エンドレス・ポエトリーの作品情報・感想・評価

エンドレス・ポエトリー2016年製作の映画)

Poesía Sin Fin/Endless Poetry

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた…

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

「エンドレス・ポエトリー」に投稿された感想・評価

ろろろ

ろろろの感想・評価

4.5
エルトポのイメージからもっと視聴者を突き放した作風を予想していたけど、思いの外ストレートな、ホドロフスキーの思いのたけみたいなメッセージが込められていてわかりやすく伝わってくる内容だった。全体愛で溢れていて良かった。
d0208

d0208の感想・評価

4.7
言うなれば巨匠監督の波瀾万丈な自叙伝だが、泣き笑いできるだけでなく価値観を揺さぶられる、ちょっとすごい映画。

演出は前衛舞台演劇的で、お金もあまりかかっていないように見える。そのためかえってホドロフスキーの暴力的な感性がマイルドになり、万人が見やすい作品に仕上がっている。聖と俗、美と醜が入り混じるグロテスクな世界観は健在だが、その対立が映画を通して詩性に昇華される。というか作品が終わる頃には、この巨匠は様々な登場人物を通して、そんな既成概念の対立すらも分け隔てなく肯定してしまう。何を言っているのか伝わらないと思うので、ぜひ作品をみてもらいたいです。

過去の出来事の描き方も、映画として秀逸。『三丁目の夕日』のようなノスタルジックな演出に頼ることなく、ホドロフスキー自身の記憶が十分魅力的に映像化されている点も好み。
イズミ

イズミの感想・評価

4.0
最高。
ホドロフスキーの自伝的映画。マジックリアスティック?が新鮮だった。昔の街とかの描写をあえて現代の街でとる感じが幻想を醸し出してた。
使われてる音楽も多国籍でなかなか最強の映画だと思う。根幹は普遍的な親子の愛だと思う。とてもアツい
多分続編があるので楽しみ
okapy

okapyの感想・評価

4.7
今年中のノルマである700本目到達。ホドロフスキーの集大成的作品なのに、個人的には初ホドロフスキーでした。想像以上にぶっ飛んでて、たしかにパワーで満ち溢れてるんだけど、強烈すぎて、これはちょっと好みには合わないかなとも中盤までは思ったけど、ラストシーンでのセリフに胸打たれました。ラストのあのシーンは美しすぎて感動した。ふざけた演出に対して要所要所、人生賛歌のような深い詩を入れ込んだ抑揚もまた良い。ホーリーマウンテンは未見だけど、ホドロフスキーの性描写は全くもって卑猥じゃないと感じた。言いたいことがストレートでわかりやすい分、おススメしやすい。ほんと唯一無二の映画作りです。恐るべし88歳
gupio0916

gupio0916の感想・評価

4.1
みおわってから、じわじわくる面白さ
いろんな意味で期待を裏切られた
想像とは全く違う初めて見るタイプの映画🎞
ちょっと時間を空けてもっかいみたい
作品自体が4次元的な魅力をもってるなと感じた
その存在は完全な「光」!!ティー!!
途中、くそ美大生のインスタレーション見てるような気色悪さをかんじつつも、全然光ってないくすぶった若者が白塗りで「光」ティー!!って自分自身を肯定したら、そらぁもうそれだけで幸せお祭り人間万歳!イェーイ!
野爆のくぅちゃんの「宇宙」ティー!!に似たイかせっぷりを感じてぼくちゃん大変ご満悦です。
大爆笑して見てたけど、劇場が静まり返って観てることに驚く。
え、コントでしょ。
Yurie

Yurieの感想・評価

4.8
人生賛歌。これほどまでに愛を、生きる意味を全力で語る監督がいるだろうか。
普通のカットが違和感に感じるほど強い世界観。ストーリーがあるのかないのか。台詞なのか歌なのか詩なのか。
哲学的・芸術的すぎてセリフは半分も理解できません。映像に夢中になって、字幕を見忘れたりもしました。
それでも最後のシーンで知らずに涙が……嘘だろ?!って自分に突っ込みました笑
ホドロフスキーって稀に見るど変態。
性癖が…笑
多分今までの作品を見る限り、爆乳とバックのセックスが好きw
すいませんどうしても思ったからw
名言!って感じの言葉で全てのセリフが構築されてるような作品。見たあとに疲れと快感。
表現することの自由、普通の認識の破壊。まぎれもない巨匠。
ケーキに嘆きながら突っ込むおばあちゃん最高に面白かったw
あといきなり踊り出すタロット占い師wマッパのお兄さんがイケメンすぎてピックリしたけど身体中の毛がなかった…笑笑
あとアイリスカフェwあの異次元っていうかシュールを突き詰めたというか…だいぶ笑ってしまったw芸術的ゆえに笑える。でも馬鹿にしてるわけではなくて、感嘆の笑い。ってわけでもないんだけど。なんなの、本当になんなの、もう一回みたいこんちくしょう!!

本当に素晴らしかった。私はリアリティのダンスがホドロフスキーとの出会いだったから結構興奮したw続編なのに続編じゃない。一つの作品をもっと超えて、一つの世界だった。

他のレビューにあったのだけどホドロフスキーの人生に対する姿勢、本当に胸を打たれる。グロテスクでエロティックで詩的て。全然美しい経路じゃないけれど、自分と周りの人を愛する。いつか蝶になる。光り輝く。誰もが美しい。そう、ホドロフスキー作品はもしかしたら最も美男美女が少ないと言って過言ではないかもしれない。役者数は恐らく500人以上なのに。普段なら醜いと感じるような人(ごめんなさい)が強い意志をもった美しい人になる。冗談抜きで美しく見える。
生きろ、生きろ、生きろ!!もう生きるしかないでしょ!!全てを愛しながら、自分を肯定しながら、生きます!!!
人生万歳!

ここまでべた褒めてあれですが、作品的にはホーリーマウンテンの方が好きです
大越

大越の感想・評価

3.8
自分の人生の糧とするためにこれからゆっくりと消化します。vamos!!!
すー

すーの感想・評価

4.1
理解するのではなく感じる系の映画。
ホドロフスキー作品は初めて見たけど、おじいちゃんが撮ったとは思えないほどのパワーにびっくり。

見る度に新しい発見がありそうな作品。
アイリスカフェは近くにあったら通いたいな。
想像以上に良かったので、前作も観たいと思いました。
映画を好きでいて良かったなあと思わせる一本。
ああ〜最高!最高!内容は分からない部分が多かったですが、、映像美すぎる〜〜!
リアリティのダンスから更にパワーアップした世界観、色彩豊かな画面、個性的なキャラクターたち、全く飽きずに見ることができました。
リアリティのダンスの前に先にこの映画を見てしまいましたが、内容イマイチ分からずでも十分楽しめました。(が、やっぱり前作見てからの方がいいです)
最後のシーンは美しくて圧巻されました、、。他の作品もチェックするしかない、、!!
しばらく映像美の余韻に浸りそうです。
>|