ガンバレとかうるせぇの作品情報・感想・評価・動画配信

ガンバレとかうるせぇ2014年製作の映画)

上映日:2019年11月23日

製作国:

上映時間:70分

3.3

あらすじ

「ガンバレとかうるせぇ」に投稿された感想・評価

3年の夏に引退する。部活動の引退は一つの青春の終わり。それを引き伸ばそうとする話と、部活内でのパワーのバランスが崩れる。
辞めたい人と辞めたくない人。
頑張れという言葉の雑味。
いい感じだったが、独特の照明と音響の弱さがどうしても気になった
sasa

sasaの感想・評価

3.3
汗と涙で彩られるはずの青春の、その暗い部分だけを濾し集めたような作品。"ガンバレ"という言葉に、突き放すような、互いの間に線を引くようなニュアンスを感じてしまう。それでも"ガンバレ"と言い"ガンバレ"と言われるしかない彼らが、その言葉を素直に飲み下せるようになるまでを描く。

青春補正を完全に排除した悲観的なリアリズムは注目すべき点だが、もう少しフックとなる箇所があっても良かったかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

素直に「頑張れ」と言えるまでの話、とかで言い表したくないな。今まででいちばん言語化できない感情だな、でもそれを見せてくれたこの映画は本当に大切。
あの頃の高校生の時の感情が蘇ったようで、でも2度と戻らない感情だな、あれは。


そこには部活特有のあの嫌な世界があって、
引退で際立つ個々人の温度差があって、
それでも頑張ることは、他人との関係とかの前に、まず自分との闘いであって。

もっと頑張れよ とかはもちろん、
まあ頑張れよ とか
俺の分まで頑張ってよ とか全然違う。
ぜんぜんわかってない。

そんな奴が大勢いること、
自分が3年間やってきた想い、
引退との折り合い、
そんな葛藤の果てに
それでも出て来た言葉が「頑張れ」

その想いを突っ張りきれなかったのも、
泥水浴びて自分を殺したことも、
ぜんぶ青春の意味だよ。

高校サッカー部の女子マネージャーとキャプテンが、それぞれの悩みと苛立ちを抱えた果ての映画。⚽️
pon

ponの感想・評価

-
これが役者デビューとは
恐ろしい細川岳さん

ずっと何を背負っているの、そんなにも
背負ってるのか、祈っているのか
興味深い俳優
AiR8

AiR8の感想・評価

2.5
話自体は良かったんだけどマネージャーがデフォで暗すぎるし環境悪…
あとこの手の作品でよくみる先生の車で一対一で話す状況、やっぱりいつみてもゾワっとする。
jun

junの感想・評価

-
記録

青春の嫌な感じだけ集めた的な。

魅力的な人が1人もいないから共感もしない。
てぃと

てぃとの感想・評価

3.9
10:00
エムズカンティーナでの鑑賞以来の鑑賞
『歩けない僕らは』との併映。

三年生。部活動引退の夏を過ぎても引退せずに残るキャプテンとマネージャー。しかし 次第に誰にも必要とされていない事に気づく…頑張っているのに ガンバレと言われる辛さ。それでもガンバレと言い続ける。ラストのガンバレはもう!
Takayuki

Takayukiの感想・評価

1.5
サッカー部マネージャーという視点くらいかな良かったのは。

音声編集ちょっとしんどい。
基本的に声小さくて聞こえんのに、寄りのカットの時大きすぎる。

自然な演技を映すのはいいと思うけど、自然な様子を映像にするのはもう少し技術と演出が必要かな。

あと登場人物に寄り添えない。
ダメでいいけど一人くらいもう少し共感できるような魅力がないと見てらんない。

キャプテンとマネージャーとエースの三角関係みたいなのもサイドストーリーであったんだろうけど、魅力的な描写がないのが残念すぎる。

タイトルのガンバレってうるせぇもナツから感じない。友達のガンバレをスルーしてるし、描写足りないなー。

題材だけ少し興味ひくくらい。残念。
F

Fの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

なんだろう。学生時代に運動部に所属したことのある人にとってはリアルティ溢れる描き方で、青春!青春!のようなまっさら感はあるようでなく、若者集団によくありがちな、方向性の不一致であったり、人間関係の不和を起因とした部内の不協和音を生々しく描いていて私は好きでした。
全体的な粗さはあるものの、
主演の堀さんの演技がみどころです!
こく

こくの感想・評価

2.6
佐藤監督のメジャーデビュー前の作品。地上波で観れたのは幸運でした。

高校サッカー部員達と女子マネージャーのモヤモヤした日々が描かれます。若者の瑞々しさよりも、ダメダメな感じが描かれてるのは良い。

ただ、1本の映画としてはノンクライマックス。あまりに平坦だ。

登場人物の心が大きく動いた果てのアクションが、土下座とか退部ってあんまりだよな。

あなたにおすすめの記事