担え銃/チャップリンの兵隊さんの作品情報・感想・評価

担え銃/チャップリンの兵隊さん1918年製作の映画)

SHOULDER ARMS

製作国:

上映時間:44分

ジャンル:

3.7

「担え銃/チャップリンの兵隊さん」に投稿された感想・評価

方眼

方眼の感想・評価

4.0
1918年”Shoulder Arms”。軍隊ものショートコメディ編。
こじ

こじの感想・評価

3.8
戦争を舞台にした楽しいコメディ映画。

笑える箇所がたくさんある。

一番笑ったのは
チャップリン扮する主人公が
敵兵から逃げた先の家で
空襲で壁がなくなってるのに
一生懸命ドアに鍵をかけてるシーン。
意味が無さすぎるのに
安心してるチャップリンが可笑しかった。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.3
第一次大戦を舞台にした《チャールズ・チャップリン》のドタバタ喜劇。

長編作品の中で最も短く、それまでの中で最もヒットした作品だそうです。

本人は出来の悪さに嘆いたそうですが…
木に擬態するのってモンティパイソンでもやってたっけ?大好き。
レク

レクの感想・評価

3.9
回れ右すらできないヘッポコ兵隊が巻き起こす戦争喜劇。

チャップリンの名言"笑いとは即ち、反抗精神である。"
いち兵隊から戦争という愚かさを浮かび上がらせる風刺と笑い、そして現実の無惨さを同時に突きつける反戦のメッセージ。
これが『独裁者』に繋がると考えると凄い…。
Ivva

Ivvaの感想・評価

3.5
WWI下に公開されたチャップリンによる戦争喜劇映画。無声映画ながらチャプリンの表情や振る舞いが面白い。
木に変装してたら敵兵に本物の木と間違えられ斧で切り落とされそうになり、何とかしてそこから切り抜ける流れが好き。
死体が一体も出てこない戦争映画もなかなか珍しかったし、実際死人はチャップリン作品においてほぼ出ないとのことで、チャップリの流儀みたいなものを感じたなー。
水没した塹壕で寝たり、タバコに火をつけるためにわざと敵兵に撃たせたりするシーンは否応なく笑ってしまうし、同時に柔軟な発想だなあと感心する。
第一次大戦下の最前線を舞台に、おっちょこちょいの新兵チャーリーが巻き起こす戦争喜劇。

前線に沿って掘った塹壕を拠点に、両陣営が砲弾や銃で攻撃するが、残酷な描写は皆無。塹壕という非日常的な暮らしに焦点が置かれ、雨で水浸しとなる悲劇の中に喜劇を描く。

戦友に届いた家族からの手紙を覗き見し、自分の事のように喜ぶチャーリー。敵陣へチーズ砲を放ち、敵の砲弾で煙草に火を点けるチャーリー。

戦場という過酷な状況の中にギャグを連発する彼は、戦争なんて人間の愚行だと茶化しているようだ。

決死隊の一員となったチャーリーは、木に化けて敵陣へ乗り込み、「木を隠すなら森の中」という言葉を喜劇で見せてくれる。

木に化け、ドイツ兵に化け、捕虜となった戦友の救出と敵陣からの脱出に孤軍奮闘する姿は愉快。

チャーリーが敵陣を小銃で狙撃して、塹壕の壁にスコアを書き込む場面があるが、決して🔷死🔷を画面に入れない。スクリーン上、一滴の♦️血♦️も流さずに戦争を終結させるチャーリー。ラストで反戦思想を滲ませ、ちゃんとオチをつけるのは流石。

このレビューはネタバレを含みます

最高だね。
毎回ヒロインと巡り合って、結ばれるのが大好き。今回は夢オチだけど笑
戦争を笑え!

大局的な視点ではなく戦場の兵隊達に起きる局所を描くことで間接的にいつの間にかに戦争全体の愚かさが浮かび上がって来る。笑っているうちにじんわりと来る。
チャップリンは「人生はクローズアップで見れば悲劇、引いて撮って喜劇」と言いましたが本作は逆じゃあないですか。

冒頭の新兵の行進の練習風景。ガニ股でピョコタンピョコタン歩くチャーリーは教官からいきなり矯正するように言われ内股で歩く。
兵隊は他の皆と同じでなくてはいけない唯の駒なのだ。それだけのシーンで冒頭からそのことを感じさせる。

続いて歩兵が潜む塹壕のシーン。
キューブリックの『突撃』(1957)、近くは『1917命をかけた伝令』(2019)などでお馴染みの砲弾が飛び交う戦場の最前線。
こんな地獄のような場所に展開させるイマジネーション豊かな笑いの世界。強烈な臭いを放つリンバーガーチーズを敵陣に放り込むなんてアイデアは一体どうやったら思い浮かぶのか。

本作を完成させた後にチャップリンは本作の出来栄えを気に入らずに「ゴミ箱にぶち込んでしまおうと思った」と言ったらしい。
全く天才の考えることは解りません。
>|