ミモザの島に消えた母の作品情報・感想・評価

ミモザの島に消えた母2015年製作の映画)

Boomerang

上映日:2016年07月23日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

西仏「ミモザの島」の海に消えた美しき母。傷を抱えた息子。目を背ける妹。そして頑なに口を閉ざす父と祖母。家族に隠された禁断の秘密とはー 30年前、冬に咲く小さな花から通称「ミモザの島」と呼ばれる島の海で、一人の若い女性が謎の死を遂げた。40歳になった今でも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。果たして当時…

西仏「ミモザの島」の海に消えた美しき母。傷を抱えた息子。目を背ける妹。そして頑なに口を閉ざす父と祖母。家族に隠された禁断の秘密とはー 30年前、冬に咲く小さな花から通称「ミモザの島」と呼ばれる島の海で、一人の若い女性が謎の死を遂げた。40歳になった今でも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。果たして当時、何があったのか?恋人のアンジェルや妹アガッタの協力を得て、ミモザの島を訪れたアントワンは、自分が知らなかった母のもう一つの顔、そして家族が隠し続けてきた衝撃の真実に辿り着くのだったがー。

「ミモザの島に消えた母」に投稿された感想・評価

sato

satoの感想・評価

3.2
全体的には好きな映画でした。
お母さんの死に関する秘密を探るのはミステリアスでワクワクした。

今頃になって息子がなぜあんなに母親の死のことを知りたがったのかよくわからない。
お父さんとおばあちゃんもそんなに隠さなくてもいいような。。

結局お母さんは満潮の道路を進んでいったって事は子供や家族を捨ててジーンの所に行ってしまったって事かなぁ。
だからみんな隠したのかなぁ。

知らなくても良いこともあるよね。
真実を知って誰かしあわせになったか?
ほんとうは、事実ってそれほど重要ではないと、真っ白な日差しのなかで、少年の日に思ったことがある。

ある種の想いというのは、その臨界点に達することがひとつの救済になりうるのではないかと。

なぜそんなことを考えたのかは思い出せないけれど、この映画を観ながらその頃の気配が少しよみがえった。

兄妹に必要だったのは、たぶん"事実"ではない。母親が残した虚空を満たす何かだったに過ぎない。それがなければ、自分たちがこの先を渡りきることのできない何かだ。
GoKanno

GoKannoの感想・評価

3.8
途中までのグズグズも、
ラストで昇華(●´ω`●)
ええ話やった。ラストシーンで胸がキューンとなった。泣 姑で嫌な思いしたことある人ならお母ちゃんの気持ちすごく理解できるやろね。
「サラの鍵」の原作者なので ずっと気になってた作品。
冒頭から怪しげな空気を醸し出しながら物語が進んでいきます。

家族間の秘密って、たいていよかれと思ってやってること。
真実を突き詰めることが果たして正しかったかどうかは別として、子供なら母親の死の真相を知りたいと思うのが自然だと思う。
探る主人公と家族間のギスギス感がつらかったなぁ。

今まで蓋をしてきた事実、映画後半それが一気に暴かれていく。
上質なサスペンス風になっているので真相を追っていくのは面白いと思うけれど、何かこう、心にモヤが残っちゃうような後味の悪さでした。
1127sn

1127snの感想・評価

2.5
話し合うことの大切さは、わかるのですが、口を閉ざす側の内面がほとんど見られないのが、残念でした。
山桃

山桃の感想・評価

-
「サラの鍵」と同様に小さな手がかりから過去の出来事をひとつひとつ紐解く。衝撃の真実という謳い文句は大袈裟だけど、観ていて引き込まれる。「衝撃の真実」という言葉で、本当に衝撃を受けたのは今のところ「灼熱の魂」だけ。

海の描き方がいい。
あき

あきの感想・評価

3.4
人間のやるせなさとか、関わり方とか考えさせられる
結構好きな映画だった

ただ、日本版のポスターは何を考えているんだ????
主人公は兄の方だろ
30年前に謎の溺死を遂げた母親の事件を引きずるアントワーヌは真相を突き止めようとするが父親や祖母は頑なに口を閉ざし一切語ろうとしない。

ポスターを見るとメガネをかけたメラニー・ロランが良い感じで映ってるんで、てっきり主人公かと思いましたが違いました。ただ、アントワーヌの妹アガット役で重要な位置取りなのは間違いないですが。

子供時代の回想シーンを絡めながら事件の真相に迫っていくミステリー映画ですが沢山の謎解きがあるわけではないので頭が混乱する事はないです。

30年も経ってるのに何故今なのか少し違和感もありましたが、確かに息子の立場からすると母親がなぜ死んだのか気になるのは仕方のない事かも知れません。その一方、追求する事に消極的な父親の家族のためを思ってという気持ちも分からないではないです。

どっちが正しかったのか、結果これで良かったのか、観ていて凄く複雑な気持ちになりました。それにしてもクライマックス、アガットが父に言った言葉が強烈すぎて今でも残ってます。(*_*)

【お気に入り曲】
・I Was Made For Lovin' You / Kiss
・All I Want / Kodaline
torakage

torakageの感想・評価

3.3
悪い秘密は人を無口で怒りっぽくさせる。
父と子供たち、ある意味解放の物語。
>|