団鬼六 蒼いおんなの作品情報・感想・評価

団鬼六 蒼いおんな1982年製作の映画)

製作国:

3.4

「団鬼六 蒼いおんな」に投稿された感想・評価

美しい夫人(志麻いづみ)との逢瀬を重ねているヒモ男(関川慎二)が、夫人の性的嗜好を知り尽くしている近親者たちにより、罠に嵌められてしまう。自らのマゾ気質が足枷になっている女性が、愛する人の目前で羞恥プレイを受けるというSM路線のロマンポルノ。団鬼六原作。

団鬼六の定番パターンから、良い意味で逸脱している。ヒロインの夫人は最初からマゾヒストを自覚しているし、主人公のヒモ男がサディスティックに変容する場面も登場しない。「愛しているからこそ壊したい」の心理描写は希薄だが、その心理を受け入れるまでの過程の物語として楽しむことができる。

羞恥プレイに精神科医(益富信孝)と看護婦(山地美貴&藤サトミ)が加わり、手術台の上で淡々と行為をするのが良い。マゾな看護婦が緊縛放置プレイされたり、レズビアンのカウンセラー(江崎和代)がナチスの軍服姿で大暴れしたり、夫人の旦那(草薙良一)が自身のゲイ気質に葛藤したりなど、サービス精神に満ち足りている。

ドラマが停滞するタイプの作風だが、アクの強い登場人物が常時画面の中にいて、それぞれがヘンテコな行動を取るので、絵面の時点で大変面白いことになっている。ラストの発砲が誰に向けられたものなのかを想像するのも一興。