ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

セリフというセリフがない映画なのにしっかり見いれたし面白かった
そしてトムハーディは何をしていてもかっこよかった
ポチ

ポチの感想・評価

-
ダンケルクってガンダムっぽ〜
とか思ってた私。。
まずダンケルクってどこ?何戦争のおはなし?3箇所?だれがなに?( ºωº ;)
勉強不足...かなりがんばらないとならない、、出直そう。人の見分けと場所の見分けができない。なめてた...
もう一度勉強してからちゃんと観る決心!
陸海空 3つの異なる場所、時間の出来事が最後はひとつになる
生きて帰ることが勝利なのかなと

久々に目頭が熱くなった
ナチスに海岸線まで追いやられ、撤退することになった英兵のお話。
ダンケルクの撤退戦はBBCなどでドキュメンタリー化するほど有名な撤退戦。
三部作に分かれているドキュメンタリーの方はすでに観ていたがやっぱりこちらの方が観やすいです笑
よく出来ているので一見の価値あり。
Liu

Liuの感想・評価

4.3
様々な時間軸で物語を進めて最初は理解できなかったが、それぞれの時間軸が揃い始めた時により緊張感を掻き立てられる映画でした。
ぴい

ぴいの感想・評価

3.3
世界史をちゃんと勉強しなかったことを後悔…。

きっと素晴らしい内容なんだろうけど、理解足りず。
とにかく3人がイケメンだった。
カズ

カズの感想・評価

3.0
ノーラン監督は大好きだけど、個人的にはイマイチな映画だった。
まるで脱出劇のドキュメンタリーを観てるような感覚で、特に盛り上がったシーンもなく、淡々と最後まで話が進んで言った。
所々のシーンの緊迫感は良かったが、観ていて退屈だった。
藤井凛

藤井凛の感想・評価

3.9
第二次世界大戦中、1940年に英仏軍がドイツ軍に追い詰められて、ドーバー海峡に面したの港町フランスの湾岸ダンケルクに取り残され、最大の救出作戦が展開された。
英国では有名な出来事の一つ。

3つの異なる時間軸を混ぜながら描いていく。速度も違うので同時並行ではない。
陸の兵士達の1ヶ月、空軍の1時間、民間船の1日。それぞれの体感時間が全く違うり
ダンケルクに残された兵士が逃げのびようと様々な方法を試みる。
空軍スピットファイアはかずは少ないながらも出撃する。
英国からは民間船の協力者を掻き集めて救出に向かう。
兵士達が先行き分からないように、観客も戦局が分からない。ドイツ軍が迫る恐怖、逃げられないかもしれない絶望感。
限られた船に乗り込める人と艀に残される人。期待と絶望感。せっかくの乗り込んだ船が爆撃される。
スピットファイアも被弾しながらも砂浜に到達する。ここに希望がある。
民間船は戦争には慣れていない。同国民を守る使命感を感じながら邁進するが、潮目の難しい航海で順調とはいえない。救出した兵士との小競り合いも、その勇気が揺らぎそうになる。
それでも帰還した兵士達を出迎える英国では、彼らは英雄であり、ドイツ軍への反撃の糸口になる。
英仏軍にとっては戦局の折り返し地点。
観客もやっと安心することが出来る。

ある程度、ダンケルクの戦いについて知っておいた方が良いと思う。少なくともどこの国の戦争であるか、当時の戦況はどちらが優勢だったのか、この救出で何を失い何を得たのか。
ダンケルクの戦いの後もまだまだ戦争は続いていく。一つの転換点でしかない。
兵士達の目線で恐怖を味わうことで、戦争の悲惨さを痛感する作品だと思う。
IMAXで観て正解。音楽ではなく音。エンジンやモーター、時計の秒針の音。音で引き込まれた。
2019年最初の1本目。

とにかく青がとても綺麗な映画でした

イギリス軍のヘルメットかわいい

沈没する船の中の閉塞感が超怖かった
それぞれのストーリーがあった、これが戦争か、、

1Dのハリースタイルズとトム・ハーディ出てました、アツい

トム・ハーディの最後、哀しかったです

セリフ少ないけど色んなことが伝わってきた
>|