セールスマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

こえ

こえの感想・評価

4.0
アスガー・ファルハディ監督。過去作ほどの答えのなさはないけど、それでも切実な現実が生々しく伝わってきた。人間の悲喜劇。ちょっとマンネリかも。
ファルハディ監督のこれまでの作品と比べると味気ないというか、斬れ味がないというか、終わった後に物足りなさを感じてしまった。

映画としては普通に面白いし、傑作だとは思うけど、ファルハディ作品がどれも想定以上の面白さだった為に、少し肩透かしを食らった。
こーた

こーたの感想・評価

3.7
夫婦の気持ちはどちらもわかる。「牛」というイラン映画の内容を聞いてなんか納得。
前作見た「別離」と思ったが非常に心理サスペンスが上手い監督であると思った。今回もある意味で羅生門スタイル。音楽がない中でどんどん心理的に追い詰めていくのは見ていてゾワゾワしてくる。本作の映画に出てくるイラン映画は「牛」と言う映画だそうだ。そして、もう一つメインである「セールスマンの死」が大きく投影されている。復讐が正解であったかどうかわからないが、夫婦はこのまま続いていくことを暗示するが昔のようには戻れない。
アキ

アキの感想・評価

3.5
録り溜め映画『セールスマン』観終わり。

作品内にどこかで感じた空気が漂うかと思ったら、『ある過去の行方』の監督でしたか。

ハリウッド映画だと奥さんを襲った犯人は、実はあのジイさんの奥さんで、ジイさんが出てった後に娼婦に会いに(ジイさんとの関係を問い詰めに)来たところを奥さんをその娼婦と勘違いして....みたいな真相ありのどんでん返しな展開になるんだろうなぁ、と。

ラストの、「俺もあのジイさんみたいに老いていってあんな風になってまうんやろうか....」な顔をする主人公がなんとも言えない余韻を残します。

奥さん役の女優さんが美人!
イラン人の女性は美しい方が多いですなぁ。
過去作に比べ、若干乗れなかった感じです。ですが流石のサスペンス要素で全く退屈などしませんでした。
この監督の映画はハズレがない気がする。
すっごくおもしろかった
イランのヒッチコック

勝手に名付けましたが、この監督の映画はサスペンスフル。なんか見てしまうんですよね。妻を襲った犯人を見つけるのか見つけないのか。見つかるのか見つからないのか。復讐するのかしないのか。いろんな選択を重ねての結果を見ていただきたい。
たまに観るイラン🇮🇷映画、恐るべし。主人公夫婦の現在進行形の出来事と劇中劇が巧い具合にリンクしていて良かった。終盤にかけて息が詰まるような雰囲気で疲れました。夫婦両方の気持ちが判って切ないなぁ。しかしトラック🚚置きっぱなしで逃げるかな?
後半は犯人探しあたりから 深みにはまった。
うーむ、微妙な心理描写が 上手いと思うけど。
彼らのこれからの結婚生活に 不安が漂います。
イラン映画 は いつみても 不思議な感覚。
>|