• Filmarksトップ
  • 闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの感想・レビュー

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山口雅俊
    脚本
    山口雅俊
    福間正浩
    キャスト
    山田孝之
    永山絢斗
    真飛聖
    間宮祥太朗
    YOUNG DAIS
    最上もが
    真野恵里菜
    太賀
    狩野見恭兵
    湊莉久
    天使もえ
    マキタスポーツ
    玉城ティナ
    六角精児
    モロ師岡
    安藤政信
    八嶋智人
    高橋メアリージュン
    崎本大海
    やべきょうすけ
    あらすじ
    トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

    「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・レビュー

    さらまんだー
    さらまんだーの感想・レビュー
    6時間
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    うひいいいいいいい
    終わってほしくないいいいいいいい
    KH
    KHの感想・レビュー
    2日
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    安藤政信のかっこよさに☆2.0

    原作で言うヤミ金くん編になぜかトレンディくん編をちょっとだけ入れているストーリー。だったらヤミ金くん編だけで1本作れよ。

    これ、遠回しにア〇ィーレ法律事務所のこと言ってんのかね?あとやっぱり高橋メアリージュンの必要性がこれっぽっちも感じられない。悶主陀亞連合のトップがあれだとかへぼ過ぎて、しかもウシジマを恨む理由も弱すぎるよ。

    良かった点としては鰐戸三兄弟処刑動画がなかなかいい再現度だったくらいですかね。
    べりす
    べりすの感想・レビュー
    3日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    がくと三兄弟きもすぎる…。今回ぐろすぎた。ウシジマくんの過去の話が絡んできてたけどあんな昔からみんな同級生だったとは。えざきと立場逆転したのはいつからで何があったのかははっきりとやらなかったなー。
    nnn
    nnnの感想・レビュー
    4日
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    闇金ウシジマ君最終作。ウシジマの過去を遡りながら、最大の宿敵との闘いを描く本作。過去作と違い、ウシジマが確りと前面に出てくるのが今作の売りだ。極悪三兄弟が経営する施設は不気味で、然し何かリアル感があるものだった。そこで過去シリーズにはない竹本という人の善意を信じるウシジマの同級生も入れ込んでくる。彼が最後過酷な清掃業に飛ばされるのも、また何ともウシジマ君らしいエンドだ。

    然し、テンポはあまりよくなく、全編通して低速飛行。結局はドラマ版の30分完結型で見るべき作品なのだろう。わざわざ映画化するほどの必要があったのかは疑問だ。シリーズ通しての傑作はやはり2だとおもう。
    makoto084
    makoto084の感想・レビュー
    2017/03/18
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    映画は、2時間で成立させないとならないのか、かなり無理無理に纏めたイメージ。
    ドラマのように、ただただ現代人の醜さ、墜ちていく様を闇金という視点から淡々と描いてるものとは異なり、2時間で成立させたに近い。少年時代の丑島くんの話は、挿話としては、良かったが、丑島くんシリーズではいらないなあという印象をもった。とはいえ、消費者金融の構図、実態なんか普段考えたことない自分には、とても刺激的でためになる。
    kaam
    kaamの感想・レビュー
    2017/03/16
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    これは…ダメだ。。

    ウシジマくんが逮捕されたり、撃たれたり…そーいうファイナルじゃないんだ!しかも前回のラストで、仲間の絆が…とかいうフリだったのにあんまり繋がらん…誰か裏切るのかと思った。

    謎なファイナル。
    okacchi
    okacchiの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    ウシジマくん、いよいよ最終章。

    個人的に最も好きな、幼馴染の竹本メインの話。

    普段なら絶対に見られない、丑嶋の弱い部分が見られる回。

    と期待していたのだが、ラストシーンの車の中、丑嶋がうずくまって(恐らく)涙するシーンが改変されていたのが残念でならない。

    山田孝之なら、あの難しい感情を充分表現できるだろうに。

    ただ、永山絢斗の竹本や、顎戸三兄弟はハマり役だった。

    しかし3rdシーズン〜ファイナルまで、柄崎や高田が噛ませ役になっていたのが残念。

    特に2rdシーズンの高田がよすぎたので期待していたのだが…。
    相変わらずの襟足金パはカッコ良かったが。


    あとは受付の女の子。

    今までハズレがなかったが、今回の最上もがは最悪。
    しかも善人のようなキャラ付けには、大人の事情が透けて見える。

    久松郁実が好きな自分にとっては、変えないで欲しかった。そもそも3rdシーズンでそんなに出番がなかったのだから、続投で良かっただろう。


    ただそれでも、理不尽で退廃的なウシジマくんの雰囲気は嫌いじゃない。

    子供時代の回想を挟むのは賛否両論だと思うが、part2の酷さと比べると、個人的にはアリだと感じた。

    高橋メアリージュンは意外性があったが、顎戸三兄弟はカウカウの面々にブチのめしてもらいたかったところ。



    散々微妙に感じた点を指摘してきたが、物悲しいストーリー、真面目な柄崎など見所はあったし、終わりとしては案外後味もそこまで悪くはなく、期待よりは楽しめた。
    アントニオホドリコムゲイラ
    2017/02/05
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    漫画もドラマも好きだったのでとても楽しまめました。
    甲元が強姦を試みて財布を返したシーン。
    あの女性が今は個人的にほとんど会えなくなった方に激似だったので。。。
    生活感のあるあの感じ。ありがとうございました。
    k
    kの感想・レビュー
    2017/01/17
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    ウシジマくんここに完結。
    とても楽しく見ることができた。

    山田孝之さんかっこよかったです。
    高橋メアリージュンさんも相変わらずいい役でした。
    す
    の感想・レビュー
    2016/12/15
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    全く期待せずに観たからか面白かった!
    誠愛の家の労働者と、決まり事がギャグすぎる。労働者達のキャラが悪い意味で人間味溢れてて好き。

    三兄弟の三蔵と昔の犀原茜を演じた玉城ティナのぶっ飛び具合が良かった。

    過去に喧嘩に行く時に大事なものを預けて竹本から見送られてたウシジマくんが、今度は竹本を見送るシーンが印象的。
    見送る、だとかそんなキレイなものじゃないけど。