ダンケルクのネタバレレビュー・内容・結末

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初音がなくて、アレ?って思ったけど、ちゃんと音出ます。
すごいリアルでした。
ここから下、ネタバレ。


海軍の偉いおっちゃん、マジでかっこいかった。最初、コイツだめやなって思ってたけど、「仏兵がいる」って救助船に乗らなかったところがすごいかっこいい……むり…。
あと、英空軍の兄ちゃん。この人すごい良い人……燃料切れまで頑張って独軍撃ち落としたのに最後不時着した後、独軍に捕まって捕虜にされてたのほんと無理しんどい…。
色々語彙が死んだ映画でした。
話やキャラクターを理解するより先に襲われて殺されそうになるストーリー構成と臨場感のありすぎる音楽で、来るぞ!とわかるより先に来る脅威ってのはこんなに怖いものなのかと。

途中で登場人物のキャラクター性がわからないまま話が進むことによって、主人公や主要キャラだから死なないでしょ〜みたいな安心感もなく最後まで気が抜けない。
敵も人間だというのももどかしい。

生きて帰った主人公?をはじめ、最後は落ち着いて皆幸せになるのかな思いきや
英雄になった空軍兵は、最後に幸せになれなかった所に、誰かが幸せになると誰かが幸せになれない…
どこまでも現実で、生きるのは難しいなと思った。
ほぼセリフなしで、銃声等の音響と音楽で進行する映画。

そのためか緊張感が最初から最後まで続きます。

途中で時間軸のズレに気づき、びっくり。さすが「インセプション」のノーラン監督です。

戦争映画はいくつか観ましたが、とても誠実な作品だと思います。
初レビューです。
好きな映画以外最後まで観れなかったりするので、レビューしてる時点で個人的にとても好きな映画です。


史実ベースなんでネタバレもクソも無いですが一応設定しておきます。

40年代軍服とイギリス人のかっこよさを堪能できる作品でした。


物語の展開を楽しむというよりは各シーンで描かれる風景や台詞にグッときたり、こなかったりする感じなのかなと思います。
グッとこない人はこないと思います。

硝煙と潮の匂いが混じる曇天の海岸線の鬱屈とか
そこに整列して帰還のための船を待つ兵士達の複雑な心情とか
彼らが着てる荒々しい織りのウールアイクジャケットとか
美しい海と澄んだ青空のダブルブルーとか
それに挟まれてる戦闘機との悲しいコントラストとか

水没寸前の戦闘機から命からがら救出されたパイロットの第一声が「やあ、どうも」ってところとかです。


僕は全部大好きでした。

テーマこそ戦争ですがそれを通して見えてくる人間のかっこいい部分がありました。

ジャパニーズ義理人情とはちょっと距離を置いたテイストです。



あと、ちょこっと予備知識あった方がこの映画は楽しいと思います。
あらすじ+αくらいでいいので。
映画館で観たかったなあ…。
クリストファーノーラン監督とあって色眼鏡で観ていたけど割と五分五分だった。

独軍(兵士)が一切出て来なかったということについてがいまいちよく分からなかった、なんでだろう?
本当に30万人規模でダンケルクの街に英兵居たか?とかも疑問。

ただ、時間軸の斬新な感じや全体通してのクオリティ、雰囲気、または映画のメッセージ性・戦争映画なのにそれと感じさせないようなノーランらしさは個人的に大好きだったので。

生きてさえいればいいおじさん、どうして顔を見ずに、触ったんだろう…
素晴らしい映画だと思いますが私には理解できませんでした。
普段は頭を使わずにすむアクション映画を好んで観ていて、難解なストーリー重視の映画は理解できません。そんな私の個人的な感想です。






あまりのリアリティの無さに、のめり込むことができませんでした。ストーリーを際立たせるための意図的なものだと思いますが、人物の描写も淡白。スクリーンに映る人々がまるでビデオゲームのキャラクターのよう。逃げ惑う兵士たちには魂を感じず、ドイツ軍に至っては突然画面端から現れて僚機を攻撃してはプレーヤーにやられるNPCにしか見えない。
リアリティと臨場感あふれる戦争映画を期待していた私には、これじゃない感が強すぎました。
なんだこの退屈な映画は。意味がわからんし、スコア2。

…と書いてしまうところでした危ねぇ(笑)
クリストファー・ノーラン制作とのことで時間を巧みに操り、また歴史的背景も多少理解しておかないと中々難解で噛み砕くのは難しかった。
台詞は少なく、戦争映画にはつきものの血や戦闘もほぼ無し。
それでも迫りくる音、水、見えない敵で恐怖を煽りつつ、じわじわとリアルな戦争を描いている。
3つの物語がそれぞれ別視点で描かれ、最後は一つに終着する脱出劇。最終的には小型の民間船が取り残された30万人?ほどを救出。しかし燃料切れで国へ帰ることができなかった一機の兵士は囚われの身に。
こんな戦争があったことすら知らなかったけど、戦いだけが戦争では決してない。
撤退をフォーカスした新しく、現実的で映画の勉強にもなる作品でした。

IMAXで見るべきだった…
『Dunkirk』
180620
by Netflix (division)
315作目(洋画:200作目)

ダイナモ作戦におけるダンケルクという土地を過度な脚色なく、編集と音響から表現した作品であり、やはりその点をオスカーは評価したのだろう。
しかし『Inception』、『Transcendence』、『Interstellar』などを手がけたChristopher Nolan監督らしくないとは感じた。というのも映画にドラマをあまり含めていない。というよりもドラマの配分に違和感を感じた。救出にやってきた民間船内でチラッとダンケルクの救出に向かう希望を持つ側と今すぐにでも逃げたい絶望を感じてる側の人間同士の言い争いによって死者を1人出した点においてだ。それならばより浜辺でのドラマやダイナモ作戦の経緯における本土でのドラマがあってもよいと思う。(本人は気が付いていなかったが、)1人殺めてしまうほどの絶望だったことを表現したかったのであれば持ち前の編集などに期待したかった。というわけで完全な映像表現に徹するわけでもなく、ドラマによる脚色をするわけでもない中途半端な面はあった。しかし、やはり映像表現に関しての文句は微塵もない。正直、救出された30万人の割に映像に出る軍人は少なく感じるがそれも7割の大型船での救出を省いているということだろう。
もう1点残念なことは視点がほとんどイギリス軍に限られていた点だ。むしろ故郷から追いやられるフランス軍の方が言いたいことがあるのじゃないだろうか。この映画はフランス人に堂々とは見せられない仕上がりになってしまっているかもしれない。
映像表現以外にも評価したいポイントがある。「陸」、「海」、「空」の3視点での「1週間」、「1日」、「1時間」の表現だ。もちろん表現手法としての関心もあるが、「空」での功績を取り上げたポイントは高い評価に値する。後にWinston Churchill がイギリスのRoyal Air Force を評価したように、駆り出された民間船以外での舞台上に実在した英雄を史実を描いたことはとても印象深い。
キャストに関して言えば割と各視点における主人公は、このレベルの映画にしては経験が少なめの演者が多かったが、セリフが少なく、やはり情景表現を強調しているという点においても過度に意識させすぎないというラインで良かったと思う。

評価3.6/5
目立ったマイナスはない映画で3以上
映像表現のクォリティー、3つの視点による表現、空軍の史実により+0.6
(ドラマの部分における解消、明確化があれば4以上)
ブルースウィリス並みに運いいな!


戦争が絡んでいるとだいたい作品ごと嫌いになるんだけど、これは比較的いけた

映画として、魅せ方に工夫が凝らされていて、綺麗なだけじゃない映像になっているのが良かった
話の大元が綺麗なだけじゃない手の物だから当たり前かもしれないけど…


なんとも言えない感情で後半ずっと涙が出たけど、最後の新聞記事が全然好きじゃない
というか、戦争において生まれるそういった思考を受け付けないんだということを再認識した
派手さはなく、会話は少ないけど常に緊張感が走っている。語られてることは少ないけど感じられる。

個人的に印象的だったのはピーターが大丈夫だと嘘をついたシーン、大丈夫か?と聞かれた瞬間殴りかかるかと思ったけど、堪えるように大丈夫だと言った。
ファリア、、終戦まで5年くらいか、実在したんかな。
>|