ディヴァインの作品情報・感想・評価

ディヴァイン2016年製作の映画)

Divines

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

舞台はドラッグと信仰心が人々を支配するパリ近郊の貧民街。権力と成功への野心を燃やす若き少女ドゥニアは親友マイムナを巻き込み、ある麻薬売人の仲間になります。危険と隣りあわせの生活の中、若く魅力的な男性ダンサーとの出会いによりドゥニアの富への執着が揺れ始めます。

「ディヴァイン」に投稿された感想・評価

MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

4.1
正直、度肝を抜かれた!演技、アイデア、撮影、ストーリー、エンタメとして全てパーフェクトではないでしょうか。Netflixに一目を置くきっかけになった作品。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.7
わぁ…フランスって治安悪い映画多いよね本当に。負のスパイラル。
フランスの底辺家庭にいる少女、学校で教育を受けるであろう時間を盗みや施しなどで日銭を稼ぐ。母親は男狂いのろくでなし。でも友達と笑い合う内容は貧富共に変わらないんですねー。

“神様は私たちなんて見えてないよ”
というセリフから主人公の「ここに居てはダメだ」という上昇志向を感じました。実際この感情がないと貧しさのスパイラルから中々抜け出せません。
金持ちになれなかった職業支援の先生から何を学べというのだ、という主人公の葛藤は目の前にあるのに掴めないキラキラした若者たちがいつも盗みをしていたショッピングモール、あるいはインスタ等から流れていたからかもしれないですね。

重厚で豪華な建築物が建ち並ぶフランスのもう一面、ロマとか移民の生活に興味があったのでとても面白かったです。
行動には責任が伴う。
その子がどんな環境に身を置いていようと 何の言い訳にはならない。

周りのせいにするのは簡単なことだけど それで許されることではない。

それがたとえ10代の女の子であっても。


そんな正論は言われなくてもわかってますよ!!
でも、この主人公の女の子はちょっと可哀想過ぎやしませんか(ノД`)

10代にして いろいろ負わなくてはいけなかった環境を憐れんでしまう。

親友と遊んでいる時に見せるあどけなさ、本来の子供らしさのままでいられる環境にいさせてあげたかった。


悪いことに手を染めると あっという間に取り込まれてしまう怖さが よく伝わってきました。

親を幸せにしたい、良い暮らしをしたい、親友と笑っていたい。恋をしたい。

そんな当たり前の幸せを望んでいるだけなのにね。悪い流れにはなかなか逆らえない。


最近ダメです、こういう作品。
子供が不幸になる話は どんなにストーリーが整っていても、キャストや演出が素晴らしかったとしても見てられない。

親としての責任なのかな。
心がもちません。

どちらかというと、若い人かまだ独身の人にウケがいいかもしれません。

子育て世代は 私のように見てられないと思う人がいるんじゃないかな。
いや、いてほしい。

じゃないと 私がただの心が弱いオッサンになってしまう。笑


Netflix限定ですが、Netflix加入者は見てみてください(^-^)
katy

katyの感想・評価

3.6

弱さを隠す為にいつも強気な態度を見せる少女。 母親がだらしないからか、お金に目が眩んでしまい麻薬の取引などの悪事に関与していく。

恋愛要素がフィーリング的なもので どのタイミングでお互い恋に落ちていったのか謎。ちなみに私が男だったら唾吐いてきた女には惚れたり出来ない。

親友マジでいい奴すぎたな
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.7
貧しいキャンプで生きた主人公のドゥニアに心わしづかみ。
大人になる前の少しの感情でズレる喜怒哀楽や、大人の世界に入り込む表情がもう魅力的。
親友との自撮りで
しょーもない事でも大笑いできるあのあどけない表情も全部。
もう最初から最後まで
ストーリーにも彼女にも心持ってかれました。
衝撃的な悲しいラストがまた心に残る。
だいき

だいきの感想・評価

3.9
劇場公開しても何ら問題ない作品。
少し短めなのでサクッと見れますが、内容はとてもしっかりとしています。

主演の子の演技が凄かったなあ。
B

Bの感想・評価

4.2
「毎晩同じ夢を見る。どんどん落ちてくの。何かにぶつかってでもそれを止めたい。だけど、どんどん落ちていく」

Netflixのみで配信映画。昨年、カンヌ国際映画祭にてカメラドールを受賞した作品です。なぜソフト化しない?なぜ公開しない?と謎。

15歳の少女は貧しく暮らしていて、シングルマザーの母は男にダラしない上に仕事も続かない。お金さえあればという強い想いから、少女はどんどん堕ちていく。大物のドラッグディーラーのレベッカの仲間になり仕事をする中、ダンサーになる夢を追う青年に密かに恋心を抱く。という、フランス映画。

恋の話は少なく、堕ちながらも強くなろうと奮闘する少女の物語です。あと、友情を描いてます。傲慢で強気な少女に良いイメージを持ってなかったのですが、物語が進むと「母親を幸せにしたかったんだろうなぁ、可哀想に」って気持ちになってくる。

悪いことに手を染めていく中で、彼女の僅かな心の安らぎが、ダンサーを夢見る彼の練習をこっそり覗くこと。お互い惹かれ合ってるのに、15歳の少女が恋心に流されず金(生きること)を選び、その恋心を胸にしまおうとしてる所が最高に切なかったです。彼に一切弱音を吐かず、頼りもしない。誰か、この子に自由に恋させてやって…。

少女は恋どころじゃなかった(’・ω・`)ドラッグディーラーのレベッカの迫力!ラッパーのミッシーエリオットのような彼女から信頼を得ていくのでいっぱいいっぱい。それに協力しつつふざけ合う親友を喜ばせたかったのもあったんだと思う。

少女がどんどん美人になっていくのには本当に驚いた!化粧してセクシーなドレスを着てる時なんか、アリアナ・グランデみたいでしたけど!!

先に言うと、この物語にハッピーエンドは訪れません。フランス映画なんで、お決まりのモヤッとで終わりますが、私は心掴まれました。良作なんで是非ともソフト化してほしい!!

この映画の情報少ないから、受賞歴を記載しておきます。
*カンヌ国際映画祭2016 監督週間出品。カメラドール、SACD賞 スペシャル・メンション受賞。
*カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アナザー・ビュー部門出品。
*ミュンヘン映画祭2016 CineVision Award受賞。
*トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
*ハンプトンズ国際映画祭2016出品。
*BFIロンドン映画祭2016第1回作品コンペティション部門出品。特別コメンデーション受賞。
filmarksを初めて一年が経ちました
この1年では210本ちょいでしたかね
映画館でかなり新作が観れたのが良かったです
反省は飲み込めてない映画も多い中で再見がかなり少なかったことかな
浪人時代よりは映画見れてないしこれから減って行くのかなと思うと悲しい限り…
https://www.netflix.com/title/80115031
>|