セールスマンのネタバレレビュー・内容・結末

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

イランのサスペンスということで見たけど、ストーリーがとにかく胸糞悪かったし、役柄とわかっていても老人が気持ち悪くて仕方なかった。

犯罪者でも、家族にとっては偉大な父親で、人間いろんな面がある。怖いけど、傷ついてもなるべく多くの面を知りたいと思うな…
犯人には同情の余地なし。何も知らない奥さんや娘さんが可哀想だったけど、知らない方が良かったんだろうな

懲らしめたい気持ちは充分にわかるけど、問い詰める間、犯人と妻を長い間同じ空間にいさせるのは酷だった。
イランのお国柄や女性の社会的地位
アーサー・ミラーの『セールスマンの死』などなど
………勉強不足だった 🙇‍♀️🙇‍♀️

背景に対する知識が有れば
絶対もっともっと楽しめた作品だったと思う

警察への通報を頑なに拒む妻
隣人の噂を極端に気にする夫婦
それらの心情に共感出来ないと
イライラともどかしい

突っ走り過ぎる 夫 エマッド には
私は個人的には共感したのだけど😅💦
「私刑と許し」
という意味では 奥さんのラナの方が 正しいのかな
モヤモヤが残る

*4/30 DVD鑑賞
うーん…これは…何とも言えない気持ちになる。

犯行自体描写は無いし妻も語らない。
前住人は一切出てこない。
結局こちらが知りたい事実がうやむやなまま終わってしまった。

最初は犯人許すまじ!夫よ復讐だ!突き詰めろ!と思ってたのに犯人判明した後はもう虚しさしか…
とりあえず(ジジイ…お前マジか…)が凄かった。
そしてそのジジイの家族との関係性。
主役の夫婦よりも家族愛を感じてしまう切なさ。
確かに事件後もう少し夫には妻を気遣って欲しかったし冷た過ぎないか?とも思ってた。
イランという国の背景も考えながら観るべき作品。

戯曲に関しては観終わってから色々調べたけどなるほど…と唸りました。
あそこをちゃんとしとけば何もなかったのに、ってのと男の空回りで前半イライラ。

終盤は引き込まれた。でもあの爺さんにそんなエネルギーがあるとは思えなかった。
プライドとか見栄とか格好の為に男がムキになるとき空振りしてしまうのがすごくいい。やっぱり反射がよいアクセントになるね。画の面白み。次あの部屋に戻ったら、次あの人に会ったら何かが起こってるかもしれないっていう疑惑が支配する話の運びが見事。罅の入ったガラス窓がある家でこれからも暮らしていく。パートナーに違和感や疑念を持ったままずっと暮らしていく。ああ暗い話だ。
なかなか集中して見れなかった、、、。この作品というよりも、自分の問題です、笑。

世の中はグレーだな。グレーにしようとしているだけかもしれないけれど。しんどい。

事件には被害者と加害者がいるけど、本当に被害者は割に合わない。被害を被っただけでなく、その後もその事に苦しみ、周りの人もその事で苦しみ、しいては大切な人との関係もおかしくなってしまったりする。

犯人のおじいさんが悪いけど、復讐ってなんだろう。だけど、どうやって罪を問えばいいんだろう。どうやったら2人は救われるんだろう。なんでこんな事になってしまったんだろう。

主人公じゃない立場から考えてみるのも、興味深い気がします。
暴行された妻。
怒りに燃える夫。
事件を忘れたい妻。
犯人探しを始める夫…

ある事件を境にすれ違いはじめる夫婦の心理を描く、ミステリーっぽいドラマ映画。
行き場のない気持ちの落とし前をあなたならどうつけるか、を問われているような感じで、気まずい鑑賞後感だった。

劇中劇のような扱いで、主人公夫婦が演じる舞台「セールスマンの死」。
その筋書き通り、舞台の上でも、日常生活でも、寛容さを失い孤立を深め追い詰められていく主人公。
そしてもう1人の"セールスマン"が登場し、彼もまた追い詰められ"死"を迎える。
そのとき夫婦の心に去来するものとは…

面白いので是非観て、とは言えないが、喉に刺さる魚の骨のように倫理観や罪悪感を刺激する良い映画だった。
アスガーファルハディ監督。イランの巨匠?イラン映画自体が初。昨年のアカデミー賞でトランプ大統領の入国措置に対抗して式をボイコットして話題になった監督。『別離』を数年前に友だちに勧められたけど、ようやく観たいと思えた。深い。

男女によって意見が分かれる映画。自分は夫エマッドに感情移入してたから進展にもどかしさを感じた。でも被害者である妻ラマからすれば、家に侵入されて暴行を受けたことなんて公にされたくないし、特に男尊女卑が未だに根深く残っているから、夫婦間で意見が食い違い、ラマがエマッドに「犯人の家族にすべて話したら終わり」って台詞がずしんときた。エマッドは愛する妻を想っているから犯人を追い詰めてるのに、ラマはそれを望んでいない。

夫婦関係が第三者によって壊されてしまう。最近観た『スリービルボード』を思い出した。原因は外にあるのに関係が破綻していく様は当事者からしたらツライだけ。

考えさせられる内容だった
めっっっっっちゃ落ち込む…けど、こういう映画大好き…。

劇中劇として演じられる セールスマンの死、知らなかったので観終わったあと調べた。でも知らなくても68%は理解できると思う。あ〜…。大好物。最悪なほう最悪なほう、気まずいほう気まずいほうへと進むストーリーと、終わったあとの胸がズーンと重くなるラスト、最高に後味悪いけど めちゃくちゃ計算されてない?これ。気持ちいい…。最悪だけど…。

わたしもそうだけど、イランの映画ってだけで(つまり大国ではない国が作る映画ってことで)なんとなく 面白いの…?って尻込みする人が多いと思うんだけど これは面白いです。後味悪い映画好きな人は観て欲しい。

2018年最初に観たエルと似た事件が起きて 生活や人生をガラリと変えられてしまった主人公夫婦、そしてそれを取り巻く人達の あっそこで?えっそこを?みたいな微妙〜な胸糞悪さ、自分の倫理観がグラつかされる感じ、いいものみました。
なんか、自分慈悲深くないから、最後ゆるせるかな?と思った。見てスッキリは全くしない映画。
個人的には、別離とある過去の行方の方がより好きかなぁ。
>|