スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

チュン

チュンの感想・評価

3.8

バカバカしいなぁーオイ(泣
すごくくだらない下ネタを、
ものすごくキレイに表現している。
ジャケが印象的で、どういう状態なの?とツタヤ先行レンタルで借りてしまった。
ゾンビものかと思ったけど、うーん、まぁゾンビものなのかなぁ。
ラドクリフ会心の演技だと思う。
無人島で遭難したハンクが、孤独に耐えきれず死のうとしたら、そこへ死体が流れ着くその死体がなんとドラえもんの4次元ポケット並にいろんな機能がついていて脱出を試みる。
ふざけてんのかまじめなのか、なんかまた数年後に観たくなりそうな映画でした。
ハンクもあの島に流れ着いたということは、ハンクも死のうとしたのかな?
あなたも絶対途中「何してんねん笑」とツッコんでしまうでしょう。
ペジオ

ペジオの感想・評価

4.2
お前達 生きてない 死んでないだけ(原始の言葉より)

方々で話題となっていた映画で凄く観たかったのですが、「出オチだったら嫌だな」と不安でもあった
結局その不安は杞憂で、「いろいろと便利な力を持ったド○えもんの助けでボンクラ主人公が成長する話」という馴染み深いお話でとても秀逸
(やっぱり世間的に「変」とされているものは、「道具」立てこそ変わっていてもその実普遍的なものを描いている事が多いと思う)
台風や石ころや恐竜と友達になったコミュ力お化けの「あの彼」も、死体とはまだだったんじゃないか?

健全な社会を形成するために蓋をされてきた「臭いもの」「汚いもの」「気持ち悪いもの」
本来ならそれらは「生きてる証明」でもあるはずなのに
アナタが社会で「生きづらい」と感じているのならアナタは「生きている」ということなのだから周りなんて気にすんな!…と全面的に肯定してくれる優しさ
それを「オナラ」や「嘔吐」や「勃起」で教えてくれるとは
やっぱ下ネタって奥が深いわ…

もはや主人公の妄想だったかどうかなんてどうでも良い
考察すんな
立ち止まんな
前だけ見てろ……と背中を押してくれる無闇な前向きさ

十徳ナイフのようにそっと懐に忍ばせておきたい
そんな頼もしさと愛らしさに満ちた映画でした
Moe

Moeの感想・評価

3.6
1人の男が無人島に流され、自殺しようとしているところに現れた一つの奇妙な死体。その死体は死んでるんだけど、生きてて男の話し相手になったり船になったり武器になったり。
すごく難しい話だった。単純なんだけど、よく分からなくなる不思議な感じ。死体は死体なんだけどとってもユーモア溢れる人。映像はとても綺麗だったんだ。ストーリーはちょっと意味不(笑)ファンタジーだね
本当に今までみたことのないストーリーって感じで、終始what!?!?って感じなんだけど、優しくて朗らかな雰囲気の映画でした。
感情移入しにくそうな役柄をポール・ダノとダニエル・ラドクリフが演じているのが印象的だった。劇中の音楽も良かった。
なんか変な映画だったけど大好きな映画になりました
早紀

早紀の感想・評価

3.8
あのハリーポッターのダニエルラドクリフが死体役!?前々から気になっていた作品です。

題名の「スイスアーミー」って何だろと思ったらサバイバルとかで使う一本で色んな用途に使えるナイフのことを言うんですね!スイス発祥かつ圧倒的なシェア誇るためそう呼ばれているのだとか。初めて知りました。

無人島に流れ着き誰も助けが来ず絶望して首を吊ろうとした時に波打ち際で目に入った死体のメニー。主人公ハンクと故郷へ帰る為に2人の冒険が始まる。

まずなんでハンクが無人島に流れ着いたのか?なんでメニーは死んでるのに喋れるのか?なんでこんなに万能なのか?そもそもメニーの正体って?と見ていて色んな疑問が湧いたのですが、何も説明が無いまま進んでいきます💧自分で想像しろってことでしょうか(^^;

私は生きていける自信が全く無いので、無人島に流れ着いたらなんて想像もしたくないですけど、誰もいなくて一人ぼっちよりは死体でも一緒にいたら楽しいと思うのでしょうかね😅

けどこのラドクリフ君かなり有能!オナラの力でジェットスキーの如く水面を走り、口からは飲み水も出せる。喋れるから話し相手にもなるし。でも正直口から出した水を飲むのは抵抗あるなあ。

もっと真面目な話かと思ったら下ネタが多くてその下らなさに笑いましたw

でも生きる希望を失っていた所に現れた謎の喋る死体と交流していく内にどんどんと生きる希望を取り戻していくハンクの姿と切ないラスト、全体を通して静かな音楽が良かったです。一見下らなく、設定も奇抜に思えるのですが、実はこの作品のテーマは人の生死に向き合うことなのではないかと感じました。

ハンクとメニー、男同士の水中のキスシーンはシェイプオブウォーターを思い出して謎にロマンチックでした笑✨
いまだかつてないってワードこういう時に使うんだなと思う新種の映画

終始一体何を見ているんだ私は、、、という感情が右往左往するけれど、途中のメニーの「生きてるって事は、バスの外の風景を眺めることだったり、好きな子の存在を感じて首かぞわぞわしたりする、そういう事なんだ」みたいな感じで悟るシーンはエモくて泣いた
エモいって言葉のニュアンス分からなくて今まで使ってこなかったけど、エモかった

画が凄く濃くて悪い意味じゃないけどmv的な感じがあるなと思ったらmvをたくさん手がけてきた人が撮っているらしい
すぱー

すぱーの感想・評価

3.5
ただただ死体が動き出してしかもめっちゃ便利機能もってるやん!てかんじのコメディかと思ったら意外と重いテーマというか。ちょっと考えるものが多々あった映画でした。
ゆこ

ゆこの感想・評価

1.5
難しかった
>|