闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山口雅俊
    脚本
    山口雅俊
    福間正浩
    キャスト
    山田孝之
    永山絢斗
    真飛聖
    間宮祥太朗
    YOUNG DAIS
    最上もが
    真野恵里菜
    太賀
    狩野見恭兵
    湊莉久
    天使もえ
    マキタスポーツ
    玉城ティナ
    六角精児
    モロ師岡
    安藤政信
    八嶋智人
    高橋メアリージュン
    崎本大海
    やべきょうすけ
    あらすじ
    トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

    「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

    ラストのウシジマくんの表情だけの長回し?に余韻じんわり
    学生時代のウシジマくんを演じた子まじウシジマくんですごい勉強したんだなと感心
    遂にウシジマ君の過去が…!

    ウシジマ君は幼馴染を助けるのかな?っと思ったけど、やっぱりウシジマ君はウシジマ君でした漫画の通り笑

    昔のウシジマ君役の子が可愛かった〜
    ファイナルウシジマくんの過去



    原作真鍋昌平。
    製作スターダストピクチャー。
    脚本福間正浩。
    脚本、監督山口雅俊。



    原作真鍋昌平の金融漫画「闇金ウシジマくん」シリーズ(原作ほぼ未読)

    山田孝之主演。極度冷淡、まばたき無し、早や食い、容赦しない、山田孝之ヒットシリーズ映画化。

    2部作のpartⅢは、テレビシリーズの女性の難、宗教団体編みたいで、山田さん出演激へりでしたが、私は結構楽しみました。次回はいよいよウシジマ活躍編みたいな感じ。

    パート3をレンタル鑑賞リバースしてすぐ「ファイナル」新作レンタルしましたあ。



    いやあ完結しましたねえ!だけど、全然完結した 感じがしないというこの

    おかわり感!
    もっとちょうだい感!!
    ありますねえ!

    まだ原作も完結していませんので、完結したらまた再映画化してほしいですね。

    ていうか、私は基本、本作ぶっちゃけ、テレビシリーズの方が大好きです。DVD買うなら、劇場版よりテレビのほうが欲しいです!
    なんで、劇場版しか見てない方は、逆にドラマをみてね!
    山田ウシジマさんの活躍もじっくり、闇金者エピソードもじっくり描いていて好きなんですよね!

    さて、
    本作は、なんといっても

    ウシジマくんの過去

    がわかります。これで、あー、なるほどなるほどと。納得するしかけに。

    カウカウファイナンスの特攻!やべきょうすけとの関係

    謎の情報や綾野さんの駄菓子トークの理由。いやあお好みやのモノローグは、ちょっと涙ぐみましたね。

    ウシジマ少年の子役の方、良かったですよね。ぶっきらぼう加減良かったですよ。オリラブの田島貴男に顔が似てました。

    敵には、凶暴三兄弟宿長、因縁編、安藤政信。安藤さんのガラの悪い言葉使ってますが、いやあ品の良さが出まくっていて、ちとなりきり半端にみえました。が、「スマグラー」みたくコスプレしてほしかったかなあ。あっ、真鍋漫画映画化2作に出演してましたね、安藤さん!!!今気づく。

    ヤングダイスもどう猛兄弟ぶり発揮。

    宿仲間として

    いやあとっても本作の1番おいしい所をもっていた今や朝ドラべっぴん卒業
    永山絢斗。
    やさしういぃ役、ピュアネス存在で本作の指針に真逆キャラで最後までひっぱります。優しいんだろうなあといううさぎのようなジがみえますよね。必見!

    そして本作を駆け抜ける「桐島やめるってよ」枠から大賀!リアクションの素晴らしさとラスト魅せてくれます。
    モロ師岡の「キッズリターン」ワル先輩ぶりではなく、宿仕切り先輩役も忘れず必見(笑)

    高橋メアリージェーンの飴と絶叫理由の過去。と、マキタスポーツの危機。

    真野さん、八嶋ぴったり弁護士まきこみ取り巻きを挟みながら

    ウシジマ過去サーガがいちお完結いたします。


    いやあなんか少しだけすっきりしましたけど、感動も少ししたけど、じゃっかん最後の余韻みたいなシーン長いなあとも思ったけど(劇場版全般的に長い気がする、編集で切れる気がするけど、)

    ウシジマファイナル
    しっかり
    受け止めましたあ!


    ぜひ!
    また
    テレビシリーズ
    お待ちしてまーす!SDP、東宝さん!



    さて
    闇金ウシジマくんファイナル

    見てる方のみどうぞ!


    本日filmarksじかうち。
    とても良かった。悪や正義、信念や裏切り、人間の脆い部分や強い部分がそれぞれ上手く描かれ、観たあとも余韻まで楽しめる感じ。
    最後の最後、友人との別れの時、ウシジマくんが何もしない所がウシジマくんらしく、最高なラストだと思う。
    今までのウシジマくんの中で一番良かった。

    このシリーズは、頭の中を整理するのが難しいけど、ラストの友情や、人を信じることの大切さを、まさかウシジマくんで感じるとは思わなかった。(例に漏れず助けなかったのは、良い選択だと思う笑)

    グロテスクな描写は相変わらずリアルで、拷問シーンや、キスをして唇を噛み切るなど思わず声を上げてしまった。

    一方でストーリーとして、少し弱かったかなと。

    鰐戸三兄弟の特に三男にしかフォーカスされておらず、安藤政信の贅沢な使い方や、弁護士、美容などのオチは弱いかなぁ。

    けど、感じることは多かった良作品。


    ◼︎作中セリフ
    ・人が人を見捨てたら何ものこらない

    ・中坊の時は敵も味方もちゃんと名乗りを上げた。喧嘩に勝った奴が強く、負けた奴が弱いってハッキリしてた。でも今は違う。俺たちは色んな戦いを、戦って戦って、ギリギリの所で生き延びて、こうやって飯食えてんだよ

    ・よく分からないな。人を好きになる感覚が。僕は人並みの両親に人並みに大切にされて暮らしている。それが息を吸う位当たり前過ぎて自覚出来てないのかも。そこまで人を好きになれる君が羨ましいよ、かおるちゃん。僕も君みたいに人を好きになってみようかな。そうすれば、かおるちゃんみたいに誰かの為に戦える強い人間になれるかな?
    ついにファイナル🙏ウシジマくん相変わらずかっこよかった♡子役の子の演技がすごかった!!うさぎが出てるときは和む🐰
    ファイナルは、クローズとカイジが融合したような作品だった。
    ウシジマくん!っていう金金金っていうらしさはあんまりなかったけど、人間模様、ウシジマの心が1番現れてる作品。

    「簡単に手にした金は、簡単に消える」
    っていう言葉はその通りだなと共感。

    債務者が元々いい奴すぎて、
    映画として正直者がバカをみるような感じでいいの?って思った。

    自分では、
    パート3
    ファイナル
    パート2
    パート1
    の順で好きかな
    劇場で観たこと忘れるくらい記憶に残らなかった。

    ウシジマの中学時代の友達、竹本の存在。
    こいつがまぁクソなことクソなこと。

    心優しいみたいな描写が中学時代の回想シーンでわかるが、現在はホームレス。
    何でホームレスになったかとかは全く掘り下げがない(原作では掘り下げあるのかな?)

    そんでもってガクト次男に拾われ誠愛の家に入所し、そこでも仲間を庇ったり、気遣ったりする優しい竹本。
    ここまでは全然良い。『あぁ、ここまで優しいから騙されてホームレスになっちゃったんだなぁ』って読み取れる。

    しかし、その後、同室の友人(足切断)を病院に連れて行くためウシジマに金を借りに行く際に『あれ?こいつやばくね?』という片鱗が竹本から見え始める。

    元から借りたお金を返す気なんてないのに『カオルちゃん、強欲は罪だよ?』なんて説教垂れるとんでもない奴。しかもウシジマに『そんな俺たちに金借りるお前はなんだ?』と言われて全く反論できない始末。

    そんでもって色々あって竹本は仲間のために、誠愛の家の仕切ってるガクト長男に『カオルちゃんから金を奪うからここで働いてる人にもちゃんと給料を分けてくれ』と交渉する。
    お前はウシジマの中学時代の親友じゃなかったのかよぉ!!!なんだこいつ!この時点で竹本の胡散臭さはマックスに到達する。
    そして竹本の提案に対しガクト長男は『ウシジマ裏切れんのか?』と竹本に問い、その答えは『カオルちゃんは今まで奪いすぎた。少しだけそれを返してもらうだけだ。』と意味不明なことをほざき始めるのであった。

    なぁにぃをほざいてんねん!!って感じ。
    第1、お前は何にもウシジマに奪われてねぇだろ!むしろ、金を借りて返す気もなく、奪ってんのはお前の方だろうが!!

    更に竹本の強欲は加速していく。なんとガクト兄弟を裏切り、仲間だけで金を山分けして逃げようというとんでもない作戦を持ち出す。
    そう、この作品で一番の悪は竹本だったのだ。
    そして竹本はウシジマ家族の骨が眠ってる場所に無断で侵入し、そこで金を発見し、強奪に成功。もはや本物の犯罪者である。

    まぁその後竹本はウシジマに捕まりながらも5000万の隠し場所を仲間に教え、結果、ウシジマは5000万の損失を出すことになり、ウシジマは清算するために、竹本を売り払うわけだが、売り払い後、ウシジマが泣く?シーンがある。
    生ぬるくね?5000万奪われて、結果、戻ってこなくて、竹本に対して吐いた言葉が『俺はお前を売りたくなかったよ…』ってうっそだろお前!!!
    中学時代、言っても5年以上前の友情大事にしすぎだろ!!それまでのお前の非道さはどこいっちまったんだよ。

    路上で唐突に車を止め、真っ直ぐ前を向いて物思いに耽るウシジマ。
    もし、竹本が本当にいい奴、心優しいやつだったら感動のシーンだったに違いない。
    しかし、実際は竹本はとんでもないクソ野郎で、諸悪そのもの。従ってこのシーンが、ウシジマくんが『あいつあんなクソ野郎だっけ?人って変わっちまうんだなぁ…』と違う意味で涙流してるようにしか見えない。
    しかもこの路上駐車シーン、めちゃくちゃ長い。1分以上は確実にあった。感動もへったくれもないため、無音の劇場は地獄ですわ。

    ウシジマは生温いし、竹本はマジモンのサイコパスだし、色々面白い映画でした。
    うひいいいいいいい
    終わってほしくないいいいいいいい
    安藤政信のかっこよさに☆2.0

    原作で言うヤミ金くん編になぜかトレンディくん編をちょっとだけ入れているストーリー。だったらヤミ金くん編だけで1本作れよ。

    これ、遠回しにア〇ィーレ法律事務所のこと言ってんのかね?あとやっぱり高橋メアリージュンの必要性がこれっぽっちも感じられない。悶主陀亞連合のトップがあれだとかへぼ過ぎて、しかもウシジマを恨む理由も弱すぎるよ。

    良かった点としては鰐戸三兄弟処刑動画がなかなかいい再現度だったくらいですかね。
    >|