ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

あらすじ

銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋で”愛すべき悪党”ハン・ソロと、生涯の相棒となるウーキー族のチューバッカの出会いや、悪友ランド・カルリジアンとのエピソードなど、若きハン・ソロの知られざる過去を描くアナザー・ストーリー。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

シリーズ3で、ルークと出会う前のハン・ソロを描いたこの作品。チューバッカとの出会いとか、ミレニアムファルコン号を手に入れる経緯が描かれています。

うーん、まぁ面白いは面白かったけれど、ツッコミどころも満載というかんじでしょうか。

まずは、ハン・ソロについて。
一緒に行った家人は、オールデン・エアエンライクのハン・ソロに、ハン・ソロ感がなさすぎると大ブーイングでございました。(ハン・ソロはさんざん悪いことをやってきたヤツで、それがルークたちと出会い変わっていくところがミソなのだから、この時点でちょっといい人感を感じさせるようなエピソードは不要とのこと、まぁ究極ハリソン・フォードにはかなわないよと言いたいのだろうなと思いますが)私的には若い頃をやっているんだから、子役が若い頃を演じているノリ?と思うとそこまでの違和感はなかったかな。一匹狼志向は、貫いていたのでそこで手を打とうという気持ちでしょうか(笑)

映画自体は、まぁ面白かったのですが・・・・・・、なんだろう、なんか忙しかった気がする。
物語のテンポ感としては悪く無いけれど、えっ?これ誰?とか、これがどこに繋がるの?とか思って、いろいろシリーズの流れに頭の中で当てはめる作業が忙しい、それでいて「あぁ!これこれ!!」と思うのは、ランドくらいで今一つよくわからない感があった上に、最後の最後でのダースモール登場に「??」、そして、キーラはいったい何に繋がるの??とか。

物語全部の相関図と年表がほしいと思いながら見ていました。
イマイチ的な噂を聞いていたので期待しないようにしてたら、まあまあ面白かった....が、ダースモールってどういうこと?キーラのその後は?続編でもあんのかい?...ってなった。最後の方で例の爆発しそうなエネルギーみたいなのを箱から取り出す時にフタ開けたらでっかい音がしてマジでビックリしたぞい。
あと、C3PO出てるんじゃなかったっけ?
ここ数年のスターウォーズ4作はスピンオフの方が楽しい!前評判が悪いから気にしてたけど、全然問題なかった。ちゃんとスターウォーズしてるし、生きてると噂されてた待望のあのキャラのスクリーンへの復帰も!「ケッセルラン12パーセク」も、「ランドからギャンブルで巻き上げたファルコン」も、見たかったオリジンストーリーだった。
帝国軍が支配する時代。惑星コレリアで生まれ育ち、自分の力だけで生き抜いてきたハン・ソロは、銀河で一番のパイロットになるという夢を抱いていた。やがて宇宙に飛び出した彼は、チューバッカという相棒を得る。彼らは、幼なじみの美女キーラらと一緒に、危険な世界に通じたトバイアス・ベケットが率いるチームに加わり、壮大な冒険に身を投じる。

思ってたより良かった。ただなんというか『FFXV』のコラムで書いた事だけど、物語が書き足されて読み手の想像の余地がなくなっていくのはどうなんだろうなぁという意味で業が深い作品。そういう意味で別に観るほどの価値は無いといえば無い。この映画を見たおかげでハン・ソロというキャラクターは僕の中で死んでしまった。

それでもアリと思った理由は、ハン・ソロの素晴らしい演技と今までで最も帝国軍とナチスを露骨に重ね合わせてきたところ。序盤のプロパガンダだったり、WW1みたいな戦争兵器描写だったり、ネイティブ・アメリカンを意識した展開だったりがホントストレートに刺さった。デザインはオリジナルトリロジーを抜いたら過去最高だったよ、オリジナルより垢抜けてない感じがまた素晴らしい。

一方で、西部劇ライクな部分とか物語は雑だった。まあ列車強盗みたいなところとか早撃ちはわかるんだけど、目配せ程度にしか働いていなかったと思う。ただラストのベケットを殺すシーンは、ルーカスの歴史修正主義に対するディズニー側の回答ともとれる。
つまりベケットが話してる最中にちゃんと先に撃ってくれるのが良かった。レイダースオマージュでもあるけど、あきらかに『スターウォーズANH』のグリードのシーンを参考にしていて、ディズニーからこれが出るということは2020年以降の円盤は元に戻るかもしれないという一筋の希望が得られた。

ディズニーにしては、という意味では割と下ネタとか多かったし、フェミニスト皮肉ったようなネタとかはフィル・ロード&クリス・ミラーのアイデアなのかなとも。あとやはり帝国軍に黒人だの女性がおらず、一方で反乱側が非常にリベラルなのがとても良い。

ただ話は割と雑。一番意味不明だったのは、ソロ側は大して時間経過してないのに、キーラはもう何年も性奴隷やってましたみたいなテンションだったりで全体の時間経過がよくわからない。(追記:どうやら3年経ってるらしいが、テロップ見逃してたか。とはいえ、時間経過を思わせるシーンが無いのはそれはそれで問題だろ)
あとキャプテンファルコン手に入れてからはなんでソロが律儀に働いてるのかわからなかった。彼にとってはあの状況ならファルコンと女連れて逃げるのが最良だったはずだ。だって女連れて行こうとしたらいずれにせよ追われる身になるのは変わらないはずだし。というかキーラ死ぬのかと思ったら死ななかった。レイアのことを思う裏であの約束在るしなあとか思ったりしないんだろうか。

全体的に暗いシーンが多くて、見せ場のタメも少ないのでキャプテンファルコンフェチ的には0点以下の映画でもある。実際初搭乗シーンとか、ラストのハイパースペースジャンプするところとかはもうちょっとタメて魅せて欲しかった。

余談だけど、「カンティーナの酒場」っていうセリフが何故か「暖かい土地の酒場」っていう謎訳だった。
キャストはよかった。
特にポールベタニーのビジュアルがとてもよかった。

あまりハンソロ自体に思い入れがないせいなのか、ハンソロの性格が掴みきれないまま見終わった気がした。
ポスターやSNSで見た色鮮やかな画面を期待していたらむしろ暗い画面で何かしていることが多かった。
そしてハンソロに「いいところ」がない。
おいしいところは一瞬でピンチに変わるかだれかに持っていかれる。それか判断としては悪くなくてもどうもスッキリしない。
ハンソロの向かう途中や先で悲惨な展開が起きて後味悪めに終わる。
ハンソロに操縦させるためにほかの操縦士をやたらに退場させるのも気になった。
小ネタはたくさんある気がするがにわかゆえ拾いきれてない。途中から眠気との戦いだった。
とにかくあまり盛り上がれなかったのが残念。
個人的感想記録

最後まで違和感ありまくりで落ち着かなかった。
評判が悪いことは知ってたが、ファンとしては観に行かなきゃ、と義務感で行ったが厳しかった。
まずハリソンフォードと主演の人のビジュアルが違いすぎる。知ってたけどさ。
イケメンじゃないしワイルドでもない。
スターウォーズ初登場の頃のハンソロってアラサーくらい?だと思うけど、若い頃を描くって言ったってまだ若いんだからさ、そんなに描く時代がないじゃん。
そこに無理矢理、シリーズでやっちゃおう!ってノリで映画作った感がハンパない。
ハンソロはプレイボーイかと思ったら超一途だし、ソロが誰とくっついてどう死ぬかみんな知ってるのにこれからヒロインとの恋を見せられても...って感じだ。
とにかく、なんでこんな映画作ったの?としか思えない。
スターウォーズシリーズの中でも最も好きな作品となった本作。

ハンソロの知られざる恋人や仲間との過去とチューバッカとの出会いなど、終始手に汗握る展開とハンソロの昔から変わらない人柄、前向きな姿勢を描いた作品。エピソード1につながるような展開も○
酷評されていたので期待していなかった分楽しめました。 オマージュシーン多すぎ〜これアニメシリーズも見ないとあかんの?モールは予想外やったけど今更感(笑)

色々と胸熱。
2時間強があっという間に感じて、
単純に面白かった!!

序盤から登場人物が
どんどん死ぬ事に驚きと切なさ。

フォースの覚醒でハンソロがいなくなってしまった今、過去のハンとチューバッカの出逢いのシーンで何故だか泣きそうになった。。
こんなに若い時から一緒にいたチューイの気持ちを想うと(/ _ ; )
チューイひたすらかわいい。
あんなに可愛い190歳...。
ハンとはまさかの出会い。

ハリソンフォードのいない
ハンソロエピソードは
残念に思っていたけれど、
主人公のオールデンエアエンライクは
ハンソロの特徴を要所で掴んでいて、
表情から仕草から絶妙であった。

人間らしさを追求したドロイドに
美しくてキュートなヒロイン
エミリアクラークのファンになる。

ハンソロのソロって
そういう意味だったんかーい!
って突っ込みたくなる命名シーン。

キーラのエピソードが知りたくなるし、
スターウォーズを最初から最後まで見返したくなった。
最後の終わり方がとても好きで
にやにやした。

スクリーン前方の座席、
ど真ん中に座っていたせいか、
戦闘シーンやら激しいシーンでは
劇中ディズニーランドの
スターツアーズに乗っているかのような
気持ちになった...🚀🛸

まさかのダースモール、、、、
ハンソロの過去。スターウォーズの世界観はやっぱりいいですね!
ケッセルランを12パーセクやチューバッカとの出会いなど元ネタの回収がたくさんあったのが、やはりスピンオフシリーズのいいところ。もちろんミレニアムファルコンとの出会いも。

ただ、ダースモールの登場で時系列がよくわからなくなったw

個人的にはパート2があるといいなあ。まだまだハンソロで楽しめる余地があると思う。
>|