「愛、アムール」に投稿された感想・レビュー

しゃみ
しゃみの感想・レビュー
3日
3.5
愛しかなかった。
mayujessicarrie
mayujessicarrieの感想・レビュー
3日
3.0
純粋に好きな映画か、と言われると違う
映画がお部屋の中だけで進み、見ていて苦しくなった
それと似た苦しさが二人にもあったと思う
愛があったとしても
Shiori
Shioriの感想・レビュー
2017/03/22
4.4
記録
mii
miiの感想・レビュー
2017/03/22
3.0
フランス映画らしい映画だった。
清水瑶志郎
清水瑶志郎の感想・レビュー
2017/03/21
3.7
かなり亡き母を想起…

電動車椅子で遊んでるところ、すごいハネケだなと思った
zk
zkの感想・レビュー
2017/03/20
-
記録
あお
あおの感想・レビュー
2017/03/20
3.4
少し怖いくらいの愛
私には持ち得てないもの
W
Wの感想・レビュー
2017/03/20
4.6
とてつもなく繊細な「愛」の物語。

親子や他人に比べて、恋人や夫婦は対等な関係だ。だからこそ、その相手に看取られることは一番幸せなことかもしれない。だけど看取る方は、それまで人生を対等に歩んだからこそ余計に、弱ってゆく相手を見るのが辛いだろう。

この手の話は取り扱いがとても難しい。ちょっとでもさじ加減を間違えると違和感を抱きかねないところを、ギリギリのところで成立させている。

理由はいくつかあると思う。
まずは、役者。とにかく夫婦役の2人が素晴らしい。
その場で手を重ね合わせているだけで、若いときの幸せなひととき、出会いから今までの長い時間の積み重ねがじわじわと伝わってくる。
アカデミー賞にノミネートされたエマニュエル・リヴァもだけど、個人的には実質的な主人公である旦那さんに感動した。

部屋に鍵をかけたり、奥さんの手をさすったり、真夜中に思いつめたり、つい手を挙げてしまったり…ほとんどが無言で行われる行動を通して、彼がどれだけのものを背負っているか、どれほどの覚悟をもっているか、そしてどれほど奥さんを愛しているか、痛いほど伝わってくる。

もうひとつは、音楽も、カメラワークも、セリフも、徹底的に無駄なものを削ぎ落とし、観客に2人の心の動きだけを提示し続ける演出。息が詰まるほど静かに、2人の物語だけが存在している。

この映画は決して、「尊厳死」とか「年を取ることは辛く苦しい」とか、そんなことを言いたいのではないのだ。

長年連れ添った2人の、無駄なものが削ぎ落とされた「愛」。誰でも手に入れる可能性はあるのに、なかなか死ぬまでもち続けるのは難しい「自分を愛してくれる人」の尊さ。

ひとりの人が、自分の命をかけて愛する人を守り抜こうとした。
最後の彼の決断は、あくまでも最期まで彼女を守り抜くための手段だったのだろう。
れん
れんの感想・レビュー
2017/03/20
4.2

このレビューはネタバレを含みます

考えさせられすぎて感想がまとまらない……
終盤にさしかかるまでの介護描写が飽きがきてしまうほどに長いのだけど、その介護をしている様子を長々と見せられているからこそ、最後のおじいさんの選択を頭から否定することができない
本当に大切だからこそ相手の望みを優先すべきなのか、大事な人だからできるだけどんな手段を取ってでも一緒にいられるように計らうべきなのか、、
少なくとも今は答えがでなさそう……
>|