほおっ!」

と某ビール会社のCMで記憶している私。タイソンが出るってもはや

ありえねえええ。
なんだがそこを実現する香港映画。
GAGAさんDVDレンタルしました。



まあね、物語にケチつけるのはかなりの野暮。だがだがだが、子供にグリグリしたりするのって本当に

昭和の漫画かよ!

的どーしょもないストーリー展開。ウィルソンイップも百も承知、おもけにマイクタイソン出てる時点で、そんな馬鹿な、そんなコメディ映画でしょ!のレベルの話こじつけもまあまあ
しょうがないかぁと大人のストーリー寛容放棄思考(笑)

所詮映画、されど映画。

それよりなにより本作のカンフーシーンが、やっぱり素晴らしい!
調べたらユエンウーピン先生だ!必見!

ドニーと物凄い量の人が格闘するのだが、
足場の悪いところ(造船所の船の作りかけみたいな所)におびき寄せてからの、バキバキ倒すシーンがまあ爽快爽快詠春拳!必見!だす。

勿論本作目玉ファイト

マイクタイソン対イップ・マン

架空妄想絶対ありえない対決もあるよ!
しっかりウーピンのなかなか面白いスパーリングのようなファイトシーンあります。パンチされるとワイヤーで吹っ飛ぶ的想像出来るコリオグラフぃあり(笑)

そして裏の敵で味方。マックスチャン。なんかみたことあんなあと思ってたら、
ウォン・カーウァイの不評クンフー、私大好物DVD所持の「グランドマスター」に出ていた方でピーンときた。
マックス対ドニー・イェンの対決数々がなかなか素晴らしいファイト必見!
ちょいたまに小澤征悦さんに見えるときあり。
マックスは、なんとユエンウーピン組の門下生で、かつてはドニー・イェンのダブルスタントを努めたりの師弟関係。ようやく俳優として売れはじめた嬉しい的コメントに小さい感動。

まあドニー・イェンももともとユエンウーピンに見出されたとwikiに書いてありました。

ぶっとい小形なの二刀流ファイト
あとナガーイ棒のファイト良いですよ!

勿論イップ・マンドニーの詠春拳は、いつも冷静で、パキパキしていてどれも必見!

あの詠春拳を撃つ木の木人欲しくなる
撃ちたくなる。
衝動に駆られるわけだ。なんか実際めっちゃ高いとかとか。

まあ結局ぶっちゃけると、

カンフー映画って
ある意味舞踏的組み手を見る映画。
でもあるわけですよね、ミュージカル的暴力だよねえ。
いちお死とか血とかイテテとかリアクション込みでね。
だからミュージカルに物語を求めても、仇討ちに物語をとかじゃないから
カンフー映画って
単純だけど面白い
演者によりけりだけど
ファイト
カンフーの手合わせをみたいのかもしれませんね。カンフー映画ファンとして思うに。なんか真面目に書いちゃった。

ていうか
ドニー・イェンがイップマンのコスプレしている時点で私的には満点な映画である。



さて
イップマンⅢ学校危ない!
偽イップマン現る。
もれなくタイソンつき!

カンフー映画ファン
ドニー・イェンファン
イップマンファン
のみ
どうぞ!

本日Yahooブログ投稿加筆版
メモ_φ(・_・


社会は不公平

たが人間は平等であるべき

“統治者が尊いとは限らない”

“貧者が卑しいとは限らない”

世界を動かすのは金持ちや権力者でなく

心ある者だ
マイクタイソンとの対戦面白い
池内博之みたいにあっさりではなく、しっかり攻防があった
アクションが多いから観てて飽きない
ドニー・イェンみたいな細身塩顔の男がガンガン闘う&アクションがかなり好みなので4点。完全に私の好みからの採点でしかない笑

ストーリーは今ひとつ。
この映画の中で一番言いたかったのはなんなの?話がいくつも進行していて、まとまりがなかった。
マイク・タイソンあっさりしすぎでびっくりした。いったい前半の大騒ぎはなんだったのか?たしかにボクシングの王者を倒すのは、いくら映画とはいえNGかもしれない。扱いづらいなら最初から出さなきゃいいのに。話題性はあるんだろうけど。

チョン・ティンチがイップ・マンにライバル心を燃やしていく描写もちょっと弱い。決定的だったのは造船所でのこと(自分は逮捕されたのに、イップ・マンは英雄扱いだった)なんだろうけど、それ以前からライバル視してたよね。そのあたりのバックグラウンドをもっと知りたかった。自分はカンフー強いのにただの貧しい車夫で、一方、同門のイップマンは武館を持ってるし皆んなから頼りにされてる…とかそんな感じなんだろうけども。
でも彼らのラストファイトは素晴らしかった。とにかくかっこいい。刀のシーンでドニー・イェンは鼻を切ったとかで、本物の刀を使ってたのか、と驚いた。そりゃ迫力あるわ。
負けたことでチョン・ティンチが何を掴んだのか、どう変わったのかは描いてほしかったな。

奥さんとイップ・マンのお互いを慈しむ気持ちはとても美しい。奥さんは夫が武術の達人であることによって、いろいろと辛い思いもしただろう。でも、そんな彼のことをとてもよく理解していて誇りに思っていたことがよくわかった。
イップ・マンの方も武闘家としての自分より、彼女を愛する者としての自分を優先した。死にゆく妻のそばにいる気持ちを考えるととても苦しい。
奥さんはイップマンが武道家であることも愛していたので、妻や家族を愛する男であることも武闘家であることも含めてイップマンという一個人なのだと感じられた。
うーん ちょっと残念です。
今回もバトルシーン満載で面白いことは確かですが最後の詠春拳vs詠春拳よりマイク・タイソンとの闘いの方が見どころありましたし最初に子供達が闘ったのを止めた大人達がやり合ったのも、なんだかな〜と思ってしまいました、、、
勿論それぞれのプライドもあるというのはわかるのですがそれならせっかく出てきたブルース・リーを弟子として闘わせるとかのほうが魅力的だったのでは?
イップマンの映画ですがそっちの方が観たかったです。

あと武を極める人がタバコを吸うのがやっぱり納得いきません。実際に吸ってたのかもしれませんが、、
1より2を2より3が面白くなることを期待してしまうのですが今作より2の方が面白かったです。

と沢山言いましたが相変わらずドニー・イェンの詠春拳は圧巻ですし奥さんとの関係も良かったです!
カンフー映画はやはり良い!イップマンの所作と精神の美しさに脱帽!奥さんへの優しい眼差し、2人の別れが近づいているのが本当に悲しく感じた。毎日一緒にいてくれて嬉しい、のセリフが泣けた。
前作を飛ばして見てしまったから、前の2作も見る。
ブルースリーの活躍を期待していたが、冒頭に少しだけ出てそれ以降の登場はなし。

ちょっとがっかりした反面、次回作はとても楽しみ。なにやらジャッキーが出るとの記事を発見したので、神作の予感。

ウィンシンが病気で亡くなってしまうのはとても悲しかった。

詠春拳の使い手がもう1人出てきたり、強敵が多くて、イップマンのガチな戦いが見たい人にとってはとても楽しめると思う。
シリーズの中で一番見やすく面白かった。
奥さんには涙。
愛妻家のイップマンが素敵。
やっぱりキレの良さは天下一品です。
アクションの割合はかなり増えてるし、マイクタイソンもマックスチャンもキレキレで面白い。

でもこんなに悲しい気持ちになるなんて…
イップマンでの奥さんの役割はかなり大きかったんだなぁ。
>|