ダンケルクのネタバレレビュー・内容・結末

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿されたネタバレ・内容・結末

一番最初の銃声
観客は何の説明もなしに、戦場へと放り込まれた感覚になる
自分だったらどうするか判断がつかない

本当にこの映画は怖い
戦場で死に追い込まれると、こんな感じなのかと体験させられる

見えない敵にしたのも納得
実際の戦場なら、いつ何処で銃弾が来てもおかしくないのだから
その恐怖と戦いながら生き抜く兵士の困難さが際立ってる

感想が思うように出てこない
見終わってすぐの気持ちと
時間が経ってからの気持ちが正反対なのだから面白い
今度もう一度観に行こう
IMAXのでっかい音と画との相性は抜群。とくに射撃音やエンジン音が素晴らしい。でも個人的には同じ環境でプライベートライアンを観たいななどと思ってしまった。

ノーランにしては時間軸の弄り方が超シンプルでちょっと肩透かし。まぁ実話ベースだとあんまりやりようがないのかなという気もする。

戦争を生き延びることの偶有性、無個性性といったメッセージを強めるためだと思うが、あそこまで徹底してキャラクターを描かないと、正直物語を楽しむという要素はほとんど期待できない、、
本当に戦場における生と死が偶有的なもので兵士とは無個性なものだと言いたいのであれば、例えば主人公らしきキャラクターがあっさり死んでしまうとか俳優とは思えない程ブサイクとか、そういったよりランダムな表現もあり得てしまうわけで、逆にいうと俳優もったいなくね?と思ってしまった。。戦争記録映画じゃないんだしもっと幅のある演技をさせてあげても良いのでは、、、

ということで戦闘シーンの迫力は素晴らしいけれど、物語としては楽しめないし間断ない緊張感で終始煽られるのであまり観ていて気持ちのいい映画ではない。
海岸ダンケルクにてボロ負けした英仏軍
ドイツ軍強すぎィ!自分、逃げていいっすか?どっからも敵だらけ!やべえって話

駆逐艦やら船で逃げるわけですが、まぁ攻撃きたときの恐怖がヤバイ。そして水。水の描写やら迫力あってもうなんか海って怖いんだなっていう感じがします。
唐突に起こる戦闘、魚雷などなど良かったですね。

ストーリー的に船のボーイが死ぬあたり唐突すぎて笑いました。新聞に〜とかのシーンはもうちょい早く出して最後に伏線回収したほうがもっと感動したと思う。

紅茶とジャム乗せパンが食べたくなる映画でした
第二次世界大戦時、フランスの港町ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍と独軍との戦いを基にした映画。
監督は「ダークナイト」等のクリストファー・ノーラン。

映画では、敵国の信念も敵の姿も描かれず、自国の兵士すらも黙して全てを語ろうとせず、意図的にドラマティックな要素を排除しているように見えた。

目の前で起きている小さな事象から、背景にある大きな歴史的事象を想像させることを目的とした構成なのは分かるが、ドラマを描く気がさらさら無いものに対しての観る気力は失ってしまった。
自分の中では新しい戦争映画でした。
敵軍が戦闘機とUボートの魚雷しかでないのに、何故がすぐそこにいる恐怖…
そして見た後にドンと疲労感…
IMAXで見れて良かった。
 困った。いよいよクリストファー・ノーランという人が何をしたいのか全く分からない。(いやそもそも、『メメント』の頃から何がしたいか分からなかったけど笑)やっぱノーランという人はインデペンデント系向きの人で、ビッグバジェットを扱って大作を撮るなんていうスピルバーグやマイケル・ベイみたいなことをすべきじゃないと思うんだけど、やっぱり、どうも、作品のスケールが大きくなればなるほど、もう何が魅力で何が面白いんだかがサッパリ分からない。あの大御所ハンス・ジマーの音楽さえも今回はただ煩わしいばかりで、むしろジマーの音楽がノーランの実録路線な超マジメ演出をぶち壊している気さえした(今回は実話ベースだしな)。時間軸のトリック?もちっとも面白くないし。特に業界に携わる人間でもないので、技術的にどうすごいとか、どう革新的だとか、そんなんよく知らんし。結局素人にとって大事なのは(本人にとって)面白いか面白くないか。そんだけ。ただ、戦争映画なのに血が流れないのはすごいなと。でも、これを飽くまで娯楽作として見るのははっきり無理だし、とりあえずノーランのテクニックというかトリックをあれやこれやと見せつけられるだけで満足できる人向けだと思う。マーク・ライランス側のエピソードだけで一本の映画が見たかった。
何か思ったよりずっと語り方を凝りに凝った映画だったぞ…。
そういう意味ではノーランらしかったと思います?
僕はこういうインテリっぽい話のつくりどっちかというと苦手なんだけど。

若い兵士が船に乗っては海に放り出されのパートはずっとドキドキハラハラしていて、トムハーディの空中戦パートもドキドキしていたのだけど、パートが目まぐるしく変わるから臨場感がむしろサスペンスを削いでいたような気がした。
ストーリーが十分強いしそれを練ってるんだから、もう一歩引いて見せてくれた方がよかったような。
ノーランの語り方と実話物は相性そんなによくないかもしれない。

マークライアンスの名優っぷりがわかるムーンストーン号のパートとか、最後の意外にストレートな感動とかそういうところが好きだったけど、それって別にIMAXじゃなくていいし、でもこの映画はIMAXじゃないとあんまり意味ないから家での再見性はないし、そもそもIMAXのアス比いまいち好きになれないし、こういう体験映画を楽しむのは個人的には年一回くらいでよさそうですな。
民間船の数少なくねぇか?CG使いたくないんだろうけど、イマイチ作戦?の凄さが伝わり辛かった。もっと実際多かったんじゃないのか。じゃないとあの数助けられんでしょ。
最後台詞とか俳優の演技とかで誤魔化してた感。
静寂からの突然の銃声や音楽で緊張感が高まる。
三場面が時間がずれて同時に進んでいて、戦闘機のパイロット、助けに向かう民間の船、そして海岸から脱出を試みる一人の少年。
最後に三場面が一つに繋がる。マンネリ化せず、少し頭を使いながら見ることができ、楽しめた。
ノーラン監督流石(^-^)
トムハーディカッコ良すぎ(T ^ T)
>|