セールスマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

サスペンスの雰囲気作りがしっかりしてた。最後の死の重みの表現も良かった。ただ、犯人分かってからの葛藤が文化的背景に詳しくないせいかいまいち分かりづらく感じてしまった。戯曲『セールスマンの死』も観ていたらもっと本作の良さも理解できたかもしれない。
okke

okkeの感想・評価

-
2017年10月 早稲田松竹にて 併映『人生タクシー』
初めてイラン映画観た
繊細な描写、心情表現、映し方が、上手い
あとからじわじわと胸くる焦り、不安が観ている方にも伝わってくる
あと、ペルシャ語がフランス語に似てるなぁって思った。聞いてて心地よい響きだった
ぴ

ぴの感想・評価

-
アジの南蛮漬けを作ることと天秤にかけて…第三者、それ以上でもそれ以下でもない人々のごくパーソナルな面を窓越しからドアの隙間から不可抗力によって、そしてやじうま根性抜きに覗かされる、共感することはないけれどものすごく生々しい対岸の火事…まとまらないけどまとめるとセコムしてますか?って話です
KENJI

KENJIの感想・評価

2.0
構成がのれない… 作りこんだOPだけに、中身の演色が足りない。

じわじわ進むサスペンス調。
犯人がわかってからの葛藤が苦しい。皆んな死を知らないから苦しい。


2017-148
Masumi

Masumiの感想・評価

3.2
【早稲田松竹2本立て】
謎の多い映画でした。

奥さんを暴行しかけて怪我させた犯人は、ちゃんと法に裁かれ罪をつぐなうべきじゃないのか?

襲われそうになった女性側が、自分を責めて犯人を許そうと努力しているあたり切ない。
やるせない。

こういうのって、イランにかぎらず、日本でも起こりそうなお話ですね。

劇中劇の【セールスマンの死】知らないので、いつか観たいです。




...同監督の【ある過去の行方】は苦手でしたが、この映画はまぁまぁだったかな...?と思います。
全体的な雰囲気が、先日観た【午後8時の訪問者】にちょっと似てたような気がします。
腹減ってて集中できてなかったかなぁ……どうもいまいちノリきれなかった。
面白かったんだけどもっと面食らうかと期待したら意外と普通だったなと思ってしまった。
ファルハディの他の作品も、いずれ観ます。
saki

sakiの感想・評価

3.0
セールスマンの死を観てないと、この映画の緻密さが分からないや
2017.11.3@早稲田松竹
《アスガー・ファルハディ×ジャファル・パナフィ イラン社会を映し出す巨匠たち》
>|