セールスマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

こーじ

こーじの感想・評価

3.0
自然な演技と作品の安定感といえば是枝監督かこの人。今回も緻密な脚本は実に見事。ただ、過去作と比べると技巧に走りすぎて作品そのものの爆発力は弱く感じた。いや、観るこちら側が慣れてしまったのか。とはいえ異文化を知ることはやはり興味深い。
ひと組の劇団員夫婦を主人公に、
妻が自宅で何者かに襲われた事件をきっかけに、
表沙汰にしたくない妻と犯人を見つけ出すことに執念を燃やす夫の間に思わぬ感情のすれ違いが生じていくさまと、
事件の衝撃の顛末を緊張感あふれる筆致でスリリングに描き出していく。
犯人の正体もそうだが、
犯人が分かるタイミングも意外性があって面白い。
事件の内容と犯人にギャップがありすぎた。
クライマックスで、
加害者と被害者の立場が一転するというのは、
意外でしたが、
それでも犯行に及んだ男の罪は消えない。
事件を忘れたくて詳しく語らない妻。
自己弁護をする犯人。
どちらも真実性が感じられない。
起きてしまったことをなかったことにはできない。
果たして、
妻は気絶している間にレイプされたのか、
劇中ではあえて語られることはなかったので、
様々な解釈ができそう。
合理性を欠く行動をとって「何か裏があるのか?」と思わせる妻と、合理的な解決を望むのにいちいち妻や周りの人間に邪魔されてイライラしてくる夫、以外の見方がわからなかった。
劇とリンクしてる?
イランの風習が関係してる?
知らんがな。
エンドロールが流れ始めた瞬間

「?」

になった。

バカにはわからない内容ですか、そうですか。
それでも最後まで見させる内容ではある。
同ファルハーディー監督作品「別離」が大好きな私としては期待し過ぎちゃいましたかね。それぞれの立場からの"言い訳"に納得しつつも、それぞれの置かれた状況がイタ過ぎる。絶妙なんですけどね、全体的に少しずつ物足りなさを感じてしまいました。
kitauuu

kitauuuの感想・評価

4.6
正義と自意識
正義感と自分本位?かね?

普段生活する自分は自分じゃないんだろナ

ビニール袋に金いれて、おっさんに渡した直後の右フックのスピード速すぎ🤛

イランの是枝です。
知春

知春の感想・評価

5.0
この映画は感情的な制裁をめぐる「正義」の話しではないかと思う。しかし、主人公が自ら正義を行使しようと足掻いて一体何が残ったのだろう。そもそもアパートが壊されてなければ、ちゃんとドアフォンで確認しておけば..私達が生きている世界がそもそもコントロールの出来ない不条理に満ちている。その中でもがいても虚しさが積もるだけだ。

主人公達が劇役者をしているシーンが何度も登場するが、シナリオに沿って一応意味づけされた世界は、不条理でもまだなんとか解釈の余地がある。しかし、それは映画の中の劇を見る観客しかり、この映画「セールスマン」を見る観客しかり、あくまでそういった意味づけの世界と私達の日常を比較して、一定の満足を得るだけに過ぎない。私達はそこに起きている現象を、空の上から神のように眺めるごと見ているが、それだけだ。思えば主人公が怒りに満ちて犯人を探すのも、どことなく神の怒りや制裁といったものを想起させる。しかし、そういった神の態度をこの映画は少々皮肉っている気もする。神が全てコントロールできるならば、何故何もしないのか。何故、何かが起こったあとに怒りを持って罰すのか。そういった問いかけだ。

言われもなく、イランはシーア派をマジョリティとするイスラームの国だが、様々な政治的歴史的な事情で、欧米化がかなり進んでもいるし、多くの人はその価値観に慣れ親しんでいると思う。しかし、どれだけ神を信じていようが、近代的価値観は、イスラームにおける秩序を揺るがしてくる。しかし、不条理自体は幾らでもやってきてまた勝手に去っていくのだ。
a

aの感想・評価

3.4
サスペンス寄りのドラマ!
表沙汰にしたくない奥さんの気持ちもすごくわかるし、妻の裸を見られしかもお金が置いてありカッとなる旦那さんの気持ちもすごくわかる。
すれ違っていく夫婦…
犯人がわかってもなんともスッキリする事のない、憂鬱で悲しい感じ!
あれは愛なのか復讐なのか…
とことん落ちていく物語でした(笑)

子役の子が可愛すぎる♪( ´▽`)
ユキ

ユキの感想・評価

3.8
ほほぅ(´~`)
初イラン作品。
面白かったです。

さほどサスペンスしてないですが、
ラストの後味の悪さは考えさせられるものがあります。
アスガー・ファルハディ監督の過去作「別離」が良かったので、期待度が高い状態で鑑賞した結果、期待度が上回りました。

サスペンスもので「妻を襲ったのは誰なのか」を突き詰めていく内容で、見終わった後に虚しさが残る作品でした。
いたたまれません。レイプ犯がおくさんのことを娼婦と勘違いして置いていったお金をたまたま見つけてそれでうまいもんを食おうとしますが、途中で気付いて料理を捨てるシーンは実によいシーンでした。感情の起伏と行動の移り変わりがみえました。基本静かですが心理描写が丁寧で好感持てます。が、なんだかしっくりきませんね。
>|