ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

UTOPIA

UTOPIAの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジャケ写を見て誰もが思うであろう"プライベートライアン感"。でもオマハビーチのような大規模な戦闘シーンは一切なかったのでちょっとがっかり。監督が監督なのでクソ難解な戦争映画だと思って気を引き締めて見たけど、終わってみるとノーラン監督作品にしては、"かなり"わかりやすい映画だったのかなって思った。
まず思ったのがマジで映像が洒落てて綺麗だってこと。こんな戦争映画なんて最初で最後な気がする。調べてみると戦闘機にカメラつけて飛ばしたらしい。そりゃあんな映像が取れるわけだ。血生臭くてマチスモさが溢れる今までの戦争映画とは一線を画してる。賛否別れるだろうけど、この映画の綺麗さは個人的には好き。
構成も"ノーランらしさ"があって程よい難度だったと思う。3つの視点が終わりに向かうにつれて繋がっていくのは見てて心地がよかった。でもガス欠の戦闘機が敵の戦闘機倒すのはないわ。あれだけはない。
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
難しかったです
でもすごく心に残るものはありました
大切な人と見たので思い出です
だいち

だいちの感想・評価

4.3
ふつうの戦争映画とは違ってインパクトのある物語がある訳じゃない。陸海空それぞれで責務を全うする彼らの純粋な戦いが濃密に描かれる
icecream

icecreamの感想・評価

3.4
内容を全く知らず観賞
ダンケルクは実際にあった史上最大の撤退作戦。
この事を知らないと戦争映画=激しい戦闘シーンという固定概念に縛られ全く楽しめません。
なのであえてネタバレに入れませんでした。

『ダンケルク』ってタイトルの意味もわからず、ジャケットが兵士が伏せていることから、ノルマンディー上陸作戦並の激しい戦闘があると私は期待していました。

一度この撤退作戦の内容を予習してから観れば、この映画の見所がわかり楽しく観賞できると思います。

~感想~
複数の視点から事柄を除くことができ、作戦の内容、個々の心境、そのシーンに応じてとても緊迫感があり見応えある映画になっている。
こんな戦争映画もありだなと思わされる。
mxx

mxxの感想・評価

3.5
ノーラン監督なのとキャストが気になって観ました。
常に緊迫感はありましたが特別な盛り上がりはなく少し長いと感じました..
miri

miriの感想・評価

3.5
出演者の顔が似てるのも、戦争の背景を理解するのも、私には難しかった、、笑
淡々とした戦争映画っていう印象
だから気持ちを入れるのも難しかった
hamadon

hamadonの感想・評価

2.8
正直評価のしにくい映画。面白いか面白くないかで言うと面白くはなかった。と言うか陸、海、空の時系列がバラバラだったり特殊な時系列だったりで自分には難しかった。

人間同士のドラマもそれほどないし、淡々とドイツ軍から逃げまくるイギリス、フランス軍。セリフもほとんどない。

英、仏軍主観のみなので、敵が誰なのか、何処にいるのかすら不明。その中で銃声や爆発音のみ鳴るわけだから恐怖以外の何者でもない。
ただ淡々と撃たれる人間には、死の決意すら無い。
音楽も何かくる?何かくる?何も来ない。の連続で予想しにくい演出。
この、淡々とした演出から実際に英、仏軍の中にいるような錯覚を覚えて戦争の怖さだけはものすごく伝わった!

戦争の恐怖体験型映画で好き嫌いがものすごくはっきりしそうでした。
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/9/18鑑賞。1940年、ドイツ軍の侵攻で英仏連合軍の兵士40万人がフランスの港町ダンケルクへと追い詰められる。イギリスでは民間船を徴用した大救出作戦が勧められるが…という話。突然大きな音がするシーンがいくつもあり、映画館鑑賞は心臓に悪いです。史実で結末は分かっているものの、「この後、この人はどうなってしまうのだろう」という不安で目が離せません。魚雷被弾の瞬間が非常にリアルで怖かったです。ただ、非常に評価の難しい作品でした。 70点。
たいへん迫力ある映像と音響で、ずっと全身カチコチに緊張しながら見てた。で、見てる間は、こんなの見たことないヤバい!って確かに思ってたはずなんだけど、見終わってみると、ん?あまり心にズシッと残らないのは、どういうことだ…

映画同士を比べるのは好きではないけど、やはり無名の若手俳優を起用した近年の戦争映画では、「ヒトラーの忘れもの」の方が、視点のユニークさ、人間ドラマの深さ、反戦のメッセージ性、といった点で、わたしにとっては長く心に刻まれそうなインパクトある映画だった。全然タイプ違うので比べても意味ないけど。
(日本公開時のレビューです)
ただの戦争映画じゃない。好き嫌いも分かれそう。どう思うか、全て観客に委ねているようだった。
わかりやすくなんて全然なかった。みんなただの人間だった。わかりやすい人柄、役柄じゃなくて、あるただの人間を演じている役者をほんとにすごいと思った。
この映画のわからないところに自分の未熟さを感じた。だから何度も見たくなる。
>|