バイバイマンの作品情報・感想・評価 - 63ページ目

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.3

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

好きか嫌いかで言うと好きじゃなかったけど、ホラー映画を観にいったという意味では良かった。

ホラー耐性のない僕としては結構怖かったと思う。

ただ最後は、
主人公たち「1人で行くな!バイバイマン!!」
巨悪に立ち向かうバイバイマン「Bye-bye…」
が良かったかな。
チッチ

チッチの感想・評価

4.5
近年稀にみる面白いホラー映画ではないでしょうか。
思い出すと未だに鳥肌が立ちます…
もうね、名前が頭から離れなくて怖くて眠れない。

演出、描写、ストーリー、モチーフになりそうなキャラやオチも含め、久々に出色のホラー作品。
tatari

tatariの感想・評価

3.2
予告編から「イット・フオローズ」みたいなものを予想して、裏切られたみたいな、、、?
流石に設定が雑なのが気になりすぎた。なぜ、バイバイ・マンの名前を知ったものたちの症状の発現にあれほどの開きがあるのか?気になってしまい、ノイズに。
バイバイ・マンの設定や背景がもっとしっかり出来れば面白くなったと思うのに、なんとももったいない。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 つ・・つぇえ。バイキンマン・・じゃない。バイバイキンじゃないバイバイマン。「名前を言ってはいけないあの人」なバイバイマンなる存在がとにかく最強(そういや最後あたりに出てくる風貌も若干ヴォルデモート卿に似ているかもかも)。映画の中で、ビデオテープや着信メールSNS、セックスなど等々いろんな媒介を通じて「呪い」は拡散してきたけれど、人間の「思考」そのものを媒介とするなんて今までありそうでなかった(気がする)。「Don`t think, Don`t Say it」っていくら言われても、無理。人間にとって「何も考えない」ことなどほぼ不可能で、生きている限りほぼ排除不可能なその「認識」、「意識」とやらを媒介するのが何だかとっても新鮮。 その昔、「さっちゃんの歌」を3番まで歌ったら夜中にさっちゃんが殺しに来る。もし死にたくなかったら枕元にバナナを置いて寝るべし・・なんて話をガチで信じて心底ビビってた小学生時代の自分が見たらおしっこ漏らして泣いたんじゃないかな・・なんてどうでもいいような恥ずかしいような懐かしい自分の黒歴史を思い出したりして見た。トリニティも久々に凛々しい姿で出てくるし、やや薄とはいえティーンホラーおなじみのちょいエロ要素ありと地味ながらとっても楽しい。3人の疑心暗鬼ぶりはもう少し面白くできた気がする。主人公の少年がだんだんバイバイマンの繰り出す「幻覚」に慣れてきて「ほら次はどんな手を使ってくるんだ?かかってこいよバイバイマン、これもどうせ幻覚だろ怖くないぜ」なんて強がってヒャッハー状態になる様からクライマックスにかけてなんて面白すぎ。いやぁ、やっぱ笑えるホラーが好きなんだなぁ自分
keru

keruの感想・評価

2.8
なんかなー…イットフォローズの方が
怖かった。
見る順番?うん、見る順番。
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

2.6
「考えるな」と言われれば考えたくなって、「言えないんだ」と言われれば知りたくなる。そんな人間の性をホラーに取り入れた意欲作だとは思うんだけど、中途半端に具現化してくるバイバイマンが逆に怖くない…。概念なのかモンスターなのかどっちかに振って欲しかった。バイバイマンとしてダグ・ジョーンズを担ぎ出してしまった結果、どっちつかずになってしまった感は否めない。
なんとノンフィクションが原作らしいんだけど、ダダ漏れホーンテッドハウスにするよりは、思い切ってパンデミックものに仕上げてくれたほうが面白かったかも。その上でバイバイマンは実体化してこないくらいの感じで。
なんとなく「イット・フォローズ」と並べて語られてたり、ジェームズ・ワンの絶賛コメントがあったりと“新世代のフレッシュなホラー”感を振り撒いてはいますが、前述したコンセプト以上にコレと言った特筆すべき点が無い作品でした。
ダグ・ジョーンズに加えて、まさかのキャリー=アン・モスとかフェイ・ダナウェイが脇を固めていて、なにげに豪華だったりはするんですけどね。
「名前を知っただけでアウト」
という最強ミーム汚染系の能力を持ってる本作の死神的なやつ
ここまで強い能力はなかなかなく、たとえば呪いのビデオを見て七日後…とか回りくどい制約がないので貞子とかよりもずっと凶悪
こんなんTwitterとかに書かれたら十万単位で人が死ぬワケだから、その恐ろしさときたらもう……

ただ惜しむらくは
キャラデザが「ぶん殴ったら勝てそう」であって実に弱そう
その肝心の恐ろしい恐ろしい名前が「バイバイマン」であり、私達日本人にとっては正義感あふれるアンパンにワンパンチで叩きのめされるイメージしかないファンシ〜ネームだということだ

これで怖がれってのが無茶だ

映画としては、どこからがバイバイマンの見せる幻覚なのかどこからが現実なのかが絶妙にロストしていく感じが不気味かつスリリングで楽しい作品になってるんだけどね……
yt

ytの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

渋谷までわざわざ見に行きました笑

ちょっとB級映画っぽかったですがストーリーはちゃんとしていました!

でもバイバイマンの顔見せない方が良かったなぁ…猛犬とかCG丸出しだし笑
その名を言ってはならない、考えてはならない…
大学生の3人が不気味な雰囲気はあるもののその広さと安さから移り住むことにした借家。
順調に引越しも終わり少し落ち着いた時にふと何かの気配を感じる…
気のせいだと思いたいが落ち着かない。
引越しパーティーの最中にソレを見つけてしまう。
寝室に置かれた家具の引き出しに同じ言葉を繰り返し書いた紙があり、紙をめくった時に目にしてしまう…その名を。
名を知れば彼は段々と近づいてくる…
脳裏に焼き付いたその名の呪縛から逃れることはできるのか…

コレは怖いw
「言うな考えるな」と考えている事自体がもうアウト。
名前を知っただけで死に至る呪縛に囚われるのは斬新◎
人の心理を突いてくるやり方も疑心暗鬼になって面白い!
オープニングが結構ぶっ飛んでた分、期待値高くなってしまって後半少し弱く感じてしまった。
続編あるっぽいのでそっちで謎の解明をして欲しいなぁ。

その名を知れば死に至る…
んじゃバイバイマン(笑)
aoi

aoiの感想・評価

4.3
名前を知るだけで死ぬって設定凶悪過ぎ。
どうやったら助かるのか、展開が読めず最後までドキドキした。
怖さにも色々あるけれど体の奥底から凍える感じ。
何度かビクッ!となりました。面白かった!