ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

nami

namiの感想・評価

4.0
IMAX迫力すごいし音が身体に鳴り響いてきて、
加えてわたしはビビリだから心臓が疲れた

でもみなきゃよかったとは思わないしむしろちゃんと観れてよかった。


赤いタートルネックの青年はだれよりも大人だ。
わたしならきっと怒りをぶつけちゃう。

商業船のなかで
だがそれは間違いだ
と言える勇気、かっこいい
NOBE

NOBEの感想・評価

3.8
んーーこの手のはコメントしづらい(笑)
戦争ものが少しトラウマありまして...

IMAXで観たけど
銃弾の音がすんごい!!!
耳かるーく塞ぎました。

緊迫感とかがすごすぎて
時折目を細めながらも目が離せなかった(笑)

陸海空、それぞれの葛藤とかがあって
個人的には空かな〜〜
絶対どれか選べと言われたら選びませんが(笑)

空はプレッシャーがすごそう(笑)
飛行機墜落して脱出したいのに扉が開かなかったところはハラハラした!!

最後はね...頑張ったのに!!
空の人ナイスファイト!!


お前スパイだろーとか騒いでて
敵軍に襲撃されーのパニックになりーの
主人公 自分のことで精一杯になるのわからなくもないけど、散々助けてもらった友人?にもう少し配慮してほしかった(笑)

いやーなんか観終わったあと
言葉が出ませんでした。

あとやっぱり戦争もの苦手かも(笑)
ひろき

ひろきの感想・評価

4.5
初エキスポIMAX。すっげぇ映画。
視界が全部画面やから会話してるシーンの時俺もその場にいる錯覚を覚えた。3dよりリアリテイを感じて素直にすごい体験。
今まで見てきた映画とは違った作り方で斬新
ノーランは時間軸をいじるの好きやから俺も好き。
船の救出シーンで沈没した飛行機の上におった男の人ってどんな経緯から飛行機の上までたどり着いたんやろ?パイロットじゃなかったよな?最大の謎
あ、飛行機の銃器って後ろからも撃てんねんな。お前、ケツ取られてんのに、めっちゃ必死に銃ぶっ放してるけど絶対に当たらんからなって最初ずっと思ってた。
p.s起承転結の転ぐらいで銃や爆弾の音がでかすぎて、むちゃくちゃ頭いたなった。耳弱い人はご注意👂
湯のみ

湯のみの感想・評価

3.3
映画館で見てよかった映画。音響の良さ。三人それぞれ最初の方はセリフ全然なくてびっくりしたなぁ。セリフないのにだんだん引き込まれて緊張感持った場面展開しててよかった。前知識入れずに見てしまったけど、これは入れてから見ればよかったと後悔。もう1度みたい。
masaka

masakaの感想・評価

3.5
ある意味、『ローグワン』を思い出す映画。予告は「救出作戦の映画」みたいに言ってますが、英雄や上級階級じゃなく平凡な誰かの物語です。
pe

peの感想・評価

4.3
緊張に引き込まれた
音楽が耳から離れない
ピーター、綺麗過ぎるな
もう一回観たい、、!
友梨

友梨の感想・評価

4.1
終わり方はさておき、フィルムの力を感じさせるノーラン映画。

かなり昔に映画館で。
通常スクリーンだと上下の画面カットがされてるように感じる映画なので、IMAXで。金欠だったけど。
でも、IMAXでしか体感できないものを多く持つ、次世代的な映画。戦争という題材を扱いながら、新しいって面白い。


なんにも予備知識がない洋画苦手人間ですが、特に混乱することもなく、物語を楽しめました。
ただ、ダンケルク港の兵士たちの部分は、衣装の違いで人を見分けられないため、多少オロオロしてしまいました。

電車に乗る前の帰還シーンのセリフも良く、この映画を支配する陰陽どちらの空気感を掴んでいる。

戦争で生きるか死ぬかの境なんて、運でしかないのかもしれない。
ただその運こそが、讃えられるに値する。
普通なようで普通でない。


また、音がすごい。これはIMAXに限ったことではないけれど、地を這うような轟音がリアルで、音という概念を超えて振動を表現するって凄い。
ダンケルクの隣のスクリーンでやってた映画を見た時、自分が見てる映画の静かなシーンで振動を感じることができるのです。
映画館の変なところが共振?共鳴?したりするらしい。どんな音だよ。規格外


終わり方は、諸事情が見えまくる。仕方ない。もはやエンドロールだと思ってあまり見ていない。好きではない。


やっぱりフィルム撮影って美しいな、と思った。色の深さや、暗い色の魅せ方がデジタル撮影と全く違う!!
新しいといいつつ、フィルムのおかげで当時の映像を使っているのではないか、と思わせるノスタルジックで歴史を感じる映像たち。IMAXフィルムだから、新しい技術なんだけど、どこか懐かしさを感じるのが、またまた矛盾していて面白い!
いつかフィルム上映も見たい。
mizu

mizuの感想・評価

3.5
初めてIMAXで見た。
迫力やばい上から下まで全部画面。

音で心臓バクバクなった
説明されな難しいけど
迫力ある映像で楽しめた感満載
Hana

Hanaの感想・評価

3.0
全編を通して登場人物を通して物語を見る、と言うよりは第三者の目線で事実を見ていくような感覚だった。

淡々と進んでいくストーリーの中で、戦時中の現実を突きつけられる。
セリフが少ない分登場人物の感情や内面的なものをうかがうのが難しかったことに物足りなさを感じた。しかし同時にあのシーンの彼は、あのシーンは、と自分なりに解釈を広げもう一度見返したいと思っている部分もあるので、そもそも感情移入を狙った映画ではないのだろうという感じ。

これも意見が分かれそうだが息苦しく重く暗い映像ではあるけれど、救いのないストーリーでもなかった。面白い映画ではなく強く印象に残る映画。
Masumi

Masumiの感想・評価

4.0
評判いいしノーラン様だし...戦争映画は怖いけど、、、これは観ておかないと、ってことで勇気出して鑑賞。

登場人物多いので、途中あちこち話が飛びますが、最後はだんだんそれぞれのキャラが繋がってきて、ラストの開放感に繋がりました。
IMAXで観れて良かったです。
>|