ダンケルクのネタバレレビュー・内容・結末

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とりあえずいちいち銃声とか爆発音とかがデカくてビビる笑
そして絶え間ない戦場の緊張感

陸・海・空の三場面が別々に描かれて、最終的に時系列として同じ場所に帰着するという手法
この時系列手法自体はノーランっぽいけど、他の作品と違って何も難解ではないしそこがこの映画のメインではないから、やっぱり今までのノーラン映画とはタイプが違うかな

やっぱり次はインセプションとかインターステラー寄りのガチガチにノーランっぽいものが観たい笑
普段戦争映画は見ないけれど映画館でやっていたので見て来た。ちゃんと祖国まで帰れるのかすごくドキドキする映画だった。何度も期待させておいて結局帰れない、の繰り返し。船の中で外からフランス兵に撃たれながら浸水してくる海水を手で抑えるところとかめっちゃドキドキした。
最後に飛行機のおじさんが捕虜になっちゃうオチがすごく個人的に好みでした!
昔のMRIに入っているような音と閉塞感。
ズブズブの干潟と長い桟橋。
白い泡。
わらわらと集まる小さな船に、歴史は夜作られる、の無線リレーを思い出してじーんときました。
クリストファーノーランの作品は好きだ。インセプションもインターステラーもメメントも好きだった。
そういう意味で期待をし、且つそれ以外の情報も全く入れないままに見に行ったが、この作品はサイコーだった。映画館で観れてよかった。

この映画で描かれているのは、ただ戦争で行われることだ。音楽は美しいが、だからといってその風景を行き過ぎて過剰に装飾をしているわけではない。
戦争は悪い、起きてはいけないことだ、と、この作品は別に言わない。
なのに見ている私は、もう嫌だと思うのだ。もうあの戦場にこれっぽちも戻りたくない、行くなら、国のために行け、というお前たちが行けばいい、と叫びたくなるのだ。
戦争は国と国との戦いで、兵士は駒のように殺されていく。しかしこのダンケルクにおいて、恐怖は敵ではなく、故郷が目の前にあるのに帰ることが出来ない、ということだ。敵がいれば憎しみが生まれるだろう、その憎しみが生まれないように私たちは考えなければならない。しかし。帰ることができない、という恐怖は、確かに敵が作り出していることではあるというものの、憎しみの相手を見つけることが出来ない。
ただ、居たくない場所に置き去りにされる。トミーとアレックスが乗った列車はイギリスの国民に両手を挙げて歓迎される、次の戦場に送り出すために。
敵はだれだ。どこにいる。誰もが自分が彼らを絶望に陥れているなど思いもせずに、知らぬ間に背中を押していることを、多分この映画は冷たく表現しているのかもしれない。
時間が合ったので見た、という感じだったけれど思いのほか好みの映画でした。
ストーリーがドラマ性にかける上に説明が少ない、三視点が並列して進むが時間も場所も割とバラバラなので時系列がややこしいなど、物語に入り込むタイプの映画ではないと思います。私個人はあーここで繋がるのか、みたいな感動がありましたが人によっては全く訳分からないみたいな感じになりそうなので。史実をちゃんと勉強しているとまた違ってみえるのかも知れませんが…
欠点はあれどとにかく臨場感が凄まじかったです。音響と映像などとにかく戦場の緊迫感を伝えていたんだと思います。船内で銃撃を受けるシーンの緊張感とかはなかなか味わえないと思いました。
やっぱノーラン好きだな…ってなる。戦争映画は見ると自分のためになる気がする
セリフはいらない。
ダークホースであるコリンズの"afternoon"に全部カッさらわれた....。
ギブソンも好き。
監督はトムハが好き
円盤の発売も決定してだいぶ落ち着いてきたので遅ばせながらのレビュー。
かなり長い文になってます。

IMAX試写やIMAX次世代レーザー、35mmフィルム上映など様々なフォーマットで7回鑑賞しました。

これまでのノーラン監督作は基本的に会話劇によるストーリー展開が主軸だったので、今作の上映時間の短さや殆ど会話のない中で陸・海・空にそれぞれアクションを与えるという情報を見た時は期待もあったが不安もありました。

実際鑑賞してみるとノーラン監督らしさ全開なのに変わりはないけど、やはりノーラン監督自身が今までジャンル含めて挑戦したことのなかったことにチャレンジした意欲作でもあり、異色作でもあると思いました。

短いながらも「生きて帰る」願いと「助け出す」願いが交錯していき、3つの視点すべてが繋がった時の爽快感やスッキリした感覚が今までのノーラン監督作ではあまり見たことがなかったので初見時は驚きと興奮で頭がいっぱいになりました。

あまり言葉で多くは語られなかったけど、映像にしっかり伏線が張られてるので回数を重ねるたびに新しい発見ができたのは間違いなくこの映画の大きな魅力のひとつだと思います!

そしてもうひとつ大きな魅力と言ったらやっぱりIMAXフィルムカメラで撮られた映像の数々。
今作99分の本編の75%近くがIMAXフィルムカメラで撮影されています。
そのIMAXフィルムカメラで撮られた映像を見るために公開初日にエキスポIMAXに見に行ったくらいです。
スピットファイヤの旋回シーンやメッサーシュミットとの空中戦
海にカメラを沈めてまで撮ったスピットファイヤからの脱出シーン
空から見る海の美しさや海岸、ダンケルクの街並み含めた俯瞰ショットetc
どのシーンも見応え十分で他の一般の映画館で見るのとでは印象が180度変わるくらいです。
18日〜22日の間エキスポIMAXで早速復活上映もあるみたいなのでまだエキスポIMAXで見れてない方は是非この機会に鑑賞することをオススメします!

また今作は音響面に関してもかなり拘っていて、スツーカの音やスピットファイヤ旋回音など音だけで座席が揺れるくらいすごいことになってます。

長くなってしまったけど、この映画は映像・音響・ストーリーすべてが緻密に作り込まれてるだけではなく、それらを99分という短い時間でしっかりまとめたとんでもない作品なのと同時に自分の中では今年暫定ベストです。
また円盤が発売されたらじっくり見ていこうと思います。
事前情報なしで鑑賞。面白いけどリアリティはあまり期待できず。ただ、ほとんどサイレントに近い(主人公ほとんど喋らないので)作品での俳優の演技は割と好き。ただ、脈絡がないというかつながりが薄い状態のまま場面がバンバン変わって行くので見てる方が疲れるかなという印象。家でゆっくり観たい作品だった。
血をみせない珍しい戦争映画。
登場人物たちのセリフが少なく名前も滅多に呼ばれない、最後になると誰が誰だか分からなくなる&場面がしょっちゅう切り替わるので理解するのに時間がかかる。

迫力がすごく、BGMのチッチッチッという時計の音が緊迫感を出している。

2回みたら全部を理解でき、より楽しめる映画だろう。
>|