ミッション:インポッシブル/フォールアウトの作品情報・感想・評価

ミッション:インポッシブル/フォールアウト2018年製作の映画)

MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

上映日:2018年08月03日

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」に投稿された感想・評価

なんかめちゃくちゃ変な映画(褒めてます)
はじめアレ?これミッションインポッシブルか?と思ってしまうほど 絵面がアート映画ぽい 全ショット美しく 構図とかに気を取られて キャラの話し合いが 全然頭に入ってこん!笑

アクション映画にしては 長回しが多いなーとおもっていると 後半は固定ショットが多い!いつものMIシリーズとは 真逆で 楽しい〜という感じではなく、ジョン・ウィックや007みたいな大人の雰囲気を醸し出す
シャレオツ映画。でもトムさんのハードなアクションはバリバリ スリリング。(走ってるだけでこんなにカッコイイ俳優はいない)

なんか映画全体が 対位的だし、バランス感覚おかしくない?と思うんですけど、なんか今まで観たことない映画のような感覚になり 結果!これ凄く良くない?てなってしまう!

これ本当は監督 脚本 トムさんじゃないの〜てほど ハントハントハントでイーサンハント映画!なんですよね、
プライベートな夫婦模様まで
盛り込んである気がして、自分の中のフラストレーションみたいなものを 映画にぶちまけた感が感じられます。(なんとなく そういった印象を受けました)

トップガン、マグノリア、そしてフォールアウト また一つトムさんの偉大な映画が増えた気がします!
トムがすっごいヤムチャしてた。
hodokei

hodokeiの感想・評価

3.6
未見だと思いレンタル。
しかし、もう見てた!
最近よくある「これ見てんじゃん!」
まあそうだよねトムさまのミッション見てないはずないよね。
スーパーマンvsイーサン。
バットマンより萌ました。
あまご

あまごの感想・評価

4.3
安定の面白さ!アクション映画としては満点です!過去作よく見てないとストーリーにはついていけないかもしれない。
てつ

てつの感想・評価

5.0
B級の合間にS級。
そんなライフスタイル。

シリーズ6作目

前作『M:I ローグネイション』を観ておいた方が面白いかも~
前作からのシンジケートネタだよ。

引き続きのキャスト陣

イーサンハント(トムクルーズ)(もちろんか)
ベンジー(サイモンペッグ)
ルーサー(ヴィングレイムス)
イルサ(レベッカファーガソン)
ハンリー長官(アレックボールドウィン)

レーン(ショーンハリス)

と言った感じなので、前作要復習。

ジュリア(ミシェルモナハン)まで出てるの・・・えーい!1から観ちゃえ!

あ、ヘンリーカヴィル・・・


あらすじはフィルマで。


ちょっとトムのほっぺが劣化して(たるんで)きたね。
まあ、しょうがない・・・奇跡の57歳だもん。
リフトアップ!リフトアップ!

続編が面白くない・・・というジンクスを破り続ける今シリーズ。
今作もハラハラドキドキが止まらない。
日頃低予算ばっか観てるから、たまに高予算観ると、やはり面白さが違う。
お金って大事だね。

スタントなしで挑むトムクルーズ。
臨場感がハンパない。
もうあかんねん!ってぐらいまで、現役でアクション頑張って欲しい。
(でも、無理はしないでね♡)

☆5つの大オススメ作品でっす。
あんまり印象に残らないような感じだった。
トムクルーズは相変わらずかっこいいけど、、、。

このレビューはネタバレを含みます

トム・クルーズによる大人気シリーズ、遂に6作目に突入ですね。
7、8作目の公開日も決定したりとまだまだ愛されるシリーズですが、私個人としては本作、シリーズでも下から数えた方が早いぐらいの出来映えに感じました。

骨折しても撮影を続行したり、相も変わらず命綱なしで危険な上空撮影に挑んだりと、本作でもトム・クルーズによる徹底的に限界にまで挑む姿勢は健在でしたし、その部分は見ていて楽しいです。
が、シリーズ6作目まで来たという背景や前作、ローグ・ネイションによる見る者を圧倒する強烈なスタントなし撮影等、シリーズ通して凄まじい描写が多かった分、流石にこちらも目が肥えたと言ってしまうぐらい“慣れ”が出てきたのは否めません。
特に前作が全編に至って描かれる任務・撮影の数々を通して正に映画界に伝説を残したと、言っても過言ではない強みに溢れていましたが、本作ではそのような見せ場が少なかったのも一理あります。

更に、本作ではM:I:Ⅲ、ゴースト・プロトコルにて主人公・イーサンと関係を結びつつもイーサンの仕事からなる素性を考慮して離れざるを得なかった妻・ジュリアと再会する展開を盛り込んで来ました。
ハッキリ言って、私はこの展開が肌に合いませんでした。
M:I:Ⅲ、ゴースト・プロトコルの二作は私個人としてはシリーズでも特に好きな二作で、ジュリアの身を案じて離れ離れになるイーサンの決意と、そんな彼の事を思いながらも人生を歩んでいくジュリア…と、別々の場所にいても、心までは離れていない二人の関係性に感銘を受けました。
そんな二人が本作で偶然にも再会してしまう、というのは確かに幸せな結末ではあるのですが、これまでの決意・覚悟からなる物語を、何よりイーサン・ハントの“ジュリアを思うからこその決断”が蔑ろにされてしまったように感じました。
ゴースト・プロトコル終盤でのイーサンとジュリアの結末が大好きな身としては、どのような形であれもう一度会って欲しくなかった、イーサンとジュリアの結論を阻害してしまったような展開は納得できないところがあります。

安定して質のいい作品ではあるのですが、盛り上がりが少なかったり、6作目まで来たからこその慣れからなる「まぁ大丈夫だろう。トム・クルーズだしどうせ最終的に無事に解決だよ」という半ば結末が読めてしまう、あまりハラハラさせられない予定調和っぷり、イーサンとジュリアの関係にしっくり来ない再会をもたらした事…と本作はそこまで楽しめませんでした。
監督・脚本が前作から続投という制作背景から期待していたのですが、正直残念…。
こういう映画ってド派手になればなるほどお茶の間ムービーになってく気がするのは何でだろう。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

4.3
今回も心臓がいくつあっても足りないくらいドキドキした英語だった…。
57歳とは思えない身体能力だよなあ。
>|