リベンジ・リストの作品情報・感想・評価

「リベンジ・リスト」に投稿された感想・評価

トラボルタ動きにキレがなくなってきました。

元CIAの工作員が、目の前でギャングに妻を殺され、警察も容疑者を釈放することに怒り心頭となり、元相棒と共に独自に悪党を処刑していくお話です。

◆良い点/注目ポイント
・90でサクッと見れるお手軽感。
・主人公の娘の先読みが、『24』のジャックバウワーの愛娘キムを彷彿とさせます。
・ハリウッド映画のお約束として、CIAと海兵隊員とNAVY SEALSは、常に超人という描き方。警察官では彼らに歯が立ちません。

◆改善点
・最初の伏線から黒幕とその動機が、バレバレです。意外性がなさすぎて残念。
ディズニーアニメでももっと意外性が、あります。
・トラボルタは、この際潔くスキンヘッドの方が良い。『パリより愛をこめて』でのトラボルタのスキンヘッドCIA無双アクションは、とても良かったです。

◆総括
・アメリカの警察が、チカーノ・ギャングに買収されている事に違和感がありました。舞台設定をメキシコにするか、国内ならロシア系か、イタリア系のマフィアでないとしっくりきません。

-2019年65本目-
戦闘シーン2.5 日常シーン5。そんな作品。

主人公の置かれている状況を思い入れ、映画を見ると面白さが違う。前半から後半にかけては普通の映画なんです。けど、後半の主人公が教会で懺悔をするシーン。そこから感情がドンドコドンと太鼓を鳴らしてやってくる。
でも、この作品は人によって分かれるんですよね。非常に残念です。
hiromix

hiromixの感想・評価

3.3
こういう、元スパイで、実はまだまだめちゃくちゃ強い人っていうストーリーは、自分の好みのパターンだな。

みんなの評価より高くなるw
午後ロー 録画 記録
sato

satoの感想・評価

3.7
2019-106
Ron

Ronの感想・評価

3.4
良き相棒
良き家族
翔太

翔太の感想・評価

3.2
娘が凄い。
TVで放送してたの観たよ♡

愛する妻を殺された怒れるオヤジの復讐劇だよ~🐽💨トラボルタ本格主演アクション復活なかなかよかったな~👊👊👊相棒との掛け合いもけっこうはまってて笑えた~🔫💨💨😭😭😭

このレビューはネタバレを含みます

良くあるプロットというのは予見できたが、もちろんそれ込みでトラボルタを愛でるために鑑賞。しかし全てにおいて浅過ぎた…。
特に最愛の人を目の前で惨殺されたことに対する復讐のはずなのに、悲壮感が漂わな過ぎな中盤はかなりキツイ。
むしろ旧友とウキウキな感の方が強いくらいで、物語の根幹を揺るがす。

激弱ギャングスタ、無駄に汚職な警官、スカーフェイス並の知事公舎、重火器を振り回す知事 等々、ふんわり謎設定な上、浅いのに過激さをまぶした故に悲しいほどの駄作に。

ラストは特に語る必要は無い。
トラボルタの無駄遣いも程々にしておいてほしいね。

リーアム・ニーソンで悲壮感マシマシで静かに、なおかつ過激に残酷な方へ振り切れば見られたかも。

このレビューはネタバレを含みます

 元秘密工作員のお父さんが奥さんをチンピラに殺されたので、リベンジする話。

 いろんな俳優さんで作られたよくある設定の話でこれといった新鮮さは特になかったです。90分という短い上映時間が良いポイントというべきか、どんなピンチになってもサクサクと処理していく主人公の強さを笑うという面白さがある映画でした。

 リベンジの相手がただのチンピラだと思っていたら、しだいに悪い政治家の陰謀があるってわかっていきますが、かつての相棒を引き入れて「無謀だ」みたいな話はしますが。これといって作戦という作戦はなくて、正面突破で殺していくだけでピンチというピンチはなかったです。銃を何回か突きつけられても焦ることなく簡単に銃を奪っちゃう主人公が凄かったです。リベンジしたら近しい人たちが報復されそうなことくらいわかりそうですが、これも特に忠告とかなくて想像通りな展開が起こっていくのも薄味な印象でした。娘さんの友達とかやられちゃったりして可哀そうですが、彼女に対しても特にフォローがないのが凄い映画でした。

 とはいえ、ジャンル映画的な一定の面白さがある映画でした。
>|