ダンケルクのネタバレレビュー・内容・結末

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とにかく 難しい( › ·̮ ‹ )💦

陸・海・空で時間軸が違うので
理解するまでに 時間がかかる

ただ、さすがのノーラン
ベースのストーリーが
引き込まれるので
理解出来なくとも最後まで観覧 ◯

何度か観て理解を深めたい笑
はぁぁ…、好き。

こういう展開で見せてくる映画、好きだなぁ。
初めの部分では、私に理解できるだろうかと構えたが、進んでいくうちに、「ほう、ほう」と観方が分かってきて、後半は釘付けだった。上手い!

個人船で救出に向かう親子の話は、実在した人物のエピソードを参考にしているとのことだが、とてもいいお話だった。あのお父さんから飛び出す名言の数々。当時ダンケルクに救出に出た、一般の船乗りの人達の心を代弁しているのだろう。ラストの息子の粋な計らいも感動だった。

空パートでは、緊迫した空中戦をはじめ、ラストまで「この人どうなるの⁇」とハラハラさせられた。飛行機乗りフォルムのトム・ハーディもいい。

イギリスの歴史に残る戦争エピソードのひとつと言えるのだろう。ちようど近々公開される「ウィンストン・チャーチル」を観る前にこの映画を観ておいてよかったなと思った。

屈辱感でいっぱいの若き兵士が「生きて帰ってきただけだ」と言うのに対して、毛布を配る盲目のおじさんが「それで十分だ」と言って返す場面がとても男前だった。
大勢脱出が実現できたのはその分犠牲があったから。死に直面した時に自分か仲間を選ぶか人間性が出る考えさせられる作品。一度観ただけだとまだ理解が足りてないような…
・フランスのダンケルク海岸でドイツ軍に囲まれた英仏連合軍33万人を救うべく行われた救出撤退戦を描く
・海からの救出を待つ「陸の1週間」、民間船で救援に向かう「海の1日」、空を飛ぶドイツの戦闘機に立ち向かう「空の1時間」の3シチュエーションを交互に見せていく
・映画館で見ることで兵士のひとりになって進む体感型の作品
・見てるだけで溺れそうになるほど長い海でのシーンが息苦しかった
・上空からの爆撃がひっきりなしだが血や死体が思ったよりも少なかったのは「救う」事に重点を置いたからなのかな
・戦争映画は多角的であるべきなのでこういったタイプの作品も見て良かった
あぁ苦しかった、、、Harryがいたから息ができてた。始まりからずーっとのめり込んで見てたなぁ。歴史の知識がもっとあれば。。。ノーランさんだから70mmで見たかった。
IMAXで鑑賞。
疲れた...。ひたすら2時間緊張しっ放し。嫌な汗をかいた。傑作!
第二次大戦中の英軍撤退作戦を描いた物語で、台詞はかなり少なく、ストーリーもほぼなく、ひたすら爆撃音と不安を煽るBGMの洪水。ドイツ軍に追い詰められたイギリス兵の絶望感が伝わってくる。
何が何だか、誰が生きていて誰が死んでいるのかも分からず、それでも必死に生き抜く。汚いと言われようと、自分のことだけを考えて生き抜く。
スピットファイアが敵機を撃墜するシーンは大興奮。最後は捕虜になってしまったが、ファリアは本当の英雄。
間違いなく、映画館で迫力を楽しむべき作品。
CG使ってないことを知ってとてもびっくりしました!
陸にいる人、海にいる人、戦闘機に乗っている人達の運命が、一見別々の話のように見えるけれど
よ〜く観てみると当たり前のようにしれっと繋がっていました(笑)
セリフが少ないのにこんなに感情や想いが伝わるなんて…
鑑賞し終わった後、ずしーんと鉛のように重たい余韻に浸りました(笑)

そして何よりも…
コリンズさんがとても美しかったです!!
いわゆる戦争映画とは一線を画するひたすら逃げて逃げて逃げまくるという時代背景一切わからなくても観れる単純明解なストーリー。しかも国に帰る方法は、ドーバー海峡を船で渡るのみ。船に乗り込む→沈没→閉所&水攻め→スタート地点に戻る→船に乗り込む→という苦行を何度も何度もトライする青年たちを描きます。初めこそ苦しいけどだんだんとスタート地点に戻るのが当たり前になるので、観てるこちらも「はいもう一回!」と打たれ強くなっていきます。慣れって怖いです。
色んな人のシーンごとに描かれていて、理解するのに時間がかかりますが、
良い映画でした。
漁師さんなど多くの人が船を出して助けに行く姿に感動しました。
船が見えた時は感動して鳥肌が立ちました。
見る前に時代背景を少し知っておけばよかったなと思いました。
米アカデミー賞授賞式を前にノミネーションが発表され、それに伴い復刻上映されたので観に行った。IMAX2D字幕版。

クリストファー・ノーラン好きだなあ。この人は映像作家と評されるぐらい、今まで観たことがないような映像を捻りを加えてみせてくれる。

映画評論家・町山さんの解説やプログラムの内容を読みながらシミジミと本作を反芻している。CGやVFXがほぼ使われてないそうで、山崎貴監督と対極にいるのが何だか面白い。米映画界の吉田ユニさんじゃないか。

観る前は戦争映画ってあんまりなあ、と思ってしまい公開時に足を運ぶのを躊躇ってしまったのだが、これはサスペンス的な人間ドラマなんだなと実感。3つの異なる視点で描かれるんだが、キリアン・マーフィが2人出てきてると錯覚したり、とにかく頭がぐるんぐるんして大変だったが、ほぼ脱出することができたときには自然に目頭が熱くなった。

戦争って悲惨よね、こんな過ちを繰り返しちゃダメよねと反戦を高らかに謳うんではなくて、生きることの尊さ、それも人々が助け合って支え合って生きることの大切さを描いてる気がして、良かったなあ。

トム・ハーディ、決して男前じゃないのに、いつもカッコイイなあ。
>|