IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

子供たちの演技がよかった…
手に傷をつけるシーンが1番怖かった
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.4
弟が亡くなるて悲しいよ。
お兄ちゃんの気持ちになったら辛い。
ホラーと上手く混ざり合わせた作品になってて映画としては面白かった。
Matz

Matzの感想・評価

3.0
ホラーとしては中途半端だけどジュブナイルものとしてはよいのでは。90年バージョンも見てみよう。続編はレンタルを待とうかな。
なるほど、スティーヴン・キング。
少年と夏休みの組み合わせはやはり良い。
ホラーというより、ファンタジー要素混じりの青春映画?あんまり怖くなかったな。
でも、子供が死ぬ話は辛いよ。
まちお

まちおの感想・評価

2.7
面白くもないし怖くもない。見たことないが、スタンドバイミーもこんな感じの雰囲気なんだろうなと感じた。
ビス缶

ビス缶の感想・評価

3.7
ルーザーズクラブの熱い友情が素敵。しかし大人たちと街の構造、歴史はひどく恐ろしい、、、世界観のスリルは半端ないホラー。
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.7
 正直、ホラー映画としてはそこまで怖さは感じなかったのだけれど、少年・少女が主人公故のハラハラドキドキな緊張感と緩和の連続で想像していたよりも、かなり楽しめました!!

 子供達だけが見ることのできる共同幻想のように、ポップで不気味なペニー・ワイズとリアルな恐怖を突きつけてくる大人たち。
 
 大人たち等々、街に蔓延る恐怖に触れた時の"戦慄"とペニー・ワイズに相対した時の"絶叫"の対比。

 大人達は子供達が酷い目にあっても素知らぬふり。彼らも若かりしころ"それ"を何処かで感じていたはずなのに…

 理屈をこね回し"見て見ぬ振り"を繰り返す事で大人へと成長して行ったのだろうか?

 作品内に投影される現実的な要素に、特には新鮮味が感じられなかったものの、キャラクターそれぞれの個性としては活きていたのではないかと思います。

 ホラー映画としての体裁は保ちつつも、どちらかと言うとジュブナイル色強めな作品でした!!


 ※河原での、いじめっ子VSルーザーズのシーンが最高に楽しかったです!
みさと

みさとの感想・評価

3.5
金ローのカットされたやつ見ました
話見失いかけたけど、あれ以上だとグロ耐性がなくて個人的に厳しいかも...

前半の方が恐い、後半はパワー系。笑
ホラーじゃないよね?大丈夫だよね?と思いながら地上波録画したのを観ました、ツイッターでチラホラ「カットされてる…」と言ってる人を見たので、グロいところはカットされたのかな…

ペニーワイズがいきなり現れたときとか「ワッ!!」ってびっくりするんだけど、あの映画の画にペニーワイズが調和しないというか、とってつけた感がちょっとしてしまい、あまりの滑稽さにそのあと大笑いしたりして、怖さはあまり感じなかった。不気味さで言うと、ストレンジャー・シングスの、S1でデモゴルゲンが姿を見せるまでの方がずっと不気味!何かわからないけど、何かいるっていうのが、めちゃくちゃ怖いのよね…

今公開してる IT はまだ観てないのですが、ペニーワイズとデリーの街の謎は明かされたのでしょうか、ペニーワイズの目的は気になる…
Hase

Haseの感想・評価

3.0
1度レンタルで鑑賞済。
地上波ではR指定により編集されており、怖さ面白さ減少。
ホラーは苦手だけど、コメディよりであり、ビクビクしますが楽しめます。
>|