イップ・マン 継承のネタバレレビュー・内容・結末

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿されたネタバレ・内容・結末

カンフー映画はやはり良い!イップマンの所作と精神の美しさに脱帽!奥さんへの優しい眼差し、2人の別れが近づいているのが本当に悲しく感じた。毎日一緒にいてくれて嬉しい、のセリフが泣けた。
前作を飛ばして見てしまったから、前の2作も見る。
ブルースリーの活躍を期待していたが、冒頭に少しだけ出てそれ以降の登場はなし。

ちょっとがっかりした反面、次回作はとても楽しみ。なにやらジャッキーが出るとの記事を発見したので、神作の予感。

ウィンシンが病気で亡くなってしまうのはとても悲しかった。

詠春拳の使い手がもう1人出てきたり、強敵が多くて、イップマンのガチな戦いが見たい人にとってはとても楽しめると思う。
シリーズの中で一番見やすく面白かった。
奥さんには涙。
愛妻家のイップマンが素敵。
やっぱりキレの良さは天下一品です。
アクションの割合はかなり増えてるし、マイクタイソンもマックスチャンもキレキレで面白い。

でもこんなに悲しい気持ちになるなんて…
イップマンでの奥さんの役割はかなり大きかったんだなぁ。
イップマン優しくて強くて熱い!
シリーズは全部観てますがどれも間違いない。

しかし今回マイクタイソンは笑ってしまった。
警察買収する奴が3分の戦いできっちり終わらせるなんて武道(ボクシング)に対して超真面目。
時計がなった瞬間どうくるかドキドキしたけど家族思いのいい奴かよwと思わずツッコミを入れた。
過去2作に比べアクションは少し落ち着いた感じに思えたが、それでもやはり目を見張る素晴らしいカンフーアクションでした。

今作はドラマ性がより重視されてたのかな。
実際の話を元に映画的になるよう脚本が作られているのだろうけど、おそらく奥さんが亡くなられたのとかは本当なのではなかろうかと…(ちょっと調べたのですが出てこなかったので定かではないですが)。
かなり切ない気持ちになりましたが、小学校が舞台の一つになってたり、子ども達が拐われたりするので家族愛も大きなテーマなんだと感じました。

あと、最初のブルース・リーとの絡みは最高でした!!
 ドニー・イエンの当たり役のシリーズ3作目の話。

 平和に暮らしていたイップマンだけど、西洋人の手先のチンピラが学校の土地を脅し取ろうとするのでイップマンとその弟子たちが学校の警護をする自警団になったり、その裏で暗躍しているらしいマイク・タイソンと戦ったり別の流れの詠春拳の達人と戦ったりしていきます。

 なんといってもドニー・イエンさんの詠春拳を堪能する作品で何十人を相手に大立ち回りをしたりムエタイ使いとのエレベーター&階段での戦いだったりマイク・タイソンとの3分間勝負だったり、詠春拳という芸術作品を眺めているかのような気持ちで楽しめました。

 ただいくら何でもストーリーの話運びや映画としての出来はシリーズでは1番雑に感じてしまいました。1作目の日本軍、2作目のイギリス人と圧政者に立ち向かう怒りの鉄拳的な話はなくなり、もう平和な生活をしている主人公に無理やり問題が向こうから転がってくる展開ですが、キャラクターはステレオタイプで序盤に出てくるチンピラはTHEチンピラで2015年制作の映画でコントみたいな大げさなお芝居を見ているのが悲しくなりました。それに子どもを拉致して脅迫するという無茶苦茶なことをカタキ役たちはやってきますが、そこでの子役のお芝居がこれまた酷くて棒立ちで延々と泣いていて、見るにたえなかったです。「土下座しろ」うんぬんと結構長いことのやり取りの間、ずっと棒立ちで「わーん!」と泣いていて酷かったです。

 話の流れもちょっと戸惑うことが多くて、マイク・タイソンが裏で暗躍しているのかと思いきや、3分1ラウンド対決をしたらそのままフェードアウトしてしまって、一体序盤から中盤の土地をうんぬん西洋人の言いなりうんぬんの流れは何だったのだろうか? と思っていたら奥さんの難病ものになって、と当時に序盤から詠春拳の使い手として人力車夫と地下格闘技大会で頑張るカタキ役も出てきて主人公と一緒に戦ったりして良い人なのかと思いきや、マスコミに取り上げられるイップマンを見て他流派の使い手たちを道場破りして名をあげていくという。そしてカタキ役がでかい同情を持っちゃったりしてましたが、最初からその生き方でよかったのではないかと思いながら見てました。そしてそれと並行して奥さんがガンを患っていることを知った主人公は奥さんとの生活を大事にする姿が描かれ社交ダンスしたりしてました。勝負を挑んでくるカタキ役の話を無視するのかと思いきや、普通に相手の道場で一騎打ちしたりと無表情の主人公が何を考えてるのかわからなかったです。アクションシーンが凄いだけに登場人物やストーリーがおざなりすぎて、ちょっと1作目2作目のファンとしては残念でした。

 ただやっぱりアクションシーンのどれもが見ていて川井憲次さんの音楽もあわさって盛り上がり何度でも見直したくなるアクションシーンでした。
予告編を見て、マイクタイソンがラスボスなのかと思いきやそうではなく。しかも決着をつけないあたり、ただの話題作り感が露骨に感じられちゃって、一気に冷静になりました。

ドニーイェンの詠春拳アクションは安定感があって楽しめた。

ちょこちょこ出てくるブルース・リーがうざカワ。似てますな。
おーもーしーろーいー
劇場で観れば良かった

奥様役のリン・ホン様
お美しゅうございます

中華圏の女優さんって
詳しくないんですけど
チ〇ン・ツ〇〇よりも
俄然好みでございます

嗚呼〜〜イップ師匠!
1作目、2作目が面白すぎただけに期待値が高くてすごい楽しみだったんだけど、2作目を超えられなかった(私の中で)

イップ・マンvs大勢の雑魚はイップ・マン無双すぎて安心感しかない。だから全然ハラハラしない。

1・2作目はvs日本、vsイギリスという勧善懲悪的なもので正義のイップ・マンが勝ち上がっていくのが面白かった。

本作でも前半はそれが見られるのだが既視感があるし前述したように無双すぎて全然ハラハラしないのよね。

本作での私的クライマックスは最後の決闘ではなく、マイク・タイソン戦だった。戻して繰り返し3回観たわ。
グローブなしのマイク・タイソンの拳をボディ1発、左フック1発、ボディ3発食らったらいくらイップ・マンといえども無理でしょ。

最後の詠春拳同士の対決、2人とも手数が速すぎ!スロー再生で観たわ。すごいな!
相手の方は本当の武術の達人だそうですごい戦いだった。負けたからって看板下ろすことないのに。2人仲良く詠春拳の道場をやればいいじゃないの。

サブタイトルの継承はいらないし。
変に期待しちゃう。最初は自分の子供に詠春拳を伝授するのかなと思ってたら、「ブルース・リーに継承するのかー!」と思ったらそうでもないし。若かりし頃のブルース・リー役を登場させる意味が中途半端。

勧善懲悪的な話じゃなかった。
無双すぎた。
やっぱり逆境って必要だと思う。前作はやられてやばくて逆境があったからこそハラハラして観られたのに今回はそれがなかった。

だから、このスコア

でも、奥さんを大事にするところ、奥さんを守りながら狭いエレベーターの中で戦うところはかっこよかった。

対空手、対ボクシング、対ムエタイやったでしょ。
次は対シラット見たいな。

てか、黄飛鴻、イップ・マン、ブルース・リー、ジャッキー・チェン(本人役)ユン・ピョウ(本人役)、サモ・ハン(本人役)、ジェット・リー(本人役)集めて香港版アベンジャーズ的な作品観たいな。


木人椿が割とマジで欲しい
>|