ダンケルクの作品情報・感想・評価・動画配信

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

MrKATO

MrKATOの感想・評価

4.0
「メメント」「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話を元に描く戦争映画。史上最大の救出作戦と言われる「ダイナモ作戦」が展開された、第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。
ポーランドに侵攻し、勢力を拡大するドイツ軍に追い詰められたイギリス・フランス軍の40万人の兵士たちの救出劇です。冒頭から、時間軸のまったく違う3つの異なったストーリーが並行して展開し、観る者を混乱と極度の緊張状態に誘います。またIMAXカメラを駆使した映像はリアルそのもので、瞬く間に我々は「戦場」に放り込まれます。セリフが極力排除され、人物描写も希薄なため、感情移入などがしにくい作品ですが、まさに究極の映像体験です。
JUGEM

JUGEMの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観ないと

なんでしょうねこれは


ドキュメンタリー映像としては上等かと

エンターテイメントではないかな
映像は凄いと思いす。

その場にいるような臨場感と緊張感があり、戦争の恐ろしさが伝わります。

ただ、面白い?と聞かれたら

全然面白くないよー!

と答えざるを得ない。

だって、これ全然ストーリーないよー!

どうにかして面白さを出そうと時間軸のズレとかやってるけど、むしろ逆効果だった気しかしない。
いくつか戦争映画見たけど今までのどれとも違った気がした

近くて遠いドーバー海峡

一人一人の一つ一つの決断が重い
何かのためには何かを諦めなきゃいけない
そのトレードオフの状況でどっちを選ぶか
そういう1回1回の選択に人間が出るよなと思った
Gina

Ginaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最高級の戦争映画
映画って忘れるぐらい、その場にいるみたいにリアル。
戦場の緊張感とか遊覧船で鍵かけるか迷うシーンとか1つ1つがリアル!

最後の方の民間船がたくさん来るところ感動した。隊長がマジでいい隊長すぎて、
いい人選ばれたなーって思った笑
クリストファー・ノーランの作品だからもっと時系列めちゃくちゃで難解なのかと勝手に思ってたけど、凄く観やすかった。
Nana

Nanaの感想・評価

3.5
新しいタイプの戦争映画。戦闘シーンが無くて、ひたすら逃げるサバイバル。空組と海組と海岸組で、それぞれ時間軸が異なるノーラン監督らしい作品だけど、他の映画に比べたらわかりやすかったw

あらすじ
ドイツ軍が侵攻したダンケルクから撤退を決めたイギリスは、現地にいる英国軍を救出する作戦に出る。激しいドイツ軍からの攻撃の中、民間の船舶の協力も借りながら兵士たちの脱出が始まった…

若い兵隊さんばかりだから、OneDirectionとトムハ以外がたまに誰が誰やら分からなくなる(;´Д`)
夜になったり海にいたり、また戻ったり忙しい…
これは映画館で観て、その場にいる感覚を味わうべき映画だと思う。

バンバン沈められる船に女性ナースがいたのがかわいそう。少年みたいな兵士たちもだけど…
ケネス・ブラナーは男前の役でした。タートルネックが似合うねっ
トムハもタートルネックだったし、海軍も空軍もタートルネックが制服なの?!
飛行機は3機しか出てこないから、トムクルにも来て欲しかったかも💦
K

Kの感想・評価

3.1
防波堤1週間。海1日。空1時間。行くのではなく、帰る話。一風変わった戦争映画。開始10分後くらいからずっと音楽がかかっていた印象。静けさも欲しかった。ある意味音楽が雰囲気を決定づけていて説明過多。悲惨さはかなり控えめ。実験的。
これは戦争映画ですが"死に行く"戦いではなく"生きて帰る"話です。

作品は
「海岸(防波堤)」での一週間と
「空(戦闘機)」での一時間
「船(遊覧船)」での一日を交えながら画き、
最後の救出で始めてドッキングするという表現をしている為、ちょっとだけわかりにくいところがあるのでそこだけ予め頭に入れておくと良いかも…

生きて帰るのはハッピーエンドだが、
生きて帰った彼らのこの先はハッピーエンドなのか?

この作品自体はバッドエンドだと思えてならない。
nico

nicoの感想・評価

3.5
すごく良い映画なのに視点のタイムラグを追って繋げるのに頭を使った
最後は交わり1つになるが、頭を使うので映画の伝えたいであろう感覚をイマイチ味わえなかった。

予備知識が必要な映画
>|

あなたにおすすめの記事