闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.6

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

ドラマや原作を知らないまま、前回いきなりPart2を観て、今回が2作目です( ¨̮ )

前回観て気になっていたウシジマカオルなる人物

やたら強くて無表情で怖いけど結構まともで、どんな過去があるのかと思ったら、中学生当時のエピソードで、もはやこのキャラできあがってて、更にこの人物、謎が深まりました。

うさぎを可愛がっていたお母さんも気になります。
中学生のウシジマカオルが
「お母さん大好き」って言っていたし…

カオルちゃん、カオルちゃんって、
不器用だけど、バカが付くほどやたらいい人だった竹本君も、
竹本君にちょっとだけ感化された甲本君も幸せになって欲しい…
現実は理想通りに行かないけれど、自分を犠牲にしても理想を貫いた竹本君の思いは、甲本君には確かに通じたし、甲本君を通じて又別の誰かに連鎖して行くと信じたいです。


今回は貧困ビジネスと消費者金融に対する過払い金請求で消費者を利用する悪徳弁護士がテーマでしたが、毎回社会風刺がきいていて、考えさせられます。
弁護士の台詞にもあったけれど、
貧困問題の解決や弱者を救う為には
福祉の充実以上に、まず教育が重要だと思います。
知識がないが為に貧困に陥ったり、不利益を受けることがない様に、
家庭の経済力に左右されず、誰もが高等教育を受ける権利が得られる様に、まず教育改革を優先するべきだと思います。
依子

依子の感想・評価

3.6
見てて痛いシーン結構多い
実写ウシジマが詰まってる良作
シリーズ全て見た上で見るべき
今作は貧困ビジネスが題材でした。
簡単に手に入れた金は簡単に使ってしまう…
借金が膨らむサイクルはまさにこれなんでしょうね。

ウシジマくんの過去の回想を交えていて、とても面白かったです。アクションも多くて、ファイナルを飾るには素晴らしいと思いました。
>|