ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

あきょ

あきょの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

船ん中で打たれるのはコエーし、
船の水没もコエーし、
とりあえず戦争はコエー。
映像と音楽が凄かった!!さすがっす!
飛行機の中で観たから、余計にリアルで怖かった…緊迫感がすごくて苦しかった…
時代背景知ってたらもっと頭に入って来たんだろうな。(あと英語字幕で観たからちゃんと理解できてたか不安)
Manamin

Manaminの感想・評価

3.4
初めて映画館で戦争ものの映画を観ました。

今まで戦争もののは全然観たことがなくて、むしろ避けてるぐらいだったのですが、人類として生きてる以上、戦争の歴史は知らなくてはならない物だと思ったのと、クリストファー・ノーラン初の実話ということで観に行きました。
taka139

taka139の感想・評価

3.7
あまり見たことのない戦争映画でした。
キャストも無名の新人さんが多く、新鮮でした。描写がノーランの独特な感じが惹きつけられました。
isobe

isobeの感想・評価

3.8
想像の余地のありあまる構成、さすが鬼才ノーラン
あの臨場感は劇場で観られてよかったもののひとつ
とにかく緊張しっぱなしの106分でした。
心臓が縮むぐらいの。
冒頭から迫力と緊張感が同時に押し寄せてきて一気に作品に呑み込まれました。
撮影も凄い。
これどうやって撮ったんだろうがたくさんあったり、画面の奥から迫ってくるなど迫力が素晴らしかったです。
セリフがあまりなく画面からその場の状況が次々と押し寄せてくるのでまるでその場を体験しているように感じます。
救出した感があまりないですが、極力コンパクトにしたと思えば納得できます。
なので映画なんだけどどちらかというと映像体験をする映画だと思います。
とても面白いです。
ぜひIMAXで。
ぽるぽ

ぽるぽの感想・評価

3.5
戦場の兵士の敵は人間じゃない。どこからか飛んでくる銃弾や爆弾だ。明確な「敵」が映るシーンがないことに驚く。たぶん1回観ただけではよくわからない映画なんだと思う。特にWW2下のフランスに詳しい人は限られる。万人に勧められる映画ではないが、時代背景を知ると楽しめるかもしれない。
レナ

レナの感想・評価

3.8
セリフが少ない分映像に集中できた。臨場感がすごかった。

ペルシア語字幕で鑑賞したが演技や背景描写から伝わってくる情報量が多かったのでおおよそは理解できた。
arakimaki

arakimakiの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最高に好きな映画なのですが、
これはイギリス上げのプロパガンダ映画なのでは…なんて
思う気持ちも少しあったりするのです。

人様の考察とか解説とか見ると「なるほど」
とは思うのだけど、思い返すと
どうしてもイギリス軍かっこいー!イギリスかっこいー!
ドイツめー!となってしまい、
あれ…これってプロパ…という堂々巡り。

それ以外でも、もちろん胸を打つシーンはたくさんだし、
スピットファイアかっこいいし、民間の船がダンケルクに
命をかけて集まってくるところもかっこいいんだけど、
かっこよければかっこいいほどうーーんという気持ちになってしまい。

そんな私が一番好きなところは、謎の英国兵の一連のシーン。
この映画は海・空・陸から見た「その時」を各時間ごとに観せているので
、空なら1時間で終わるけれど、陸では何日もかかったりしているのです。

謎の英国兵は乗っていた船が沈んでしまうのだけど、
そのときは部下にテキパキと指示をしているんですよ。
でも、船に助けられたときは完全にPTSDになっている。
何があったのかは描かれません。
そのせいで、ひとりの少年を死なせてしまう。
でも、それを知らずに生きていく。
最後、陸地に降り立った際にふっと消えてしまう
謎の英国兵。
なぜか私の心に一番残っています。

戦争の英雄ではない、名前もない兵士。
そんな彼の存在が、この映画をプロパガンダ映画と
言い切れない、切ってはいけない作品にしているのかなと
感じます。
Emma

Emmaの感想・評価

3.1
ハリーの演技見たさに飛びついたけど
思ったより残酷?なシーンが少なくて安心した。
戦闘機の飛行シーンがスリルがあってドキドキした。
>|