セールスマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

初のイラン映画!
〜マンシリーズの中でも極めて地味そうなセールスマンというタイトル
どんなお話なのかなと見始めました

突如揺れ出すマンション、逃げ惑う住民
その下で工事が行われていた
こんな理不尽なことってあるんだって衝撃でした😅その後の住居も自分で決めないと行けないってゆう

今作の内容はここじゃなくて笑
ある事件をきっかけに夫婦間がおかしくなっていくという悲劇を描いた作品

この事件に対する男女の接し方、考え方
行動がうまい具合に分かれていて
男女間での違いを上手く描いていたと思う

夫は生徒にも好かれるいい先生で
理不尽な人にも真摯に対応する
まさに正義の人であった
それが事件をきっかけにどんどんおかしな状況にはまっていく

復讐という感情の恐ろしさ
そこから生まれる疑心のリスクの高さ
そして訪れる悲劇に対する2人の表情

傷つけられる人視点の苦悩はよくわかる
色んなことに怯えたり、信じれなくなったり、側には愛する人が励ましてくれる

傷つけた人側にも同じように愛する人が、心配してくれる人がいる
その光景を見ていると、感情の整理がつかなくなってしまう

なんとも言えない余韻を残していく
Kei

Keiの感想・評価

3.0
ある事件をきっかけに夫婦の心がどんどんすれ違い、離れてく。なんで警察に早く届け出て犯人捕まえないのって思ったけど、イラン社会ではそう簡単ではないんだろうな。女性の立場や世間の目とかも。ちょっと消化不良。
Naoki

Naokiの感想・評価

4.2
メインストーリーと劇中劇で物語のレイヤー構造が何倍にもなっていて、登場人物たちのように観客も様々なベクトルの感情を抱かせられる。
暴力や男女の価値観が日本や見慣れたハリウッド映画のものとは異なるので、圧迫された感情がどう爆発するのかハラハラさせられた。
社会派ドラマとして秀逸な映画。
見どころが沢山ある。
イラン映画って初めて見たかも。これは心にジワジワと来る作品でしたね。

誰も悪くないんです。誰もが被害者であり加害者でもある……

虚しさと罪悪感しか残らないラストには、言葉を失いました。

ある夫婦に起きた傷害事件。こちらの犯人を捕まえようと奮闘する旦那さんの話なんですけど、エンタメ性は皆無です。思いっきり社会派な作品でしたね。

劇中でも演じられている演劇
アーサー・ミラー作「セールスマンの死」
こちらの内容を知っている方が、映画の理解もしやすいかも。オマージュというか、リンクする部分もかなりあって、うわぁ~ってなりますよ。
(ごめんなさい。日本語下手くそでw)

あと、主人公である旦那さんは学校の先生なんですけど、授業でイラン映画「牛」を扱ってるんですよね。
1963年の作品なんですけどDVD出てるのかな?見てみたいんですけど、一度も見かけたことないです^^;
こちらのあらすじも読んでみると、かなりオマージュしてるのが伝わってきますよ。
↓参考(英語ですけど)
https://en.m.wikipedia.org/wiki/The_Cow_(film)

ラストの夫婦の表情には、なんといっていいのか……
ホント震えますよ。
atsu

atsuの感想・評価

4.0
良作だし。最後は何ともやりきれない。人が人を裁くのはむずかしい。
葉咲杏

葉咲杏の感想・評価

4.2
細かいことはよくわからないです。バカなんで。ただ引き込まれ2時間ちょっとあっという間に終わった面白さ。タメですか。
yoshihiko

yoshihikoの感想・評価

3.4
うーん。。。
全体的に重い感じのストーリーはともかく、随所に宗教の違いによる違和感というか、へぇ〜イランではそうなるんだ、的なシーンが沢山あり、そこが私の中ではこの作品を観たうえでの1番の収穫でした。
日本人、特に若い世代になればなる程、あまり宗教を意識していないけど、海外の方は宗教についてはもっと厳格で熱心ですよね。それが故の生活感の違い、表現の違いが勉強になりましたね。

あの2人、あの後はどうなるのかな?って観てる側に想像させるエンディング、その辺も良かったと思います。
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

3.6
<サスペンスの中で繰り広げられる、夫婦のズレが怖い>

日本に暮らす私たちにとって、中東の国『イラン』社会というものは縁遠い。宗教、文化、経済、全てに対して、あまり馴染みのないものに感じるのだが、映画を通じて、それらを知ると、とても身近に感じてしまうから、映画というもののパワーはすごいものがあると思っている。

本作『セールスマン』の監督作品である、『別離』『ある過去の行方』は両作品とも観ているので、この独特な作風とイラン社会の風景は、『あぁ、観たことある』という感じで、す〜っと入っていけた。

特に、アカデミー賞では外国語映画賞を受賞している作品なので、観るのが楽しみだった作品の一つだった。

冒頭から、イランの乾いた風景が、なんとも寒々しくて、何かが起こるようなソワソワ感にさいなまれる。映像全体がドキュメンタリー風に構成されていて、手ブレ感いっぱいのカメラワークが落ち着かず、なんとも、胸騒ぎが続くのが、この監督の特徴に思う。

若干、助走が長いものの、色付け無しのサスペンス部分は独特で、表に出さず、押し殺す感情のぶつかり合いは、実に息苦しく、微妙な夫婦のズレ感は、ここまでくると悪意を感じるほど。(笑)

ハリウッド映画のような、白黒つける決着の付き方では無いので、モヤモヤ感は残るだろうが、このモヤモヤ感の方が、より残酷な結末であることを感じさせるイラン映画であった。
さとし

さとしの感想・評価

3.8
相変わらず地味に良作のイラン映画。娯楽としては趣味ではないんだが、ずしりと重たい人生訓。罪人とその近親者と、被害者とその近親者と。あなたはどれに当てはめてしまう?私はつい罪人。w 夢を見そうなほどにツライ。w
Oandg

Oandgの感想・評価

3.8
 地味ながら最高の映画時間を味わえる。

 毎度のことながらやりきれなくなってしまう。脚本、演出のうまさは世界のトップクラス。

 派手なハリウッドにうんざりしながらも極上のストーリーテリングを観たいならば絶対オススメ。 
>|