エンドレス・ポエトリーの作品情報・感想・評価

エンドレス・ポエトリー2016年製作の映画)

Poesía Sin Fin/Endless Poetry

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:128分

4.1

あらすじ

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた…

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

「エンドレス・ポエトリー」に投稿された感想・評価

めぐみ

めぐみの感想・評価

4.7
感無量だった。2時間超の上映時間が一瞬にして過ぎた。終盤の父子のキスシーンが美しい。
小夜子

小夜子の感想・評価

3.5
オペラ歌手の母は歌うように話す、書き割りの背景など、奇妙な演出がむしろ良い。私的な物語だからこその力強さがある
Sachiko

Sachikoの感想・評価

-
私ももう一度抱きしめてあげることができたら、と思ってしまってエンドロールでずっとずっと涙が止まらなかった。
89歳になってもなお未だに過去にトラウマを抱えたカルト映画の巨匠ホドロフスキーが自身を癒す為に作った映画が、びっくりするほど私の心にぴったりと寄り添ってくれた。
とても個人的な感想だけど、彼がこの映画を作った行為自体が、自分で自分を許すことは簡単なことではないし、焦らなくてもいいのだと教えてくれたような気がする。
ホドロフスキーによるサイコセラピー映画って感じでした。