セールスマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

壺尊師

壺尊師の感想・評価

2.8
見ていて自分の生理にあわずイライラもやもや。イランの文化の違いと男女の立ち位置がわからないと凡そ理解不能な心理描写。
最後までもやもやが晴れず、結局なにが伝えたかったのだろうと疑問が残って終わり。

『彼女が消えた浜辺』は好きなんだけどね…。
福之助

福之助の感想・評価

2.7
セールスマン。タイトルから想像してたより重い内容です。
観てあてイライラするかも知れませんがそれはイランのお国柄が理由かも知れません。
そしてラストはどんでん返し。とにかく暗い映画です。
イランの実情とか女性の置かれている状況を把握していないと結構厳しい。。
アーサー・ミラーの『セールスマンの死』の劇中劇と絡めながら描かれていくのだが、主人公と犯罪に合う主人公の妻の心象描写が物足りなかった。正直「なんでそこでそんなことするの?」って事がたくさんあって全然感情移入できない。後味の悪いのは別にいいのだけど、それよりも気持ちが悪い、むず痒い感じ。文化の違いなのかなぁ。。。
あと主人公の妻が家に押し入られた時に犯人に何をされたのかが結構重要だとおもうんだけど、それがよくわからない。強姦されたっぽい感じでは描かれてるんだけど、それにしては本人と夫(主人公)の雰囲気がそんな感じじゃないんだよなぁ。犯人と会うシーンでも妻は普通に犯人の心配とかしてるし。もし強姦されたんじゃないなら、主人公がそこまでブチギレなくてもいーだろと思ってしまうし。まぁそれも文化の違いだよと言われたら何も言えないですが、、
これでも2016カンヌの脚本賞なんだよね。私の理解力不足なのだろうか、、、
とにかく全体的に自分好みではなかったということですかね、、、、
2018-56
Walter

Walterの感想・評価

3.5
開いたドアその先の不穏な雰囲気や演劇と実生活の対比や人物の内面を感じさせる演出は素晴らしく感情移入しやすかった。目の離せない後半からの衝撃的で絶望感あるラストは後味が悪いが人生の業と深さを感じた
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.0
「別離」がとても良かったので期待したのだけど、私としては「別離」を超えられなかったかなと感じた作品でした。

それでも、妻が襲われてからの夫婦のスタンスが見事に違っていくのが面白い。それを二人の趣味の演劇の演目に絡めていくのも、間接的で面白い。
で、そもそもなんで警察に言わないのかが理解できない。と思ったら、警察はあまり信頼がないらしい。でも、あの状況なら自分も躊躇するか?いや、ないな。

そもそも、壁が崩れるような住宅がありえないんですけど!
序盤がかなり地味目なせいか
ながら見してたら
いつしか終わってたで候。
おりこ

おりこの感想・評価

3.7
『別離』も良かったけどこれもいいなあ。犯人探して制裁するかと思いきや。これがイランって国なのかな。良い映画だ。舞台とのリンクはちょっと判らなかったが。
何とも言えない結末。後味悪め。。
多分しっかり理解できなかった。

イランの宗教的なところや
「セールスマンの死」の知識が浅かったけど
そこの知識あったらもっと面白いかも。

舞台劇とも連動して夫婦がギクシャク。
どっちの気持ちも分かるけどさ。。。

結局復讐には進んで、まさかの展開。
犯人分かったぐらいまでは微妙だったけど、
その後の展開はびっくりしました。

感謝されまくってんのつらいwww
からの一気に罪悪感。表情固まる。

事実がハッキリしてないぶん、
真実の悪って果たして、、、?
イスラム世界の映画というと、私の中ですぐに思い出すのは「別離」、「運動靴と赤い金魚」などの印象的なイラン映画。政治の世界ではアメリカと対立し、北朝鮮と裏の太いパイプで繋がっているとても怪しいイスラム原理主義の国という印象なのだけれど、イラン映画に登場するのは、人として私たちと同じように笑ったり泣いたり、同じように善悪を感じとり自分の言葉で話す人々だから、共感出来てとても親近感がわく。この作品も宗教色は全くなく、主人公の夫婦はアメリカの演劇作品を上演している。戦前の日本のように、敵性国アメリカのものは何でもダメ、というようなことはイランでは全然なさそう。だから(北朝鮮と違って)イランの印象は私の中では結構よい。映画の力は政治に勝るということですナ。
          *
「セールスマン」というタイトルからはストーリーも主題も全く想像できなかったので、それに音楽が無いせいもあって、とっつきにくい始まり方だったのだけれど、事件がおきてから物語が突然シリアスに動き始め、俄然ストーリーに入り込んでいきました。こういうことは、イランだけでなくどこの国でも起こりうることでしょうから。
          *
許しがたい事件が妻の身にふりかかり、夫は犯人を見つけ出そうと動き始める。復讐は良くないし、もう少し妻の気持ちにもなってあげれば、と日本人なら感じるだろうと思っていた矢先…、それだけでは終わらずもう一つエピソードを絡ませてくるあたりが、深みの増したよい脚本でした。「別離」の監督(アスガ-・ファハルディ)でしたか、ナルホド。この監督は、どうしたらよいか迷うような実に微妙なシチュエーションに観客を陥れるのがうまいですね。
セールスマン
アカデミー賞外国語映画賞を受賞したということで・・。イランの映画でサスペンスって??というかイラン映画を見るのは初めてです。事件の核心はどうだったのか最後まで分からずぼやかして描かれていますが、その辺りがイランの男尊女卑の世界なのかなと。全体的にとても新鮮な感じで鑑賞できたのはよかったし、子供と猫が可愛いのは万国共通でほっこりと見れました。
>|