ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

3.7

あらすじ

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

全くハードル上げてなかったせいか、普通に楽しかった。ハンが、チューイとランドと会って、ミレニアムファルコン手に入れるまでの話。L3とランドも良かったな。ペケットのラスト、生き残るためなら何でもするけど、ハンに情もあるというどっちにでも転べる複雑さ(シンプルさ?)がアウトローッシュ。
ハンソロはこうしてハンソロになったのねぇ、という感じで深く考えなければ全然楽しめたかな。ツッコミはまぁまぁありますが、そもそもまぁスターウォーズ自体がまぁまぁツッコミどころ満載の映画だしね。。。

ただ、チューイとの出会い方はちょっとしょっぱかったかな。よくある怪物小屋に投下されるパターンで出てくるのがチューイって、え?ウーキーって人食うの?w

とりあえずキーラは可愛かったけど、ダースモールとの関係が気になる…
L3めっちゃ好きだった……生き残って銀河を巻き込んでドロイドの人権を得るための戦争に有機生物に仕掛けて欲しかった……
このハン・ソロはあまり好きじゃない。
見た後に、爽快感はあった。
話はわかりやすいしある水準以上はまあ面白かった。
とはいえキーラのことが何か中途半端な気がする、続き作るのかな。

あとダースモール出てたし、時系列混乱したんだけど。実は生きてた系なら4にも出てなきゃおかしくない?とか。

あれこれ納得いかないなあ。

あ!でもポールベタニーよかった!嬉しい!
単体の映画としては、面白かった。
序盤のチューバッカとの出会いからの一連の流れは好き。

ここにきてテラスカシを出してきたのはかなりマニアック笑
待ちに待ったスター・ウォーズ実写スピンオフ第二弾。
銀河のアウトロー ハン・ソロを主人公に置いたヒーロームービー。

以下流れに沿って駄文ダラダラ。

スターウォーズといえば特徴的なオープニングロールだが、今回はあっさりとした説明から、バンとタイトルが出てくる流れ。ローグワンと比較するとタメが少ないものの冒頭からテンションがぶち上がる。いきなり追っ手から逃げているところがいかにもハンらしい。

時代背景的には13BBY前後ということでレベルズやローグワンより時を遡る。銀河共和国が崩壊し、既に帝国が支配を盤石にした時代であろう。ヤヴィンの戦い以前の時代を描いてくれる作品が増えているのはファンとして非常に嬉しいところ。

冒頭から登場するキーラが美しい。予告編やポスターを見ている時から思っていたのだが、動くとなお綺麗。ナタリー・ポートマンやデイジー・リドリーとはまた違う魅力を持ったエミリア・クラークに目が離せませぬ。

コレリア脱走のシーンでは、まさかの帝国のマーチが帝国のCMとして流れている。スターウォーズユニバース内で実際に存在していた楽曲でしたーという事実にニヤニヤが止まらない。またハンのラストネーム「ソロ」が帝国の人事部により名付けられたという目から鱗の設定。その後も気に入って名乗り続けるのが、これまたひねくれやのハンらしくてグッとくる。

その後師匠となるベケットに出会うのだが、彼がまたダンディでかっちょよい。宝島やトレジャープラネットのシルバーを思い出す、実は人好きで理知的な父親肌のツンデレ賞金稼ぎ。あの有名なハンのDL-44ブラスターピストルが彼から託されたものであることも明らかに。さらっとオーラ・シングを倒した話をするのもイカす。凄腕のバウンティハンターを倒したら鼻にかけそうなものだけど、勝手に落ちただけだと言い放つサマには惚れてしまう。

ハンの相棒、チューイの登場の仕方も楽しい。ウーキー語習っておいて良かったねハン笑。彼らの40年間に渡る友情はこの出会いから始まったのだと考えると感慨深いものがある。

EP9で帰ってくるとの噂のランドも若かりし姿で登場する。顎髭が素敵すぎる。彼の持つメイド?恋人?のドロイドL3のキャラ設定には脱帽。人間臭さがたまらなく素敵。スペックも十分で、どこかのコロコロ転がるだけのマスコットに成り下がったアストロメクとは大きな違いである。彼女を失う時のランドの辛さと言ったらもう。
しかし彼女は死んだわけではなく、ハンは機転を利かせ、彼女のコンピュータをファルコンのナビシステムに移植するというスーパープレイ。ハンとランドの愛機ファルコンに命が宿った瞬間である。EP6でファルコンに久々に乗れたランドはさぞ嬉しかっただろうなぁと。同時に彼女の天才的航路計算で、伝説のケッセルラン12パーセクの伝説が誕生した。実質L3のおかげですマジで。

ファルコンも勿論みっちりと描かれる。ランドらしい使用感のない清潔な空間。機首部分の脱出ポッドや青のカラーリングにアンテナやキャノン砲など、細かーいディティールの違いが見ていて面白い。ファルコンのCGモデリング担当は日本人の方のようで誇らしい限り。デジャリックを壊すチューイも可愛い。

コアキシウム精製のためサバリーンに着くと物語は一気にクライマックスへ。ここでのランドとハンの交わす
I hate you.
I know.
はEP5を思い出させてツボ。さすがローレンスカスダン。

正体を明かすエンフィスネストやドライデン、裏切るベケットとハン、チューイ、キーラとの間で繰り広げられる心理戦。ベケットは、生き延びるためには人を信じるなという台詞通り、ハンを裏切ってしまう。しかしその上を行ってしまうのがハン。師匠の教えに従い、二重三重に策を練り、ドライデンを倒し、ベケットとの一騎打ちに。EP4のグリードとの例のアレを想起させる早打ち勝負。ベケットの遺言でハンはタトゥイーンへと向かうことになる。
この言葉が後のジャバとの因縁やルークとの出会いへと繋がっていく。まさにフォースの導きである。

で、ここからがサプライズシーンなのだが、ドライデンを殺したキーラは、クリムゾンドーン首領のある人物と連絡を取る。通信機から姿を現したのはあのモールちゃん。初見時、思わず隣にいる友人の膝を殴ってしまった。またお前かと。クローンウォーズやレベルズを見ているファンからすれば、彼が生きていることは自明なのだが、多くの人の混乱を招いただろう。事実あのシーンのせいでタイムラインをEP1の前だと勘違いする人もいたみたいである。せめて彼の下半身を写してくれれば。

物語はキーラとの別れから、ランドとサヴァックの一騎打ちでファルコンを勝ちとり、エンド。

全体を通して、書ききれない程の小ネタに溢れ、スピンオフらしい作品に仕上がっていた。EP8が良くも悪くもスターウォーズらしからぬ作品に仕上がっている一方で、スピンオフは相も変わらずスターウォーズしていて安心感が強い。
凍結との噂だがぜひオビ=ワンとボバのスピンオフでハンの勇姿を再び見たいものである。
スターウォーズだけど、なんかスターウォーズっぽくないなぁと思いながら観賞してたら、最後にまさかのあのお方が出てきて一気にテンション上がりました。

シスの治癒力半端ないw
本当に同一人物かは分からないけど、よく考えたら手足切られたアナキンをダース・ベイダー化させたんだからこのくらい容易いのか。

いや、彼の場合、真っ二つだったようなw

シスの技術力はウチュウイチィィィ!ってこもなんですかね。

続編どんな感じで続いていくんだろうか。

最終的にレイヤと結ばれるハンソロなので、あのヒロインはどうなるのか。。あれがレイの母親なのかな。そうなると面長とは母親違いの兄弟ってことになるのか。これであれば、何となく2人の関係性が腑に落ちる。

オビワンのスピンオフと本作が絡み合っていけば、正直エピソード7以降のニワカダースベイダーが敵の作品よりも面白くなるのではないかな。

素材が素晴らしいだけに、今後どうなっていくのか期待大!


U- NEXTでの初鑑賞作品。
めちゃめちゃ面白かった!!!
ハンソロとチューバッカの出会い!!!
ソロがミレニアムファルコン号に乗るまでの経緯!!!

ハンソロの過去の謎が明らかになる!!!!

そして...エピソード1でオビワン達を苦しめたあの赤と黒の敵がまさかの....:(;゙゚'ω゚'):

続編がありそうな終わり方でした!!!!オススメです!!!!!
各キャラの個性が立ってて展開もスピーディー。ワクワクしっぱなしで面白かった。
ただ、もう少し時間を使って仲間での旅路を描いてくれたら、あるメンバーが離脱する時やクライマックスにもっと感情移入ができたんじゃないかなって思った。
https://amzn.to/2CX5Mxn
>|