ミモザの島に消えた母の作品情報・感想・評価

ミモザの島に消えた母2015年製作の映画)

Boomerang

上映日:2016年07月23日

製作国:

上映時間:101分

3.4

あらすじ

西仏「ミモザの島」の海に消えた美しき母。傷を抱えた息子。目を背ける妹。そして頑なに口を閉ざす父と祖母。家族に隠された禁断の秘密とはー 30年前、冬に咲く小さな花から通称「ミモザの島」と呼ばれる島の海で、一人の若い女性が謎の死を遂げた。40歳になった今でも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。果たして当時…

西仏「ミモザの島」の海に消えた美しき母。傷を抱えた息子。目を背ける妹。そして頑なに口を閉ざす父と祖母。家族に隠された禁断の秘密とはー 30年前、冬に咲く小さな花から通称「ミモザの島」と呼ばれる島の海で、一人の若い女性が謎の死を遂げた。40歳になった今でも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。果たして当時、何があったのか?恋人のアンジェルや妹アガッタの協力を得て、ミモザの島を訪れたアントワンは、自分が知らなかった母のもう一つの顔、そして家族が隠し続けてきた衝撃の真実に辿り着くのだったがー。

「ミモザの島に消えた母」に投稿された感想・評価

Chirico

Chiricoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

記録

全体的に激しさはあまりなくゆっくりしてるけど徐々に謎が解明されていくのは面白かったです

個人的にはおばあちゃんがこの映画最大のインパクトでした
自分の最期を機に告白や反省し悔やむという映画のある種のセオリーみたいのはまるで無く亡くなるギリギリまで家族に敬われ自身も毅然とその状況を貫く
仲が悪かったとしても一瞬でも思い耽るようなおばあちゃんの人間的な部分を見たかったなとそのセオリーを求めてしまいました・・
私の中ではそのシーンが無いだけで冷たい利己的なばあさんの嫌なイメージで終わってしまいました
YellTao

YellTaoの感想・評価

3.0
なんだか苦しいお話。

すべて正直に話すことが良いこととは限らないけど、受け入れることと、許すことの大切さが身に沁みた。

娘マルゴのこと、受け入れて包み込んでるアントワーヌが、誰よりも素敵だ。
erinko122

erinko122の感想・評価

3.5
たまに観るヨーロッパの映画。相変わらず、しーっとり独特なテンポで進むこの感じ!ゆったりしているわりには、後半になるにつれて母の死の謎がどんどん紐解かれていき、引き込まれる。
40歳になっても忘れられない大好きだった母の死の原因にたどり着いたところで、その真相は辛くて切ない……。ただ、彼とその妹や娘たちとはいろいろありながらも仲良くて救いがある。まったりミステリーに浸りたいときはおすすめ。
りの

りのの感想・評価

-
家族の確執の中でも、息子と母親の愛って別格なんでしょうね。なぜ島が舞台なのか、観終わった時に納得。フランスの美しさも良かったし、少し『(邦画)おくりびと』のようで個人的に好きな映画でした。
emi

emiの感想・評価

3.0
若くして亡くなった母の死にまつわる秘密を巡る家族の物語。次第に謎が明らかになっていくミステリー仕立て。
リリコ

リリコの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

なかなか映画に入り込めず。
まあヨーロッパの映画って感じ。
とりあえずメラニーロランが相変わらず綺麗だった。そして、メガネ姿を見れたので、それだけで十分です。
メラニーロラン好きなので鑑賞。何ともやり切れない。兄妹が仲良しで良かった。あと、お兄ちゃんと娘の関係も良かったなー。やり切れないんだけど救いはあるのでそこは良かったんだけど。
マト

マトの感想・評価

3.1
母親の死から30年経ってその真相を息子が探るというお話。
いやあの…もっと早く新聞記事探しなさいよ。てかけっきょくどう転んでも家族にしこりが残りそうな気がするんですがねぇ。まぁたぶん今頃あの世でも嫁姑戦争勃発してるはず。
なんで主人公の妹(メラニー・ロラン)がジャケのメインに???
maochi

maochiの感想・評価

2.0
途中で少し寝ちゃった。結果的に大人になってから真実を受け止められて良かったと思う。
gou

gouの感想・評価

3.5
あの女性が誘っていなければ、と思ってしまった。

ゴア通路、初めて知った。

パッケージで損してないかな。

関東大雪の公休日に鑑賞。
>|