ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

上映時間:135分

3.7

あらすじ

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

エミリアたんかわいい♥
評価高いですが、、私は若干否定派かな。。そもそもね、ハン・ソロよりルーク・スカイウォーカー派なんですよ。そもそもが。
だからね、、ハン・ソロのお話かぁ、、、。
見てみるか。。。ハン・ソロのお話だよね。で終わってしまった。

フォース使う方々がいないと派手さが若干足りないよね。。
内容もアクションも特に悪くはないんだけど、記憶に残らない作品
ダースモールしか覚えてない
・盗みを働いたハンソロ
・レディプロキシマに捕まってしまう
・キーアと脱走
・キーアだけ捕まってしまう
・帝国軍に入隊
・3年後帝国軍に潜入していたウディハレルソンと出会う
・反逆的な態度で捕まる
・同じく捕まっていたチューバッカと協力し脱出
・ウディの盗んだ船に乗せてもらう
・貨物列車からコアクシウムを奪う
・盗賊のエンフィスネストに襲われコアクシウムを失う
・依頼主のトライデンに謝りに行く
・キーアと再会
・精製前のコアクシウムを奪いに行くことになる
・速い船を手に入れるためランドに会う
・ポーカーで負けてしまう
・分け前を渡すことでミレニアムファルコン号を借りる
・鉱山コロニーに潜入
・コアクシウムを盗み精製を開始
・エンフィスネストが現れる
・エンフィスは同盟軍であった
・ウディが裏切り窮地に陥る
・キーアがトライデンを殺す
・ハンとチューバッカはランドに会いに行きポーカーで船をもらう
評判があまりよくないけれど、いやいや、楽しい。
先の読めるような展開ばかりではあるけれど、許容範囲。

魅力的なキャラもいっぱい出てくる。
L-3のジャンヌダルク感も好き。
ほとんどのキャラが早くに退場してしまうのはもったいないが。

最後、ランドとのファルコンを賭けてのカードゲーム前に、ランドの袖のカードをチラ見せからの抱擁は、本当にいただけない!
ランドの袖にイカサマ用のカードがあるのは、すでにもうわかっているので、ハンソロがカードゲームに勝ったあとで、抱擁の時にこそっとカードを奪ったのがわかると、もっと爽快感のあるエンディングにつなげられたのに。
ホント、演出下手すぎると思った。

とはいえ、続編への期待もあるものの、今のところ、その予定はないみたいで残念。
ハンソロみた感想
・ハンが名前?ソロが名前?
・キーラ、、?登場、そして別れ
・ハンが名前だった!検問のおじちゃんがつけてくれたのね
・SWシリーズで出会いの場面ってほんと胸熱だよねえ。ハンソロとチューイとランド、、
・ファルコン号きたーーー
・お馴染みのチューイのホログラムバトル笑笑
・チューイ190歳なの!?
・「知ってたさ」いただきました〜!
・だだだダースモール?キーラはどうなるん?
・単純にハンソロはキーラを忘れてレイアと一緒になったと思えないから、あの後キーラはどこかで死んでて、EP4の前にハンソロもそれを知ってるというセリちゃんのガバガバ考察
初期(作られたのが)のスターウォーズを思い出してしまう懐かしい雰囲気。
高出力のエネルギーと高性能の宇宙船をマニュアルチックな操作で扱うのが面白い。
チューバッカとハン・ソロ(残念ながらハリソン・フォードではないが)がファルコン号のコックピットに座るシーンには、かつてのスターウォーズを観た人ならコアなファンでなくともワクワクするのではないでしょうか。
物語自体は裏切りが多くて、少々嫌な気分になりました。
最後にダースモールが登場したのは意外でした。To be continued…みたいな。
金曜ロードショー、なかなか捨てたもんじゃない。
スターウォーズは映画しか視聴していないので、ラストのダース・モールの登場にはとても驚きました。
真っ二つにされたのに生きてるのってこの世界すごいですよね…

ソロがウーキー語を話せるなど、そりゃチューイと会話できますよねという感じ。
ミレニアムファルコン号のかっこよさは異常です。
ダースモール、オビワンに真っ二つにされてたけどどうやって生き返った??生命力バケモン。

キーラがファルコン号でハンの隣の席をチューバッカに譲るシーンが切ない。チューバッカとハンソロのコンビ誕生!ワーッ!って盛り上がるけど、ね~。あのシーンでもうハンと共にいることは出来ないと、受け入れたように見える。

L3がファルコン号に組みこまれたってことはシリーズ4.5.6のどこかでランドがファルコン号に乗ってたのは相棒との久しぶりの再会だったってわけね~。アツい。見直そ。
60点

ハン・ソロがチューバッカと出会い、何だかんだやる作品。
スターウォーズにはハン・ソロのマヌケコメディーが必要なんだなぁ。と再確認できる。

が、ストーリーが普通。
おおチューバッカ!おおファルコン号!
というのが良いだけの作品になってしまっている。予想通り。

次作への布石となってるのがラストで分かる。これが単体作品として中途半端になってる印象にもなってるかな。

という事で
次作はタトゥイーンに「赤いアイツ」が現れる?
久しぶりにハン・ソロ見ました。
今まではスターウォーズシリーズは映画のみしか見てませんでしたが、クローンウォーズと反乱者とマンダロリアンを全て視聴してから見るとかなり理解が深まって面白かったです。
キーラがモールに呼ばれてダソミアに向かったけど、その後どうなったのかがものすごく気になる...。
そしてチューイはずっと可愛い☺︎
>|

似ている作品