エンドレス・ポエトリーの作品情報・感想・評価

エンドレス・ポエトリー2016年製作の映画)

Poesía Sin Fin/Endless Poetry

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:128分

4.1

あらすじ

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた…

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

「エンドレス・ポエトリー」に投稿された感想・評価

tatachiko

tatachikoの感想・評価

4.3
カッと目を見開いたホドロフスキー御大に、「生きろ!生きろ!生きろ!」と肩を揺さぶられました。
meg

megの感想・評価

3.8
映画そのものが人形劇のようなスケール感 思ったよりもこじんまりとしていて、でもそれが愛おしさでもあった
よく分からなかった。

でも衣装や、
いろんなことにわくわくできる
主人公は素敵だなって思った。

開けるな、盃は最後まで
飲みほすものだ。
goodbye

goodbyeの感想・評価

3.8
ホドロフスキーにしてはストーリーが明快で画面もクリーンに見えた。登場人物のキャラクターはイカレていて面白かったのだが、少し物足りなさを感じてしまった。監督は人生の収束に向かっているのか…?とも思った。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.9
ホドロフスキー88歳!
まだまだ生きて続編を作ってもらいわないといけないのだけれど、これはある意味走馬灯を見ていたのかもしれない。
彼の自伝には、様々な人たちが出てくる訳だが、この映画もまさにそれであった。

独特な精神世界イメージは、ストレートに映像化され、全く予想ができないのはいつものこと。
今回は父親と関係がより中心的かな。
ほんと、すごいパワフルだなホドロフスキー!
鬱陶しいくらいの芸術的な演出なのに、観ていて飽きないし心を奪われてしまった。
自信の無い、抑圧された少年が詩に出会い、芸術を愛することで道を切り開いていく。彼の周りには不思議なキャラクターで溢れているけれど、彼らも中身は人間味あふれるヤツで教訓のようなものを数え切れないほど学んだ。

一度観ただけでは物足りない。
ずっとその世界に浸かっていたい。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.7
観たいけどある意味観たくないような、少しトラウマになるくらい独自な感性の監督の新作。相変わらずフリークスだらけで、息子のムスコも全開。もう笑っちゃうシーンも多数。次にどんな場面になるか予測不可能すぎる。今回も見たことない強烈なシーンをイッパイみれました。
DUNEを見て以来、監督の人間性に興味を持ち、今回の映画の青年編でも、こうやって生きてきたのを知り、今後の人生をどう生きたのかまだ見てみたいと思った。
しかし赤髪ステラは強烈でした!
ずっとずっとずっと観たかった『エンドレス・ポエトリー』。
最っ高だった。最初から最後まで、ホドロフスキーのマジックにかかったみたいに夢中になった。
自由に生きる素晴らしさと残酷さ。フリーダムよりリバティって感じの自由を感じた。
好き。この映像美を待っていました!
途中で、アメリを彷彿とさせるシーン、エターナルサンシャインを彷彿とさせるシーンがあって、それは勝手に感じたものなんだけど、ぐっときた。私が好きな映画はこういう映画なんだ!って改めて思った。
ホドロフスキーの世界を全身で浴びたい!と思うね。こういう作品に出会うたびにどんどん映画が好きになる。
きよこ

きよこの感想・評価

4.0
【反面教師】

全てが甘美で色彩豊かで、走馬灯のようにキラキラ光っていた。今まで生きてきた記憶が甦る瞬間。

歓びも悲しみも苦しみも
どれも美しく儚く
尊いものにかわるから。

生きろ生きろ生きろ!
老いは全てを捨てられる。
全てを忘れさせる。
死をも悪くないと。

老いも悪いことばかりではない。
死を恐れるな。
そう、教えてくれる唯一無二の傑作。
律

律の感想・評価

3.0
現代アートの美術館をアトラクションでまわった感じ。ひとつひとつ立ち止まってじっくりみたい。
>|