闇金ウシジマくん ザ・ファイナルのネタバレレビュー・内容・結末

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原作から好きなエピソードがメイン。

2人がそれぞれの信念を貫いた結果は切ない。

ラストシーンの山田孝之の演技が神がかってる。

またドラマやってください。
そう言えばウシジマくんって、今までは割と債権者に寄った話が多くて、丑嶋社長や矢崎の話はあまりなかったな~と、この映画を観て気が付いた。


今回に関してで言うと、債権者が丑嶋の同級生(永山絢斗)。彼はとにかく!!とにかく!!良い奴。まじで、良い奴。
決め台詞のように、「強欲は罪だ」と心に刺さるセリフを言っていた。


丑嶋、矢崎、そしてこの債権者の竹本は全員同級生。
それに、そんな竹本のような貧困層を相手に貧困ビジネスをする鰐戸三兄弟の中でも、特に三男は丑嶋に金属バットで頭かち割られてるっていう因縁が。

そんな丑嶋の昔からの因縁だったりしがらみ?が複雑に絡んでいるのが今作。


それぞれの丑嶋との関係性が描かれていて、ラストは割と切ない終わり方。

でもこれで良かったんだよなあ。多分、私初め映画を観た聴衆は丑嶋社長に涙して欲しかったと思うし、若しくはあそこで初めて人間を出して竹本を救ってほしかったって望む人は少なくないと思う。

でもそうしてしまうと、今まで築き上げてきた丑嶋のイメージも、キャラクターも全て崩れるし。
それを、無言で表情だけの演技で魅せた山田孝之の演技力は、やっぱりカメレオンで素晴らしかったと思う。


しかし!!しかし!!!!
丑嶋の少年時代役を演じた男の子!!
彼の演技、、、山田孝之の丑嶋の話し方によく似せていて、尚且つ演技も上手くて彼にはぜひもっとたくさんの作品に出演してほしいと思いましたね。
冷静にあそこまで似せられるのすごい…
多分単調すぎて、割と大根感出るはずなんだけど彼にはそれが一切なかったから。

犀原茜のキチっぷりも良かった。あれは高橋メアリージュンのはまり役だな。


これでウシジマくんは完結だと思うと悲しい!そう思える作品でした。
ヤミ金くんモデル、ガクト三兄弟メイン

人の為にただ尽くすのではなく、誰にどのように尽くすのかが大切だと思った。
バイバイ、ウシジマ。

これもそこまで長くは書かないでおきます。ってことで長くなる原因、粗筋は吹っ飛ばしてレッッツゴーーー!

今作で実写版闇金ウシジマくんは最後ということで、山田孝之の丑嶋馨は見納めです。本当にチカラがある役者さんですよね。

丑嶋馨の少年時代が描かれていて、柄崎(やべきょうすけ)や戌亥(綾野剛)、犀原茜(高橋メアリージュン)、そして今作の中心となる人物である竹本優希(永山絢斗)、そして宿敵である鰐戸三兄弟との出会いを主線に鰐戸三兄弟に追い詰められ、弁護士の都陰(八嶋智人)過払い請求をされて追い詰められfinalに相応しいのではないでしょうか。

finalだから清々しい終わり方がいいと思っている人にはやな終わり方かもしれませんが、闇金融業者を描いた作品で清々しい終わり方が似合うと思っているのかとぶっ飛ばしてやりたいですね。ツラくてツラくてたまらない、それがいいんじゃあないか。丑嶋自体も正直なところツライ。しかし、仕事だから仕方がない。同窓生である柄崎もその気持ちを察する。こんなのが描かれているラストシーンは思わずホロリとしてしまいますね。

ただ、やっぱり2時間ちょっとでこのツラく悲しい話を実写化するとぎゅっとしてしまったり切り取ったりしてしまうのでちょっと悲しいかな。

今作に関しては、ドラマのシーズン1みたいな受付嬢でいいやん…。モネいらんわ、マジで。最上もがを客寄せパンダ的に使ってるのかな?そんなに来ないんじゃない?あと、犀原のシーンごっそりなくてもいいかもしれないなぁ…。

みなさん、注目してエンドロールを確認してください。間宮祥太朗さんが鰐戸三蔵として出演しています。特殊メイクってすげえ。あと、間宮祥太朗すげえ。
ウシジマたちの中学の時の話もあって面白かった。
メアリージュンカッコイイイー。
綾野剛と山田孝之のコンビ至福。

間宮はエンドロール見るまで確信できなかったわ。狂ってて最高だね。
丑嶋と江崎の中学時代と、もう1人の同級生の物語は興味深かった。
でももうひとつ丑嶋がカッコよくない。というのも冷徹無慈悲なキャラが、ギリギリで保ったものの、ブレかけていたからだ。
顎戸三兄弟の三蔵はキレキレだったけど、一と二郎はいまいち影が薄くてひととなりが見えてこない。
その顎戸三兄弟との対決も結局犀原麾下の大量の暴走族が決着をつけてしまった。

全体的にここぞという見所がなく薄味で、なんとも物足りなく感じた。
少年時代のウシジマくんがウシジマくんだった。
馨ちゃんを信じて人を好きになったうさぎを大切にする彼は最後までいい人だった。
あんなに葛藤してるウシジマくんは初めてで切なかった。
ファイナルは主人公の過去がテーマ。
敵が味方になる過程だったり。
色々な切なさ。等々。
最後、主人公が普段見せない迷いを見せるのが印象的だった。
シリーズものって全部見るような性格じゃないけどウシジマくんだけはドラマも映画も全部ちゃんと見れたから単細胞民には優しい内容
暴力的な描写は良かった。
根性焼きの痕が痛々しくて良かった。
ストーリーはウシジマくんのいつものパターンという感じ。
>|