淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

やっぱ浅野忠信ってすごいね。あの、白いつなぎを駆け出しながら脱いで行く姿目に焼き付いている。中には真っ赤なTシャツを着ていた。ずっと自分の罪を償いながら静かに生きて行きたいと語っていた僧の様な男の内側は、怒りが煮えたぎるラバだったのか、一旦蓋を開けるともう閉める事はできないのだ。無表情なのに、それが全身に表れていた。

最後一列に並んで寝転ぶ姿はむしろユーモラスだった。誰が死んだか未だ生きているかは余り重要ではない。喩え生きていても、又ずっと罪に苛まれ、苦しみ続け同じ事を繰り返すのだろうから。

素晴らしい映画。ここまでの作品は滅多にない。「罪と罰」深淵なテーマだ。生きるとは、罪とは、罰とは、因縁とは。でも相当大人でないとこのテーマは解らないと思う。成熟した地、ヨーロッパで大絶賛された理由わかります。

このレビューはネタバレを含みます

カチカチカチってメトロノームの音が続いていくのが残酷におもえてくる。筒井真理子すきになった。
ラスト、心臓マッサージをする順番が妙にリアルで残酷だった。
yuki

yukiの感想・評価

-
怒る八坂、微笑む八坂どっちも恐かった。
Mikiffy

Mikiffyの感想・評価

3.8
中盤の赤いTシャツと最後の赤いワイシャツの存在感。
AyanoKajii

AyanoKajiiの感想・評価

3.5
救いない
tomyam

tomyamの感想・評価

3.0
気味の悪い映画としては面白かった
とらみ

とらみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

うーんピンとこない
八坂が元々犯した犯罪とあの家族にしたことが結びつかない
犯罪者にこそ祝福をと迎え入れるキリスト教徒、赦し、罰、裏切り、家族の在り方、手を洗い続ける心理とか色々描きたいものは分かる気がするんだけどあの犯罪者がこういうことをするかというと何か違う気がしちゃうなぁ
でもこういう作品は何年かして見直したりすると全然違う感想になることが多いからもっと色々経験積んでからまた観てみたい

大人の蛍ちゃん演技がんばったなぁ
ただ車椅子に乗って無表情とかベッドで意識不明みたいにお茶を濁さなかったのはインパクトがすごかった
最後タカシどうした
八坂のもう1つの顔が見える瞬間、あれ印象的。
浅野忠信と古舘寛治の演技どちらもすばらし!!
>|