帝一の國の作品情報・感想・評価

帝一の國2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

3.8

あらすじ

「帝一の國」に投稿された感想・評価

あやか

あやかの感想・評価

4.1
俳優さん達が豪華で、目の保養。

全力投球なお芝居が良かったし、
笑いもあって良かったです!
おはる

おはるの感想・評価

4.2
「僕は生徒会長にどうしてもならなきゃいけないんだーッ!!」

原作は未読、その上あらすじも碌に知らないまま観た結果、何これクソおもろいやん!ってなった。
涙あり笑いあり、やってることは下らないが超熱い漢たちだけのプライドをかけた戦い。今をときめくイケメン俳優たちが恥も外聞もなく全力で馬鹿をやっていたのも好印象。

しかしまあ特筆すべきは永野芽郁でしょう。エンドロール、クリープハイプの『イト』に合わせたヘンテコなダンス。殺人的に可愛いと思いました。
nanase

nanaseの感想・評価

4.0
役者のテンションがみんな振り切れてて最高だった。テンポよく進むし最近見た邦画の中でいちばん!
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.9
うーん、面白い!
開幕してすぐの怒涛の展開、そこからの不自然極まりない演者たちのテンション、パワフルすぎるキャラクター。
想像を超えたパワーで、始まってすぐに魅入ってしまった。

漫画原作となると、どうしてもついてけない部分があったりするけども、今作においては、その"ついていけない感"を武器にしてるというか、演者たちみんなで映画の独特の雰囲気を守っている感じ。

政治を凝縮したような学校のシステム、そして生徒会長への道など、見ててすごく楽しい。
また何と言っても登場キャラクターが魅力的で、応援しがいがあるのも良かった。

終盤ダレて退屈な部分もあったが、ラストシーンは見事だった。今までの鬱憤を晴らすようなエンディングで、後味バツグン。
菅田将期だったので、5回見に行きました。普通に古屋兎丸の原作が面白かったから良かったけど、原作のいい部分が削られててそこはマイナスポイント。古屋兎丸の話って、全部面白い。
なぽり

なぽりの感想・評価

3.8
コミカルさが全面に出過ぎていた予告が苦手で敬遠していたのだけれど観てみたらおもしろかった!!
なんといってもイケメン揃い。なかでも竹内涼真の役どころは爽やかすぎてズルい。いつもなら千葉雄大がやりそうなかわいい役を志尊淳が。千葉雄大はちょっとクールに。あの将棋の漫画のあの主人公意識してるようなポーズがよかった。
ふんどし和太鼓の後にずーっとケツ出してるのがおかしいやら目の保養やらでごちそうさまでした。いや、そんなにケツ見たいわけじゃないんだけどね。やっぱりレアですよね。志尊淳くんの上半身裸は見てはいけない気がしてしまう(笑)ありゃ半分女子。
吉田鋼太郎と菅田将暉のテストの結果発表シーンがめちゃツボ。あの全力さ(笑)
なにげに生徒会長が木村了ってのがまたいいよね。
エンドロールの永野芽郁ちゃんのダンスかわいい。ロミオとジュリエット風のベランダのシーンで着てる衣装全部かわいい。
予告ほどコミカルさベタ推しじゃなくておもしろかった!忘れちゃならない間宮祥太朗の神々しさね。ってか半分朝ドラじゃないか(笑)クリープハイプの曲も最高です。
せきね

せきねの感想・評価

3.2
ただただイケメン
あまり引き込まれなかった
でも終わり方は好き
なんの意図せずに見てたんだけど、段々の引き込まれる熱量が凄い。
テストの点数くらべるところで完全にハマりましたわ…。この親子楽しい!(自分だったら嫌だけど)

官軍になる作戦からのマイムマイムになるのが謎だったりと、んんと思うところあったものの、テンポ早いからそれも良き。

なぜ?を考えすぎると、良くないこともある。友情も腐れ縁も、そのイトの持ち手が優秀なら、あやつり人形も悪く…ない?


エンドロールのダンス良かったです💃
seika

seikaの感想・評価

3.5
久々に邦画見た〜
野村周平かっこよき、ああいう役ハマる
とりあえずみんな個性つよすぎぶっとんでる
なむ

なむの感想・評価

4.0
テストの点数くらべる親子かわいい
イケメンたくさんでてくるけどやっぱりわたしはイケおじが好きだ(吉田鋼太郎)
>|