ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

もう、音楽!音楽がすごい。圧倒的。

ずっと観たかったので早速借りてみた、何にも前情報入れずに借りたので、始まった瞬間に「ウワワ〜こっち系か〜」と滅入ってしまった。。

会話という会話、台詞という台詞が特になく、緊迫感のある音楽とリアルな描写で流れ始める。最初の15分くらい?(もっと長く感じたけど)は、登場人物たちのこともよくわからない。
ただ、敵に狙われていて、一方的に襲われいる。しかもそれがいつ来るかわからないという…。ただならぬ緊張感と恐怖で一気にのめり込んだ。
そして別々の時間が交錯していく、あの感じは流石というか、やはりというか…。

個人的にこの手の話はとても苦手で、本当に気持ちが凹んでしまう。現に観終わったいま、長らく緊張が解けなかったからか、めちゃくちゃ体も心もツライ…。

エンターテイメント性やストーリー性は今までのものよりは劣るかもしれないけど、映画で表現できるリアリティの最高値って感じですごいと。そうたらしめてるのはやはり音楽がでかい。。!
Ayami

Ayamiの感想・評価

3.5
I’m English!


ドイツ軍が現れた!
▷たたかう
▷じゅもん
▶︎にげる
▷どうぐ



やっと見ましたダンケルク。
戦争映画ってどうも見辛いというか、見ようとするときに心の準備に時間がかかってしまって見るのが遅くなる…

ダンケルクの戦いは第二次世界大戦中の話ですが撤退作戦なので逃げるのがメインのお話です。
戦争映画で銃撃戦!みたいなのを想像するとちょっと違った映画かもしれないですね。


映画館で見たら迫力すごかったんだろうな〜


75
戦争映画で派手な戦闘シーンなどがないが、現地からの視点で映しており、独特の緊張感があった
陸海空の時間軸の展開に、気がつき始めるところから、ノーランらしい面白さが顔を見せる。セリフも少なくドキュメンタリー風、敵であるドイツ軍の姿を隠し「見えない敵」に、追い詰められる恐怖が何よりも時間を意識させていた。
あめり

あめりの感想・評価

3.6
映画というよりドキュメンタリーって感じ。実話を基にされてるという事ですごくリアルでした。迫力もあって終始ハラハラドキドキ。映画館で観たほうが良かったかな…
個人的にドーソンの息子、ピーターの行動に胸を打たれた。難しかったけど観て良かった。
いわゆる戦争映画と観るとなかなかキツイ(と思ったクチ)。
ニーズ的にノーランには不向きな題材だと思う。
mai

maiの感想・評価

3.0
普段戦争映画を敬遠してるんですが
皆さんの評価が高いしNetflixで配信してたので
そろそろ観てみるかと思い腰をあげ観たのですが
ダメだーやっぱりノーランとの相性がすこぶる悪い
色々言いたいことはわかるんやけど、ダラーっと間延びした映画になってたように私は感じました。
あくまで個人の感想なので叩かないでやってください(笑)
ただ、ジャックローデン
ここに来てまたイケメンを発掘するという嬉しい出来事がありました(笑)
ぺいよ

ぺいよの感想・評価

3.4
ノーラン大好きなのになんとなく見てなかったダンケルク
あー、別に見なくても良かったなっていうくらいたいしたことなかった
無事に脱出できた戦士たちと、
迎撃に成功したものの結局は捕まってしまった英雄。
チャーチルは出ないんだけどチャーチルの存在感の強さが画面裏でチラついてしまったのは僕だけかな?
RikaHoribe

RikaHoribeの感想・評価

4.0
台詞も少なく、淡々淡々淡々と描かれていくけど、飽きずに見られた。
終盤に差し掛かり、各場面のドラマがしっかりと収束していく。
>|